FC2ブログ

記事一覧

オバマさんが僅差で勝つ、ダンさんの予測

大学の事務局長をしている昔なじみのダンさんと夕食をした。昨日、4つの文章を完成させたので、今日の昼はゴルフに行った。そしてダンさんと会食。彼は明日から大連に行くそうだ。いわゆる中国大好きオジサンの一人。大学生も200万人から現在は120万人、そして2040年には60万人に減るそうだ。教育産業も未来はないなと感じた。彼の予想、ロムニーさんとも親しいが、選挙はオバマさんが僅差で勝つでしょう、と言うこと...

続きを読む

ニューヨークの台風

街が水に浸かっている映像は初めてみた。マンハッタン島は左右を河に挟まれていて、ハドソン川に面したところで水面から地面までは数mある。イーストリバーに面したほうはもっと高いように記憶している。潮が高い時に低気圧が水面を吸い上げたのだろう。これは実は大変なことなのだ。マンハッタンは地下でもっており、例えば地下鉄とか、地下室とか、それらの入り口には防水壁はない。だから、水が地面を越えると地下鉄に入る。そ...

続きを読む

朝6時に猫に餌やる白人女

都会の三大公害動物は、カラス、野良猫、そして鳩だ。病原菌とビールスを撒き散らしている。児童公園、子供の遊戯施設の下に、早朝か夜中に餌をばらまきにくる白人女性がいる。ポーランド人の大きな人がリーダーでとても攻撃的だ。この女性は同じグループだがもっと若い人で、朝の6時、餌と水入れを持って来た。(樹の後ろにいる)カラスも恩恵に預かっていて、遊びに来た子供には危険だ。行政は何もできないようだ。注意すると、...

続きを読む

中国投資は企業のリスクだ。

とうとうきたかと言う感じだが、自動車市場の落ち込みは尖閣のせいではないだろう。経済が落ち込み、市場が縮小しているのだろう。その点の認識は明確にしておかないと方針を間違える。中国は40年前から経済パートナーとしてはリスクがあった。為替の問題がひとつ。そのほかにも製造現場、市場、両面での。多くの人がそれを覚悟で中国に進出し、ハッピーであるのでは喜ばしいが、これから起こることはやはり自分のリスクとして、...

続きを読む

四式戦車が回収される

三式中戦車より先に開発されていたそうだ。75mmの長い主砲が特徴で、昔から浜名湖に沈められているのが確認されていた。漁師の反対で引きあげが何十年も遅れたが、今度、町おこしのためにいよいよ引きあげることになったそうだ。三式中戦車は200両くらいが作られて、土浦の武器学校に一両がある。詳しく観察すると溶接製造のさまが良く理解できるが、これも貴重なものだ。しかし溶接部分の一部がはがれて来て補修は必要であ...

続きを読む

一式双発高等練習機

練習機と言ってもスパンが18mもある大型機だ。9月、銃砲史学会で、青森に行ったころ、十和田湖から1943年に水没した機体が回収された。淡水に浸かっていたので痛みは少なく、改修して展示されるそうだ。各国にはドイツ、イタリアにも多くの戦時中の機材が残され展示されているが日本では極端に少ない。大切にしたいものだ。立川飛行機で1342機が生産され、戦後も多目的機として運用されたそうだ。偵察、通信、航法など...

続きを読む

この車は飽きなかった

9年間、94000km走った。今日、車検が切れる。新しい車の代金は昨日、支払った。「ツインスパークス」と言うのが良かった。革のシートもまったく傷んでない。ブラスさんは彼の外車ディラーの長年のキャリアから私の住んでいるところ、その他、この会社の車が良いだろうと言ってくれた。古い車の価値は、10年、10万km走行で、ゼロになると言う。他の国なら自分の責任でもっともっと走るだろうが、日本の車検制度では、...

続きを読む

演武の順番を確認する鉄砲隊

先週の日曜日は天気が良く暑いくらいの気温だった。新宿のイベントに出演した「鉄砲隊」が演武の順番をもう一度確認しているところだ。2列になり複雑な射撃だったが、うまくできた。全部で44発発射したことになる。最後の部で2発が不発となった。黒子がうまく処理し、そのあとの行進のために、予備の空の鉄砲と替えた。その間に別な係が皆の火縄を切って、缶に入れた。不発の鉄砲を、人気のないところで調べてみると、口薬がその...

続きを読む

尼崎の殺人、ハローウィンそのまま

8人ものひと、もっと多いかもしれないが、殺されたり、行方不明になっているが、この事件の特徴は、何を読んでも、見ても、実態がどうなのか説明できてなく、常識では考えられないことだ。「八墓村」の動機も最後は解明される。秋も深まり、夜が長くなるとこういうのは不気味だ。10月末のハローウィンは今は子供だけでなく、若者の祭りとなったが、背景は、電気のない暗い時代の名残だ。アメリカの祭りで、欧州にはないそうだ。「...

続きを読む

会社設立

不思議なことに私は「不況」の影響を受けてない。日本がバブル崩壊で大変になる頃、ニューヨークに渡った。16年前の写真を母が持っていた。私は写真も記録も全て破棄するので、こんなだったかと驚いた。まずは自分が若い。1996年秋だ。チェルシーにITの会社を設立した。日本人の同志は皆去った後で、アメリカ人30人ほどの会社。会社のシンボルは、「カッティングエッジ」と言うことでノコギリ、これも本社に怒られたが、...

続きを読む

中国の空母は脅威か?という新聞記事

はなっから間違えている評論家がいる。スキージャンプは着陸のためで離陸は横の滑走路を使う。上り坂にきたら減速するにきまっている。航空機はどんな場合でも離着陸には風に正対するのが原則だ。空母は風に向かい全速力で走る。アメリカの強いところは、何度も書いたが、蒸気カタパルトを備えていることだ。日本の空母では先が少し下がっていて、加速した。カタパルトは太いワイヤーで機体を引っ張る。ワイヤーは昔は海に捨てられ...

続きを読む

東京都はどうなるのだろうか?

東京都は独特の地位にあると言って良い。直下型地震があると言われているが、インフラ整備は着々と進んでおり、都の方向性は石原都知事が明確に示してきた。災害対策だけでなく、東京オリンピック、エネルギーや水の需給、国際性、教育機関の集中。都市の機能から言えば、ニューヨーク、ロンドン、パリ、東京は世界でも格別だ。また東京の消費力はおそらく日本の20%を越えているのではないか?マーケティング指数では所謂首都圏...

続きを読む

「シット・ノーマリー」ちゃんと座れ

先日、地下鉄でアメリカ人と思われる若いカップルの隣に座った。男は半パンだ。女性はきちんとしていた。彼が長い長い足を組んだ。私の倍の長さはあろう。組んだ先は彼女の方を向いていたが、私がちらっと見たので、彼女は気にしたのだろう。彼に「シット・ノーマリー」と注意した。直ぐに彼は足をほぐした。なるほど「良い言葉」だ。あまりにもおかしな座り方をする奴にはこう言えば良いのか。なお白人で真冬でも半パンをはく奴は...

続きを読む

これから10日間のアメリカ

これから10日間が歴史の大きな区切り。ロムニー候補が、オバマ大統領を越えてきた調査結果があるが、これはもう勝ち負けが確定している地域も含めた全国の数字。接戦区、大きなところではフロリダ、オハイオ、ウィスコンシンなど8-9の州だ。ロムニーさんは大きなところを取ってもまだ勝てない。極端な話、これらの州、全部とらないと。直接選挙とは言え、州の代議員はその州で1票でも多いと全部取る。昨日、渡部 恒雄先生の...

続きを読む

吉田 義男氏の話と昨日のドラフト会議

日本ハムは北海道に行って良かったと、それまで北海道には巨人ファンばかりだったそうだ。「野球はフランチャイズ」と言う精神をまずは語って呉れた。フランスに野球を教えに行っていた関西で活躍する野球評論家で、内野手では「牛若丸」と言われていたそうだ。79歳。そういう意味で、昨日、王さんが沖縄出身の東浜を獲得し喜んでいた理由が分かった。また阪神も籐浪を獲得した。巨人はとにかく良い選手に恵まれているから、一喜...

続きを読む

「アルゴ」今年のベスト作品

ベン・アフレックが監督、主演の派手ではないが、見ごたえのある作品、本日公開だった。アカデミー狙いであることは間違いない。どうしても今日観たかった。今年の一番と感じた。テーマは結末は事実だから分かっているがそれでもハラハラした。新聞の評「痛快」とは大違いだ。どうして評論家は裏を観ないのだろう。浅い。政治的には今も引きずっている恐ろしい事実ではないか?「アルゴ」は架空のSF映画のタイトル。一応CIAが...

続きを読む

会津幕末維新の話

現在、書いているテーマだが、会津は山の中、西軍は日本海側(長岡藩)と戦闘する。太平洋側、現在、原子力災害にあっているところから仙台藩だが、小藩が多くて、二本松藩の戦闘が勝負を決めた。耳慣れた地名が出て来る。「川内村」も戦闘に巻き込まれた。二本松の会津の司令官は、西田 敏之が演じる西郷 頼母だった。実戦経験がなかったそうだ。会津の軍は鳥羽伏見の戦闘に破れ、2000人くらい紀州に逃げ込み、紀州藩が傭船...

続きを読む

秋を探して

どこもかしこも暖かい日差しが照りつけて、木々の葉は緑だ。秋を探すのが難しい。多分、山に行っても、紅葉はしているが、葉は落ちてないだろう。昨日のゴルフ、二人ともボールは一つもなくさなかった。大体、この季節は落ち葉のために見つからないことがあるのだが。...

続きを読む

猪瀬副知事の存在感

このコラムで今年になり何回か猪瀬さんのことは書いた。自然に、また何かの折に彼の言葉を引用して。テレビ出演も多かった。だから、石原 慎太郎さんは、猪瀬さんを後任にと考えていたし、そういう雰囲気はあったのではないか。東京都。知事には参って来た歴史がある。思えば、スマイルのミノベ。車社会は来ないだから建物に駐車場はいらない、という都の建築基準を出した。それでその頃の建物は価値が無くなり、その近辺は違法駐...

続きを読む

慎太郎80歳にして立つ

立っても障子紙を破れるか?確信はない。慎太郎は、1955年、「太陽の季節」で文学新人賞、芥川賞を取った。高校生の頃の英雄だった。彼は頻繁にやっていることを途中で辞めてしまう。今度の都知事もそうだ。都民はどうしてくれるのだよ、と聞きたい。83歳まで都知事をやるか、死ぬまでにもう一仕事、新しいことをやるか。今度の尖閣問題がひとつの背景にあったことは疑いもない。彼が都が購入するという発想を国、官僚が妨げ...

続きを読む

007はワルサーPPKの.32ACPを使っていたのか?

国際映画祭に出展されている新しい007映画、ダニエル・クレイグの「スカイフォール」予告編を観ていたら、字幕にはないが、新しい007用武器係の青年が、これは「9mmショート弾を使う」と言った。そうすると、今までのPPKは.32口径だったのか?あまり気にせずにみていたが、最初の007ではこのナチスのポリスピストルがとても新鮮に観えた。アストンマーティン。そしてアタッシュケースに入るライフルはサバイバル用...

続きを読む

花の咲かない枯れすすき

秋を見つけるのが難しい。こんなことは珍しい。ひどい気候だ。今日は久しぶりにゴルフに行ったが、4か月間の間にゴルフ場は電動カートを導入した。持ち主も替わった。我々は本日は電動カートには乗らなかったが、ようするにワンラウンド歩けないシニアを意識している。若者は来ない。シニアは歩けない。だから電動カートと導入して、客を増やすと共に、プレイのスピードアップかを図る。社会の枯れすすき化が進行すれば、消費は減...

続きを読む

野田さんの目つき

ヤクザの問題で法相が交代した。余計な手間だ。そうでなくても忙しいのに。同じ党内でも解散に対しては異なったみかたがあり、運営は難しいと思う。「解散は約束した」⇒「法案は通してもらう」どちらが先か、新しい予算は新しい内閣で、と言うのも最もだ。この矛盾に悩んでいる。いくら福祉でも生活保護費の伸び、不正受給などどうするのか。復興も含めて中長期の明確な目標が曖昧だ、キーワードはなんだ⇒希望が生まれない⇒計画が...

続きを読む

地震予知、無駄に過ごした 半世紀

イタリアでは地震の6日間前に安全宣言を出した学者たちに「禁固6年」の判決がでた。日本の地震予知研究は1962年に始まったと言うから、半世紀。最近ではもう「予知」は出来ぬから、「予測」にすると言う方向になっているらしい。確かにこの半世紀、一回も「予知」は出来なかった。東日本の時は、一年くらい前から個人的に「何か起こる」と言うことは何回かこのコラムで書いた。先日、大木准教授の話を聞いた際に「地震学者と...

続きを読む

戦車の疾走

本当は不整地を走るのが面白い。左右に揺れるからだ。この時はコンクリートの直線を疾走している。多分速度は時速40kmくらいで、みるみるうちに道路のエンドが近づいてきた。右の戦車は整備中のもので停車していた。回転は戦車独特の内側のキャタピラを止めて、外側を回すから、もしくは内側を反対に動かしていたようにも感じたが、その場でくるりと回った。また復路を疾走した。特徴的なのはスターターの音だった。キッと鳴り...

続きを読む

女性は元気があった

先日、新宿のイベントのときの様子だ。鉄砲隊(11人のうち5人が女性)、先物見、数名は全員女性、赤の鎧と槍と旗。会場まで山の手線を越えて結構な距離があった。隊列を組み歩いて行ったが、15-20分くらい掛かった。気温も高い、汗だくだ。女性は元気だ。どんどん先を歩いて行った。IMFが言う通り日本の社会は女性の力を使わないと。...

続きを読む

事故と不祥事はつきものが軍隊

オスプレイは絶対墜ちない、アメリカ軍人の犯罪は起きない、と言う断言は間違いである。オスプレイの事故もあろう。またアメリカ軍人による犯罪は起きるであろう。軍には絶対と言うことはない。人を殺し、相手を破壊してやっつけるのが任務だから、気持ちは荒いのだ。日本人は67年間、安穏と暮らせて来た。世界中、こんなところはない。だがそれはどうしてだったかを良く考えなければならない。中国が来たら、こんなものではすま...

続きを読む

アメリカ大統領選のディベートをみていた

午前中にジムに行った。トレッドミルで走りながら1時間、オバマ大統領と、ミット・ロムニーのディベートを丁度、観た。テーマは外交で、その中の目玉は、中東(イスラムとの関係)と中国だった。アメリカ人が関心のある国際問題は、欧州やロシアではなく、中東問題、パキスタンを含むあたりになろう。議論もそこがポイントだった。だが、ここは誰がやろうとも、イスラエルの影響から逃れることができず、新しい提案は出来そうもな...

続きを読む

IMFが日本は女性の力を使えと

猪瀬副知事が表現していたように「働いてない、気持ちの悪い人々」と言われる女性たち、専業主婦を含むは、恐らく日本の人口の20-25%はいよう。自衛隊は女性が増えた。父親、母親が自衛隊であったケースが多いが、女性隊員はなかなか積極的だし、体力もあると聞く。先日は女性ラッパ手を見た。立派なモノだ。...

続きを読む

自白強要は犯罪だ!

今回のインターネット書き込み遠隔操作事件、警視庁が各地に赴き謝っているが、横浜では捜査員は「自白すれば少年院に行かなくてすむ」と発言したことを否定した。今回の事件の本質は「誤認逮捕」ではない。「自白強要」で他に証拠がないのに犯罪者とし、送検、起訴まで行った。自白だけの証拠を元にいい加減に送検、起訴を受けた「検察にも罪がある」。捜査と検察の体質、さらに日本の司法制度の見直しまでの大きなことになろう。...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ