FC2ブログ

記事一覧

サルに似ているサルコジ氏は群山に行ってなかった

私は海外メディアで見たに違いない、確かにサル氏は群山に行ったと、人々と話しているシーンがあった。しかし実際は行ってなかったのに、フランスではそのように発表したのだ。その点が今、フランス大統領選挙で問題になっている。嘘を言ったら、絶対に当選しないだろう。そうなると欧州経済危機に影響してくる。アメリカや日本にも。困ったことだ。夕方、クラブに行ったら問題児のあるユダヤ系が、「小沢さんのような偉い人を疑う...

続きを読む

どこにでもいる「太子党」

中国の薄さんが失脚した事件。昨夜のサンケイプライムニュースは面白かった。日本には中国の中国人解説者の優秀なひとの層が厚い。かなり突っ込んだ話をしていた。太子党は、中国、高級幹部子弟の特権階級だ。親のコネを使い、高い役職にあり、ビジネスを行い、子弟を留学させ、得た資金は海外で蓄財する。太子とはプリンスと言う意味だそうだ。薄さんはいずれにせよ、失脚した運命にあったそうだが、今度の事件は英国人殺害事件が...

続きを読む

タカラトミーの線量計

明日から3-4日、福島に行ってくる予定だ。先日、タケちゃんが村で購入した線量計を持ってきて、敷地、家の各社を計量してくれた。たいした数字でなく、0.30-40くらいだった。昨日、スモールカメラで見たら数種類の線量計を販売していたが、一番安い簡単なのがこれだ。「家庭用放射線側的器 AIR COUNTER=S]と言う商品だ。7900円。ポイントを引くと7000円くらいか。製造会社は日本製で見た。エステー株式会社販売...

続きを読む

お貸し具足か鉄砲足軽か

次のテーマをふたつ出した。ひとつは、お貸し具足だ。茶色でさえない。兜も一枚笠エビラという簡単なるものだ。脚には「う」と印が。もうひとつは三ツ星の胴、陣笠、胴乱が揃った鉄砲足軽のものだ。恐らく質的には同じくらいのものだろう。それなりに合っているものなので面白いが。...

続きを読む

嫌な天気だった

『停滞前線だ』昨日、朝、迷ったがゴルフに行った。最後の3ホールズくらいが危ないぞ、と言っていたら、その通りだったが、濡れるほどの雨ではなかった。むしろ風だ。風はプロでも私らのような下手くそアマでも同じ、スコアは良くならない。とても強かった。上空の航空機が前に進まなかったほどだ。そんなことで今朝は雨で夕方まで降っていたし、汗をかいたり、冷えたりで、体には悪かった。まずは警察に書類を出しに行った。「事...

続きを読む

「錆びない生き方」坂東 眞理子さん

女性史研究家の同女史のお話を聞いた。聴衆はジジイばかり。女性はいなかった。「錆びない生き方」と言うより、私は「輝いた死に方」と言う内容にして貰いたかった。幾つか、そういうテーマはあった。重要なのは「お金に対する考え方」だ。従来は将来のために貯めておきなさいと言うのが重要な概念であったが、現在は、生きているうちに上手な賢い使い方をして、死ぬ時には無駄に残さない、と言うことだと。これは私は日頃から言っ...

続きを読む

元の力には戻らぬ小沢クン

「無罪」本人には確信があったし、いろいろ手は使っていたのであろう。しかし、ここで無駄にした1年半は大きい。特に彼の年齢では。私は彼は民主党党員に復帰しても、元の力、影響力は戻らないと感じる。野田さんをはじめ若手は一生懸命やっている。民主党には批判的であったが、政権交代は日本の政治の進展には良かったと思うようになった。小沢クンは輿石さんと同類、勿論、背景や考え方は違うが古い世代だ。日本はもう次の次く...

続きを読む

今年の旅行は

いよいよ連休で、道も混んできた。これから夏にかけてどういう予定を立てるか。私の場合は研究が第一目的だ。夏のお盆の時期だけは避けたい。暑いだけでなく、料金も高いし、行きたいところに行けない。メモリアルウークエンド、アリゾナのシュートアウトは魅力がある。まだやり残したことがあるからだ。昨年は環太平洋大会に参加し、各地の博物館、アメリカ南北戦争の遺跡を回った。今年、アリゾナに行くなら、西海岸を走り、昔の...

続きを読む

京都のK市には腹が立つ

今回の無免許、居眠り運転の結果に関しては幾つも、腹のたつことがある。この通学路、危ない、危ないと言いながら、まったく対策をとってない、市や警察。無免許運転常習者を取り締まらなかった警察。無免許運転であることが分かっていながら車を貸した慣れ合いの知り合い。その車に乗った、乗っていた、何人もの人間。家族。家族に被害者名簿を渡した警察。この町はおかしくないか?何か腐敗退廃無気力の匂いがする。背景を是非、...

続きを読む

北朝鮮の結末はいつどのように

しかし「報道」はまったく分からない。情報が判断の基準にならないのだ。先日のミサイル発射の取材に渡った記者たちの話や記事を読むと、北朝鮮は格段に進歩して近代的な国家になった、なりつつある、この間より良いなどの言葉ばかりだった。しかし、どうもちぐはぐだ。「先軍主義」と言うのは「軍国主義」と同じ言葉でないか。どこが異なるのか?3代目は大体、家を潰すのだが、もう少しまともな情報を集めて欲しい。絶対に何かお...

続きを読む

いわゆる仙台胴から甲冑・具足をまとめる

ホームページの更新、この項目に掛かった。5月の節句に間に合わすため、ポータル部分と、鉄錆地、5枚胴、7枚横桶川胴の本体とその膨大にある付属品を二つの項目に書いた。恐らく明日にはUPできる。そして続いての項目は、鎖帷子、お貸し具足2つある、鉄砲足軽具足、陣笠類、などを取り上げて行く。なお、当世具足に対する言葉は何であろう。大鎧、胴丸など「古典具足」のことだ。なおネットで検索すると今出来のアラモノの多い...

続きを読む

教育改革と「スーパーマンを待ちながら」

アメリカの小中学から高校の教育はなってない、それは150万人を有する組合が無能な教師を守り、新しい改革に反対するからだと、強烈なメッセージを送ったドキュメンタリー番組「スーパーマンを待ち続けて」をWOWOWで観た。ATUの組合長、ランディ・ワインガーデンは袋叩きにあったが、現実には監督、デイス・グーゲンハイムの思惑・希望通りにはアメリカの教育改革は進んでない。日教組は日本否定を教えたが、アメリカでは教育を...

続きを読む

急速に飽きられた橋下市長

出て来て、発言しても、何の魅力もない。単なる、吉本さんの弁護士だ。メディアがなぜにあんなにもちあげるのか。吉本さんに番組をボイコットされるからか?理論が曖昧だ。大阪都の問題も金がないから進まない。原子力発電に至っては、理屈のないゴネだ。「国民は君に騙されるな」だ。まあもうしばらくの辛抱だ。...

続きを読む

医療費月3500円

2カ月に1回の検診をしてきた。常備薬を買う。1年に1回歯科に行く。妻も同じくらいだから、医療費は年間数万円。このままだと国民健康保険ではなく、勤めていた会社の保険組合の組合員のまま、一生を終える。1年間の保険料は大体10万円だから、模範的と言える。怪我をしたときはレントゲンだ、何だで掛かったが、一昨年夏から怪我はしてない。そんなことで、健康であれば金は掛からないと言う理屈は本当だろう。社会が不健康なも...

続きを読む

甲冑を書く

武士の自己表現と死に衣裳。それだけに凝った。この所謂仙台胴、5枚胴で7枚の横引きはなかなか見ごたえがある。今朝少しでかけ、昼食に出た以外はずっとやっている。本日仕上げて、明日、www,日本の武器兵器の甲冑の項をリニューアルする。天気が良いので外にいたいが、こういう仕事、取りかかり書き始めたら止めるわけにはいかない。取りかかるまでに時間がかかるのだ。...

続きを読む

智に働けば角が立つ情に棹させば流される意地を通せば窮屈だ

とかくこの世は住みにくい・・・・が一番好きな言葉だと言うひとが多い。漱石「草枕」の序文だ。でも実際、仕事をする、社会的な活動をする、全てこの言葉に云い表せれているのだはか。真理を通すことはなかなか難しい。論理にならぬことがそのまま日常になっていることが多いからだ。個人を攻めてもしょうがない。毎日、いろんな事件が起こる。果たして「集団登校」と言うのは安全な方策なのであろうか?都会と地方では違うだろう...

続きを読む

甲冑の研究に没頭

ここ3日間ばかり、床の間に節句用に飾った当世具足、鉄錆び地をばらしては組み立て、組み立ててはばらして細かいところをかんさつしている。お貸し具足と異なり、寸法も合わせてあるし、複雑だ。肩の胴をどうやってとめるか?革ひも(と言っても直径は9mmあり、内部が紐で上を皮革で巻いたもの)の先のループ状になったところを骨でできた柄に懸ける。この甲冑には、背中の上に蝶番があり、肩当てはそれについている。しかしそ...

続きを読む

遠いところの大統領選と思うな

フランス大統領選は、サルに似ていたサルコジさんが劣勢で、どうも社会党の大統領が生まれそうだ。国により、大統領の権限は異なるがフランスでは大統領の力は絶大だ。日本ではどちらでも同じか、どちらが良いか判断できないか、関心なしがほとんどだが、こと今の時期、欧州経済にとって、フランスの大統領は重要な存在だ。欧州経済危機に対して強いリーダーシップをとっサルさんのその活動がフランス人には気にいらないのだろう。...

続きを読む

ビルマからの帰還兵

日本がミヤンマーの民主化のために今までの借款をチャラとしてさらに新たな借款を行うと報道していた。軍政に戻らせさせないためには、日本としては珍しく積極的な外交と評価できる。昔の職場に、ビルマで捕虜になり帰還した先輩がいた。このオジサンはなかなかモノゴトを良く観ていて、「ビルマの竪琴」ではないが、とても興味深い話が多かった。なおオジサンはビルマに竪琴はない、と断言していた。ビルマ人と言っても少数民族が...

続きを読む

火縄銃の象嵌文字

金属に金属で文字を書く。技術的に難しいことだ。しかも隙間はなく表面は平だ。芸術品としても良くできている。先日、百人町で見つけたものだ。読めるが、意味は分からない。「應聲破」とある。「應聲」は浄土門も教えだとあるが、どういう教えなのであろうか。まよいか?先日の「光存」、ひかりあり、もキリスト教的な言葉であったが、儒教の教えの言葉だろう。流派により、さまざまな言葉を考えて、射撃の教えとした。尾張田付流...

続きを読む

年に一回の検査

銃砲所持許可者は年に一回、所轄の警察に銃、銃砲所持許可、狩猟登録証、その他書類に記入して赴き、検査を受けなければならない。いつ頃からこういう方式になったのか。確かアメリカに行く前はこういうことは無かった。帰ってきてまごまごした事を覚えている。地方は車で行けるから良い。寄り道せずに行き帰りして、銃をまた保菅庫にしまえば。しかしこの都会の警察署は駐車場がない。下手にコインパーキングなんか探すと大変だ。...

続きを読む

連休の被災地見学

ツアーが組織されているそうだ。宮古の例が出ていたがバスで被災地を回り、復旧の様子を見学するそうだ。実際、テレビはフレームがあるから本当の景色を見るとその被害のすさまじさは体験に近く経験できよう。別に話の種だけでなく、その被害の様子を理解するには良い。知人から南相馬の処分せよ、それには忍びないと捨てられた牛馬の牧場があり、寄付で運営されていると、そこを見たいから連れて行ってくれという要望もある。「希...

続きを読む

ハワイ攻撃前から交戦していた日米

渡部 恒雄先生の講義で、日中戦争とアメリカ外交の話を聞いていた気が付いた。「ハワイ攻撃」は奇襲でも何でもない。アメリカと日本は1940年からすでに実質的はビルマ、中国奥地で、交戦していたのだ。「フライングタイガーズ」だ。蒋介石がシューノートを雇い、100名の戦闘機操縦士とカーチスP40トママフォーク100畿と整備要員を重慶を中心に派遣していた話。相当な規模の部隊になろう。アメリカ大統領、高官が承知し...

続きを読む

いよいよ完成しつつある都心の「火避地帯」

毎日、NHKでは首都圏直下地震の際の何らかのテーマで特集をしている。昨日は家族間のメールを使った通信だった。この道路のことは今まで何回か書いた。築地の朝日新聞辺りから国会まで幅数十mの大きな帯だ。数キロメーターある。道路は下を走る。上は緑地と横が道路だそうだ。いよいよ完成に近い。東海道線、新幹線の下の工事に苦労したと聞いたが。ここも綺麗に出来た。この連休は、スカイツリー、お台場や原宿、渋谷の新しいシ...

続きを読む

小林 浩美会長が語る女性プロの強さ

LPGA女子プロがとうとう男子プロより多くの競技会をしている。かっては日本もアメリカも女子プロはスポンサーがつかず競技数も少なかったが、日本ではとうとう逆転した。スポーツの仕事をしていたものには信じられない。今週末は川奈で「フジサンケイクラシック」だ。その間をぬって、日本女子プロゴルフ協会会長の小林 浩美さんが来て呉れた。日本では初優勝の年に6勝、アメリカでも4勝していたとは、たいしたものだ。競技は目...

続きを読む

東京都魚釣島

是非、実現して欲しい。新しい東京の第一歩であることに間違いない。地震の問題はあるので、東京都にはある程度の「保安隊」は必要だろう。それも創設して欲しい。ここに来て、石垣島がごちゃごちゃと言っているようにも聞こえるが、今までそういう発想をしなかったことがいけない。「保安隊」には海上保安庁、小笠原諸島もあるから、今度法律も制度もかわるとのことだが、を補佐する艦隊は必要だろう。日本が国として出来ないこと...

続きを読む

洋式玉型

実際に射撃に使う玉を作るには和式は不利だ。まず口径に合うものを見つけるのが難しい。それで洋式の新しい商品を使うことになろう。幾つかのメーカーがあるが、安いものではない。丸玉で数千円。椎の実玉は一万円くらいする。これもしかしながら、合う玉を見つけるのは慎重にやらねばならぬ。...

続きを読む

首都圏震災の予測

毎日のようにニュースで取り上げている。昨日の東京都の予測はショッキングなものだった。3か所の震源地から予測して。火災もまだ大規模に発生すると言う。町を歩きながら良く観察すると、ところどころに木造の古い建物が残っている。延焼させしなければよいが、戦災の時のこともあるし、その前は関東大震災。消防能力はまったく追いつかないそうだ。戦前のニッサンの消防車だ。良く残っていたと思う。...

続きを読む

資料を送ってくれる有難い知人

幕末の洋式軍備への転換、特に1863年から戊辰戦闘、明治維新1868年までの期間、幕府、各藩で行われたものを研究している。昨日、古い友人が送ってくれた。洋式調連の和本に英語の説明が付いているものだ。これは分かり易い。この資料ではミニエ型の弾丸は300mで狙いをつけていた。来月、半ばに銃砲史学会の理事会があり、6月3週土曜日の例会の前に総会を行う。役員のひとり、オウ氏が倒れたのと彼が重要な役目を行っ...

続きを読む

最近はまったく出てこない玉型

日本の鉄砲を語るさいにその玉造りの玉型を忘れてはいけない。とてもシンプルで頼りないものだが、独特の形状をしている。これだけをみても日本の鉄砲史は日本独自のものであり、欧州の真似ではなかったことが分かる。整理した。鉛ひしゃくが3本。ひとつ武器学校に一番良いやつを貸してある。玉型は全て玉を造り、口径を測り、記してあったが、その表示も今はとれてしまった。あれば手に取って見るが、ほとんど出て来ない。値段的...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ