FC2ブログ

記事一覧

車雑誌元社長の話

有名な車雑誌の社長を15年間勤め、OBとなっている方と一緒になり会話を交わした。車の趣味はほとんど一致しており、お互いに相槌を打つだけであったが、以下気になることが。 彼の尊敬する人がふたり「本田宗一郎氏」と「松下幸之助氏」だ。 彼はいろいろな会社で講演を頼まれる日々だそうだ。それでがっくりくることがあると。このふたりの偉人を知らぬ若者が増えているそうだ。一流会社でも三分の一くらいは「知らな...

続きを読む

人柄が表れた安倍昭恵さんの話

帰りにGYMで観た答弁中の安倍首相は疲れ気味にみえた。健康に注意して頑張って欲しい。 その前に昭恵夫人の話を聞いた。テーマは「女性のちから」と言うもので、日本は素晴らしい国だが、女性の直感や能力、別なものがある、それをもっと社会が活用することが彼女の関心である、と言う内容だった。 彼女は私の会社の後輩だ。会社の先輩が秘書官時代の安倍さんとの仲を取り持った。○○社の人たちと違い、安倍さんは真面目...

続きを読む

とうとうきた誕生日

この年になると誕生日は嬉しくないが、週末、家族全員が集まって呉れた。正月にも来たので何か親近感が一度に増す、これは良い。 早生まれは幼少のころはハンデがあった。この年になると、2-3歳どころか5-10歳でも差はあまりない。私より10歳若くても老けて見える人がほどんどだ。運動能力も自慢ではないが年齢にしては自分は高いと思う。 さて「人生九合目」まで登ると晩節を汚したくない、と言うのが本音だ。...

続きを読む

ダイオウイカと地殻変動

ダイオウイカは帆船時代より伝説の深海動物「クラーケン」と呼ばれ恐れられた。マッコウクジラと闘う図などを子供のころ少年雑誌で見た記憶がある。 死体が打ち上げられて、その巨大さは本当のものと古くより確認され、NHKが撮った映像では全長7m、大きなものは18mにもなるそうだ。グロテスクで気持ちが悪い。 日本近海では小笠原付近の深海に生息するが、最近日本海、富山湾などは相当深いらしいところでも発見さ...

続きを読む

帝国日本軍のアーミーナイフ

帝国陸軍はこのような刃長が5cmくらいで缶切りだけがついたアーミーナイフを個人に支給していた。大きなものは銃剣で切ったようだ。銃剣には刃を付けてなかったというのは間違いで、米軍が日本軍捕虜に銃剣の手入れをやらせていた図に全体を大きな研石で研いでいたのがあり、戦場で鹵閣されたものは少なくとも全体の3分の2には鋭い。 このナイフは、小刀と呼ばれ、関、三条などの中小製造会社の刻印が押されている。&nbs...

続きを読む

『即原発ゼロ』と安全保障

日本には網の目のように世界各地からエネルギーが入ってくる。勿論専用の船舶でだ。 山本太郎の常識では原発は直ぐに失くしても日本社会には何の影響も与えない、と言うが、果たしてそうか? 中国の海洋進出は、領海を拡大し、他国の船舶を寄せ付けないとの国家方針が背景にある。 日本のシーレーンは大丈夫か? 高い比率で、印度洋⇒マラッカ海峡⇒東シナ海⇒南シナ海を通って日本に到達するのがルートだ。 ...

続きを読む

帝国日本軍兵士用腕時計

精工舎などが製造していた。時計はチャチだ。直ぐに壊れるだろう。これらは動く。セイコーは戦後、輸出用の時計を製造し、その技術はとても高かったそうだ。 しかし、クオーツが開発されると、機械時計製造は辞め、製造機械は輸出、職人に仕事は無くなった。 その反対が「ロレックス」だ。愚直にも同じものを作り続け、今回の景気回復でも真っ先に100万円単位のものが売れだした。ブランド時計のクオーツはまったく価...

続きを読む

見晴らし台から見た家のピクニック場

小川が流れている。今年は水量が少なくて見えないが、ピクニックテーブルの上のほうを右から左に流れ、ひのきのところで滝になっている。 勿論、キャンプも出来る。 夏にはいろいろ茂るから崖から落ちることもないだろう。こんな良い環境だのに。このあたりは線量は元から低かったが、除染したので、綺麗になった。...

続きを読む

道路工事の結果広大な見晴らし台ができた

家の裏の上を通っていた道路がこの部分は完成した。道路を広げ、直線化して、我が家の逆U字型をしていた敷地に橋を掛けた。その代金100万円は要らぬ、その代わり、古い道路の曲がっていた部分と等価交換しよう、と文書を出した。法律上等価交換はできぬが使用権利を貰った。 その部分は高く、道路は低い。家にいても車の音は聞こえなくなった。メリットひとつ。 倉庫の横からかなり急だが道を付けて、上に登り、天体...

続きを読む

再生可能自然エネルギーのこころもとなさ

都知事選挙で「原発は必要」と明言しているのは、主な候補者では田母神さんだけだ。私は彼が操縦士でないと言うことで、ちょっとあったが、予科練ではあるまいし、操縦士だけが全てではない。 今朝は風が強かった。車が埃だらけになっていたので、がっくりきた。外の水道のホースは凍って水が出なかった。 途中、山の尾根に今や20個は出来た風力発電を観る。これだけ風が吹いているがなぜか回ってない風車もあった。&n...

続きを読む

放射性破棄物仮保菅場問題

昨日は晴れてはいたがとても寒かった。家も冷え切っていた。しかし星は綺麗だった。 今日は暖かく、外にいても全然気にならない。午後、市の放射能被害対策室の人が来た。住民全員に意見を聞くのだ。 この問題に関してはエゴは通じない。空港、基地などと同じだ。嫌なら引っ越す。そういうことで最初から賛成だと言った。 計画があるならそれに従うべきだ。 この保菅場だけでも相当な計画で、除染で出たひとつ...

続きを読む

今日はこれより福島に行く

昨夜は息子と二人で食事した。一昨日も家で鮨を食べたので、肉料理にした。「生きたいように生きろ、しかしこのままではお前の代はお前で終わり、私の直感では今年が勝負年だな」と言う内容の話をした。福島に関しては、とても怖がっている。一度見て呉れと頼んだが。例の山本などの主張に影響されている、場所に住み、年代だ。 いわき市原子力災害対策課が打ち合わせをしたいと電話してきた。本当はこの時期は行きたくない。...

続きを読む

新潟県栄えて柏崎沈む

この画像は今から60年近く前、私が自分で撮影した柏崎の駅からみた日本海だ。祖父が和歌山から新潟に来た。ねだってスタートと言うカメラを買って貰った。その代わり柏崎まで送った。 新潟県知事が東電柏崎の再稼働を絶対に許可しないとしている。一方、聞くところによると柏崎は困っているそうだ。 多くの人が原発周囲で働いていたからだ。商店なども困るだろう。元のこの画像のような、寒村になるだろう。 新潟...

続きを読む

当たり前、常識を言ったNHK新会長

朝日新聞は軍国メディアであったが、マッカサーがそのまま何のとがもなく許した。利用するためだ。しかし彼が去ったあとは左翼勢力に牛耳られた。成田空港建設をめちゃめちゃにした連中が入社したので、おかしくなっているが時間の問題だろう。 NHKも同じことが言えるが、今度の会長が「売春婦は存在した。」と発言したので、非難する輩が多い。人類史上初めての職業とよく言われるが、日本でも昭和30年代まで合法で、米国...

続きを読む

強くなる男

世の中わけの分からない育ち方をした子供が多い。 気持ちが優しいこの子は小学校にあがると苦労するかもしれない。 それでプロに教えさしている。大分パンチが強くなった。 今までは誰も殴るなと言って来たが、このところ教えを変えた。攻撃されたら殴れ、できればフックが良い。「俺の腹を殴れ」とボディブローも良いだろう。練習させた。 わけの分からぬ親や先生が文句を言ってきたら私が出る。 帰りに...

続きを読む

日本軍のコンパス(磁石)

軍の作戦にはコンパスは必需品だ。できれば個人装具としたいが、これは恐らく分隊単位の装具だろう。 米軍のサバイバルナイフには柄に付いていたが、刃が鉄なので正確ではない。   この日本軍のものは私は海軍陸戦隊のものではないか、と推定している。理由はないが、そんな感じがする。錨は描かれてない。 コンパス自体はベークライト製で内部に液体が入っている。直径35mm、厚さ10mm。ひとつは液体...

続きを読む

『オリンピック返上』をあの老人はやるだろう

あの2人の老人、ひとりは目が悪いらしいが、もし都知事になったら、即原発ゼロ、これは東京都には関わりのない政策だが、2-3日、東京全体を『停電』させたらどうか。どれだけの混乱が起こるか。 やりかねないし、東京の選挙民はそこまでも考えないで、とにかく、こういう言葉遊びが好きなのだ。再生可能自然エネルギーでは、窯はできない。目が悪くなり、陶芸家、画家としての仕事ができなくなったので、選挙に出たとも考...

続きを読む

『韓国と妥協する』許せない意見

昨日はW先生の「外交研究会」があった。アメリカの大統領選挙、オバマがどう勝ったか(彼が何も出来ない今はそんなことを聞いてもあまり感じるものはないが)がテーマだった。 多分、アメリカ生活の経験は私の方がはるかに長く、深いものがあっただろう。分析に納得できぬところも多い。 最後にここだけ日米の繋がりを良好化するに、「靖国問題」、中国はあまり問題にならぬだろう。問題は韓国だ。安倍首相が韓国にもう...

続きを読む

楽天はデータ重視 立花陽三社長の話

きしくも、田中がヤンキーズに行くことになった2日後、同氏の話を聞いた。外資系証券マンだったそうだが、三木谷オーナーにスカウトされて楽天イーグルス社長になった。 野球は、選手、職員、ファンが一体となりやるものだ。概念は三木谷の影響が大きいと感じた。優勝する。黒字化する。が課せられた目標だった。 2-3億円かけて映画「マネーボール」を思い出したが、試合と選手の数値化のシステムを完成させた。これ...

続きを読む

戦闘をすることを前提とするかそうでないか

ここのところ聞いてきた話では1、攻撃を受け戦闘をするのか、2、攻撃はない戦闘もないこの上位概念を明確にせよと言う意見が多かったように感じる。 現在の憲法は曖昧だ。集団的自衛権問題、これをまずは解決しなければならない。そして防衛中期計画や大綱は、今の状況では疑いもなく、攻撃は受ける、戦闘するを前提にして作成、準備しなければ、国家の主権である国民の生命財産や領土は守れない。 集団的自衛権の範囲...

続きを読む

立派なる日本軍防塵眼鏡

これが一般の兵が使うモノだったのか、将校用かは不明だ。大陸では現在のような汚染がなくても1930年代にはこのような防塵眼鏡は必要であっただろう。 厚い比較の収容嚢に納め、革帯に付ける。ケースは10x10cmだ。ガラス部分は5x4cmでふたつおり。つまり全面と側面が見える。なるべく180度の視界を保つためだ。 布とゴムもまだ健全で、おそらくほどんど使用されて無かった品ではないか。...

続きを読む

「あくま」クンのこと

20年くらい前、初めて中学校の同窓会に出席した。 一人の男が「俺のことわからないのかよ?エスだよ(日本で一番多い姓)」と言う。分からない。記憶にない。見たこともない。困った。 彼はもっと困り「君が僕を(あくま)と呼んだじゃないか。」と言う。思いだした。 悪魔の存在は世界中、あらゆる地域、あらゆる宗教にある。しかし実物を見た訳でない。なぜか、彼が「あくま」に見えたのだ。理屈ではない。しか...

続きを読む

射撃の準備はできているが

銃砲史のなかで、火縄銃の歴史が長かったのは日本だけ。西欧では100年くらいか?西欧では16世紀から19世紀の初めまで燧石式だった。そして突然19世紀半ばにミニエ式が出現した。 なぜか?これを解明するのが今回の研究である。 各々の形式の銃にはそれに合う弾丸、火薬、その他装具が必要だ。 そんなことで、ひとつの部屋をつぶして準備しているが、射撃場のあるところの気温が低い。勾配の急な階段もある。時...

続きを読む

『原発問題』はめくらまし

都知事選。 マスゾエあくまクンがあまり迫力なくてちょっとがっかり。 細川公は日本の政治が悪い、特に原発問題が気がかりだから立候補したと明言。これは愚かなる都民には受けただろう。だが国政と都政を勘違いしていることは最初から明白であり、「ボケ老人」の類に入っていることは確信的事実。 普通の常識がある選挙民なら安心だが、都知事は過去、ミノベ、青島、イノセ、不渡りばかりだった。 非常に心配...

続きを読む

防衛省『大綱と中期防衛力整備計画』の話

本日の防衛座談会のテーマであった。内省幹部が66ページもの内容を説明した。質問は装備品製造会社から沢山出た。 先月、閣議決定した大綱は第5回目のもので、「我が国の安全保障」の基本方針を述べたもので、すでに過去2回、この言葉は使われている。 今回の大綱は東シナ海の緊張、北朝鮮と言う日本の歴史的、宿命的な課題をどう具現化するかその計画、10年間程度のスパンの考え方だ。 先日、東部方面隊総監...

続きを読む

フリーライフル100m標的

昨日の続きだ。 火縄銃の有効射程距離は70mくらいと言われている。所謂、城の堀の距離だ。城側が塀に隠れ、狭間から掘に近づく攻撃側を狙撃する。文録の役、ウルサンの闘いが良い例だ。 この標的は銃砲店主でもあり、コーチをしてくれているエス氏とスコープ調整に行って射撃したもので、5発づつ2回射撃して両方とも48点だった。つまり96点。前装銃のように13発は撃たなかった。銃はザウエルT-90,スコープは...

続きを読む

今年の夏と第一次世界大戦100周年

第一次世界大戦は主に欧州を戦場に4年半の間、続いた。1914年人6月末のサラエボにおけるオーストリーハンガリー帝国皇太子夫妻の暗殺が発端だ。 すでに力を失っていたロシアを転覆させようとした共産主義者が背後にいたという説もある。結果ロシア革命が起きてソ連ができて、75年間続いた。暗殺の時皇太子夫妻が乗っていた車 米国が参戦して終了するまでに西部戦線、東部戦線、特に西では新兵器が多く投入された...

続きを読む

フグと鉄砲

昨日、昼食をしていたら、後ろに水槽があり、トラフグが数尾泳いでいた。元気だった。夜には喰われるのに。 「雑兵物語」の中に台詞がある。「鉄砲はフグと思いなされ当たったら終わりだ」と言うような内容で鉄砲の威力を説明していた。 子供のころ、和歌山に行くと夕方入り江に釣りをするのが楽しみだった。 釣れるのは小さなフグだ。 上げると膨れる。食べられないと言うので、また水に戻した。  ...

続きを読む

『永遠の0』

昨年の公開だが日本アカデミーには追加で来た。 大命題が明確で、ひとつひとつのシーンが良く出来ており、さらに編集が良かった。空母「翔鶴」 どのように作ったのか、私がみても「赤城」への着艦シーンや、筑波の山の戦闘シーン、短いがラバウルの水上機基地など実機と思った。 10年くらい前か「パールハーバー」と言う映画があったが、比較にならない。 難を言えば俳優の表情を出すためか、機上でゴーグルを...

続きを読む

火縄銃とミニエ銃の命中率比較の計算

銃砲史学会の発表、昨年はさぼった。今年はやらねばならない。ふたつテーマがあり、ひとつは先に紹介したが私しかできない。大口径ライフルから火縄銃まで5種類の銃を実射する実験データだ。 競技の方式で点数を競い、距離、標的の大きさ、姿勢の計算式を作ればよい。姿勢は難しいので、yazさんの提案のようにレストでも良いだろう。 この標的はライフル150m用。これをミニエ競技では伏射、100mで13発撃ち、上...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ