fc2ブログ

記事一覧

安倍vs石破による亀裂を恐れる

石破さんは先の総裁選では最終投票になるまで安倍さんに勝っていた。 出版社系の週刊誌、朝日新聞の慰安婦記事捏造、南京虐殺三十万人の捏造、これらに終始していたが、中に小さな記事だが二人の不仲を報ずるものがあった。 石場さんが幹事長として失格であったと言う記事も。特に秋の知事選をどう戦うかに関して、石破では駄目だというのも。 それらから察するに明日の会見で、安倍・石破は決裂するのではないか?...

続きを読む

「イスラム国」外国人兵士のガン

イスラム国兵士は強いらしい。しかし非常に古典的な概念の組織だから長続きはしないだろう。暴れ回るだけ。 だが、欧州の大勢の若者、多くは移民したイスラム教の人たちの子孫だと言われている。欧州の教育を受け、欧州語を話すのに、英国、フランス(元々イスラムの影響は強い)、ドイツ、イタリア、スペインなどから何百名の単位で参加しているそうだ。 武器兵器を与えられ、専門のコマンドーから訓練を受け、めちゃく...

続きを読む

今は珍しいもの九七式狙撃眼鏡

収集はなかなか楽しいが、ライフル銃を「この人はコレクターだな」と感じて所持している人は一握りだと思う。 米国にいたころはATFのコレクターズライセンスを所持していたので、収集は出来た。九七式狙撃銃、九九式狙撃銃などはほとんどが眼鏡が合って無かったか、収容嚢がなかった。 収容嚢だけでもかなりの額になったが、銃、眼鏡、収容嚢が一式でないと。眼鏡だけのコレクターがいたからどうしても眼鏡がない。&n...

続きを読む

「朝日新聞」に社会的評価はあるのか?

週刊文春の広告掲載を拒否した、理由が同新聞の社会的評価を低める内容の記事が載っているから、としたそうだ。 だが、朝日を信頼する人間は国内にいるのか。 外国メディアも揃って今回の従軍慰安婦問題に関しての朝日の報道姿勢を批判している。 もともと社会的評価などない、ジャンクメディアのカテゴリーに入るものだ。 逆に週刊文春は今週、多くが出るだろう。...

続きを読む

スコットランドは英国でなくなる・・・

昔、英国に行って10か20ポンド札に2種類あることに気が付いた。 一つはエリザベス女王が、もうひとつには付いてない。付いてないのが通用しないところもあり、銀行に持っていけば、女王陛下のものに換えてくれる、と言われた。随分非効率なことをしているな・・と感じた。 スコットランドが独自の札を発行していたのだ。 何と来月、スコットランド住民投票が行われ、英国から独立するかどうかを決めると言う。...

続きを読む

広島災害地の空き巣

まったく許されないことだが、また予測されていたことだ。 あれだけ大勢の警官がいる中でよく犯行ができるものだ。 町内会別に帽子を渡していたようだが、ボランティアなどにも帽子を配り、目印とすべきだ。自衛隊、警察、消防はユニフォーム姿でグループで動いている。 また立ち入り禁止、警備の徹底を図るべきだ。油断があったかもしれないが、あの状況下では二次災害の恐れ、早く捜索したいなど警察をせめる訳に...

続きを読む

プーチン大統領を国賓として迎えるべし

ロシア、プーチン大統領はソチオリンピック後、急速に国際的に孤立化しはじめた。日本のメディアはロシアと中国を同一視しているが、それは違う。 ロシアは中東問題にも力があるし、孤立化させるべきではない。オバマ大統領がそれを解決する力がないのだ。 ロシアは秋に先の安倍総理との約束通り、日本に来ると言う。日本国政府は米国と協議中だろうが、ここは頑張って、独自外交を行うべきだ。 こういう時こそ、皇...

続きを読む

砲よりも大きな音のロケット発射

日本本土では大き目なミサイル、ロケット類発射の訓練は出来ないそうだ。 先日の総火演では、携帯ロケット弾、多目的誘導弾、そして92式対地雷原ロケットなどが発射された。  他の砲、戦車、装甲車、高射機関砲、榴弾砲、カノン砲などは同じく目の前で実弾が発射された。この前も書いたが一番、観客に近いところでドーンとやったのは74式戦車でこれには、皆飛び上がり、泣いた幼児もいた。 ロケットはまた...

続きを読む

世界保健機構は日本のエボラ対応薬を使うか?

日本にエボラに効くかもしれない薬が出来ている。 日本の薬学がそこまで進歩していたと言うのは日本人として嬉しいことだし、エボラを押さえこめば、何よりも世界に貢献できる。 こういう疾患はまずは化学兵器と疑えと言うが、その可能性も捨てられない。アフリカは複雑だ。民族、宗教などと資源だ。金、ダイヤ、など採れるところの住民を全滅させるとか。 WHOは果たして、日本の薬を使うか?これは分からない。...

続きを読む

オバマ大統領では処理できないISIS

イスラム国家は誰が首相で、内閣や議会はあるのか・・・ないようだ。単なる武装集団だがその力は絶大なものがある。 米国のイラク国内の空爆はある程度の効果はあってもシリアに逃げ込めば追う訳には行かぬ。米国はシリア政府を否定しているからだ。これも米国リベラル、イスラエルに近い勢力の間違いのひとつだった。 シリア政府が倒れ、本当にISISが支配したなら、その力はイスラエルに向く。 ISISは何な...

続きを読む

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ