FC2ブログ

記事一覧

ドイツと日本の国際外交

両国はある意味で、『世界で期待されているのではないか?』と感じている。 敗戦国として国連加盟も遅かったし、重要な役にはついてない。 しかし米国の消極性、ロシアの我がまま、中国の出鱈目を考えると、消去法でドイツ、日本しか残らない。 経済的な国力は日本はどうなるか、アベノミクス次第だが、ドイツは堅実に一人勝ちしている。工業が強い。 日本は米国の同盟国で強い繋がりがあるが、ドイツもロシア...

続きを読む

板妻駐屯地のことを書く

伝統の三十四連隊、現在は34普通科連隊だ。御殿場の街から近い。約1500名の普通科、小銃、機関銃と迫撃砲が装備、の部隊である。 災害救難では静岡県の伊豆半島東を除く、浜岡原子力発電所をはじめ発電所、変電所など全域が担当範囲だ。 「資料館が面白い」と聞いていたが、その通りだった。 人物伝では3人の明治から昭和までのゆかりのある、内に関わらず、遺品や資料が整理されていた。 おそらく昔の...

続きを読む

お宮参り

先週、義弟の長男の初参り、お宮参りに行った。 義弟は両親がもういないので、私たちが昨年から親代わりで丁度一年前に結婚式を済ませた。 先方の両親と叔母さんも来た。 昼から夜までの大イベントだ。子供は何も分からずすやすや寝ていた。 終わってから、死んだ義母の家に行き飲んだ。それから夕食。親戚同士の親ぼくには良い。 後でウィキでみたら、このイベントには男親は参加しないとあった。...

続きを読む

国民が朴大統領に謝れと??

昨夜、民団の会館の前を通りかかったら、船舶事故犠牲者の弔問で警戒が厳しかった。安倍さんが行ったからだ。 韓国の有名紙が、今回の事故に関して朴・クネ大統領が国民に謝罪すべきだという論調を出したと読んだ。 あまりに馬鹿げている。こんな話は聴いたことがない。 この事故、政府に直接責任があるなら、韓国は国としての体裁を成してない。と言うのが結論ではないか。 勿論政府にも責任がある。制度や監...

続きを読む

大変な墓守り

ヤフーカテゴリーにはないが家族の重要な問題、墓だ。義弟たちが古い墓を法事の前に掃除をしていた。今朝は法事だった。 数年前、数百万掛けて耐震性を強化した。当時の坊主と石やに三分の二は抜かれただろう。 当家の近所の寺の墓場も半分くらいは江戸期からの無縁だ。小さいのはまとめて処分して、再販売したり、墓場マンションにする。 今度のお尚は良い宗教家だ。勉強している。新しく建物を建設したり、工事し...

続きを読む

何両製造されて60式装甲乗員輸送車

現在の議論、武器輸出で最初に出て来るのがこの手の装甲車だと思う。 世界に良いものが少ないのだ。日本のはコンパクトで速度が速く、優れている。 これも先日、富士学校の満開の桜を背景に見た、60式装甲車だ。乗員を含め10名搭乗できた。 前長は5m弱、幅が1.7mと日本の道路事情に合わせてあった。 小松と三菱が競合開発したが、生産は三菱に雲仙普賢岳の火山爆発の際、活躍した。 しかし、こ...

続きを読む

古い砲架

『伝小田原台場』とある。 形がやや崩れた木架であるが、手前は中島流などの火縄大筒の砲架に見える。後ろのは穴があいており4つの車輪が付いた、要塞砲か艦載砲の砲架に見える。 これだけ重要な資料であるが、地元の台場(砲台)、砲術の研究はなされてないようだ。 箱根の農民の鉄砲所持を研究している会員が銃砲史学会にいるが、他の資料の残り具合から古文書があると思われる。 この状態は地面に埋まって...

続きを読む

麻生太郎副総理の言ったことは正しい

『オバマ大統領は国内をまとめる力が無い』と発言。TPP交渉継続は無駄、というような内容だった。 これは私がオバマ大統領は米国で、恐らく秋の中間選挙には敗れ、そのあとの2年間の政治の空白を心配していることは何回か書いた。外交研究会の渡部先生(オバマの本を書いているらしいが)にも、失礼にもいつも、オバマが大統領になった、その話は興味がないと言っている。 米国は英国の植民地だった。現在はイスラエ...

続きを読む

61式戦車と桜満開

歴史的に意義のある戦車だ。 初の国産戦車であったが、戦後15年与、このような近代的戦車を開発、560両生産した。 さまざまな映画でいろんな使われ方がされ、また自衛隊の各地で展示されているのでおなじみのものだ。 操縦が難しかったそうだ。90mm砲が主砲で、7.62mmと12.7mm機銃、4名の乗員。三菱重工で生産した。エンジンが空冷4ストローク12気筒。 兵器供与時代の終わりの象徴だった...

続きを読む

帝国日本軍中波送信機

こういうものが本当に珍しい品だろう。 陸軍の装備だと思う。 松下電器製造、大型なものだ、80cmx60cmx45cmくらい。受信機もセットだっただろう。これだけの規模の無線機は連隊単位にしか装備してなかったのではないか。箱も多くの部品も健全だ。真空管はかなり欠落していたが。 6チャンネル。普通電源を使用したのであろう。帝国日本陸海軍の無線機は土井さんという人が研究していたが、今はどうし...

続きを読む

「ピン撃ち」より古い「縁撃ち」

現在の登録制度ではピン撃ち拳銃は許可されているが、縁撃ちは登録証は発行されない。そう文化庁が指導しているからだ。 だが、歴史的には縁撃ち、SBに使用する.22口径は一番古い金属薬莢の弾薬だ。 ピン撃ちは縁撃ちと同時進行的に欧州で開発され、幕末多くが輸入された。かえって欧州では過渡期のもので使われなかったので、日本に様々な形式が残されている。 縁撃ちはSBで使ったり、米国では冬に地下室で...

続きを読む

日本の農業に必要な『二宮尊徳』思想

TPP交渉は日本農業機構を根本的に改訂し効率を測らなければ米は8倍の関税などという先進国にあるまじき理不尽を通さなければない。 思えば、日本の農業は江戸期に生産量が倍になった。様々な思想家、農政学舎のおかげであるが、最近はほとんど話題にもならない『二宮金次郎』さん、幕末に災害で財産全てを失ったが、子供ながら財政立て直し、農業生産の効率化、そして勤勉と工夫の象徴、に学ぶところがある、のではないか...

続きを読む

富士学校の新装なった資料館展示

我々が新装なってからの最初の団体だったそうで、親切丁寧に説明していただいた。 入ったロビーに以前は外にあった陸三軍の合同の像。左がこの戊辰戦争から第二次大戦終了まで。右が自衛隊装備の歴史。 奥にプレゼンテーションルーム(50名くらい収容か)と被服だけの展示室がある。 現在、自衛隊60年の歴史、その前の歴史、各駐屯地や学校、その他に多く残っている。御殿場に「日本軍事博物館」建設を掲げる人々...

続きを読む

緑に塗られた九二式重機

静岡の4連隊のうち1連隊は中国大陸に行き、比較的無事に戻ってきたが、他の3連隊は南方に行き、苦労したとのことだ。 この重機の由来は分からないが板妻駐屯地資料館に展示されている。土中に埋められていたのであろう。木部は完全に失われている。 武器学校の三年式、九二式、各々の三脚架の色、三年式は茶、九二式は緑と米国各地の博物館で見た通りにした。 緑、これが難しかった。ケイ教官が塗ってくれたが、...

続きを読む

戦後日本のソ連との交渉反省

現在、ロシアも大国主義を誇示している。ウクライナ国境での機甲師団演習の大規模、スホイ戦闘爆撃機の不気味さ。映像で見ただけでもこれがウクライナと戦闘状態になったら大変だと思う。 サンフランシスコ条約会場から立ち去った、ソ連、日本はその後平和条約は締結してない。なぜなら、北方四島返還とセットだから、先方も評価のしようがないのだろう。 歯舞色丹は北海道、国後、択捉は千島列島ではない。 このよ...

続きを読む

相変わらずふにゃふにゃの森本敏氏の評価

昨日昼は日本の二大外交安全保障評論家と言われている森本氏の「揺れ動く国際情勢と日本の課題」と言う話を聞いた。(もうひとりは頭のおかしいマゴザキトオルさん)内容はオバマ大統領来日、会談の評価とでも言うか。 「後に振りかえれば(今回の訪日)は意義のある成果、つまり大成功なものであった」との言葉で始まった。「外交は内政の延長であり、TPPは大変なことだろう」「安全保障面、中国へのメッセージは明確で日...

続きを読む

中国が大好きであった松井大将

昨日、オバマさんも言っていた。 実は松井石根大将も同じ概念の持ち主だった。「中国なくして日本なし、日本なくして中国なし」中国との共存を唱えた軍人が悪の代表のように両国で言われているのは誠に無念であろう。 偉いものだ。その書いたもの、被服、装具、など遺品全部、きちんと保菅しているところがあるのだ。外部から他人が入れる場所ではないが、松井大将への尊敬を持ち研究している。 いずれ、時は巡り、...

続きを読む

豚肉を喰わない人たちと大型車が入らない道

先週の外交研究会で、TPP交渉、内容的に先進国同士の交渉ではない、つまりまとまらん、と私は発言したが。 米国にいたことはできるだけ大きな車に乗った。帰任してからも先方にはジープラングラーを購入しおいた。何の不便もない。ガソリンは安いし、道路も駐車場も、釣りに行っても不便はない。楽しかった。 今、東京でジープラングラーを買ったら、家の前にもってくるのに1時間近くかかるだろう。狭くて入らないの...

続きを読む

富士学校で桜と戦車を見学す

神奈川県O市ロータリークラブ一行35名を引率し、富士学校、板妻駐屯地に行った。ローターリークラブより自衛隊をもっと知りたいという希望があったからだ。東部方面隊、神奈川広報のご努力をいただいた。好天だった。 行きのバスの中で、日本の安全保障、自衛隊の役目、課題、政治、世界の状況などを説明した。 板妻の話も良かった。意外に展示資料が多いので驚いた。 富士学校は海抜が800m、ひんやりしてた...

続きを読む

オバマ大統領の大サービス

だが、彼にもう力が無い、何も決められないことを認識しておくべきだ。 安全保障に関しての声明はかなり、具体的になるそうだ。しかしTPPがある。 天皇陛下に2度お会いするが、日本が立憲君主国で良かった。丸2日間、時間がつぶせない。 ところで彼は本当に寿司が好きなのか女房が来ない国賓も珍しい。...

続きを読む

福島県富岡の風景

原子力災害のため、3年ぶりに許可された道路だけを通過した。 後ろは山、前は海。 山までの間には二つのゴルフ場があった。アコーディアと東電がやっていたところ。資材置き場か、ホテルは人員のために使われていることだろう。 綺麗なところで、桜の名所だ。あちこちにまだ山桜が咲いて、新緑と混ざり良いコントラストだった。 復興の道はたってない。漁港、海の近くの常磐線の駅、ショッピングモールなどは...

続きを読む

単純だったケネディ大統領暗殺の映画

ケネディ大統領の暗殺は、リー・ハーベイ・オズワルドの単独犯ではなく、複雑な背景があった、と言うのが今までの、話や映画だ。『第三の弾丸』もそうだし、オリバー・ストーンの大作『JFK』が代表作だ。 オバマ大統領の国賓来日の厳重な警備を見ていて、『キリング・ケネディ』と言うDVDを借りて来て、夕方見たいた。 オズワルド、ジャック・ルビーそしてJFKの淡々たる毎日が過ぎ、それが1963年、ダラスで...

続きを読む

規模がちがう原子力発電量

今度、3年ぶりに再開通した常磐道、富岡の先に現在原子力事故被害の原子力第一があり、その先はまだ立ち入り出来ないところもある。反対側、いわき中央の方に向い15分間ほどのところに原子力第二がある。さらに5分間くらい行くと、サッカーの広野、そこに火力発電所がある。大きな煙突が目印だ。建物は地下で煙突しか見えない。なんでも有料の良い釣り場が附属していると言うが今はどうか? 広野の火力発電は常磐炭鉱の石...

続きを読む

まことに良いか悪いか、オバマ大統領の国賓タイミング

オバマ大統領が本夕、来日する。私は彼の行動範囲のど真ん中に住んでいるから、成るべく家を出ず、明日の富士学校の予定に備える。 アジア、ボディをしきりに打たれている中国には嫌な事案だ。北朝鮮が核実験を強行すると、もう中国の力はないと見て良い。 韓国には誠に気の毒だがタイミングが悪い。船舶事故のためだ。 日本はTPPだ。交渉内容は先日も書いた通り、先進国同士のものとは思えない、内容だ。恐らく...

続きを読む

射撃した日本軍鉄帽

帝国日本軍は1928年、済安出動の際に初めて鉄帽を着用した。 先日、「大」と「小」の話しがロスのH氏からでたが、これは「小」、アメリカ人からも「もったいないやめろ」と言われたが、あえて自分で撃ってみた。他国のは安いが日本はけばぬけて高い。 それでもやった。 三八式歩兵銃、100m弱の距離だ。私設の射場なので、標的でなくても良い。星は偽物。下に白いマーカーを貼り、鉄帽はしっかりと固定して...

続きを読む

誰も見ない桜と梅

この山では連休前に桜、梅、桃が一斉に咲く。 しかし誰も人々はまだ花をみる余裕がない。 大雨のなか、花だけがさいたいる。 みんなそれぞれ、暇すぎるのか忙し過ぎるのだ。 それまであは花をみていた。 昼、隣の奥さんと話をして、今年植える花の樹の予定を説明した。 桜を2本。その他花の咲くものを2-3本、植える。植えたものは生きてるうちに満開が楽しめるか?...

続きを読む

本日は富岡から帰る

富岡は常磐道の現在の終点であり、その先は相馬など工事が続いている。 3年間、閉鎖されていた。 ガソリンスタンドで聞いたら、インターまで行き、常磐道で帰れるそうだ。この場所は幸いにも常磐道に入るふたつのルーツがあった。 しかし原子力事故以来、富岡は街全体が入れなかった。 富岡の中心街は津波でやられた。そして、その後の原子力災害。踏んだり蹴ったりの状態だった。 来年には南相馬まで開...

続きを読む

福島の水利の問題

『水』は人間生活においてなくてはならないものの第一グループに入る。空気もそうだ。 日本はそういう意味では恵まれている。 この家は良い井戸があった。せっかくの井戸にこの扱いはない。県道の新設に出来る限りの協力をした。 だが、我が家の水利は道路の基礎工事のために立ち切られてしまった。井戸の水が出て来ないのだ。地下の水は腐葉土層を一年間に1m移動しているから、浄化の割合が良い。 とうとう...

続きを読む

午後から天気は荒れた

今回は大きくみっつの課題があった。ひとつは、2月の豪雪で破損した部分の修理の見積もりだ。これがなければ保険会社と話せない。ところが、このあたりは人はいない、仕事は多いで、建築業はとても忙しいのだ。 それから井戸だ。また上からホースでとる方式は駄目だった。どうにか寒いので井戸の水は腐ってなく風呂くらいは入れた。道路事務所に電話した。井戸を深くしてくれと。何かその要求を待っていた様子だった。 ...

続きを読む

渓流にも行くが、温度が低過ぎた

雪解け水はとても冷たい。気温も陽は出ていても低い。風がないだけよいか。 でも渓流に魚はいなかった。冷たいから深いところにいるのだろう。 もうすこし夕方の方が良かった。そうそうに帰った。...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ