FC2ブログ

記事一覧

何を撮影するやら

先週金曜日、天気の良かった日の銀座だ。撮影クルーが街角を占拠している。銀座の風景を撮影するのか、この格好は報道とは違う、CMの人たちか、と感じたが。土日でないと、銀座も以前のような人出はない。特に昼前は。それを狙ったのか、当てが外れたのか。『内需拡大』これは今、必要な大きな経済政策だと思う。歴史的円高で外国から完成品を輸入する、材料を輸入して製造する。チャンスだ。復興特需の実施も遅すぎる。景気対策に...

続きを読む

諏訪も勝ち、中村も勝った、雨にも負けず風にも負けず

とにかくジムから2人のプロが出るからどんな天気でも行かねばならぬ後楽園ホール。その前にエクササイズ、ちょっと疲れていたが30分ほど走った。地下鉄でやけに私だけ汗をかいていたのは、その名残だった。まだ序盤の試合をやっていたが、元の会社の顔見知り、ジムの連中は来ていた。諏訪は減量がきつかったと言う感じを受けた。140ポンド、あんなに背が高いのに。6回戦だが相手は全部KOできた選手。1-2Rは正直やられて...

続きを読む

車輪に載せた三年式機関銃

前述の中国本「抵抗期の軽兵器」の中に中国軍が購入したのか、鹵閣したのか、日本の三年式機関銃に車輪を付けて使用している写真があった。托架は前に伸びて、4人、3人、または2人の兵士により、機銃を三脚架から下ろさずに位置を変えられるのがこの機関銃設計(南部氏)の鍵だった。機銃と三脚架を外してしまうと、時間が掛かるからだ。しかしこれは三脚に車輪をつけてリアカーのように運搬する形式。格好の良いものではない。...

続きを読む

日本軍のツルハシ

東日本震災の後、出動した自衛隊は土工作業で力を発揮した。隊の重機だけでは足りないので、民間の機械もかりたそうだ。今は重機でやるがかっては兵士、人間がやった。塹壕堀が一番の作業だった。帝国日本軍の土工具はあまり残ってない。戦後使われて、消耗したからだ。このツルハシも木部は新しいものだ。木部は頻繁に変えていたから、この道具の価値を落とすものではないが。ツルハシは重機関銃隊の必需品で、機関銃の設置だけで...

続きを読む

選手を駄目にするメディア

石川は地道にやっておればもっと長続きした選手だっただろう。TBSが駄目にした。強引に「マスターズ」に出させ、完成されてないのに、実力以上のことをやらせた。「なでしこ」にも同じことが言える。ワールドカップの結果は偉かった。しかしもてはやし過ぎて、夜も昼もCM撮影だ、番組出演だでは勘違いするし、練習ができない。野球の選手にも同じことが言える。TBSが「育てた」亀田兄弟は人気があるか。実力か?...

続きを読む

中国の兵器本2

中国の軽武器出版というところから2009年に発刊された本だ。「中国軍の抵抗期の軽武器資料」と言う題で、本は210ページオールカラーである。第一章兵器工廠、第二章拳銃、第三章歩兵銃、第四章軽機関銃、第五章重機関銃、第六章その他武器、第七章日本軍軽兵器、解説、資料の構成である。写真が多い。九九式軽機関銃などは中国軍兵器に入れられている。抵抗期間と言う定義は、抗日と国民党との内戦のことであろう。日本軍兵...

続きを読む

東日本新人王予選に行ってきた

本日は銃砲史学会とJADIの両方の書きものの能率が上がった。午後、日光浴と水泳。それから後楽園ホールに行った。小宮山君が新人王戦に出るからだ。これは最初のフライ級の試合。負けたが和歌山の新宮の子が出た。考えればボクシングは大変なスポーツだ。労あってむくいは少ない。...

続きを読む

常磐線、常磐道「富岡」までは開通するか?

福島第1-4と5・6の間の町で、そこそこの大きさだった。現在は全域避難地域。常磐道の終点で、そこまでは気持ちの良い道だった。津波の被害が大きかったと聞いたが、この常磐線の駅は海岸から数百mのところあり、プラットフォームからは海が見えていた。現在は駅舎はないそうだ。先日の銃砲史学会の発表のなかに、富岡の反射炉の説明があった。反射炉は大体、高いところに作ったからこの遺跡は無事だろうが。しかし場所が場所...

続きを読む

『日中戦争中の小火器』英文本

アメリカで発刊された英文の第二次日中戦争1937-45の国民政府側小火器本である。リビー教授が送って呉れた。Bin 史 著、スタンレー・ジリンスキー編。A4判、白黒印刷、280ページ、うち30ページほどは日本軍の小火器紹介。日本軍のものには中国で使われなかった兵器も入っている。日本では萱場 四朗著「支那軍はどんな兵器を使っているか」1937年が有名だが、この本にも多くの写真、イラストが挿入されている。国...

続きを読む

メガクエークへの備えは出来ているか?

首都圏の直下型地震はもう時間の問題と言われている。ものすごいスピードで各所で工事が行われているのもそれに対する対処だ。勿論全部、完成しても間に合わないが。北西の方角、八王子あたりから都心に活断層があるそうだ。震源地は東京湾北部から千葉県西部だそうだ。震度は7程度。そこまで分かっているが。自分が「何時」「どこに」いるかが問題だ。家で寝ている時なら良い。311のように銀座の倶楽部にいる。老人ばかりだか...

続きを読む

総選挙を早く

恐らく、来週は政界再編成のきっかけとなろう。このまま協議、協議は密室感が強い。不信感がつのる。健全な政治とは言えない。民主党も自民党も、協議で決まったことが国会の場に出ると不満分子が続出する。そもそもの原因は、谷口さんは柔らかい表現しか使わないが、民主党の「大風呂敷」だ。3年前国民がそれに騙された。財源がない、仕分けショーで無駄を省き、それを最低福祉の財源にする。できるはずがないのに、メディアは出...

続きを読む

ラウロ君現れる

イタリア人の学生だ。ベニスのブルボン家に伝わる日本の武具の研究を行い、3年前にあった。アメリカに行き、スミソニアンで研修生をして、今はノースカロライナ大学にいる。夏休みに日本に来ていて、江戸東京博物館で研修生をしている。昨日の銃砲史学会に現れた。直接来れば良いのに、ややこしい紹介→紹介→紹介を通じて。少し面倒をみてやる必要がある。...

続きを読む

日本の貧乏神、白川総裁

中央銀行は以前は経済規模の大きな国々にしかなかったが、現在はほとんどの経済活動をしている国々にはある。勿論日銀はその中でも世界三位の経済規模を持つ日本のそして世界の重要な銀行のひとつだが、機能してない。その原因は、白川総裁だと思う。中央銀行には主に三つの役目がある。1、通貨の発行、2、市中銀行への貸出、3、国庫金の出し入れ。経済の調整役なのだ。特に歴史的な円高をこれほど長期に放置してきた責任は重い...

続きを読む

銃砲史学会例会

昨日、土曜日は銃砲史学会の総会、例会、そして懇親会があり、一日中、早稲田大学に行っていた。聴衆も大勢だった。懇親会の頃にはくたくたになっていた。例会の内容はとても良い発表ばかりで、特に「鉄」と言う金属、幕末の大砲製造を、日本人はどのくらいうまく扱えたか、に関して複数のものがあった。アメリカで研究しているラウロ君が現れた。理事長が彼の論文を見て呉れることになった。家に戻ったが、一日中、雨降り。来月の...

続きを読む

来週が日本の転換期

3党で消費税増税の枠組みが決まり、福祉の一体化の修正も協議されることが、昨日の首相が決めた時限に合意された。法制化される際に、民主党のマニフェスト派(鳩さんの写真が使われていたが)小沢クンたちは反対するだろう。しかし現在のメディアの見込みでは、賛成は自民、公明そして民主の主流で法案は可決されるとある。その後はAプラスBとKはCプラスDとKになりそれが与党、その他は小沢クンや諸々が野党になると、昨夜NHKに...

続きを読む

幣原(しではら)喜重郎と言う外交官

外交官試験制度で初めて外交官になった人物で、渋沢家から妻を、加藤 高明の義弟になり、そして、外交官として前途ようようたる道を歩んだ。池井 潔名誉教授の研究テーマだったそうだ。日本が戦前、外交の原則に徹し、特に蒋介石の中国に不干渉を唱え、関東軍と正反対な立場にあった。しかし関東軍もなかなかで、紛争を金で解決したり、最終的には満州の軍閥、張作霖を列車爆破と言う衝撃的な方法で暗殺してしまう。ワシントン会...

続きを読む

次のパートナーは「インド」だと

インドは遠い。中国は近い。それで中国とインドを比較すると日本との関係、例えばお互いの訪問者数、留学生などは、インドは桁違いに少ない。インドは優れた国だが、幾つかの問題もある。日印協会理事長、元駐インド大使の平林 博氏は語った。人口12億、面積は大陸と言うくらい大きい。言語が17あるそうだ。発展途上国や中国にあるような軍部の指導はない。完全なる民主主義国だ。さらに、仏教、明治維新、日露戦争、第二次世...

続きを読む

ザ・デセンダンツ(邦題ファミリーツリー)のアロハシャツ

おかしな英語だと思ったら、やはり英語題名はザ・デセンダンツ、子孫たちと言う意味だった。カメハメハ大王の娘と結婚したキング牧師の息子、の子孫たち、彼らに残されたハワイの膨大な土地と家族と自然と死の話だ。ジョージ・クルーニーのアロハシャツ、出てくるシーン毎に違う。何十も用意したのだろう。パンツの中に入れたスタイルと、出したスタイルがあった。アロハシャツは好きだが、あまり着る機会がない。クールビズも単に...

続きを読む

今日がタイムリミット

恐らく、これから1週間で日本の政治は大きく変わると思う。政府・与党民主党の中にはすでに野党化しているグループがあり、小沢クンが張り切って率いている。野党・自民と公明には与党化して、責任をもって国策を決めなければならない。まさしく捻じれだが、選挙には勝ったが、国は滅びる政策を掲げていた。国民は騙されていたと三年前から言い続けていたが、ここにきてそれが顕在化しただけだ。次の選挙ではギリシャ化しないよう...

続きを読む

お前審判やれと言われたら

どんなスポーツでもパニクル。日ラ前装銃の審判だったが、もう嫌だ。審判はずるを見つけると、恨まれる。ましてやサッカーは選手と90分間走りまわる。最近問題になったのは、マニー・パッキャオの試合(月曜のWOWOWエキサイトマッチでやったが)、相手が黒人なら、黒人のレフリーは普通はない。これはおかしい。アラブ人のオーストラリア戦の審判。ヨーロッパ人の優秀な人たちがユーロ選手権でいないにしても、他にいないのか、F...

続きを読む

高橋はどこにいるか?

「1000万円」と言う賞金は少ないのか?どこか近くにいるはずだが。今朝から、注意して人間を観察しているが、あのような男はいない。手配書は年齢を感じさせないではないか。何かおかしい。何か決定的な情報が不足しているのではないか?ある人にいきなり聞いた。「高橋がここに来てませんか?」ときょとんとしていた。可能性はあるにしろ、まさか…と言う気持ちの方が強いのだ。『ウオンテッド、デッドオアアライブ』、デッド...

続きを読む

役に立たないオスプレイ

と言われて20年間。やっと沖縄に来ると言われていたが、また事故った。「墜落」ではなく「着陸失敗」だが、日本のメディアにはどちらも一緒。海兵隊は一個小隊が完全武装で搭載できる、このティルトローター機に執念を持っていた。1955年くらいからアイデアはアイデアを生み開発は続けられ、1989年に初飛行したが、それから一向に実戦配備されなかった。聞くところによると「そんなバカな機体に金を掛けるよりヘリの改良...

続きを読む

日本初のジェットエンジン

日本は世界で4番目にジェット機を飛ばした国だ。わずか10分間。しかも1945年8月7日。敗戦の1週間前だ。ドイツのMe262を作ろうと潜水艦で図面を持って来たが、シンガポールで沈められて、日本独自の開発となった。大戦中、7万機の航空機を製造したが、このエンジンを使った「橘花」。スミソニアンの郊外博物館に2基丁寧に展示されている。ターボジェットで双発だったが、ロケットエンジンの補助が必要だった。アメリカはF-80を日産...

続きを読む

高橋容疑者はオウム残党と一緒

しかし賞金1000万円と言うのはそれほど魅力のないものなのか?プロの賞金稼ぎが出て来てもおかしくないが。私は高橋容疑者は、昨日も警察署で手配を見たが、あの顔では一般の人が注意していても目の前にいても分からんと感じた。それにしても足跡は消えた。匿われているとみてよい。やはりまだ彼をかくまう一派がいなければ、絶対に無理だ。山が好きだと言うので、どこかの山に行って「ヤッポー」をしてるかもしれないが、季節...

続きを読む

今年は冷害になるか?

6月の半ばだ。何か気象がおかしい。体の調子も悪くなる。銀座に行ったが、サマーの感じがない。もしかしたら冷夏になるのではないか。気象予報では何も言わないが、農民が一番知っている。ハウスが多くなったので、農民の勘も当てにならないが。ますます景気には良くない。夏は暑くないと、冬は寒くないと。モノは売れない。オリンピックの広告スポンサーが付かないと言うことらしいが、彼らは彼らの勘がある。...

続きを読む

セルビア国からの問い合わせ

現地の大使館に駐在武官として赴任しているエヌ氏から電話もメールもいただたいた。鎧甲冑、刀剣、長巻、薙刀、鉄砲などの日本の武器兵器が大分沢山あるらしい。このたび東洋展を開催するので、説明文の参考にしたいと銘などの写真をお送りいただいた。中に脇差で「宇多国房」と言うのがあった。たしか山陰の刀工でかなりくらいは高い人ではなかったかと記憶していたので書いた。これらの武器は何時頃使われたか?・・・・使われな...

続きを読む

なぜ訓練に反対する

練馬のレンジャー部隊訓練に道筋から反対の声が上がり、事前には差し止めの要求まで出されていたそうだ。左翼だ。今、逃げ回っている地下鉄サリンの時のことを忘れたか。朝霞の自衛隊から聖路加病院に運ばれたサリンの融和材や地下鉄駅や車両を清掃した化学部隊。もし「これはサリンだと」気が付かず、朝霞から薬剤が緊急に運ばれなかったら、もっと第惨事になっていた。担当者がぼんやりした人でなくて良かった。また昨年の災害で...

続きを読む

頑張っている野田さん

私は民主党ではないし、民主党政権に危惧を抱いていた者だ。しかし、マニフェストとやらを忘れたか、元々守る気はさらさらなかったか。原発、消費税、それに財政改革までやってくれると自民党以上だ。私は彼は信念に基づいて自分の責務を果たしている立派な政治家だと思う。解散総選挙もするだろう。...

続きを読む

大体若者にやらせた電子関係の兵器

通信学校と言うのがあり、少年に通信を教えた。軍では、通信は大体、若い兵士が行った。覚えが早い、理論が分かると言うような理由だ。戦前の日本は電話復及率も低く、ほとんどの兵が電話通話も出来なかった。ましては無線は。電探(レーダー)の操作も少年兵がやったそうだ。キスカ島の海軍電探は活躍したが、その操作は舞鶴で訓練された少年兵であったそうだ。キスカの少年兵も全員、帰還した。国内のレーダーサイトの任務につい...

続きを読む

兄弟

家計のことを考えても、2人の子供は1人の倍にはならない。2人以上いるべきだと思う。オトウトはアニに比べると乱暴者だ。アニもさすがに「このやろう」と行くが、アニはアニ、優しいとことがある。コミニケーションも結構だ。二人とも陽を浴びて汗まみれ。...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ