FC2ブログ

記事一覧

早期警戒機AWACS

警戒航空隊の装備品、機材だ。外に出してあるのは待機と言う意味で、乗員もすぐ近くにいる。出撃命令が出たら直ぐに飛び立てるようになっている。「E-767」という機体で、このほかにも昔のボーイング707、4発を改造したものを北のほうに配備、米軍も同じものを使用している。この機体は民用のものを改造したのだが、機体の上のレーダーの直径は9mもある。胴体は日本製だが、軍用になると武器輸出3原則に引っかかるので、窓...

続きを読む

横転弾の続き

先日行ったミニエ式銃の射撃のことを英国の友人に報告した。火薬の量、成績、大体50mで60点ちょっとしかでない。また両肘が剥けてしまったこと。今でもバンドを貼っている。彼の返事、タンブルが出ている。横転弾のことだ。火薬の質、弾丸の形、ワックスのことなどを質問してきた。写真をとり、計測して送るつもりだ。彼曰く、装薬量が多すぎてもタンブルするそうだ。ライフルの様子。今度はかなり徹底的に錆びを落とした。...

続きを読む

自衛隊で御馳走になった昼飯

費用は当然、懇話会が支払った。ちょっと時間をずらせて隊員食堂で、幹部の人たちを食べた。出来れば幹部の人たちと会話を持ちたかったがあいにく席が離れてしまった。隊員だけが一列になり、各テーブルに散らばらなかったからだ。サラダとポークカレーのコンビだった。当然、サラダを先に全部食べた。豚肉を食べない人がいて、出していたが、相当な量が入っていた。しかし自衛隊で食事に30分以上かけることはまずない。...

続きを読む

最近出番の多い猪瀬さん

昔は、週刊誌に石原都知事はなぜ彼を重要なポストに付けたかと言う記事が出た。最近、東電や都営地下鉄問題もあり、猪瀬 直樹さんが直接仕切り、なかなか活躍している。言うこともユニークだが、未来観に焦点があっている。もしかしたら、石原氏は自分の後任にと考えているのかもしれない。まあ西の変な若手政治家ぶった男よりはるかに良い。元々が文学系、学者系、左翼だったが、子供のいない働らかず専業主婦の女性を「変な生活...

続きを読む

戦闘機を整備する若者たち

実に見ていて気分の良いものだ。F-15は日本には多くある。強力な空の守りだ。数人の整備士が取りかかっていた。きびきびしてみていて気分の良いものだ。日本には米軍と合わせると何機あるのだろう。現在の日本の空はこの機体に守られていると言っても過言ではない。しかし細かいところをみているとさすがに老朽化が進んでいるのではないか。早く来いF-35。...

続きを読む

株主総会終わる

今年の株主総会はどこの会社でも大変だったと聞いた。東電は仕方がない。根本的に変わるのだから。私の出た株主総会は、役員が少なくなり、すっきりした。社長は一生懸命仕切っていた。上場して数年間、以前のような変な緊張感は消えた。クリーンな体質になったということも貢献している。同盟通信上海支局長、張学良の反乱と抗日国共合作をスクープした松本重治氏の息子さんが質問した。あまり意識してなかったが、昔は同じ会社だ...

続きを読む

日本を守るには数がいる

昨日は、朝早くでて浜松に行った。防衛懇話会の航空自衛隊研修のためだ。どこの基地に行っても、隊員はきびきびしている。バスで通り掛かると、すれ違う自転車から飛び降りて、敬礼していた。PAC3の一式を見た。2種類のレーダー、2種類の電源車、コントロール室、それにミサイルランチャーだ。一箱に4発、それが4個、16発を収納する。千歳、三沢、百里、朝霞、など全国数か所に展開しているが、どの程度の数があるかがカギだ。この...

続きを読む

横転弾

銃弾は回転しながら飛んで行くが、どんな近代銃でも距離が遠くなり、エネルギーを失うと、回転しなくなり、弾丸は横になったりする。全部がそうではないらしいが。弾道学の人に聞いたが。これは先日、射撃に行った際に出てものだ。見事に横を向いている。装薬が足らなかったか?ライフルがすり減ったか?まだ実際に実験してみないと分からいことが多い。研究半ば道遠し。...

続きを読む

決められる政治に期待する

うらまれても、客観的にみてどちらが正しいか、それは明らかだ。野田さんは決めた。それが今の日本に一番欠けていることだ。何でも、政治は決めて欲しい。小沢クンはガソリン税の軽減に反対しておきながら、マニフェストとやらには半分になると言っていたが、何が国民の生活を守るだ。どんどん決めて、解散総選挙、昨日の民主造反組の一年議員は、ほとんど落選と予測します。決める、実行する。何でもそうだ。...

続きを読む

直下地震に間に合わせろ

私が大学生の時に出来た首都高だ。気がついたら、どんどん補強工事が進んでいる。先日は川の中の柱を紹介したが、これは曲がりくねって走る中間の比較的直線の部分。下は消防署だ。いつもは車が一杯でせいぜい40kmくらいで走っているが、時々やけに空いている時間帯に走ると怖い。レーストラックのように、曲がり、上下している。地震が来たら今のままではイチコロなので、緊急に補強を進めている。...

続きを読む

えらいぞ吉沢牧場

浪江の吉沢 正克さんは渋谷で演説をしているそうだ。「牛には罪はないと」牛はアメリカに家で、隣の牧場にいた。馬と異なり、あまり利口ではない。だが殺すことはないだろう。被爆した牛でその肉やミルクは食べられない飲めないとしても、子供のものは大丈夫だそうだ。いろいろ研究もできる。そんなわけで吉沢牧場に現在は300頭の牛がいるそうだと、昨日聞いた。...

続きを読む

野田vs小沢の真剣勝負

恐らく、本日がこの10年間くらいで一番の政治の山場になると思われる。郵政来だろう。野田さんを応援する。彼の顔を見れば、古武士かくありなんと言うきりっとした顔であった。(この画像はちょっと違うが)彼は日本の将来をいろいろ考えている。腹を切ってもやる、と言う意気込みがうかがえる。これに反乱を起こす、民主党議員が何人か?メディアにはこういう低次元の報道しかないが、本当の背景をもう少し勉強して欲しい。財政...

続きを読む

厳罰に処せ『インサイダー取引』

これが諸悪の根源だ。大体『株や』と蔑まれてきた証券会社には良心はない。野村の例を見ても分かる。今回のインサイダー取引は卑怯であり、こういうことがあるから流動性が低くなるのだ。「金融商品取引法」だけの処分では不足だ。特に今の日本の経済状況をかんがみるに刑事告発すべきである。この証券会社の社長のわびのなってなかった。心から謝っている顔ではなく、しょうがねえなあ・・と言う感じだった。また起こるだろう。...

続きを読む

タブーか?「宗教法人への課税」

公明党はまともな政党であり、その政策も穏健で、将来を見据えたものだと思う。しかし、その背景は宗教団体だ。憲法は信教の自由をうたい、そして政教分離は恐らく日本は世界で最も進んだ国だ。なぜ、宗教団体は課税を許されているのだろうか。東京都都心などは歴史的にお寺ばかりだ。膨大な「産業」と言ってよい。一方、国は財政破たんに面している。消費税は国を救う小さな一つの手段である。宗教色の薄い日本で、宗教は税金を納...

続きを読む

消費税、原子力利用、福祉、財政破たん、選挙、地震、安全保障

これから2-3カ月のキーワードではないか。夏は暑いか、冷夏か。気象はどうか。これも重要だが、今のところは全く分からない。日本も世界も明るい材料はないが、国民にはこれと言った危機感、緊張感そして解決策を努力使用という意気込みは出てない。その中で私が期待するのは野田総理だ。意外が意外、彼はいろんなことを考えていると思うし、将来や、外交にも積極的に彼は目標を言わないが決めているようだ。原子力反対は左翼メ...

続きを読む

中村の旗

先日のトクホンダッシュの試合は面白かった。帰りになんだか手がべたべたしていると感じたら、中村の汗のせいだった。たった数十秒でKO勝ちだったが、降りて来た時にはもう汗だくだった。どうして人間の体はそういうふうに出来ているのだろう。多分、アドレナリンの作用だと思う。射撃をしていたり、猟や釣りに行った時もそうだ。アドレナリンが出てるから寒さを感じない時がある。...

続きを読む

友遠方より来る

同じ研究課題の人だ。昨日、電話で話をした。今朝、新韓線で静岡から来た。2時間半ほど、共通のテーマの話をして、駅前へ送った。昼は息子さんと約束していると言うので、私のところだけでなかったと、気が楽になった。人が来るのは良い。いろいろ話をしているうちに昔のことを思い出した。アイデアも出た。...

続きを読む

TBSに報道をやらせるべきでない

消費税があがり負担が増えるだろう。しかし財政破たん、国のデフォルトより良い。日本は敗戦でみじめな思いをしたはず、負けてはいけない国にならねばならず。TBSの報道は、採用に問題があったのだろう。これは他のメディアも同じだが。左翼を採用した。昨夜、首相官邸に4万人のデモがあったと言っていたが、そんなら自分のところのおひざ元、通常番組を止めて実況すれば良いじゃないか?...

続きを読む

無くなった大正時代の家

この家の裏にあったL字型の大きな家が、映画「3丁目の夕日」で、三浦 友和の医者が狸に騙される家の舞台だ。狸が住む坂と言う名前。ここいらには焼け残った家があった。小学校の担任の先生の家もこの近所だった。昨年の311来、立て直し、立て直しで、昭和40年ごろの集合住宅も大工事だ。数件の工事が進行中なので、完成したら景色は変わる。坂の舗装はクラブの建て替え後全部やり直したが、またやり直すことになろう。関東大...

続きを読む

高齢化社会とリーマンショック

昨日の翁博士のお話、ひとつ忘れていたのは2008年夏のリーマンショック(英語ではクライシス)だ。リーマン・ブラザーズが64兆円の負債を抱え、どうしょうもなくなったことだ。日本でも秋には1カ月で株価が半分に下落した。多くの外国金融企業が連鎖的に破綻し、今の欧州金融不安も元はこれだ。人間は4年間も経つと忘れる。それと先進国の高齢化だ。考え方を変えなければおいおい寿命を果たすことはできないだろう。福祉、...

続きを読む

日本経済は回復にあると、翁 百合博士の話

世界経済は繋がっている、連鎖が恐ろしいは常識だ。アメリカ景気回復、中国安定成長、欧州金融危機、そういう観点をひとつひとつ説明し、最後に日本のあるべき姿を『内外の金融経済情勢と日本の課題』と言うテーマで、今や押しも押されぬエコノミストの話だった。幾つかのキーワーズがある。「財政」「その破綻」「成長」などだ。今や世界は成長を望むのは無理と感じた。その背景は「高齢化」だ。高齢者が持っている資金を使い果た...

続きを読む

嫌なものを見た、交通違反?

いつも通る大きな交差点、上が首都高で、下が2重になっている複雑な道路だ。歩道で信号待ちをしていると、やがて⇒が出て、何台か行く、最後のほうに白バイがいた。案の定、曲がったところで黄色いプリウスタクシーが捕まった。この車は後ろから3台目、その後ろが白バイ、そして箱トラ、そしてもう一台バン。箱トラとバンはもう赤くなっていて曲がったが、タクシーはセーフだった。タクシーがアウトなら白バイもアウト、その時は...

続きを読む

まあ小沢クンにつくのは30人だな

26日が採決だそうだ。ミッドナイトサマー、夏至は雨降りだったが。和子夫人ももう彼のもとにはいない。鳩が飛んで来ない。ズーズー弁の最高顧問が、「小沢クンも鳩山クンも(採決)しなければそれで良いよ」と言っていたが。鳩はもう小沢クンと同体ではない。いろいろ見ると政治は当てにならない。私は選挙基盤がある程度自分でみれる人はついてこないと思う。ヤワラちゃんはついていくだろう。まあ、30人とみている。それにし...

続きを読む

沖縄問題と爆笑問題

『爆笑問題』と言うお笑いが沖縄に行き、どこかの庭で沖縄の人々と話している。「沖縄の問題はなんですか?」と言う質問に、若者が「養殖場化していることです。」どういう意味か、「沖縄は餌を貰って生きている。補助金とか、公共事業とか」と明確に発言した。されに別な人は「トラブルの80%はモアイにある」と言う。モアイと言うゲームと言うか、金の貸し借りなのか、ルールを守れば博打ではない。ところが勝ち逃げする人がいる...

続きを読む

胃カメラ検査をはじめて受ける

「貴方は貧血があるはずだ」と昨日、若い女医さんに言われ、その場でうむを言わさず今日の胃カメラ検査をセットされた。これも時間通りに始まり、時間通りに終わった。時間には正確な医療機関だ。結果、『何も異常なし。』便の検査も同時に行い、陰性。この年なら、いつ『癌」 になってもおかしくない。『死』も怖くない。自分の食道、胃、十二指腸などの写真を見たが、よくフォーカスが合っているものだ。感心した。綺麗に撮れて...

続きを読む

日本軍の優れモノ 携帯のこぎり

日本軍の土工具について書いている。昔「日本軍の小火器と装具」で調べたものだがみ直して、詳細にしているのだ。こののこぎりはおもしろい。一辺20cmくらいの四角の皮革、もしくは帆布の収容嚢に丸めていれてある。使う時は伸ばし両側の輪に棒を入れ、二人で挽く。一人では操作できないのが難点だ。刃は鋭くブルーを帯びて焼きが入っているし、つなぎのリベットもしっかりしている。工兵隊は大小、多くの普通ののこぎりを持っ...

続きを読む

軍人に政治を質問してはいけない。

これは日本でもアメリカでも原則だ。昨夜のNHK,お笑いの『爆笑問題』が嘉手納基地を訪問する。米軍側の協力は涙ぐましいものがあった。明るい、陽気な人々だし、相手はお笑いだから面白く観ていた。F-15,50機の掩蔽壕まで行った。司令官みずから機体の説明をしてくれる。そこでお笑いのひとりが「基地問題」の質問をした。これはルール違反だ。いけない。NHKさんで編集のとき気を付けるべきことだが、故意と言う感じもする。こう...

続きを読む

マニフェストとやら

民主党の反主流、小沢クン派は、国民に約束したことは何もやってない!と嘆いているが。やって呉れない方が良い、もしくは出来ないもので殆どだった。だから私は野田さんはそんなメンツより、本質が重要、決定、実行が自分の任務と言うところが偉いと言っているので、小沢クンの言っていることは化石だ。じゃ、ヤンバダムはどうなんだ。原発事故後の状況なら、ダムは絶対に必要だし、こんなに雨が降るのでは、ダムで調整した貰いた...

続きを読む

ジムの諏訪

昨夜の興奮がさめやまず。午前中は2カ月に一回の検診に行った。あんな天気のあとだのに、病院の回りは綺麗になっていた。時間通り始まったのは気分が良かった。午後、ジムに行った。オープンの少し前だったが、諏訪が一人で昨夜使ったジムのギアを片付けていた。手際良く、洗濯するものは洗濯機に放り込み。高額なものは戸棚の中にと。試合もリングトークも覚えてないと言う。そんなものだろう。インタビューを受けたが、とてもう...

続きを読む

血糊

日本軍の「軽鉄線挟」の収容嚢の裏側だ。以前も書いたかもしれない。こういうものを収集すると、戦場から双方に持ち帰れたものであるから、血糊が付いているモノが多い。軽機関銃の装具はほとんどがそういうものが付いている。こういう道具類は日本のものは便利で、帰還してから使おうと持ちかえられた。例えば農場や牧場では必需品だから、こんな小さく分解できるものはなかなか見つからない。勇敢に戦った兵士から奪ったものだ、...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ