FC2ブログ

記事一覧

頑張れ猪瀬知事

私はニューヨークタイムズが嫌いだ。日本に対して意地悪なユダヤ人のジャーナリスト集まりだからだ。今回もやられたな、と感じる。奴らはいかにも親しげに近寄ってくるのだ。ニューヨークでのパーティなどでも、日本語の上手な鼻を大きなチビが話しかけてきても知らん顔したことが何回もあった。ここでもだ。ニューヨークタイムズは反イスラムだのになぜこんな記事を、と思うかもしれないが、その背景はいろいろ複雑なのだろう。ボ...

続きを読む

デハビランドコメットとボーリング787

私の子供のころの大ニュースと言えば「コメット」機の空中分解だった。3-4回続いた? 1950年代初頭のことだ。羽田にも来ていたが、ジェットエンジンが翼の付け根に各2発づつついて、後退翼の画期的な旅客機だった。英国の国家的プロジェクトとして第二次大戦中の技術を結集し完成した世界発のジェット旅客機だった。敗戦国日本には航空機を開発するなど余裕もなく、許されてなかった。それが、なぜ。「ムービートーンニュ...

続きを読む

スピルバーグの「リンカン」

出来は良くない、恐らく興行的にも期待できないだろう。ただ「リンカン」大統領の苦悩、努力、そしてそれを支えて人々がかくあったという様子は分かった。大統領の何度も言う「60万人が死んだ」「数10万人を失った」「大きな犠牲だった」と、しかし、何十年ぶりでアマンダメント13条を成立させるための過程がストリーであり、戦闘シーンはほとんどない。一昨年、訪れたピーターズバーグ(ここは南部にありながら奴隷でない黒...

続きを読む

朝鮮統一

現在、世界唯一の分裂国家、朝鮮半島。画像は北の元山、近代的で驚いた。北さんはやはりお騒がせと脅かしで終わり、韓国は新政権下、深刻な経済問題が浮かび上がってきた。中国の影響が、北だけでなく韓国にも及んでいることは、歴史上の事実であり、日帝統治35年間などは長い歴史のなかではほんの点にすぎない。現在も北の核とミサイルは中国の指し手の一つであり、東アジア状勢の恐怖のひとつだ。でも何らかの事情で、ドイツの...

続きを読む

経済界でも誰かがデフレ経済の責任をとらねば

会社が赤字になれば社長、経営陣は責任を取る。経営が悪いかったからだ。国家経済も同じだ。それで、私が3年前から責任を取れと言い続けた、白川前総裁は任期前に辞めた。講演の依頼も彼の場合はないだろう。だが、経済界はどうなのだ。経済界でも白川さんと同じように誰かが責任を取るべきだ。実際に脱デフレに何の主張も、行動もなかった。マスコミがそうだったが、彼等は元々、何を書こうが無責任、で良い。私はあの「白まゆ毛...

続きを読む

「ハワイ攻撃」は成功にあらず

総合的に評価すると、失敗であったと思う。パールハーバーで沈めた8艦の戦艦のうち5鑑は修理され、戦線に復帰した。反面、アメリカには良い理由と動機を与えた。動機のない戦争は、その後、ベトナムやイラクのようにアメリカは戦力の足を引っ張られるのが通常である。それに対して評価できるのは「マレー沖海戦」と「インド洋海戦」だと思う。今回、パールハーバーに行き、その感を強くした。ハワイは遠い、ジェット機でも行きは...

続きを読む

母の残したアクセサリー

私が子供のころはまだ和服を着る機会があり、これらのアクセサリーは祖母から受け継いだもので、母はとても自慢していた。象牙、サンゴで裏に銀に金メッキをした板が取り付けられている。中国製のものを日本用にしたのではないか?という感じがするが。まあ全ての品は良く覚えている。義妹が持って行けと言う。小さなものだが、要らないと。粗末にするわけにはいかないが、どう使うものか、どのくらいの価値があるものか、見当がつ...

続きを読む

「主権回復の日」の式典

沖縄の1万人反対大会のほうが報道が大きかった。しかし、戦争ので辛い思いをしたのは私自身もそうだ。今日、弟の家に行き、今後の予定というか我が家の方針を昼を食べながら話してきた。もし、祖母の判断が間違っていたら、母か私か弟の一人は必ず、死んでいた。満州はひどい状況だった。東京、私の小学生の頃までは焼け野原だった。広島、長崎。沖縄だけではない、と言うことを理解して欲しい。日本は戦争に負けたのだ。逆に沖縄...

続きを読む

都市の空洞化

アメリカの各地を旅行していたときに気が付いたのが、地図にある昔の中心地と言うのはどの都市でもほとんどスラムである。空洞化している。オフィスは郊外の新しく開発された所謂オフィス団地、住宅はそこから30分はドライブする大きなショッピングモールを中心とした町。大体そういうパターンだ。ホノルルは久しぶりに泊った。(過去20年間に4回ハワイ州に行ったが、ハワイ島、マウイ島だった)昔は泊ると言えばワイキキだったが...

続きを読む

金融詐欺の増加

人間の欲と言うのは恐ろしい。俺は大丈夫と思っていてもウマイ話しに乗ってしまう。アメリカのいかにもメリルリンチのような名前の会社にやられているが、氷山の一角だと思う。今現在も、どうやって詐欺、儲け話をこれからの金融に適応するか、企画実行しようとしている輩が日本にもアメリカにも中国にも、世界中にいる。警察が取り締まれる種の犯罪ではない。とにかく人間資産が増えると気が大きくなる。恐らく、有名証券会社の中...

続きを読む

爽やかなる気候だが?

連休の前半は天気が良いとの予報。本当に雲一つなく、風も爽やかだ。昨日はボクシングをやり、泳いだので、今日は軽く筋トレだな、と出る。自転車はギアで調節して速度は出さない。ランナーが○さんと私の名前を呼ぶ。先日はダウンを奪われながらも勝利した立川だった。少し並走しながら「先日は良かったな」と会話を交わす。「先に行け」と言ったら、アッと言う間に姿は見えなくなった。1R,3分間は800m全速力と同じくらい...

続きを読む

尖閣は長く、大きな問題になる。

中国国内で起こっている変化に大いに関係がある。体制も違う。中国は「共産党」⇒「軍」と「政府」で政府は軍と離れた位置にあることを理解しなければ。政府間で良い関係でも大きな問題解決にはならない。軍も政府は共産党のものであり、国民のものではない。経済が良い間は、政府もよかろう。しかしそうでなくなると、やっかいだ。そんなことで、先方が「尖閣は中国の核心的利益」と主張するからには、こっちも相当なる覚悟をしな...

続きを読む

銃砲一斉検査

うまい具合に自分のいろんなイベントに当たらなかった。前の週は結婚式、その前は同窓会。まじめに書類を全部揃えて、朝、出かける。手前のペリカンのライフルケース、中のラバーをまだ切ってないので、閉めるに一苦労。すごいケースだ。軍の狙撃手が使うと言う。内部を楊枝で切って合わせるとビルに聞いたが、いつどのようにしてやるか。このケースは車輪が付いているが、空重量で10kg。検査は無事に終えた。ケースは先日、ホ...

続きを読む

「海が一番楽しかったと」

昔は頻繁に家族で、海水浴に行った。一日、海ですごし、真っ黒に日焼けした。先日の旅行、私は「ビーチ」にこだわった。先日も書いたが少し水温は冷たいが、良かった。女性たちは日焼けを恐れているのだ。それだのに日焼け止めを忘れた。私がゴルフ用のをふたつ入れてあった。でも2時間くらいしかいなかった。父が子に「旅行の何が楽しかった?」と聞いたら、「海」と答えたそうだ。本当か?本当だろう。...

続きを読む

AR18の射撃

先日のホノルル、珍しい銃だ。これは試す価値があるな、と思った。室内で撃つにはもったいないなと思ったが、自衛隊の89式小銃の元になったと聞いているし。また豊和が一時、製造していた「アーマライト」の名銃だ。サイトはピープ。照準器もアイアンからドット、いろいろ様々な銃で試したが、ピープはこれだけだった。果たして、室内は距離が短いから真ん中を狙っても下に行く。20発の集弾はかくのとおり。良い経験をした。...

続きを読む

九五式軽戦車

世界に10両ほどが展示されている。そのうちタイ国国防省玄関の屋根の下にあるのが印象的だった。迷彩はしてなかった。これはホノルルの陸軍博物館前の展示だ。アメリカで戦車や砲の展示で有名なアバディーンにはこの形式はない。九五式(1935)はおよそ2400両が生産され、ノモンハンの果てモスクワにもある。また太平洋、タラワ、ペリリュー、パラオ、テニアン、サイパンなど広範囲に展開された。輸送がし易かったからだ...

続きを読む

特殊潜攻艇と人間魚雷「回転」

帝国海軍、特殊潜行艇と、人間魚雷「回転」を混同していることが多い。ちなみに戦艦アリゾナメモリアルには「回天」が展示されていた。ハワイ攻撃をしたのは特殊潜攻艇、5鑑だ。これには乗員2名。船首が二つ盛り上がっており、2本の酸素魚雷を発射した。帝国海軍は約100鑑を製造し、ハワイ、シドニー、ガダルカナルに投入した。それなりの戦果は報告されている。この画像はハワイで観たものだが、「回天」乗員1名、大型酸素...

続きを読む

叔父、兄の遺品を見に来る

私の母が昨年死に、この叔父ひとりしかいない。私の年代の従兄たちが最高齢になった。伯父が帝国陸軍九七式爆撃機操縦士、小隊長、大尉であったことは何度か書いた。従妹が叔父を連れて来た。昨日午後。伯父は中国奥地漢口近くで操縦中に戦死したが、その遺品がひとつの箱に納められ、私の家にある。それを見に寄ったのだ。軍刀も。仔細に眺め、感慨を深めて帰った。軍国少年であり、兄にあこがれていたその彼の少年時代の気持ちを...

続きを読む

「北朝鮮」は世界が騒いで欲しいのだ

考えてみれば良い。あれだけ孤立した道を歩む国を。そして独裁と人民抑圧、17-8世紀的な国家支配に陶酔している国を。ミサイルだ、核だ、何だかんだと挑発してくる。『無視すれば良いのだ。』先方には先方の理由があるのだ。世界を相手に戦っているという緊張感がなければ国は潰れるのだ。だから、メディアはあまり大きく、頻繁に報道して騒ぐは逆効果だ。彼等を喜ばす。先方の手に乗っているだけだ。肩で風切る昔のヤクザと同...

続きを読む

大旅行無事終了

よく親子三代で海外旅行すると言う話は聴いていた。まさか自分ではと。仕事で250回、海外出張した私にはとてもできないと。今回は、子供3人、孫2人、全員の本当の親子三代旅行。1970年代中ごろ、娘4歳、と息子1歳を連れ、ニューヨーク、ロサンゼルス、ハワイを経由して日本に帰ったのが最後の家族旅行だった。私らとカレたちはクラスが違うので、そっと見に行った。カレ(うしろ)、オトウト(前)、一人前に機内エンタ...

続きを読む

大隊砲に会う

映画、「土と兵隊」の最後のシーン、まだまだ続く次の戦線に向かう大隊の最後、馬に曳かれ2門の大隊砲が出ていく。昨日、ホノルルで始めて実物を観た。曲射と平射ができる短砲身砲で、アメリカの資料では評価している。砲、左右に重機関銃、さらに左右に軽機関銃と擲弾筒そして散兵する歩兵。そういう陣形があったと、記憶している。山本 七兵氏も「私の中の日本軍」にも出て来る。浅間山荘事件に関してだ。「砲撃終わり、作戦終...

続きを読む

酷い天気に会った

一週間近く日本を留守にしていたが、季節はあまり変わってない、と今朝感じた。昨夜は9時半羽田到着の便に乗った。順調に飛行を続け来たが、空港ちかくでも下が見えない。そのうちにスクリーンに雨が相当に勢いで当たっている。誘導灯がやっと見え、続いて滑走路が見えるがやけに短く見えた。計器飛行だからそんなはずだはない!と感じた途端、エンジンはまた加速し始めた。「ゴーアラウンド」だ。この手の機体では3000mくら...

続きを読む

「戦艦アリゾナメモリアル」はアメリカの靖国神社

昨日、早く起きて一人で行った。7時オープンだったが、すでに8時45分の切符。長い列だった。渡し船に乗る前に、劇場で「ハワイ攻撃」の15分間ほどの映像を見せる。フェアな内容であった。日本機の攻撃がこれでもか、これでもかと続く。「日本は中国で抜き差しならぬ状態、そこにアメリカの石油禁輸がとどめをさした。アメリカは帝国日本海軍力はハワイを攻撃できると分析していた」など。戦艦アリゾナは弾薬庫に遅延信菅の爆...

続きを読む

AR-15

M-16の民間バージョンで、一応はセミオートしかない。先に述べてようにドットサイトが付いている。これはなかなか便利なものだ。小口径で良く当たる。20発の弾痕だ。...

続きを読む

久しぶりにガンクラブに行った

マウイからホノルルに来た。ホテルにチェックインして直ぐに市内のガンクラブに行って長モノを射撃してきた。日本人のほとんどは「射撃」と言うとが、こういうところで、銃を選んでない。私は交渉して銃を選んで何種か撃ったが、距離が短い室内だから、弱装にしてある。AR-15をドットサイトで撃った。この標的を観て、係員がサイトを修正していたが、集中率はなかなかだ。その他AK-47,これは反動が楽しいので撃った。全...

続きを読む

奴らのアロハ姿

二人ともアロハシャツがにあった。リングボーイをやることになっていたが、カレには直前までいわなかったようだ。でもうまくやった。二人とも式の最中は神妙な顔で大人しくしていた。...

続きを読む

奴らと砂遊びをした

海には行ったことがあるはずだが、どうも怖いらしい。彼等と砂遊びをするのが、夢だった。丁度良い機会だった。ビーチに行き、砂の城を作って、のんびりした。海に入ったのは久しぶりだった。このあたりは鯨が来る方向で、水温は低かった。...

続きを読む

結婚式無事終了

どんどん月日は経って、当日になってしまった。ラバイがきたら、と思っていたが、ローカルのバプテストの牧師が来た。ハワイ語と英語で進行し、割にながくやった。二人でティーグランドに立って、ボールを打つ嗜好は自分たちで考えたのであろうが??遠くに雨雲が見えていたが、天気は良かった。暑くもなく。...

続きを読む

チビ連れてアロハシャツを買いに

義弟の結婚式はマウイ島のゴルフ場で行われる。まあ、変わったものだ。今まで社員や若者がハワイで結婚式をするという話しは聴いていた。チビたちもアロハで出ることになった。それで近くショッピングモールに、義理の息子の運転する、息子の借りた車で買い物に。アロハと言うのはなかなか合理的な衣類だ。チビどもにも各々、買った...

続きを読む

昨夜は飲みました

妻の従兄が料理の名人なのだ。日本から材料、そしてここで購入したもの、うまく味付けして、プールサイドでパーティをした。それが6時から9時まで続き、そのあと12時近くまで部屋で語った。飲んだ。息子が借りた車でその前に皆でショッピングモールに行った。朝は8時半まで寝た。健康。...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ