FC2ブログ

記事一覧

積雪1cmで死ぬ鳥

午後になり雪もみぞれに変わったので、出た。歩きで、ボクシングジムに、雅史君だけで練習生は誰も来てなかった。来月の月謝を払い、一人稽古を付けてもらう。時々このオヤジをほめて呉れる。「ジャブが早くなった」と。それから丘の上までまた歩き、もう身体もあたたまっていたので、そのまま泳ぐ。ガラス屋根の雪が幾何学模様。雪は止んだが帰りは寒かった。雪の時に誰かが餌を撒いたのだろう。鳥を良く知っている人だ。これは鳩...

続きを読む

車の保険と車検代

保険会社を調べたら、昨年の更新は3月11日に行ったそうだ。福島の山用の車だから、この一年間はほとんど乗れなかった。2-30km。でも、川内村のガソリンスタンドには、車検の更新を依頼し、郵便で納税証明書などを送った。保険も当然更新した。ならすと月に幾らくらいの費用になるのだろう。渓流釣りや狩猟にはこの車は無くてはならない。小さくて4輪駆動だからだ。近所の人も私がいないときは、山菜、きのこ狩りに使って...

続きを読む

パニクッタ官邸

原子力災害の民間調査報告書を報道でみる限り、311から数日間、官邸はパニックにあった。官房長官が家族をオーストラリアに避難させたと言う話しも本当かもしれない。個人でも組織でも、さほど大きな問題でもなくて、直ぐにパニックになってしまうことがある。またそれを利用する奴もいる。原子力を停めて、他で儲けるとか。何か決定ごとをしなければならない案件に関して言えばパニックは怖い。解決策と逆のことやるかもしれな...

続きを読む

大口径火縄銃ではなかったか?

海外の友人が送って来た写真、バランスの悪い火縄銃、口径が書いてなかったが、大口径ではないか。これを聞いてみる必要がある。現在、ある月刊誌に連載の記事を書くことになり、もう一度火縄銃をみ直している。これは五十匁筒だ。照門など、そうか、これに近い。雑誌の原稿は一般的な記事であり、今まで本に書いた内容だ。あまり過激にはならないだろう。...

続きを読む

菅さんが水素爆発の原因

事故調査を読むと、菅さん官邸がまずパニックになったのは確かだ。水素爆発は防げたかもしれない。菅さんの素人指示がどの程度影響してか、少なくとも現場は菅さんが来ると言うので、おおわらわだったのは確かだ。菅さんは現場に国の最高責任者とした出向いた以上、何らかの責任がある。それよりも噂だが、耳の大きな要人が、家族を直ぐにオーストラリアに避難させたと言うのは事実なのであろうか?確かに外国人をはじめ大勢の人間...

続きを読む

日本にもFBIは3班体制でいる

FBIの任務のひとつにテロ対策がある。またアメリカの治安に影響する外国勢力、例えば最近では山口組の資金を凍結した。このような案件は彼らのものだ。日本にも北をはじめ大勢いるそうだ。『ジョン・エドガー・フーバー』1924年、29歳で長官に就任し、77歳死ぬまで、8代の大統領の元でFBIを率いたの映画を観た。イーストウッド監督で今回のアカデミーにはかすりもしなかった。映画としては良い出来ではない。焦点が...

続きを読む

幕末に10年間に100艦輸入したが・・・

200年以上の鎖国は日本の海運力、海軍力をほとんど外界に関してはゼロにしてしまった。19世紀、西欧列強は、18世紀まつからの産業革命による工業化で、列強同士、植民地戦争が盛んであった。日本に一番大きな影響を与えたのは1840年の「阿片戦争」だ。17世紀初頭、仙台藩がガリオン船を建造し、太平洋を往復したのが最後で、日本に当時世界的に広まった汽船などは、1853年、ペリーが来航した時には見たこともなか...

続きを読む

外に手伝いに行く時の道具入れ

「ちょっとみてくれ」と言われ見に行く場合も、自分の使いなれた道具とか、さび止め、油、ソルベント、シンナー、折り畳みさく杖、その他もろもろの品を用意して行く。何か足りなくても大変不便するからだ。自衛隊武器学校小火器資料館、新宿鉄砲組などに行く時がそうだ。これらは透明なケースに収納して、蓋のないトートバッグに入れて行く。先方のものと紛れたら嫌だからだ。勿論、帰りには先方の担当者に点検してもらう。火縄銃...

続きを読む

フェアな競技にはドーピング禁止

今年はオリンピックイヤーであるので、ドーピングの危険性もそろそろ語られるだろう。古代ローマ時代からの伝統あるドーピング、世界的にはそう簡単には一掃されることはないだろう。競技の公平性を欠くだけでなく、選手の健康、安全に関わる問題で、日本ではあまりポピュラーではないが、国際競技では非常にうるさく言われる。市販薬やアルコールも駄目なので、コーチの注意が必要なのと、競技者は風邪をひかないことだそうだ。オ...

続きを読む

「劣等感ーインフェリオリティ・コンプレクス」と言う魔物

論理にならない論理を唱えて怒鳴りまくる。スポーツ団体は本来、フェアなはずだ。問題はきちんとした手続きを踏み、文書で出さねばならない。相手を非難するなら「倫理委員会」を招集すべきだ。口頭で大声で(耳も悪いせいもあるが)、しかも社会的にも成功し、また地方の団体長をやっているような人たちがなぜだ、と言うことだ。知り合いの心理学者に今日クラブで聴いた。「コンプレックス」だと。怒鳴る相手に対しての劣等感、こ...

続きを読む

弓屋の重籐

坂の途中の弓屋さんに「本重籐」の弓が飾ってある。上にあるのは合わせを作る手順だそうだ。この本重籐、ほとんどの巻きが完全で良い状態だ。重籐の「籐」を私は「籐」と書いているが江戸期の文書には「藤」になっている。室町時代には「滋籐」」と書いたそうだ。江戸期にも漢字を混同した例は多いので、本来の「籐」はどうなのか、室町の資料を見なければ。御主人が留守で「鏃が5本セットであるので、征矢を製作してくれるでしょ...

続きを読む

蛮声を張り上げる男

昨日、参加したスポーツ協会の総会だ。最後の公開質問。前の回の記憶にあるが、あまりにも程度の低い内容で、その議事録が「言った通りでない」と言うことで何回か個別の会合が行われたそうだ。それでも「言った通りでない」と。会話の内容を事務局が録音しており、「これで良いですね?」の駄目押しがあったので、これはどうもならない。それよりも、質問の内容に意味がなかった。「蛮声」を上げた。よくあることだが、理屈が通ら...

続きを読む

雪の中をザックザックと,二・二六事件

現在、六本木ミッドタウンは元防衛庁、その前は米軍が使っていた。そして戦前は帝国陸軍が。昭和11年(1936)歩兵第一連隊が首相官邸を襲い政府の要人を殺害したのが今朝だった。反乱は29日まで3日間続いた。東京は雪だった。約1500人が参加した。軽機関銃を収納庫から持ち出したのがこの反乱を大大的にした一つの理由だ。警視庁の前に十一年式軽機関銃を据え付けたので、警視庁は手も足もでなかった。この機関銃は歩兵の...

続きを読む

ロンドンオリンピックに3名

午後、渋谷で、日本ライフルの総会に出た。正会員、67名のうち44名が出席、その他役員と50人くらいか。最初の表彰式で、また神奈川県警の松田 知幸選手が「選手強化委員会」賞で選ばれた。まじかに観て、単なるピストル選手ではない、この身体、格闘技系の筋肉のかたまり、諏訪 雅史みたいな男だった。日本からはたった3名しか出ない。射撃の競技は若いころからやれねば駄目だ。今まで5つのメダルを取っているが、全員が...

続きを読む

迷惑を考えぬその車の停め方

バス停からバスが出れないので、中から写真を取った。黒服の男が電話をしている。バスの運転手は慣れたもので、ゆっくり状況を見ながら慎重に運転した。鳴らしたりしたら大変だ。このバス停付近は事務所が多い。射殺犯もこの近くで逮捕された。世の中まだいろんな人間がいる。アメリカでは資産を凍結されたがどのくらい持っていたのか。対策、少なくともアメリカ政府のほうが日本政府より積極的だ。...

続きを読む

「憲法破棄」と新憲法

一番、極端な話でもない。現憲法は「破棄する」 石原都知事のご意見だ。でも誰が新憲法を起草する。それが問題だ。理論は「自由、独立、個人」だと思う。この辺りまでは分かる。国家の主権を主張するなら、領土問題は避けて通れない。安全保障も。震災の復興とエネルギー問題、1年間以上も方針が決まらず、具体的に進行してない、これは政治制度の欠陥であり、また円高を3年間放置デフレ状況を是正しなかった、議会制、政府など...

続きを読む

3月10日のゲベール銃の話し、まとめた

高島 秋帆なくして日本の軍備の近代化はなかったかもしれない。彼が個人的に輸入した100挺のゲベール、フリントロック銃、これで1941年、徳丸が原での調連を行い、西洋流の歩兵術を示していたからだ。ゲベールはオランダ語の歩兵銃だ。すでに19世紀初頭、パーカッションが発明され、歩兵銃も管打ちになっていたが、彼はその後、幽閉されて、1954年にまた100挺の管打ちゲベールを輸入した。国産でもこの頃から作ら...

続きを読む

[料理は私のパスポート」 狐野 芙美子さん

狐野(この)さんのお話を昨日の昼を食べてから聞いた。こういう国際的な女性もいるのだと。パリの料理学校「コルトン・ブルー」を卒業後、ケイタリングプロデユースを世界中で有名人をお客に行ってきているそうだ。レシピの入ったパソコンをタクシーに忘れ、3000のデータを失くしたそうだ。彼女にアクシデントは数年に一度、来る。フランス料理、今はほとんど食べない。エスプリの香りがしそうだ。主に三種類あり、ビストロ、...

続きを読む

地震の対策の知恵

最近、地震に関する報道が多くなったように感じる。昨年の3・11の復興もままならぬ状況で1年を迎えるからか、それともあの大震災のおまけが、もっと西、つまり首都圏近辺で起こると予測しているからか。気になる。何度か書いたが首都圏は混乱はするだろうが、死者は百の単位で多くはならないと思う。このブロック塀は30年以上前のもので、悪質な業者がやった作業なので、倒れるだろう。以前は戸が二つ付いていた。なぜ二つだ...

続きを読む

「弓装具の本」を読む

U22サッカーはマレーシア戦で大量得点をして日本が勝ち一方シリアが負けたので、先回の監督、選手がたるんでいたのは帳消しとなった。次の最後の試合、ホーム戦はさすがに選手はたるむことはないが、良い勝ち方はできないと思う。そんなかんや、弓のことは一応まとめ、近所の弓屋さんに弓の修理と文章のチェックをお願いしている。その店にあった本3巻を購入した。弓を射ることに関する本は多い。弓矢の故事に関する本は少ない...

続きを読む

こういうのを「出し子」と疑え

ひどい車のとめ方をして、現金を降ろしている。時々、ATMに私服がいるが、こういうのを職務質問したらどうか。私は直感的に出し子だと感じた。とても若い男が銀行から飛び出てきて、袋を後部座席に放り込み、後ろ向きに車を出し、走りさった。ちょっとした職務質問、もしくは駐車違反で、大がかりな詐欺グループの摘発が出来たかもしれないのに。残念だが、しょっちゅうこういう光景は観る。昔の有名打者エスは良くこのような停...

続きを読む

幕末・明治初期の治安

おそらく、日本史のなかでは近世以後一番、治安が悪かった30年間くらいではなかったか。郵便馬車も拳銃で武装していた。廃刀令が出て、警察組織が確立されて治安は回復したが、千葉野田の茂木家の例でも、銃を10挺ほど用意して、高い塀を屋敷に巡らし、警戒は厳重にしていた。政治的、経済的に力のある層は、暗殺を恐れた。このような小型拳銃、軍用には役に立たないが、多く輸入されたようだ。上がSWの.32口径、下が.22...

続きを読む

世の中不思議なこと起こる

2-3日前、パソコンの中身全部が、デスクトップに現れるという現象が起きた。むろん、溢れてしまい、肝心なものが隠れてるので、整理するだけで大分時間を喰った。理由は分からないが、何か余分な操作をしてしまったのだろう。そして、一昨日、高速を走り家に向かっていたら、突然の睡魔。先方で食事をして、暖かくなった午後、自然現象と言えばそうだが、これが並大抵のものでなかった。しかも道路は空いていて、首都高に入って...

続きを読む

単純なる疑問でないか、名古屋市河村市長の発言

河村市長は正直な方ではないか。見かけによらず。日本人のほとんどは、南京大虐殺≒?と考えているのではないか。物理的に。本当に30万人の無抵抗の市民を殺すことができたか? 現地では100万人と言う説もある。単純なる疑問だ。なぜなら彼らが言う日本軍が殺した人間は、当時南京にいた住民以上の数だと言う人もいる。アメリカは核兵器を使い日本人を30万人殺したから黙っていた。さらに空爆で50万人。東京裁判からずっ...

続きを読む

震度6から7へ

首都圏直下型地震、数年内に発生すると言われているが、震度6と予測されていたが、最近「7」に訂正されたと言う。6と7では大違いで、何十倍にもなるそうだ。我が家も地震の備えは万全なつもりでやっている。しかも、ここには住んではいないが、勤めがさほど遠くない、子供、婿、姪、甥などには、帰宅困難な際はここに寄れと言ってある。やみくもに動いても駄目なのは、1年前に証明済み。しかし震度が7だと、この被害は大きい...

続きを読む

前装.36口径輪胴式拳銃

昨日、武器学校に行った理由のひとつは、この銃がれっきとした南北戦争時のオリジナルのものであることを証明しにだ。「フライダーマンガイド、アンティークアメリカンファイアアームズ」に同じ製造刻印のものが掲載されていたのを見つけたからだ。箱入りで、銃のほか、弾型、ツール、雷管入れ(使用済みしか入ってない)、火薬入れ(空)が組になり、銃は機構は健全だが、銃身で無可動にしてある。よく質問を受ける。この手の兵器...

続きを読む

しらぬひのスペンサー騎兵銃

このスペンサー騎兵銃は全長63cm、銃身長50cm、口径.50で不格好な銃だ。全国至るところで見受けられる。恐らく1866-68年の間に輸入されたのだろう。日本には騎兵隊もなかったのに。連発式、金属薬莢を使うことが気に入られたのではないか。しかし、ミニエ形式銃と野原で対峙したら勝ち目はない。300m先から撃たれる。この銃はせいぜい100mでないと撃てない。スペンサーはホワイトハウスにリンカーン大統...

続きを読む

小銃の錆び染め

今日は朝、早目に出て武器学校に行った。最近、発見された珍しいアイテムの分解と、部品の錆び染めのためだ。これをしっかりやっておかなければ、どんなものでも長くは綺麗な状態で展示できない。私の知っている限りの知識を担当者と協力しながら行い、継承して貰うためだ。薬品類は私が持って行った。自分の装具は全て透明プラスティク容器に入れてある。先方の道具などと混じらないためと、帰りには点検して貰うためだ。相手が武...

続きを読む

米軍60mm迫撃砲

1942年、対日開戦に備えて、米軍が制定した小型、携帯兵器だ。日本軍には例の50mm擲弾筒があった。擲弾筒は分隊兵器だから10数人に一門。砲弾は分隊が手分けした運搬したから最低100発は携行できた。中国戦線で威力は実証すみだった。ただし擲弾筒だから狙いは正確でないのが欠点だった。「ペリリュー・沖縄戦記」のユージン・スレッジはこの砲の照準手だった。この砲は小型であったが、携行には4人必要だった。分隊...

続きを読む

3つバンドエンフィールド銃

ミニエ型のエンフィールドが出た時代背景は帝国主義だ。特に南アにおける原住民に対しては、ボランティアと呼ばれる志願兵、身分の高い人たちの、がブームになったそうだ。そういう志願して行く人は武器、装具、被服は全て自前、従者まで連れて行ったと言う。現地までの交通費も自前で、食事も持って行ったかもしれない。そんなことで、時々、博物館などで何とか公の、従軍したときの被服、兵器として見ることがあるが、銃なども特...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ