FC2ブログ

記事一覧

夏至の朝

午前4時には明るくなった。ぱっと起きた。 猛烈に福島の家と倉庫を片付け始めた、休まず4時間。終わってもまだ8時だった。 それで、昼には出て、順調に午後半ば、家に戻った。 子供のころ「サマータイム」と言う制度があった。1-2年で止めてしまったようだが、大人が時間や時計をやたらに気にしていたのを思い出す。 「省エネ」と言う観点では、5月、8月は1時間、6月、7月は2時間の時差をもうけた...

続きを読む

「茄子」の苗

福島で「これは放射能には遠いところのものじゃのう」とガス屋のМさんの意見で2株。 カレの夏休みの宿題に良い、と考えた。 ギリシャ戦を聴いてホームセンターに行き、開店まで時間があったので、外部の園芸売り場で、同じ年くらいの地元の人と話をした。 「茄子を鉢で育てるのは無理じゃ。高くなり重くなるから」と言う。でもこうこうの理由で持ち帰りたいのだと、この人は親切にも、大きいが軽い鉢、添え木、肥...

続きを読む

1954年スイス大会の西ドイツ優勝

今回の大会、ドイツ対ガーナの試合を観ていた時の感想だ。 ガーナは日本が負けた象牙海岸の隣の国、人口は2500万くらい、資源がありアフリカでは豊かな国だ。英連邦であったので、恐らく英国人がサッカーを持ち込んだのだろう。7割がキリスト教徒で、イスラムは2割くらいで安定している。 ドイツは欧州ではサッカー後進国だった。敗戦、それから10年もしないスイス大会で優勝した。当時のアジアは中東、オセアニ...

続きを読む

久しぶりに渓流釣りに行く

午後、出たら突然の大雨。戻り、窓を閉める。これで30分ロスした。 魚はいるが、一人では意気と忍耐が続かない。従兄が生きていた頃は、同じくらいの技量だから、朝から晩までむきになり競う。何十も釣った。 2時間くらいやったか、迷彩を来て、長い靴を履いたので、水に入る。でも水に入ると駄目だ。魚の方が利口。 まずは15cmくらいのが掛かる。腹の黄色い本イワナ。それから、また車で上流へ、釣れない。...

続きを読む

負け無くて良かったギリシャ戦

とにかく山の中、テレビがないし、ラジオもAMだけ。NHKFMでやるとのことで、この地域のFM派、富岡、いわき、小野などの周波数をスマホで調べて、回すが駄目。そうだホームセンターに行く予定だった。早いが車で出た。 小野への山棟に来たら大音響で入る。まだ開店まで時間があったが、ホームセンター駐車場で聴いた。VHS波はせいぜい数十キロ範囲だが、NHKはケチして、聴くひともいないのだろう、タワーもない...

続きを読む

線量を測る

線量計は持ち歩いている。 時々出しては測っているが、植物が植え替わるごとに低くなる。現在、私のいる福島の中では東京とさほど変わらない、0.07くらいか。 除染の結果だ。植物を全部はぎ取り、上部の土を入れ変えたので、芝生などはなくなった。新しいものを植えたから、そういう結果になったのだ。 原発事故には運、不運があった。私のところは放射能が飛んだ方向と逆だったので、もともと低かった。 ...

続きを読む

ギリシャ戦予想

ワールドカップ決勝には4回行った。 試合はユーロやクラブのものも含め、数多く見ている。FIFAの体質も知っている。別にサッカーファンではないが、それが仕事だった。 朝日新聞の調査では40%の人たちが日本は決勝リーグに行くと予測しているそうだ。第二次世界大戦の始まり、ハワイ攻撃時点で、恐らく90%の国民は、当時の朝日が調査したら、してないだろうが、日本の勝利を信じていただろう。 サッカー...

続きを読む

引っ越しの数

父が転勤の多い仕事で、引っ越しは多かった。自分でも米国に2回、米国内で5回ほど引っ越しをした。 だから、手際は悪くない。今回の台所の改装は軽い引っ越しのようなものだ。 中のものを移動、捨てる、これは大工のエヌさんが処理してくれるので大いに助かる。 そして新しく、おき直す。椅子の修理という仕事もあった。 まあ何とかなるものだ。引っ越しの度に良くしていかなければ意味はない。...

続きを読む

ガソリン代高騰

いよいよ日本のエネルギー状態も危機だと感じる。燃費の良い車にしたが、1リッター180円近い、それに高速の軽減がなくなり、高いものにつく。 イラク情勢だとニュースは言うがそれだけではあるまい。もしイラク情勢だけなら、これは深刻だ。 この山のなかでは車でなければならない。 一昨日、政治パーティをしたエス議員は正直だった。原発を推進した自分としても、事故のあと数日は茫然としていた。しかし一地...

続きを読む

福島に来た

昨日早く出て、豪雪の際、水でやられた台所の修復をみる。ムクイタで作るはいぜん板ができてないが、ほぼ完成。ガス菅やコンセントもうまく出来ていた。 大工のエヌさんが「見た欲しい」と言っていた訳がわかった。板の長さとレイアウトだ。夕方彼が来て、打ちあわせた。 それまでにモノはすべて納め、片付けてしまった。 山のなかは丁度よい気温だ。風も乾いていた。緑はいよいよ濃い。 工事は相変わらず盛ん...

続きを読む

今日は福島に行く

2月の豪雪でやられた部分の台所が完成したと連絡あり、すでに2週間。これはもう見に行き、完納しないと悪いので、今日行ってくる。 車庫の部分はまた少し置いてやってくれるそうだ。正直な良い職人がいたので助かった。ガスやのМさんも長い付き合いだが、「良いのをみつけてきた」と言っていた。 昨日、ライフル射撃協会会長、ここが選挙区のエス代議士の会に行って来た。本音を言うひとだ。長いスピーチを多くの政治...

続きを読む

オバマ・ヒラリー米国民主党・リベラルメディアの責任

米国のリベラル派は、イラク、アフガン処理を確実にしておかなかった。シリア情勢でも、今はほとんどニュースを騒がすことはないが、放って置いた。 特にオバマ大統領は2期目になり急速に指導力が衰えた。 イラクのマリキ政権も捨てられた。 シリアから入った過激派はまず米軍の残した武器兵器を奪い、住民の車を使い電撃的に政府軍を攻撃している。 このままではイラクに過激派政権が出来るのは時間の問題。...

続きを読む

十一年式軽機関銃携帯整備道具

現在、日本の武器輸出が進めば、まずは「車両」が出ると思う。 一般の車もいわゆるラグジャリーを除けば、日本車は圧倒的に強いのと同じで、装甲車、偵察車、兵員輸送車などやそれらを特定目的にしたものなど、種類は多い。 火器演習でもおなじみの地雷原処理車(92式)などは以前より引きあいが多かったそうだ。 でも数出ないと、価格が下がらない。 どうして武器輸出三原則などと言うものを長年守ってきたの...

続きを読む

ハイラックスに載せた重火器の類

映画『ブラックフォークダウン』でソマリアのテロリストがトヨタハイラックスに載せた12.7mmで撃ってくるシーンがあった。恐ろしいものだが、果たして対空機銃などとして使用しても実用になるのか疑っていた。トラックのスプリングが柔らかいからだ。 今回のイラク。進撃するテロリスト集団は多くの小型トラックや乗用車までも動員して、大した機動部隊だ。第3帝国の電撃作戦も真っ青な速度だ。 アフリカでもハイ...

続きを読む

伸晃さんの「金目」発言

「金目」という言葉はあまり聞いたことがなかったが「金額」と言う意味か? 朝日新聞など反原発、反日本繁栄に勢いを与えてしまった。 原発関連では幾つかの「禁句」がある。「金は払いますよ」がそのひとつだ。 もともと福島の人たちはそんな細かいこととは関係なく気の良い人が多かった。だが、対策がそうしてしまったのだ。 困ったことだ。 もう一度、政府、県は科学的に原発被害を冷静に説明すること...

続きを読む

パソコンがハッカーにあって

1903年から使っている米国のプロバイダーだ。アメリカのクラブから昨日3件の電話があった。私の所在確認だ。ウクライナ、キエフの会議(ネオナチか)に行き、金を全部取られた、パスポートは返してくれたと言う内容のメールが私からリスト全員に発信されていたのだった。 これまで40件の電話をもらった。いずれも私のパソコンの中の名簿だ。皆には迷惑を掛けるだろう。あやまるだけだ。 クラブのITセキュリテイ...

続きを読む

8つの集団的自衛権要件はゆるい

、と私は思うのだが「おそれ」と言う言葉などで本気で何日も議論する気なのか? まったく、今の日本の所謂「平和ボケ」には腹が立つ。 AKを持ってきて自分や家族、友人が撃たれるまで気がつかないだろう。防げた悲劇に。 8つの要件。例えば「機雷の処理」は警察権なのか?じゃ、不発弾処理も警察権なのか。現実的に警察が対応ができるできないの議論だけでないことは理解しても、機雷は軍事だ。 世界は日本...

続きを読む

映像に見る「コマンドー」と「アマチュア」

世界中どこでも「撃ちあい」ばかりだ。 ウクライナ、イラク、同じ映像を何回も見る。 ウクライナの東部、新ロシア派はプロだ。銃の扱いが異なる。なかなかあれほど機敏、正確には撃てない。ロシア系のコマンドーだった人たちだろう。体挌も違う。 シリアやイラク、で見るテロリスト、AK47か74を身体から離して射撃している。例えば身体を建物の陰に隠し、頭上に銃をかかげ取りあえず撃つ。当たる訳がない。&n...

続きを読む

ハッキングにすっかりやられた

私の1993年から使用しているAOLメールサービスに侵入された。先日来、セキュリテイの注意が煩いほど掲示されて、いろいろ細かい使い方が変わった。 この手のメールは以前受け取った。発信人は、英国前装銃協会でタンヅツの研究、修理をしているトムからのものだった。フィリピンの島にいる、パスポート、金、チケットを盗まれた。どうもならない、幾らでも良いから送ってくれ、ウエスタンユニオンなら直ぐに受け取れる...

続きを読む

佐世保で左翼が騒いだそうだ

馬鹿馬鹿しい。 佐世保は軍の町だ。自衛隊だけでなく米軍もおり、町自体が軍でもっている。 朝日新聞は自衛隊の行軍を鬼の首をとったように書いた。 「子供に銃を見せるな」と。 子供に銃や武器を見せないのがなぜ良いのだ。それで平和になるのか。深い意味はないのだ。日本の左翼は無責任だ。...

続きを読む

『土人』は差別用語だが

やはり日本人の青年と象牙海岸のしたたかな選手との運動能力の差は歴然としていた。 「みっともない負け方」はしなかったが、運動量や、したたかさが違う。 これは厳しいDNAを持っているからだ。逃げなければ猛獣に喰われるか奴隷にされるか。 このような人たちにAK47を与えて闘わせた、そういう奴らもいたわけだ。日本から遠いアフリカ人を観ての感想だ。差別用語だが、土に密着した強さから感じた。...

続きを読む

『矢は最後の一矢を残す』とある

自衛隊関係の人に薦められた本「弓具の雑学事典」に「侍はなぜ箙に一本だけ矢を残すのか?」と言う項があった。 矢は4矢を持つ。と言うのが私の認識であったので、そうか安倍さんの言う3本の矢はこの由来ではない、とがてんした。ところが早稲田の道を歩いていると、神社の横の画の侍は箙に5矢入れてある。 だから4矢を消費しても1矢残ると言う意味だった。安倍さんの3本の矢は毛利家の逸話からとったものだが、本...

続きを読む

『 日本銃砲史学会』総会開催

昨日、早稲田大学で行われた。 現在、会員100名。活発と言えば活発な団体で、博士号をもつひとたちが恐らく4分の1くらいになろう。 NHKプロデュサーであったМさんが会計になったら、大黒字の決算で終わった。 最近、若い人たちの入会が増えた。HPには一日100名の訪問者があるが、全体の機能の何分の一しか使って無いのでもったいない。今年の総会では、学術会議の会員申請を行う。論文やその他文の審...

続きを読む

もはや「リーマンショック」の話しではない

渡部先生は予定を組んで、多分ご自分の本にしようとしているのだが、「オバマ大統領」出現にこだわっている。しかし世の中の変化は早い。 リーマンショックには日本のバブル崩壊後の長いデフレが参考にされ、処置はガイトナー財務長官が成功した。 だが、その後の世界はどうだ。中東、クリミア、ウクライナ、中国、ロシア、それにヒラリークリントンやなんやかんやでもうオバマ大統領はかすれにかすれた。 ISIL...

続きを読む

めちゃくちゃで整理のつかない身の周り

本日は銃砲史学会の総会、例会、懇親会がある。 それまでに3月に発表した『薩摩筒』の内容を寄稿文にしておく必要がある。20数ページのものになった。しかしこれは「銃砲史研究」に発表するものではなく、www.日本の武器兵器.jpの「火縄銃」の項目に掲載すべきだろう。まだ半分しかできてないのと、写真と図が多いのだ。 その写真類もあるある、過去25年くらいプロにフィルムで撮影してもらったものが。また本は溢...

続きを読む

『あの戦争は何だったのか』著者保阪正康氏の話

昼に、推薦したK氏が入会し紹介された。この日の講話は保阪正康氏の『昭和史332人の首相」と言う内容だった。 昭和は日本史のなかで最も重要な期間のひとつだ。前期は大戦終了まで、中期は主権のない占領期、そして後期が戦後と分けた。 各々の代表的首相に、前期は東條英機首相、中期は吉田茂首相、そして後期には田中角栄首相をあげた。共通点はない。しかし、全員、米国がらみで獄中にあったことだ。 歴史は...

続きを読む

オバマ大統領とリベラル派の大失敗

イラクのイスラム原理勢力の進撃による混乱だ。 アメリカが全面撤退すれば(イラク大統領の要望だったそうだが)この状況は十分に予測できた。だが米国はメディアが煽り、これらの決定を歓迎した。 まさに軍事面での現実を観れない人たちの理想だったわけだ。 多くの人間が殺され、避難民が出る。イラク戦争で犠牲となった米自国民は報いられるものはない。 数年は泥沼化(砂漠だが)するだろう。米国リベラル...

続きを読む

時間の問題、日中偶発戦

 政治面では冷えた関係にあり、軍事衝突も時間の問題だと思う。産業界は中国好きで、相も変わらず投資や進出が盛んだそうだ。 しかし、昨日の中国機接近の例を観ていると、意図的に挑発し戦争に持ち込もうと言う感じがする。1930年代も日本との衝突を望まなかった無力の指導者蒋介石を陥れるような共産党、それに利用された張学良など多くの陰謀、例えば1936年西安事件で、日中戦争は始まった。 産業界は自...

続きを読む

知らない国ばかりのワールドカップ

開幕試合に日本人審判団が選ばれたのは正直嬉しい。FIFAの配慮とは言え、惨敗が予測される日本チームはともかく、日本ではブラジル対クロアチアの試合は皆視聴するだろう。審判の采配を観るために。だがそれだけではない。 サッカーの仕事、FIFA,UEFAの試合を回っていた頃は、ナショナルチームがどんな国か行ったこともないところが多かった。 「クロアチア」は小国である。人口は450万くらいで、先のバ...

続きを読む

「日米同盟」が必要な時代は去ったと言う発言

防衛産業界幹部の制服に対する、意見とも説とも質問とも、つく発言で、150名ほどの出席者が聴いていた。 制服の講師は日本の軍事力のビジョンのひとつに日米同盟をあげていたからだ。講師の反応は「日本の陸海空、統合力は全ての分野の能力を網羅した軍事力ではあるが、規模的には米軍と共同でやれねばならない段階」と、防衛大の秀才的な論理的回答であった。 質問者の立場としては、例え酔っていてもこんな発言はし...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ