FC2ブログ

記事一覧

「ウクライナ問題」は終わる

プーチン大統領はそれほど愚かな指導者とは思えなかった。クリミアも終わった。 国境のロシア軍も9割が撤退した。西の2州でもウクライナのロシア人の妨害はあったが、大統領選は成立した。 キエフの市長もクリチコだ。 ウクライナをロシアが併合する、EUに加盟させる、どちらも無いだろう。ウクライナはどこにとっても荷物になるだけだからだ。 はしごを外されて、ウクライナのロシア系住民がひと騒ぎは起...

続きを読む

缶飯から消えた赤飯

めったに食べるものではないが、赤飯は日本人には「祝い事」の象徴である。 缶飯にもあったそうだ。 どこかに記してあるのだろうが、缶飯は皆同じように見える。 災害派遣の時被災者に渡して、白けたそうだ。 それで缶飯の赤飯は、もうこれ以上生産せず、あるものを食べてしまえば終わりだそうだ。 それだけ様々な事態が深刻になってきたのだろう。...

続きを読む

岸信介首相と日米安保条約

現在の日米同盟は朝鮮戦争の頃,1952年、米国から一方的に締結された。 昨日の池井先生の話。アイゼンハワー大統領が訪日し、1960年、安保改定に調印するはずだった。 しかし国内のメディア、全学連、労働組合、一般市民などの反対はもの凄いものがあった。私の働いていた会社の当時のY社長はメディアに影響力があったので、ちなみに今は何もない、各新聞社の社長に個人的にあまり煽ると社会にも経済にも良い影...

続きを読む

安倍総理のカジノ訪問

シンガポールで成功しているカジノを安倍総理が視察した。 なかなか意味が慎重なことだ。 現在、すでに進行している朝鮮の日本人行方不明者調査との関係だ。 相手に誠意がみられなけば、日本のカジノはとても意味がある。 パチンコ、パチスロ業界との関係だ。いくらでもカジノを理由に首を絞めたり、投げたりできる。...

続きを読む

原丈人大先生の公益資本主義論

とにかく大学卒業来、中南米での考古学研究、そしてスタンフォードから様々な大学で勉強、日本に住んでない方なので、その論理はなかなか飛躍していたが、時間切れで結論は聞けず。 横浜の「模型鉄道博物館」で有名なコクヨさんの息子さんだ。 「瑞穂の国の資本主義」と言う題目の話であった。21世紀は人口の85%を占める途上国の世紀であり、アフリカが拡大すると。考えただけで早く死にたくなるような前提があり、...

続きを読む

交渉人の顔つきである程度想像された拉致問題

米国の報道官が日本が独自に朝鮮と交渉していることを何のかんのと言っていたらしい。確かに6か国協議という外交上の仕組みがあったが、中国や韓国があの様子では機能することはない。 今回、スエーデンで両国交渉人が会う映像を観ていたが、握手はなかった。日本側は厳しい顔つきであった。逆に朝鮮は今までの表情とは異なった。 日本の独自外交は安倍政権になり、もくもくと各国に続けられた。 本来、米国はまず...

続きを読む

在日北朝鮮人を担保にしているのでは?

めぐみさんの母上の言葉「何と言う残酷、冷酷、非道なことを平然ととやってくる国か」その通りだ。 だが、私は安倍さんを信ずる。 アメはアメ、ムチはムチ。 釘をさしているに違いない。誠意がなかれば、日本には独自の制裁がまだまだできる。それをあの国は忘れてはいけないと。 朝鮮のニュースを聞いていると「らち」「ちょうさ」「じんどう」などの言葉はそのまま使っていた。もともとそのような概念のない...

続きを読む

朝鮮人に騙され続けてきた日本人

夕方、突然安倍総理が北朝鮮との拉致被害者調査と日本独自の一部制裁処置解除交渉がスエーデンでまとまったと会見した。 今度は北も嘘は言えないだろう。交渉人が勝手にやったなら処刑だからだ。 安倍総理は親の代、朝日新聞やNHKが「拉致などはない」と報道していた頃より、拉致問題に真剣に取り組んでいた。 小泉とキム・ジョンイルにも会っている。 だから今回は少しは先方も誠意を示すかもしれない。&n...

続きを読む

ミニエ弾の木栓を入れてみる

ミニエ大尉が1850年に前装ミニエライフルを開発した際の、ポイントは弾丸の後ろの窪みに木栓を入れ、それが発射の際に押し込まれ、弾丸の裾が広がり、ライフルに噛み、回転を得ると言うことだった。 現在の弾型で作る弾丸は窪みが深くて、木栓は入れない。それでも十分にライフルに噛むのだ。 しかし昨日の射撃では3発横転弾が出た。 それでこのようなものを作ってみた。...

続きを読む

NBC偵察車への期待

特殊兵器ですでに全国に配備されている。 Nは放射能、Bは生物兵器、Cは化学兵器だ。そのようなもので攻撃を受けた際、もしくは事故があった時に出動する。 乗員は一切外には出ない。 上の12.7mm機銃も車内からのリモートコントロールだ。 線量、携帯生物、化学剤、そのようなものの存在と危険度を検出しながら、目印を落して行く。N,B,Cと書いた小さな旗だ。 いずれにせよ、この際の直接の...

続きを読む

まいった「残業好き」と成果主義の採用

政府が人間の働き方、もっと成果主義を採用しようと言いだした。とうとうここまできたか?この議論は単純ではない。とても複雑だ。 労働には、創造力を使う職種、使わない職種に分かれると思う。どんな労働でも本当は創造力は必要で、レジ打ちや土方(差別用語ではない)でも本質的には創意工夫が必要だと思うが・・ 『残業」は一種の習慣になってしまう。ひとりポッンと席でだらだらやるのが好きになるのだ。 私は...

続きを読む

何をごちゃごちゃしている集団的自衛権論争

国会中継をラジオで聞いていた。民主党が安倍総理に「そういう事案を起こることを証明せい」と言っていたが、日本人がどこでどう災難に遭うか、どう防ぐか、それこそ「偶発的」だから証明は起こってから出ないと説明できない。 中国、朝鮮、ロシアなど近隣諸国がいきなり日本人を殺したり、やってきたらどうするのか。政治はその緊迫度を測りながらやるものではないか? そういう質問をする人間は政治家の資格なし。&nbs...

続きを読む

夏の日、射撃に行って来た

昨夜、準備して、今朝行ってきた。 トラップ2R,大口径25発、そして前装銃13発、トラップは他の3人の射手とした。彼らは今日は10Rくらい撃つつもりだろう。これしかやらないと時間的に都心が空いている昼過ぎに戻れる。 トラップは6割くらいしか当たらないが、今日の進歩は右に高く飛ぶクレーを半分は捉えることが出来た。これが苦手なのだ。 帰りも早かった。 霞が関で降りて、国会中継を聞きなが...

続きを読む

クリチコ兄がキエフ市長とは

ビタリ・クリチコとウラミジール・クリチコの兄弟がやっている限り、世界ヘビー級チャンプはアメリカには行かないと言われていた。 強い、科学的な闘い方だった。それもビタリは博士号をもつ秀才だからだ。 そのビタリが今度のウクライナ選挙で、首都キエフの市長に当選したと聞いて、びっくりした。 ボクシングファンでもウクライナは遠い。まさかそんな方向に行くとは。 でも新政権を支持しているそうで、ウ...

続きを読む

大宮駐屯地化学学校に行った

先輩と本日は、大宮まで行って来た。 化学学校で東日本原子力災害の際の測定、除染などの御苦労に関してのお話を聞いた。資料館を観て、それから最新の化学偵察車を見学した。 放射能、生物、化学これらが3種に対応する。 この世の中、何が起こるか分からない。敵は放射能であり、細菌、ビールス、サリン、シアンあらゆるものがある。どういう設定で出て来るか分からない。 陸上自衛隊の約1%の要因が対化学...

続きを読む

本当にプミポン国王の花押を貰ったかプラユット司令官

タイ国の混乱はいつも国王の出現で終わった。 アジアの仕事をしていた際、クライアントタイT自動車エヌ社長にお会いした。 進出して日本企業の代表として国王に拝謁することになったが、その奇妙で苦しいやり方に驚いたそうだ。エヌ社長(故人)から直接聞いた話だ。 大きな部屋の入り口から国王に近づくには、入口から、床に横になり水泳の公式競技にはないが「横泳ぎ」のような動作で、部屋を横切らなければなら...

続きを読む

ポールさんの本当の病気

日本は幕末、中国の阿片戦争詳細をタウンゼント・ハリスから聞いた。(「天皇の世紀})幕末、明治、不平等条約の時代に日本はかなり独自の規則、規制を広い分野で作っており、中には的はずれなもののあるが、有効なものも多い。 薬物に関しての厳しい規則はそれ以来、明治政府も受け継ぎ、現在に至る。アジア各国も日本の規則をそのまま受け継いでいるが、シンガポールなど運び即死刑と言うかなり厳しい。 ポールさんは...

続きを読む

極右のEU議会、当然の結果

欧州は難しい。NATOに始まり、EU,さらに通貨はユーロ(加入してない利口な国もあるが)とまとまりつつある。 しかし誤解してはいけないのは、各々が異なる文化、文明そして価値感に基づいていると言うことだ。塩野さんのようにローマ時代まで戻ればまた同じものであったが、戦闘は絶え間なく行われていたのだ。 日本のような島国には、中国や朝鮮のようなとんでもない国が隣国でも、海が隔てている。 EUの...

続きを読む

ワールドカップ日本8強以上に40%

この調査は、戦時中の軍国新聞「朝日」のものだ。 私もスポーツは好きだし、何とか、予選リーグ、勝敗はともかく、各チームに1点づつでも入れてくれればと祈っているが、「8強」などと大それたことは考えても無い。 昨夜の「なでしこ」のアジアカップ一位でも大変な苦労が見てとれた。そんなに各国は弱く無い。 軍国新聞だったから威勢が良いのか?日本人が甘いのか? 個人には良い選手がいるが、本田とか、...

続きを読む

日露戦争、コサックのサーベルで切られた軍服

岩手駐屯地に行った際に資料館で見た。岩手は馬で有名だから騎兵が多かった。 騎兵⇒機甲⇒特科と推移している。 遺族から多くの寄贈があるそうだ。 これもそのひとつ、騎馬戦で、コサック兵のサーベルで切られたあとだ。 コサックは今のウクライナの辺りの傭兵で、騎馬兵が主体。そのコサックと日本騎兵は互角に戦闘したと騎兵の能力の高さを示した。 主に右手側の⇒部分が切られたあと。 ...

続きを読む

大阪准看護士殺人事件の鍵は中国人

中国人+ブラジル人とは最悪のコンビで、とんだ奴らに殺された。 恐らく被害者は世間の悪は何もしらずこのブラジル人を信用していたのであろう。 この事件には大きな謎がある。しかしその鍵は中国人の大学院生が握っているようだ。 ブラジル人と被害者は同窓生、ブラジル人と中国人は八王子で一緒に暮らしていた。3月21日に准看護士は大阪で失踪し、2カ月後に八王子のレンタル倉庫で死体で発見された。 いろん...

続きを読む

本当にこれでも憲法解釈を変えませんか?

戦争中は軍国新聞、今は左翼の朝日の調査によれば7割近い国民は、憲法解釈を変更し、日本の安全保障、集団的自衛権、などを現実化することに反対だそうだ。 だが、隣国をみればそんな悠長な理想主義に本気なら、日本人は確実に次々と殺される。それが自分の友人や家族でも良いのか? 良い訳がない。 中国人は日本国内でも殺人を平気で行い、空中でも海上でも日本人の生命などは何とも思ってないことを認識すべき。...

続きを読む

仙台で会ったマレーシアの学生

今回の旅行、仙台のホテル、どこでも朝食になると、こんなに大勢泊っていたのかと思うほどの宿泊客が出て来る。ここでも例外でなかったが、30人ほどのイスラムの大学生がいた。 日本語が話せるらしく、「君たちマレーシアから来たの?」と声を掛けたら、喜んで会話になった。私は現職の時、30回ほど、クアランプールと、近くのサランゴールと言う地域に行ったことがあるので、見わけがついたのだ。 口ぐちに「日本は...

続きを読む

『くろがね四起」復元カマド計画

米国の日本軍カタログの中の写真でもひときわユニークなものだ。 ジープより先に世界初の四輪駆動軍用偵察車が日本で見つかった。 それを復元し、展示使用という計画だ。 今回、自衛隊東北研修で同行したカマドさん(左)が寄付を募っている。 新幹線の中で現金を出したがインターネット決済だと言う。何とかうまくこの計画が成就することを祈念する。鉄板は意外に厚いそうだ。...

続きを読む

ロシアをもっとみるべし日本外交

私は「ロシアのクリミア半島併合」は正しい選択であると、かねてよりこの欄でも書いてきた。あそこは元々ロシアなのだ。現にその後の混乱もなく、クリミアの人々はハッピーなようだ。ウクライナやベラルーシの問題はよく分からない。あまりにも複雑過ぎるのだ。 欧米がロシアに制裁処置をとり、日本も同調した。この策は積極的な安倍外交のなかでもう少し何とか独自性を出せなかったものか。 米国の政治はこれから2年間...

続きを読む

岩手駐屯地で食べた昼

先週の東北研修では、各受け入れ先のいかにも東北人らしい、暖かいもてなしに感激した。 岩手駐屯地では雨だった。155榴弾砲訓練、戦車搭乗、雨が降ろうが勿論行う。しかし私たち素人が、滑ったり、濡れたりしては気のどくだ、という配慮はあちこちに感じた。榴弾砲訓練の見学はテントが張ってあった。戦車搭乗にもビニール製雨具が用意されていた。 昼食は隊員と同じものを食したが、これは800カロリー。助かった...

続きを読む

米内光正海軍大臣

日露戦争から第二次世界大戦に掛けての国際情勢と日本国の生きざまは現在にも非常に役にたつ事実の積み重ねで、すでに「歴史」になっている。伝説と事実と、事実の背景を日本人が良く勉強しているだろうか? 岩手駐屯地研修のあと、雨はあがり、盛岡市にもどり「先人館」と言う博物館を訪れた。江戸期、盛岡藩は「教育」を重視し明治になり各界に活躍した人間を多く輩出したその歴史を膨大な資料で説明するのがこの博物館の目...

続きを読む

十手と捕縛縄

某資料館で見た。特別許可を得て簡易撮影した。 珍しいものだ。捕縛縄。麻の固い網でおそらく直径7mm、長さ5mだろう。長い。使い難いものではなかったか。 十手はwww.スポーツアンティーク.jpに出ているものと同じような形式だ。 恐らく、組みで出たものだろう。 ...

続きを読む

仙台で食べたもの

昼は駐屯地で食べた。鳥の空揚げだった。1200カロリーだったそうだ。夜は4名で出た。一人はリーダー挌の方だが、場所は私が決めた。タクシーで行ったら彼は渋い顔。それもそのはず、先日、、社員旅行で来たときと同じレストランだったからだ。しかし皆に奢った。ひとり、大学教授は高校の後輩だった。もうひとりは、御殿場で軍事博物館建設の夢をもち、現在「くろがね四輪」を復元している若者、カマドさんだった。話ははずみ...

続きを読む

ブルーインパルスを格納庫で見学

非常な雨が仙台の町を濡らす。雲が低い。とても飛行が見学できるとは思えない。 仙台駐屯地で昼食をとり栄誉礼を受けて松島基地に向う。45分間くらいか・・ まずは「今日は飛行は駄目」と言う話しを聞いて、ビデオを観た。 それから津波でやられ、かさ上げしあった格納庫、格納庫だけは以前からのものを移動させ使っている。例のジャッキで上げ、そっくりそのまま移動させる方式だ。エプロンも4-5mはかさ上げ...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ