FC2ブログ

記事一覧

亡き両親が見たら感激しただろう

戦争に負け、「不幸なるかは近隣諸国」に愚弄されてきた日本国。 このままで終わるのかと、そのまま死んだ人たち。私の両親もそうだ。しかし、弟が「ひゅうが」から撮影した観艦式の写真を見て、母はとても感激したそうだ。 この風景も見れば感激したひとは多かったに違いない。兵器の進歩は言うまでもなく格段のものがあったが。...

続きを読む

水道やの「みのもんた」とTBS

朝、居間に行くと、時々この番組が掛かっている。 司会者が居眠りをしていたので、驚いたことがある。みのもんただ。本業は水道工事の会社だそうだ。本業も忙しいのだろう。 息子もTBSに勤務していて同じようなものだ。 つまり人格性が放送局の水準に達してないということだ。 テレビ放送が日本より10年間、早かったアメリカでもテレビは様々な社会問題を生んでいた。 TBSは麻原の「松本弁護士一...

続きを読む

シリア攻撃は米国のユダヤ人の命取り

アサド政権が化学兵器、サリンを使用したと言うのは恐らく捏造だろう。 反政府派の画像だけが「証拠」のほとんどだからだ。人間は例えば、一般炸薬の衝撃だけ、もしくは炸裂の無酸素状態で一瞬にして死ぬと言う。 米国はシリアに潜入している情報機関から状況をつかんでいる。イスラエル系だ。彼等は何としても米国を巻き込みたい。しかも民主党に大きな力を持っている。 英国は介入を中止したが、仏は理由がなくて...

続きを読む

快走する男

昨日から、カレがひとりで泊りに来てた。 夕方、母国に帰る人から自転車を譲ってもらった。ほんの僅かな価格だ。車に乗り、ナビを入れると2kmと出たが道路が複雑なところで、近所だが行ったこともない豪邸街。一つの屋敷が30mx20mくらいはある地域だった。 カレも連れて行った。 勉強になるからだ。私が彼女と話をして自転車を出してもらった。大きさは丁度良い、デザインも、色も、造りも。カレも名前を...

続きを読む

AH攻撃ヘリの能力

先回も書いたが、恐らくこれ一機が攻撃するだけで、ヒルズクラスのビルは崩壊するだろう。 30mm機関砲、この画像では信菅の付いてない炸裂弾でないと思われるが、炸裂すれば、一発で、一部屋は破壊できる。さらに、ミサイルだ。 ミサイルは重要な中心部分を破壊するだけの能力があり、数発搭載している。 だから日本にはヘリ搭載母艦が必要なのだ。輸送ヘリ、オスプレが飛び立つ前に偵察ヘリや、攻撃ヘリの威力...

続きを読む

「シリア」はしたたかな国

エジプトが混乱していることも影響している。エジプト、シリアは中東二大軍事国で、イスラエルを挟んでいる。米国はエジプトに巨額の援助をして、イスラエルとのバランスを取って来たと言われている。 反対にシリアは旧ソ連時代からロシアに近い。ロシアの顧問団や最新兵器が装備されている。 そういう状況でシリア政府軍、現在は攻勢で、反政府軍を押しているが、化学兵器を使ったかどうか?これは、日中戦争勃発の時の...

続きを読む

「はだかのゲン」は大メディアが議論することか?

たかが漫画、されど漫画。 もとより、母が3人も男の子の面倒はみれないと、山ほど漫画を与えられ、大学生まで楽しんでいたが、その後大人が車内で読むようになり、漫画もアニメも縁はない。 長男が好きだった。好きなだけ読めと読ませた。特に「コロコロコミック」が大好きだった。私もその中の『おぼっちゃまくん』が好きで、今度単行本を孫に買ってやるつもりだ。 ところで「はだしのゲン」はまるで接点がない。...

続きを読む

スティンガーミサイルは重い

地対空の同ミサイル訓練は壁に映したシュミレーターを使う。 前に訪問した時の対象はヘリコプターでほとんどが命中した。 今回はF15戦闘機。 点が見えてから発射してももう当たらない。 このミサイルには4つの動作が発射に必要だ。アルカイダでも習得したから私たちにもできるはずだが、重いのだ。 ひとりで担ぐと身体がそってしまう。射手はお坊さんの役員。...

続きを読む

米国はシリアをミサイル攻撃するな

二つ理由がある。 ひとつは、米国大統領の背中を押しているのはアメリカのイスラエルロビー、ユダヤ人たちだ。英国もフランスも同じ。しかし確証がない。もし決行するなら、後のことを考えて、ふにゃふにゃでも国連決議が必要だ。 もうひとつの理由は、トマフォーク型ミサイルでは化学兵器拠点を効率的に破壊できるか?火砲などと分けてある。部隊は駐屯地を変える。民間地にダミーを置く。様々な手が考えられるし、モサ...

続きを読む

実物の軍用銃を触らせる、素晴らしいじゃないか

横須賀米軍基地招待日に、子供にM-16を持たせたと「市民団体」とやらが騒いでいる。 馬鹿馬鹿しい。 米軍の大好意ではないか? 日本でこんな機会はない。自分の猟銃を孫に持たせても逮捕されるような国だ。 実際、戦争は、戦闘はどういう武器と兵器で行われているのか、その認識をおしえる。兵士たちには感謝以外何ものもない。 アメリカでは当たり前のことだ。銃を持たせ、「銃の怖さ」を教える。そ...

続きを読む

見事だった編隊ホバリング

先日の火力演習予行の際の様子だ。 回転翼機は十数基参加した。大きいのはチヌークが降下用に3機。AH3機、ブラックフォーク、その他偵察、観測機など。降下用の機体が前に出ると、攻撃機が守らなければならない。チームワークが必要だ。 左手(山の下)から十数機の編隊が登って来た。しかし会場の地上戦闘車両の準備が遅れた。 数分間、このように全体でホバリングしていたが、一糸乱れずとはこのことか、ピタ...

続きを読む

国連旗をバックに日本を批難したハン事務総長

自分の出身国で、日本を批難した国連事務局長はそれだけで国連憲章に違反しているが、画像を見て驚いた。 後ろに国連旗が掲げてあるのだ。 これはフェアでない。 国連が正式に日本を批難していることにほかならぬ。しかもその根拠は明確、明白でないものだ。 勿論、韓国の誰かがやらせたのだろうが、非常識な手段だ。...

続きを読む

米国はシリアを空爆するな!

シリアの国連調査の画像を詳細に見てみると、不自然な点が各所にある。ワナかもしれない。 まず、どのような方法で化学兵器を使用したのか? 砲撃、爆撃はあり得ない。風向きではどこに行くかわからない。 被害画像は雑で、どちらかの側にしろ、捏造であると思う。 化学兵器使用と騙し、自己の正当性を主張する。反対に米を撒きこみ空爆さす。 米国の情報機関は必死で情報集めをしているが、今の画像は不自然...

続きを読む

一番好きな野球映画『ザ・ナチュラル』

映画選択を仕事にしていた頃、英語で観たのが最初だ。 1984年だからレッド・フォードは50歳ちかい年で35歳のルーキーを演じた。話は1930年ころのMLBのフィクションだが、MLBは賭博の対象になっていた。 共演も有名な役者ばかりだった。グレン・クロス、ロバート・デュバアル、キム・ベージンガー、バーバラ・ハリス。 最後のホームランが照明に当たり、ライトが次々と爆発するシーンが綺麗だった...

続きを読む

あの国では何かおかしなことが起こりつつある

コメントにはあの国にはしばらく知らん顔、何を言おうが勝手にという態度が日本の大人としてのものと書いた。 しかし、国連総長のコメントとなると別だ。存在感のない、下手な英語の、シャビーな人だが、あの国は外交力がある。数年間、国連総長を続けて来た。もっとも国連も総長もたいした仕事はしてないが。 確か、国連憲章によれば、国連の責任ある地位が、自分の出身国と、特定の国に関して、私論を述べるなどと言う...

続きを読む

富士火器演習には90両の戦闘車両が走ったというが

限られた場所でも数量的な圧倒感は少なかった。 長い海岸線に広がったら、大した勢力ではないな!と言うのが実感だ。 画像は「87式自走高射機関砲」、35mmのエリコン機銃を搭載していて2両が揃って、連発する。局地用近距離対空火器だ。 毎年同じところで同じことをやる。おそらく優れているのは後方に立っているレーダーだろう。 対空だが水平射撃しているのは上向けて発射すると、弾丸は富士山を越え...

続きを読む

オリンピック招致は・・と言う気分だが?

オリンピックは、元は欧州のものだ。 東京は、大体「決まり」と考えているが、まだまだ難しい。 皇太子さまのご臨席、かなわなければ秋篠宮ご夫妻のご臨席は必だ。 IOCは時差のこと、税金の厳しいこと(日本では招待券にも国税が税金を掛ける),地震の恐れなどから東京ではやりたくない。 そのような条件を考えればマドリッドが有利だ。魅力ある街ではないですか。...

続きを読む

「使い古した歯ブラシをもっておけ」

アメリカ海兵隊の昔からの教えだと聞いた。 物資のありあまった米国軍隊でも古歯ブラシはいろいろ役に立つモノだった。 3日前の演習の時、朝使った歯ブラシを一日ポケットに入れて置いた。昼と夕に食べた食事の後の歯磨きは元よりそのあと、泥のついた靴の手入れに使った。 兵器を持っておれば分解、清掃に使える。昔、中学の家庭科の先生に聞いた話では印鑑を掃除するために必要だと。...

続きを読む

なぜオスプレー配備を反対するか?

明白である。 日本の防衛能力を増強させたくないからだ。強いて言えば、侵略にじゃまだからだ。 このチヌークや、シーキングのような回転が逆なエンジンで、飛行する輸送へりは、武装一個小隊、小型車両などを搭載でき、画期的なものであったが、速度が遅い、後続距離が短いで、オスプレーには圧倒的に敵わない。 米軍は配備するオスプレーはほとんど日本に持ってきているのではないか。おそらく本年末には数十機。...

続きを読む

嫌いではない薄き来

少年時代、紅衛兵だったそうだ。 だから彼は文化大革命を単に恐れているのでなく、その恐怖を利用する方法を理解しているのではないか? 論理が今までの共産党員の幹部と異なる。 裁判での反論が興味深い。収賄の金額、「その金額がなぜ魅力的な金額なのか?」と言う質問はなかなか出来るものではない。 妻、これも殺人罪で「死刑、執行猶予」と言う、近代国家では考えられない判決、ビッチであることに間違い...

続きを読む

演習で観た個人携帯兵器

当然、時間の決められたイベントだから詳しい説明はない。 それらの実射が見られたのは価値があった。 ひとつは小銃の銃口に装着する投擲弾筒だ。小銃は地面に立てて、小銃弾で撃ちだす装置のようだ。大きな曲線を描き、撃発信菅で小さな迫撃砲程の炸裂があった。『06式小銃擲弾』射程は2-300mでかなり正確に命中した。まったく同じようなものが、三八式、九九式小銃にもあり、何十年も前に使用されていたと言う...

続きを読む

『軍艦行進曲』の演奏

どこの国でも軍楽隊は、音楽の基本になったもので、現在日本でも音楽大学を卒業したひとたちが自衛隊の軍楽隊に入る。 だから水準が高い。 海上自衛隊軍楽隊が、4名の水兵が旭日旗を掲げ、『軍艦マーチ』を演奏していたが、とうとう陸上自衛隊でも『軍艦行進曲』の名で演奏するようになった。 残念なのは自衛隊では式典で、『君が代』を斉唱することは少ない。演奏だけはあるが。 公道を軍楽隊が演奏しながら...

続きを読む

社会見学と羽田の埋没機

小学生のころ、社会見学で、大宮公園、村山貯水池、江の島・鎌倉、三浦・城ケ島、高雄山、井の頭公園そして、横須賀・猿島、羽田空港などへ行った。羽田と鎌倉以外はそれから一度も行ったことはない。どうも春秋2回出ていたようだ。 羽田は現在の姿からは想像も出来ないみすぼらしいもので、半日くらいいて1-2回の航空機の離発着しか観なかった。 しかし、道すがら、いろんなものが落ちていた。私は透明なガラスでも...

続きを読む

東部方面隊に感謝

平成25年度富士総合火器演習と研修に関して、詳細なる行動予定、ハンドブックを作成し、何のトラブルもなく実行した。 参加者は全員大感謝である。 研修ハンドブックには演習に使用する装具品の詳細を、現場で照らし合わすことにより、より理解が深まる工夫があった。 交通手段などもまったく問題がなかった。 本番もうまく進行するであろう。...

続きを読む

前原誠司はふんどしで踊れ

首都圏は取水制限中だ。山岳にの雨量は多いはずだが。「コンクリートから人へ」の政策。ヤンバダム河原で、あのかっこつけの前原誠司が『ダムは作らせぬ』と断言した。それで4年間ダムの完成は遅れた。 奴はまずは「マニフェストとは出来ないことを言う」と修正を入れ「、雨乞いの儀式」をすべだ。 言っていたことはまるで論理が通ってなかったからだ。そしたら雨は降るかもしれない。奴の威信などこのような人たちにも...

続きを読む

デジタル信管による「世界文化遺産」

陸上自衛隊のおはこだ。 戦車や火砲が一斉発射して、目標の二段山、三段山の上で間髪も入れず全弾が破裂、富士山の形を造る。毎年やる。予行でも本番でも。 これは昨日の予行の様子。 良い席だったので、米軍の制服がいた。「面白かったか?」と聞いたら、「スコシネ」と答えた。 彼等の本音としては、「遊んでいる状況じゃないよ」と言うことだろう。...

続きを読む

戦車に搭乗、富士の裾野を走る

戦車は乗り物の範疇だが、なかなか搭乗できるものではない。しかも戦車長の席だ。 半身は乗り出していた。戦車搭乗の被服とヘルメット着用。 この戦車、時速は新式の70kmより遅い55kmくらいだが、それでも夏の草原を突っ走るのは爽快を通り越し、最高の気分と言って良い。 決められたコースを一回と、もう一回、大きなコースを回ってくれた。 隣には12.7mm機銃を操作する隊員が、怖い顔をして前を見...

続きを読む

残念ながら夜間演習は・・

昼間演習が終わるころから雲が多くなった。どうにか下に降りて、予約してあったそば屋で昼食、風呂に入り、しばしまどろむ。直ぐに夕食。 そして上に行くが、霧が濃くなって来た。雨も。 従って、演習は実施されたが一発も撃たなかった。賢明な決定だ。 万が一、一発でもどこかに跳ねたら、「探せ」と朝日新聞に書かれる。 74式戦車のサーチライトが目標にはるかに届かない。実戦の場合は相手が撃ったら、そ...

続きを読む

富士総合火力演習二万人の見物客は

大迫力だった。本日は予行。少し手抜きはあったが、事故なく大成功だlった。天候に恵まれ、空高く、P3Cからヘリも全部飛んだ。戦車も全部走行し、実弾を発射した。 空挺もブラックフィークやチヌークからのロープ降下に加えて、落下傘降下もした。見物人のマナーも良かった。...

続きを読む

天気良すぎ・子どもは元気だった

昼の予行演習は2時間のプログラムできっちり始まり、きっちり終わる。2万人の観客が来た。女性や子どもも多い。しかし暑かった。くらくらした。水を配給されたので、それを少しずつ口に入れた。...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ