fc2ブログ

記事一覧

見事だった編隊ホバリング

先日の火力演習予行の際の様子だ。 回転翼機は十数基参加した。大きいのはチヌークが降下用に3機。AH3機、ブラックフォーク、その他偵察、観測機など。降下用の機体が前に出ると、攻撃機が守らなければならない。チームワークが必要だ。 左手(山の下)から十数機の編隊が登って来た。しかし会場の地上戦闘車両の準備が遅れた。 数分間、このように全体でホバリングしていたが、一糸乱れずとはこのことか、ピタ...

続きを読む

国連旗をバックに日本を批難したハン事務総長

自分の出身国で、日本を批難した国連事務局長はそれだけで国連憲章に違反しているが、画像を見て驚いた。 後ろに国連旗が掲げてあるのだ。 これはフェアでない。 国連が正式に日本を批難していることにほかならぬ。しかもその根拠は明確、明白でないものだ。 勿論、韓国の誰かがやらせたのだろうが、非常識な手段だ。...

続きを読む

米国はシリアを空爆するな!

シリアの国連調査の画像を詳細に見てみると、不自然な点が各所にある。ワナかもしれない。 まず、どのような方法で化学兵器を使用したのか? 砲撃、爆撃はあり得ない。風向きではどこに行くかわからない。 被害画像は雑で、どちらかの側にしろ、捏造であると思う。 化学兵器使用と騙し、自己の正当性を主張する。反対に米を撒きこみ空爆さす。 米国の情報機関は必死で情報集めをしているが、今の画像は不自然...

続きを読む

一番好きな野球映画『ザ・ナチュラル』

映画選択を仕事にしていた頃、英語で観たのが最初だ。 1984年だからレッド・フォードは50歳ちかい年で35歳のルーキーを演じた。話は1930年ころのMLBのフィクションだが、MLBは賭博の対象になっていた。 共演も有名な役者ばかりだった。グレン・クロス、ロバート・デュバアル、キム・ベージンガー、バーバラ・ハリス。 最後のホームランが照明に当たり、ライトが次々と爆発するシーンが綺麗だった...

続きを読む

あの国では何かおかしなことが起こりつつある

コメントにはあの国にはしばらく知らん顔、何を言おうが勝手にという態度が日本の大人としてのものと書いた。 しかし、国連総長のコメントとなると別だ。存在感のない、下手な英語の、シャビーな人だが、あの国は外交力がある。数年間、国連総長を続けて来た。もっとも国連も総長もたいした仕事はしてないが。 確か、国連憲章によれば、国連の責任ある地位が、自分の出身国と、特定の国に関して、私論を述べるなどと言う...

続きを読む

富士火器演習には90両の戦闘車両が走ったというが

限られた場所でも数量的な圧倒感は少なかった。 長い海岸線に広がったら、大した勢力ではないな!と言うのが実感だ。 画像は「87式自走高射機関砲」、35mmのエリコン機銃を搭載していて2両が揃って、連発する。局地用近距離対空火器だ。 毎年同じところで同じことをやる。おそらく優れているのは後方に立っているレーダーだろう。 対空だが水平射撃しているのは上向けて発射すると、弾丸は富士山を越え...

続きを読む

オリンピック招致は・・と言う気分だが?

オリンピックは、元は欧州のものだ。 東京は、大体「決まり」と考えているが、まだまだ難しい。 皇太子さまのご臨席、かなわなければ秋篠宮ご夫妻のご臨席は必だ。 IOCは時差のこと、税金の厳しいこと(日本では招待券にも国税が税金を掛ける),地震の恐れなどから東京ではやりたくない。 そのような条件を考えればマドリッドが有利だ。魅力ある街ではないですか。...

続きを読む

「使い古した歯ブラシをもっておけ」

アメリカ海兵隊の昔からの教えだと聞いた。 物資のありあまった米国軍隊でも古歯ブラシはいろいろ役に立つモノだった。 3日前の演習の時、朝使った歯ブラシを一日ポケットに入れて置いた。昼と夕に食べた食事の後の歯磨きは元よりそのあと、泥のついた靴の手入れに使った。 兵器を持っておれば分解、清掃に使える。昔、中学の家庭科の先生に聞いた話では印鑑を掃除するために必要だと。...

続きを読む

なぜオスプレー配備を反対するか?

明白である。 日本の防衛能力を増強させたくないからだ。強いて言えば、侵略にじゃまだからだ。 このチヌークや、シーキングのような回転が逆なエンジンで、飛行する輸送へりは、武装一個小隊、小型車両などを搭載でき、画期的なものであったが、速度が遅い、後続距離が短いで、オスプレーには圧倒的に敵わない。 米軍は配備するオスプレーはほとんど日本に持ってきているのではないか。おそらく本年末には数十機。...

続きを読む

嫌いではない薄き来

少年時代、紅衛兵だったそうだ。 だから彼は文化大革命を単に恐れているのでなく、その恐怖を利用する方法を理解しているのではないか? 論理が今までの共産党員の幹部と異なる。 裁判での反論が興味深い。収賄の金額、「その金額がなぜ魅力的な金額なのか?」と言う質問はなかなか出来るものではない。 妻、これも殺人罪で「死刑、執行猶予」と言う、近代国家では考えられない判決、ビッチであることに間違い...

続きを読む

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ