FC2ブログ

記事一覧

ハンドローディングの弾薬

地域の会長は自分でローデングしないと駄目だと言う。 しかし、何の因果か「少年老い易く、○○成り難し」で、この年になりやることが多い。 今日もNTTが、立派な電柱を私の敷地に立てると言う相談に来る。勿論断る。スマホの時代、何の意味があるのか。 そんなことで、弾は銃砲店にお願いしている。今までまったく問題ない。自分のうでが悪いのが当たらなかった理由。ガク引き(セットトリッガー)でもあるのだ。...

続きを読む

「棒火矢」の図面

江戸期に砲術師が盛んに演武を行ったそうだ。 棒火矢自体の図面は珍しい。先日入手したものの一枚だ。 「三十匁筒」と書いてある。口径30mmだ。 図面を測ると実寸であった。 下は音響用で飛びながら音を出すもので本物の武器とは言い難い。上は前部に火薬が仕込んであり、屋根を燃やす。まだ研究することは多い。時間はない。焦る。...

続きを読む

カントリーミュージック

好きな音楽のジャンルがあると言うのは良いことだ。 このコンサートについては何回か書いた。 シニアばかりだが、年代が近いので、妙に気が楽だ。 「おたくはベースが弱いね」とコメントしたことがあったが、演奏者の身体の具合が良くなかったそうだ。...

続きを読む

木曽の御嶽山で30人心肺停止と

日本の科学技術は本当に大丈夫か? 大地震、3年半前の311、のあとには火山のマグマがどこかで出て来るのが常識だと。フランスでは富士山のマグマは高いと言っている。 ところが秋の登山を楽しんでいた人々30名もが犠牲になるような大噴火を気象庁はまったく予測できなかったのか。 私は素人だが、もしかしたら福島の火山、磐梯山にくるのではないか、と恐れていた。 農業に大影響を与えるのだ。 天...

続きを読む

安倍さんはシンジローを教育しているか?

今日、見たシンジローはやはり全ての層に人気がある。 彼もなんとなく雰囲気が良い。彼の挨拶はなかったが、恐らく私と同じような意見、復興は自分がやるぞと、決心しなければ待っていても来ないものだ、と言うような考えではないか。無表情だった。 安倍さんの業務の様子から見ていると、恐らくシンジローを教育する時間などないだろう。 シンジローが極めて優秀な政治家、そうなって貰わないと日本も困る、なら誰...

続きを読む

これは違う、復興ではない川内村でのイベント

原子力災害で入れないところの人たちのために双葉郡のお祭りが川内村小学校で行われた。たまたま本日、福島に道路、水、NTTなどの問題のために行き、そこで久しぶりにエス会長とお会いすることになった。 大イベントだった。1000人分の豚汁、その他食品のブース、そして地元出身の有名歌手、お笑いの芸など。 天気は良過ぎるほどで、3000人の人が来訪したと言う。 しかし、安倍さんの『地方に対する愛情...

続きを読む

従軍慰安婦問題を「嘘」と言い続けた一般市民

朝日新聞の従軍慰安婦記事捏造は世紀の問題で、日本のメディアが日本の国際的立場に大きな誤解を与えたものだ。 この市民が韓国大使館近くで長いこと、寒い時も暑い時も「嘘」と書いた板をもち、警備がバス停ひとつ離していた。大人しい、シニアの人々だ。何回かこのコラムでも書いた。 この看板、昨日、バスの中からみた。 まだ「嘘」を訴え続けている。エライものだ。 嘘の元は朝日新聞であり、それに韓国が...

続きを読む

『地方に対する愛情が無い』と言う橋本五郎記者

そして、安倍さんの後継は石場さんだと。石場さんは自分のた立場をわきまえて、謙虚にやれば地方再生は良いテーマだと。讀賣新聞の五郎さんは述べた。 先回、五朗さんは秋田のおふくろさんが亡くなり、その身体を洗うため一緒に風呂に入った話をした。母が死んだとき、その話を思い出したが、彼女は病院が綺麗にしてくれ、死化粧に美容師を雇った。私なりの親孝行だが、五朗さんには初めから負けていた。 日本は日本のこ...

続きを読む

天気たかをくくって射撃に行った

昨日は荒天が予報されていた。 でも射撃に出かけた。 このライフルが好きになってきたのだ。 大口径には2人しかいなかった。気持ちの良い人たちで、自分で弾薬を装填しているそうだが、雷菅が入手できないと。 「多分米国の銃規制のせいじゃないですか。次の大統領は厳しくすると言うので、商品の生産は少なく、買占めがあるのでは」と答えた。リビーさんに聞いたが、米国でも日本のように火薬類の規制を厳し...

続きを読む

秋分の日に東部方面隊音楽祭に行った

今まで何回か書いたが、日本における西洋音楽は軍隊と共に発達してきた。 現在でも軍楽隊の役目は大きい。 今回は62回目、池袋の芸術センターで開催され、第一部の構成はクラリネットをフィチャーしたものが特徴を付けた。第二部は、「勇者の夢」に始まり、「奇跡の一本松」(オリジナル)と交響詩「ローマの松」を演奏した。 いずれも素晴らしい演奏であった。 出演する音楽隊のひとや広報のスタッフは休み...

続きを読む

イングランドが一番馬鹿観たスコットランド独立騒動

大英帝国の力が落ちることは今の世界にとってけしてプラスにはならない。大英帝国は米国と盟友関係にあるが、したたかで、経験もあり、外交もうまい。 昔、ワールドカップの仕事をしていた時、大英帝国はイングランド、スコットランド、ウエールズ、そして北アイルランドと4つの出場枠があった。その時4つの国の連合が大英帝国だからと聞かされた。 また出張の休日で、当時は日曜はほとんど休み、ハイドパークを散歩し...

続きを読む

もくもくと歩く日本銃砲史学会メンバー

先日の山中城でのワンシーンだ。 塁は人幅しかない。昔はもっと広かったのだろうが、 これは箱根山に向い左側だ。下は障子掘。左側は武将の墓にも参り、丁寧に見学した。 右側も同じ作りだと言うので、右側には行かなかった。 幹事が良く説明してくれた。それにしても若い会員はいないのか?...

続きを読む

そんなに欲しいか金メダル

どうもTBSはNHKに幾つかのライブ権を取られているらしく、間抜けた編成になっている、アジア大会とやらの中継。 でもそのおかげで、韓国の金メダルへの執着とか執念が良く見える。 体操の韓国選手、残念ながら銅だったが、苦手な跳馬、あんなに失敗したのにOKな点。立派な演技の日本選手を抜いた。しかしその高校生選手は絶えず笑顔だった。 団体柔道、笛がなってからの一本はあり得ない。でも最終的には強...

続きを読む

エボラはほっておけ!

日本にはエボラ対策に貢献できる能力も余力もない。 遠いところの恐ろしい感染症だが、案外「近い」。日本に持ち込まれる恐れのことだ。根本を断つための貢献は我が国には無理だ。水際(今は空際)撃退を考えるべきだ。 アジアにはまずは不衛生で、アフリカに大勢人が行っている中国にくるだろう。中国人は日本に沢山来る。 この対策の方が重要であり、安倍総理が言うように医療関係者140名を派遣するなどは馬鹿...

続きを読む

シリア空爆、また引っかけられた米国

『イスラム国』はほっておいて殺し合いをさせておけば長くはもつだけの体制も統治システムもないと考える。見るかぎり全てが不自然だ。 米国がシリアを空爆し、サウジをはじめ湾岸先進諸国がそれを支持している。これも冷静に考えればおかしい。 『イスラム国』に誰が資金をだしているのか。石油を売っている、湾岸先進諸国ではないか? 石油の価格は中東が不安定だと上がる。日本などはそれでは困るからガスなど供...

続きを読む

またぞろの『省エネ』

国連のピエロは、紛争解決は何も出来ないので、今年の総会、「地球温暖化対策」をテーマにした。 誤魔かしだ。この問題はアメリカと中国が協力的でなければ、数値的に何も出来るものではない。 日本は原子力発電の問題はさておき、元々エネルギーのない国だから、省エネは国家課題だった。自動車、電化製品、生産設備、その他の大量輸送手段、全部、省エネがコンセプトだ。 中国の言い分は面白かった。「自分の国は...

続きを読む

青山鉄砲百人隊居住区は青山通り

江戸城を守る鉄砲組み4つとも、5つともあったと言われている。 新宿百人組みは内藤新宿(現在の新大久保コリアンタウン)にあり、現在でも演武を行っている。 他には伊賀、甲賀、そして「青山組」が有名だ。 江戸期の地図を見ると、現在の青山通りを挟んで、表参道から神宮前に向う、道路が曲がっているところの両側が青山百人組の拠点であった。両側に同心の家がずらっと並んでいたのだ。 初期には100人...

続きを読む

フェアさはインチョンアジア大会???

スポーツだけでなく、囲碁、チェス、中国武道演武などさまざまな文化的な競技も含んでいる、第17回アジア大会だが・・・ 嬉しいのは日本の選手や役員は実力もさることながら、意識が「大人」だ。 この競技会は実はとても歴史があり、1913年の極東大会が元だ。そしてその継続の提唱国はインド。戦後、1950年に再開されたが、施設や用具の不足で苦労したそうだ。現在は旧ソ連の中央アジア国も参加し競技数、参加...

続きを読む

江戸期射撃の珍しいスコア

先日の平和島で珍しいものを譲って貰った。 江戸期の射撃の100発のスコア表だ。四匁筒(口径13.8mm)、銃の長さ三尺二寸(96cm)くらいのものだ。距離は書いてないが、普通は15間、約27m。 標的は当時ののは正方形を斜め90度に傾ける。一辺八寸(24cm)、真ん中の黒二寸(6センチ) なんと、全弾命中。うち80発が黒だ。撃つたびにこのスコア表は立ち会い人が記したようだ。 100...

続きを読む

中世の掘、障子底

城の堀は鉄砲の射程距離あり、水がまんまんと満たされている・・のは近世の平城だ。 北条の城をみて、天守閣館長のお話を聞き、当時の城は「障子掘」であったと。掘の底に畝があり、区画に分かれている。 勿論水も溜まったが、多分、ヘドロみたいなものが底にあり、一旦、区画に入り込んだ、攻め手は左右に移動できなかった。 城側は、上から弓、鉄砲、石などで、攻撃する。 寄せ手が梯子や木枠を用意すれば効...

続きを読む

アジア大会クレー射撃の説明

トラップ射撃の決勝、中国選手と中東選手の射撃のニュースだった。 NHKが、模擬上下二連j銃を持ってきて説明していた。 日本人の無知極めりの内容だった。 「このライフル銃で行うものです」「ゴルゴ13のようなスナイパーが出ます」などなど 模擬銃を教習で見せる映像を製作しているプロダクションから借りて来たのはよかったが、実物をもってきたら大変。 トラップ射撃はどんなスポーツか、視聴者...

続きを読む

一夜城の井戸

日本銃砲史学会の小田原の例会が終わり、バスと車で15名ほどの会員が、一夜城と山中城を見学に出た。 バスの中で昼食と言うあただしさ。 一夜城は関東大震災まで石垣がしっかりと残っていたそうだ。 、まず「井戸曲輪」を見学をした。足場が悪い。 井戸と言っても、直系25m、深さ15mほどの円錐形の不気味な孔を組み石で作ってある。もしかしたら湧水があったかもしれない。今は枯れている。しかし、明...

続きを読む

後北条の小田原城の話を聞く

昨日は日本銃砲史学会の9月、例会、見学会で、小田原に行った。 小田原城の隣の郷土史館で小田原城天守館長、諏訪間氏のお話を聞いた。 諏訪間氏は考古学博士で、発掘から歴史を調べる研究家である。 16世紀末に小田原から関東地方一帯を納めていた、北条市の居城はどのようなものだったのか?発掘により明らかになった事実の話を聞いた。 そもそもなぜ小田原か、東海道で関東と西を繋いでいるが箱根の難所...

続きを読む

うるさい毎日

沖縄も危険だが、都心も危険だ。 夕方は、ヘリコプター、羽田のジェット機が上空に、何かあっても降りるところはない。 特に国会などで何かがあると、馬鹿の一つ覚えでメディアはへりで上空からの映像を撮る。ヘリポートと永田町の線上には、低空でへりが行ったり来たり。 六本木に米軍のペリポートもある。隣が青山墓地でそこから進入しているようだ。 そんなかんやで沖縄だけがうるさくて危険ではない。&nbs...

続きを読む

少年戦車兵戦車隊

一枚の肖像写真と、絵葉書を見付けた。 少年戦車兵の写真は昭和19年、2年生になりし時は上装被服にて戦闘帽を着付けし云々ときしてある。確かに昭和19年、物資の粗末化が進行した際に、立派な装備だ。 絵葉書も同じものだろう。九七式と九五式の中隊だろうが、後方は合成かもしれない。 少年戦車兵は、満州に行ったか、南方に行ったか、それとも本土に残り生き残り、後に米軍戦車を操縦したか、15歳くらいだ...

続きを読む

お金を使わないで時間を使った

М先輩が行くと言うので誰かを紹介して呉れると感じ、午前中平和島に行った。 自分で見ているうちに幾つか、額ははらないが研究テーマになるものを見付けた。 そしてお城に住んでいるティー先輩の出店の前に座り込んだ。地図と古文書を見る。 ところがそこに幼児を連れた外人女性が地図を探しに来て、ティー先輩の奥さんは英語は出来るが東京の地理が分からない。それで私が渋谷、青山、赤坂近辺の古地図を探してや...

続きを読む

スコットランド独立とマグナカルタ

世界は中世紀にもどりつつある。 スコットランド独立問題もそうだ。中国の膨張。イスラム国の原理主義。ロシアの近代化? スコットランド、私は独立しないと思うが、もし独立したら、13世紀マグナカルタの君主主義が17世紀に英国法の元になり、確かスコットランド併合はそれに期していたと世界史では習った。 独立してもよいが基本法や憲法はどうするのだろう。 今のところ独立による文化的意義が大きく報道さ...

続きを読む

射撃に行ってきた

昨夜は眠りが浅かった。でもちゃんと起きて、準備して射撃に行った。 3種やった。大口径ライフル、教習射撃用の練習。点数はクリアしているが、本番までには倍くらいの点数にするつもりだ。レミントンミニエの射撃。これは良い銃だった。全弾、横転もなしに命中していた。少し左に行っていた。これを調整すれば良い点が出ようが、今日は50mの伏射、100mになると弾丸の回転で元に戻るかもしれない。伏射は、第二次大戦...

続きを読む

「円安へのシフト」急速なり

一ドル100円で握って来た、日米経済、10年間以上続いていたが、ここに来て変化が。 日本の輸出は厳しかった。海外に生産拠点や金融資産を移転するところが多かった。よく乗りきって呉れたものだ。また原子力が停まってからの、燃料価格はその量が半端でないので、これは為替とは関わりなく非常に困っていた。 ここのところ毎日1円というような急速なペースで円安が。競争する品目は重なってないが、中国や韓国には...

続きを読む

普段は静かなところだが・・事件か?

今朝、近所、通り掛かったら、ある共同住宅の前にポリスカー、自転車巡査もきている。後ろからはCSIの車も。 角を曲がったら、この風景だ。タクシー運転手にポリスが聞いている。運転手の表情は硬い。交通事故ではない。 ざっと計算して、ポリスカーは4台、警官10数名が出動。 強盗か殺人か薬か、暴力団が絡んだものか、恐らくかなりの事件なのであろう。普段は静かなところであり、事件性のあることはまずな...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ