FC2ブログ

記事一覧

私は30.06や日本の6.5mm,7.7mmを撃っていたが

私の射撃コーチはバッキー・ドナルド・マルソン少佐だ。故人。今さら日本で(アリサカさんご免)7.7mmはないなと考えていた。同じく30.06も。放射能の影響で山には人が多い。今猟はせいぜい12番だ。それでもマグナム弾は危ない。ライフル銃使用は特に注意しなければ。猪、ワナのしとめは村田28番を使っていた。威力と精度が丁度良いのだ。威力があり過ぎると、突き抜けて跳ねる恐れがある。それも返納だ。そんなにいろいろ所...

続きを読む

自衛艦艇と保安艦の違い

安倍さんが「退役する自衛艦艇を海上保安庁艦艇に移行する」との発言を、「ペンキを塗り替えて、ボロ艦艇に退職者を載せ、みたいな悲壮な考え」のように書いたメディアがあった。軍艦の色は灰色、海上保安艦艇の色は白。これは常識だ。だから灰色のままでは行けない。中国もそうだ。だから領海近くに来ていても見わけが付き難い。この案には賛成だ。尖閣海域の警備は大変厳しい状況にあるようだ。海上保安官はおOBも動員してもフル...

続きを読む

弾薬が先か銃が先か?

射撃に重要なのは何にどんな銃を使うかだ。以前、SBだけやっていたライフルマンと話をしたが、話が合わなかったことがあった。50mの世界だからだ。大口径ライフルと言う定義も曖昧であるが、SB以外のものは大口径と言われる。19世紀末に日本が6.5mm弾を採用して三十年式小銃を制定化したのは勇気が必要な決断だったろう。現在はNATO弾だ、64式小銃を半世紀ほど前に決めるとき、7.62mmx51弾はNATO...

続きを読む

外交、パレスチナを日本は承認するのか

中東問題の最大の根は「アメリカ(ユダヤ系勢力)によるイスラエル支援をどこまで、どのように続けるか」だと思う。欧州でもこの問題に関しては考え方が若干変化してきたようにも感じる。今度、欧州にいた人間に雑駁だが話を聞くことになっている。当初から無理があったのだ。これは第二次大戦処理の英国の最大のミスとも言われているが。しかしパレスチナ、他の中東諸国も「いまひとつ現代的、未来的思考」が見られない。映画「ア...

続きを読む

『ウエハー』を買ってきてと言われて

日本では私の世代が恐らく最後だったろう、家に「女中さん」がいたのは。昨夜、新潟のエスちゃんに電話した。「覚えてますか?」「奥さまとよく電話で話をします。」と。当時は中学卒業後2-3年間、家事手伝いで農家の女の子が家に住み込んだのだ。陽の当らない一室が与えられたが、めげない明るい子だった。母親の死を知らせたのだ。久しぶりに新潟弁を聞いた。「あいやー」と悲しんでくれた。話好きのひとらしく、「奥さまには...

続きを読む

『家族葬』笑いのうちに無事終了

とうとう『介護』の世話にはならず、母はあっさり逝った。昨日は晴天、12時、出棺前の記念写真だ。大安だから火葬場は空いていた。葬儀屋さんは、なぜみんな外車ばかりだのに、一番安いコースを選んだのだろうと、頭をひねったかも知れない。戻り、ピザと寿司と、母の厖大に溜めこんだ食料、飲み物でこのメンバーで宴会した。「悲しまないでくれ」が彼女の死生観の一つだったので、初めから終わりまで笑い声が外まで聞こえていた...

続きを読む

『戦前のグライダー教育』

軍備を禁じられた国、ドイツで1920-30年代に掛けて興隆したスポーツだ。燃料のない国、日本でも「滑空機」は操縦適正とみる、初期操縦を教える手段として大規模に採用された。また大きな背景としては航空理論の理解だと思う。動力がないだけで航空機と同じだからだ。私の次のテーマは、戦前、オリンピック種目にまでなろうとした日本のグライダー教育とその背景だ。朝日新聞が後援した「日本学生航空連盟」の資料も集めた。...

続きを読む

ローレンス・ブロックの新しい本

月曜の日経夕刊、開いてなかった。今朝、開いたら終面にこの記事。『マット・スカダー』の新作を数年ぶりに出したと。何回か彼の小説のことを書いたが、1990年代に大いに楽しませて貰った。キャラクターは3人いるが、私はマットより、『殺し屋ケラー』が好きだ。なかなか映画化されないのが残念だが、ニューヨークと言う特殊な地域に限定しているからだろう。もう一人のキャラクターは『ベニー・ザ・バーグラー』だ。彼もニュ...

続きを読む

国家安全保障、母の安堵

弟たち夫婦が先日の観艦式の100枚もの写真を見せたそうだ。私がいつも自衛隊の行事について話している。それで先日「日本もここまできて安心できる」と言っていた。「あんなにすごいものがあるとは想像もしなかった。」死んだ母は敗戦を経験している。みじめな非占領国の時代も。この方向はこのまま進んで欲しい。母のためにも。特にこの写真が気にいっていたそうだ。...

続きを読む

FMラジオで聞いた『沖縄学』

新しい車のラジオはとても性能が良い。純正のカーナビ、CD,ラジオ、テレビどうも携帯入るらしいがまだ試してない。FMを良く聞くようになった。ラジオは弱小媒体で、FMは圏内が狭いので、特にあまり聞くことがなかったが、久しぶり。ふたつ特徴があると感じた。一つは出演者が良い。面白い。きびがある。もうひとつは取り上げる話題がためになる。先日、3時間くらいの長い番組で『沖縄学』みたいなテーマのがあった。沖縄の...

続きを読む

政治公約「外交」

先日、クラブの懇親会でアメリカ人弁護士を入れて話をした。話題は『パレスチナ』問題になった。エフ夫人の息子がエジプトに転勤になって行っていることもあり。ガザ地区への攻撃は続いていた時だった。地上戦闘になれば、イスラエルは圧倒的な機甲師団をもっているが、いずれにせよ、犠牲者は出た状態だったろう。話しているうちにふとその弁護士はいなくなった。ユダヤ系の人だな、と感じた。それくらい、アメリカとイスラエルは...

続きを読む

教育改革の政治公約

安倍さんは前回の時も教育問題は具体的だった。私は今、大きな日本の危機のひとつは『教育制度』であると思う。滋賀県のいじめ問題の時も書いた。暴力はいけないが、教育委員長が殴られて怪我をした。その背景ははっきりとされてないが、テレビで観ている限り、教育に対する無能、無責任がはびほこっていたことは指摘出来できそれに対する社会の怒り、勿論いけない方法だが、それがあの事件の結末だったと思う。6・3・3・4制の...

続きを読む

母の死生観

2010年に書いたものを用意して兄弟全員に送って呉れていた。明確だった。私の前で倒れ、30時間後に死亡。昨夜は、彼女の家の座敷に運び、今朝、葬儀屋さんがメイクの人と来て、昼には兄弟、配偶者、従妹10名くらいで納棺した。午後にはみんなで、彼女の財布から、鰻を御馳走になった。「葬式はしないでくれ」本当に限られた人にしか知らさないで、このまますます。このパソコンに挨拶状を出す名簿のファイルがあるそうだ。...

続きを読む

逮捕者続出駐留米軍

日本では沖縄での事件で米軍の「夜間外出禁止令」が出されているにもかかわらず、将校も含め逮捕者続出だ。私はアメリカの若者をある程度知っていると言うだけで、殊更、士気をコメントする気はないが、これはどだい無理だ。日本は享楽的な国、おおらかで、美女が大勢闊歩している。アメリカの田舎から出てきた若者には毒ばかりだ。だから彼らに同情する部分もある。韓国のパク・ソンヨン議員によれば、世界中で活躍するコリアンフ...

続きを読む

川内村の再生と科学技術振興

今回の原発事故はある意味では日本戦後最大の社会問題ではないか?政治にも、経済にも、エネルギー問題は特に日本では国の運命を左右してきた。日露戦争のときも、日本海海戦にはとっておいた英国産の石炭に積みかえたり、太平洋戦争はアメリカの石油禁輸によるものだ。たしか、何カ月前には「1930」に全廃と言っていたのが、最近は「1930年代」と変わった。即廃止、現在はそれに近いが、地崩れだ、活断層だと日本之の地質...

続きを読む

家族の系譜 母倒れる

介護に関係なく、次男一家と暮らしている母、昨朝、私は自分の家の蛍光灯数本を取り換えるつもりで、これは自転車は危ないので車で近くのホームセンターへ行った。開店まで数分間あった。照明のことで母を思い出した。みんなが留守中に照明が切れ、宅配人に頼んだが、気持ちよく引き受けてくれた、と言う良い話で。如何にも彼女の人柄がでていたからだ。センター開店5分前だったので、「これから行く」とメッセージを入れた。車に...

続きを読む

NHK番組『村に帰る』を見た

「川内村」は先日、天皇・皇后両陛下が訪れた福島第一から20-30km圏の村だ。このコラムでは何回も書いたし、釣りをしたり、猟をしたり、それよりも買い物、ガソリンスタンドなど自分の生活圏にある。村のシンボルが「モリアオガエル」なので、村役場には「蛙」と「帰る」をかけたバナーがはためいている。以前は3000人の人口があり、何らかの形で原発カンケイで働いていたひとが500人いたそうだ。農業と林業の村だが...

続きを読む

ドイツの再生可能エネルギー依存政策に???

ドイツは面白い国だ。興味深い、武器兵器、航空機、さらにロケットまで開発した。陸軍国だから、空母も伊号のような大型潜水艦はなし。現在は『脱原発』の盟主、三国同盟みたいに日本も引き寄せられている。隣のフランスは原発依存国だから、そこで事故があると、東京と大阪くらいの距離だから心配でないのか?それよりも高額な再生可能エネルギーだけで優秀なる工業製品を作れるのか?私の経験ではドイツ国民はあまり贅沢はしない...

続きを読む

雨降りの午前中に仕上げた二つの原稿

周りには親御さんの介護で普段通りの身動きが出来ない方が多い。その点、私は丈夫な母親がいて、大丈夫と言うことで、М田さんから11月中にふたつの原稿を仕上げてくれと、封筒にも「お願い」と記してあった。やる時には私は少し雑だが早い。午前中にふたつとも仕上げた。両方とも、9月青森に行った時の話だ。調べてみると青森市は弘前藩ではなかったと言う。車で1時間くらいのところだったし、青森は弘前藩と思っていたが違うと。...

続きを読む

感謝祭

日本では無理にこじつけた祭日と以前も書いた。この週末と、クリスマス週末は大体、実家に帰り長い人は各々1週間休んだ社員もいた。(アメリカでの話だ)一旦、悪天候で交通が乱れると大変なことになる。カップルは理想的には、この二つの休みに各々の実家に交互に行く。だが、業務上は10-12月はとても忙しい時期なので、どうやっていたのか、不思議だ。その前後、間は猛烈に働く?料理は開拓時代から、ターキー(でかいが味...

続きを読む

冬になる前にもう2-3回は行きたいゴルフ

今年はまだラフ以外は緑だ。コースの工事も一段落して、今朝は少しゆっくり目に出た。連休前で道も混んでいたが、ゴルフ場は相変わらずのんびりしてた。ふたりとも後ろのティーグランドから打っている。スコアは、何とか○を切りたいというくらいだ。良いショットもあれば、短いパットも外す。まったく楽しみだけでやっている。せっかく顔みしりの売店の係の人が出て来てくれたのに、2発続けてOBか?最初のが助かっていた。たわ...

続きを読む

立川 雄亮には不義理した

同じジムのプロ立川のデビュー戦を応援に行った。だがその後、彼が新人王戦、バンタム級でトーナメントを苦しんで這い上がって来た過程何戦かで半分くらいしか応援に行けなかった。画像、ポスター下段、右から二人目。同じ区の出身で、気持ちの良い若者だが、妙に縁がなかったのだ。東日本新人王戦も家族の集まりで行けなかった。12月16日(日曜日)きしくも衆議院選挙に日に東西戦、全日本新人王が決まる。すでに切符も予約し...

続きを読む

安全保障、集団的自衛権、国防軍は明確に実行する

今回の選挙で、政党がどこまではっきりと言い、具体的な筋をつけ、実行するか、これが課題だと思う。70年間ちかく安全保障を考える、意識する必要のなかった国、この状態がいつまでも続くとは思えないからだ。尖閣に35日間、恐らくこれから1年も2年も、近づいてくる中国船。その組織的な行動を見ていると、不気味さを覚える。インド洋給油、即に再開すべき、これは明確に政策公約に出た。東シナ海の中国の横暴をみれば分かる...

続きを読む

やっぱりレフリーだ、スポーツは

ジムでは来月、試合が5つある。5人のプロが一斉に減量だから、食い物の話は出来ない。付き合って3kgは自分も減量してみるかと、考えている。そうすれば年末年始の飲み食いも楽しいだろうし。ただ忘年会があるので、会食系を気を付けないと。しばらくぶりで相撲を見ていると、以前に比べると『行司』に迫力がない。どうしたのだろう。NHKさんが行司の集音を低くしているのかもしれないが、存在感がない。後楽園ホールの試合...

続きを読む

新年が楽しみだ

政治が変わるとと経済も変わる。私の予測より2-3カ月遅れたが、野田さんの決断力のおかげでここまできた。東京都知事など、出来の悪い息子を持つとあの年になっても親ばかだし。新興勢力はうまいこと、振り込み詐欺などとイメージが重なるが、言い多くの国民は騙されるだろう。私も騙されるかもしれない。だが、来年からは日本は変わる。これだけは確信を持って言える。領土の外圧もひとつの背景だ。今朝もモンタがひとりだけゴ...

続きを読む

もめなかった総会

単なる社交クラブだが規模が大きい。かっては5000人近い会員、その3分の2は海外からの人間だった。建物を建てなおすと言うことで、計画を作ったのはリーマンショックの直前で、移転して3年間かけて豪華な建物が完成、2年になる。役員の改選、収支報告、予算の決をとる、「アニュアル・ジェネラル・ミーティング」が昨夜開催された。○○億円の借金がある。会員は日本経済の沈下で日本を去る人が何十人かいた。そんなことでこ...

続きを読む

日銀を活性化させるのは何の問題にもならない

かっては、日銀と一般の都市銀行の間に三つの特殊銀行があり、全部バブル崩壊で敢え無く崩壊した。安倍さんが言っているのは「日銀には本来の日銀の役目をしてもらう」が本意だろう。あたかも経済を独裁的に支配するつもりのように言われては何も出来ない。小澤クンが「八の字まゆげ」の白川総裁を任命し、彼が何もできないから、歴史的な円高が続いている。これでは日本企業がやっていけないから、本来の日銀の使命のひとつ金融緩...

続きを読む

ボクシングをやる中高年

日経さんの昨夕刊に掲載された記事だ。ボクシングだけでなくトライアスロンとか、トレッキングとかハードなスポーツに挑戦するビジネスマンが多いという内容だ。別に新しくはない。中村 幸裕などはプロで全日本チャンプを目指すビジネスマンだし。私がボクシングを50歳にしてやろうと思ったのは、ニューヨークに転勤したからだ。同市にはジムは多い。しかしクインーズ区とか車を停めておくといたずらされるような地区で、不便し...

続きを読む

これでも法治国家か「振り込め詐欺」

金融緩和が遅い。そのために市中にある現金が狙われる。もうひとつは、この手の詐欺に警察力が追いつかない。ようやく一人捕まえて30億円のうちの2億円を回収した。毎日、女性名で5000万円差し上げると言うメールが来る。郵便局などでも当たり前のように個人情報を書かす。世の中の金に対するバランス感覚の無さが、この状態を生んでいるのだろう。東京都内でも今年数100億円の、振り込み詐欺、もしくは配達詐欺系被害が...

続きを読む

よくぞ生きのびたアウンサンスーチーさん

父親はビルマ独立の英雄であり、ビルマではとても尊敬されていた人だそうだ。結局、ビルマ軍事政権はそうめちゃくちゃなことは出来なかった。スーチーさんは、国会議員となり、今日を迎えることが出来た。こういう結果になったのも、国際社会が厳しくみていたからだ。何年か前を考えるに、何時殺されてもおかしくなかった。ミヤンマーは人口7000万人と言う国だ。これからどの国がどのように接するか、どんな国になるか、興味深...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ