fc2ブログ

記事一覧

パク・クネ大統領の基盤

朴大統領は個人的は大変好ましい人だ。 リベラリスト渡邊先生があまりにも彼女のアメリカでの評判の良さ、アメリカ在住韓国人お指示をえてるから、その話をした。パク・クネ大統領の基盤の強さを質問した。「弱いです」と。韓国は大統領制であり、立憲君主国ではない。当然仕組みがことなる。 ニューヨークにいた時代、毎日寄るデリ、ランドリーはコリアン経営だ。早い、キツイ、笑顔はない、サービス業だが仕事が正確だ...

続きを読む

3人の知人

金曜日、24日は忙しかった。午餐会「日本政党史」、外交研で「ブッシュと中国、アメリカで評判の良いパク・クネ大統領の話を聴いて、またドコモショップへ。金曜日・給料日だから待ち時間90分。あきらめて内田君のストレッチに。クラブに寄り、シャワーに浴、帰宅途中だった。 25分間弱の歩きだが、この間にいろんなひとにあった。1、K氏、先輩個人の婿で、大富豪だ。歩いて10分間くらいの距離だが、、マセラティでも...

続きを読む

兄弟は仲が良くないと

一人っ子は可哀そうだ。 兄弟がいると、もまれるし、絶えずコミニケーションをしていて楽しそうだ。 この二人、下が3歳になった。 今日は昼に彼等の家に行き、十分に誕生日を祝って来た。 ハワイ以来だったが、二人とも、外でスポーツをする時間が長いらしく、陽に焼けて健康そのものだった。...

続きを読む

「義烈空挺隊」鎮魂碑

昭和19年(1944)5月25日、熊本県健軍飛行場を発進し占領されていた沖縄県読谷米軍基地を攻撃した、成功したと評価されているコマンドー作戦であった。先日、健軍基地を訪問した際に入り繰りに、「義烈空挺隊鎮魂碑」の看板を観たが、残念ながら碑には行かなかった。 日米の画像や映像に多く残されているが、12機出撃した九七式重爆のうち8機が到達、猛烈な対空射撃で1機のみが胴体着陸に成功し、多数の航空機と...

続きを読む

ミリタリー食の威力

研修中の昼は大体こんなものを食べた。 ここの例には牛乳とかその他デザート的なもの、ふりかけはない。最低の量で、全部食べられる量だ。冷やし中華は普通町で食べるものの1・5倍の量。おかずは魚肉のコロッケ。上は鳥肉のから揚げ。 しかもみんあかなりのスピードで食べるからこちらもつられてしまった。 栄養士が管理しているから栄養に偏りはないが、カロリーはシニアには高い。太った。 家に帰ってもま...

続きを読む

空母赤城の模型

この画像は、ハワイのアリゾナメモリアルにあった帝国海軍空母「赤城」の模型だ。サイズは後ろの人間で判断して欲しいが、長さ3mくらい。 先日、佐世保の海軍タワーで観た「赤城」の模型、あまりにも見事なので、質問した。これとは比較にならない細かい、出来だ。 戦前のものだったが、誰かが持ち去り、今度の震災で、もしものことがあったらと、2年ほど前に送ってきたと。これは全長2mくらいだ。佐世保は撮影禁止...

続きを読む

見事な復元熊本城

コンクリートでない復元だそうだ。 天守閣や附属する建物も見事だが、この狭間の出来には驚いた。 火縄銃の射程、良く聞かれるが、有効射程においてはこの掘を越えた距離だろう。 西南戦争、スナイドル銃が主力兵器であったそうだが、熊本城は規模が違う。 だからこの狭間からの射撃が有効だったのだろう。...

続きを読む

大幅下げは投資会社の作戦

株は一本調子には上がらない。ここで止まりと思わせるのがプロだそうだ。 昨日の大幅安は、ニュースでは個人投資家が高値で売ったと報道していたが、事実ではない。 投資会社の作戦だ。 今朝、昨日売った分を買うだけで、その差額1000円が儲かる。 株は個人では絶対に利益を上げられないものだと言う。 画像は中国大陸からの汚染空気に覆われた阿蘇山。...

続きを読む

帝国海軍トーチカ

渡洋爆撃を行った大村基地は今は海自(滑走路がある)と陸自に分けられている。 陸自の資料館前に珍しいものを観た。 米軍資料やスレッジの「ペリリュー沖縄戦記」にも出て来る、コンクリート製小型トーチカだ。鉄製もあった。 当然、単体で作戦するのではなく、幾つかを組み合わせお互いに死角をなくしながら、軽機関銃で戦闘した。 高さ2mくらいだから半分は地中に埋めるのであろうが、直撃をくらわない限...

続きを読む

CH47チヌーク内部に立ち続ける整備員

今回の西部方面訪問で感じたのは、緊張感だ。 同方面は北、中国に近い。 あらゆる想定にいつでも対応できる、と言う緊張感を感じた。 小一時間だが、立ち続けて搭乗している隊員も大変だ。 勿論、冷房はない。高度は低いから気温は下がらない。 大変な仕事だ。...

続きを読む

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ