FC2ブログ

記事一覧

100円ショップでの買い物

趣味の道具を分解掃除していてネジがひとつ無い。他のものを合わせても、長さ、ネジ山、頭、合うものはない。どこかにあるはずだ。出て来るのを待つ。クリナーの袋は捨てる前に私がばらすことに打ち合わせした。原則、分解、組み立てはコンテナーを用意しておいて、そこに入れるのだが。大ヘマだった。そんなことで、丁度遊びに来た、オトコを連れて自転車で100円ショップに行った。プラステックの食品用のケースを大小中と幾つ...

続きを読む

九四式六号送受信機咽喉マイクセット

なるほどこういうものか、と言うのは実物を観て分かる。イヤフォーンを付ける、そして咽喉の回りにマイクを付ける。咽の発音を取って送信する。六号の実際の性能は誰もしらない。音声が5km、モールスで20kmと言う人もいる。また横浜の某氏は日本軍無線機の研究家だがそれより弱いと。しかし5kmより弱いと言うことはちょっと考えられないが。米国の研究家、ビル・ハワードは音声10km、モールス50kmとしている。こ...

続きを読む

イスラム国人質で日本国政府批判は的外れ

安倍さんが中東に行っている時に起きたから、「安倍の奴、ざまあみろ、余計なことしやがって」と言う意見や行動があることは承知している。またメディアは「フリージャーナリスト」(この言葉はない、タダで働くジャーナリストとの意味でゴトウ君は「フリーランスジャーナリスト」の類だ。だが不思議なのは、ゴトウ君の出発に関して、ギャラは別として500万円くらいの費用が必要だ。往復の航空券、機材の輸送、現地の車やスタッ...

続きを読む

ゴトウ君はロクでもない男

日本の外交や、中東の穏健な国々に余計な混乱を与え、イスラム国というテロリストを利した張本人だ。新聞やテレビはきちんと書かない。母親の記者発表も社民党のセットアップだった。恐らくNHKなどが彼に取材費を渡していたので、互助の精神で書かないだけだ。だが、出版社系の週刊誌はかなり詳細に書いている。本当か嘘か、私の家の近くで風俗店をやっていたこともあったそうだ。テレビ局は海外紛争地域取材は社員はおろか、直...

続きを読む

『戦後日本と朝日新聞』 

経済紙以外、「全国紙」と言うのがあるのは日本とか人民日報とか、世界的傾向としては珍しい。この戦前からの経緯を教育社会学者竹内 洋氏から聞いた。彼の仮説は鉄のトライアングル、今は死語となった「インテリ」、「岩波書店」そして「朝日新聞」が形成してきた不思議な日本の社会層とその凋落に関しての人文的な話で、別に慰安婦問題捏造記事で朝日がWILL誌に叩かれ、ノックアウトした事件のことではない。朝日はどれだけ部数...

続きを読む

操縦士の.25口径拳銃

武器学校にコルト、ブローニングを始めアストラとか無可動にされているが手のひらに入る小型拳銃が展示されている。皮革製の収容嚢と合わせてあるが、帝国陸海軍操縦士の自決用の拳銃だった。おじいちゃんが亡くなり、遺品から出てきて、警察署から武器学校に送られて来たものらしい。操縦士は航空機が撃墜され敵地に降下すれば自決しかなかった。多くの情報を持っているからだ。ヨルダンのF-16の操縦士も同じ状況になったが、...

続きを読む

『マイアミマリーンズ』とは面白い

日米の野球、もうほとんど興味はないし、テレビも見ない、昔は球場にも足を運んだが。スポーツとしてはテンポが遅い、米国人はああいうテレテレしたものが好きなのだ。なぜかまったく共通点が無いが日本人もそうだ。テレテレしているから観ている時間がもったいない。イチローがマイアミに行くと言うので、日本のメディアは「都落ち」と捉えているが、とんでもない。HPよりマリーンズは新しいチームだ。私がニューヨークに2度目...

続きを読む

いやー年取った

昨日は誕生日、運転免許証の更新をして、本日は銃砲所持許可証の更新。いずれもチェックポイントは認知だった。銃の方は医師の診断書が必要だ。一昨日、教習場の教官は「何人かのグループを観察しているだけで判別できます。」と自信ありげに言っていた。ボッケになると浮いてしまうのだろう。昨夜は妻に近所の行きつけのバーに連れて行ってもらい飲んで、食べた。店で最後にアイスクリームをサービスしてくれた。「これが俺の腹か...

続きを読む

ゴートー君問題は中東の他にも波及する

日本の国会では予算委員会で農業改革の議論がなされている。8500km離れた砂漠ではゴートー君が、極端に言えば世界中に迷惑を掛けている。日本とテロとは交渉しない米英とに隙間をつくり、ヨルダン、シリア、トルコなど周辺国に迷惑もかけ。昼にクラブに行ったら中東系ビジネスマンが、CNNを見ながら、「ヨルダンの戦闘機操縦士はペニスを切り取られているな」と言っていた。それくらい残酷なのだ。ゴートー君は絵本の題材...

続きを読む

「征矢」完成す

戦国期の戦闘では、鉄砲隊の列の合間に弓隊がいて、鉄砲玉をかいくぐり近寄った攻撃陣を射たと文に画に描かれている。火縄銃の有効射程距離、半分の確立で人間を倒せる、は50-100mある。米国における実験で50mで鎧も貫通した。後ろも前も。弓はK氏の話では命中率だそうだ。「雑兵物語」には引いては緩め、緩めては引き、放つタイミングを書いてある。H弓具点の主人に頼んでおいた、実物の鏃を付けた征矢(実際に戦闘で...

続きを読む

ヨルダンにこれ以上の迷惑を掛けるなゴトー君誘拐

ゴトー君がどういう人か、知らない。どんなに良い人であり、生まれた子供の顔を見てない、東北震災で命の大切さを語った、などなど美談は山ほどある方だ。しかし、国会では重要な予算審議が行われている。またヨルダンは中東のなかでは安定しているとは言え産業もない、物流も不便な貧しい国だ。パイロットの問題、その他囚人を釈放しろと、イスラムテロ組織はめちゃくちゃを言いだした。日本はたった一人のフリーrランスジャーナ...

続きを読む

20分間で済んだ運転免許証更新

世の中の効率を測るにはひとつの基準ではないか。米国では1カルフォルニア、ニューヨーク、コネチカット州で更新したが、大体場所が不便だし時間もかかり半日仕事だった。以前の日本もそうだった。恐らく世界でもこんなに早くはやらない。手数料が高く、警察署の定年退職者、派遣など手際の良い係員がいることもひとつの理由で、再雇用の最高の職場だ。私は昨日、講習を受けたので、更新だけ。今度は住民票を用意しておき、本籍を...

続きを読む

メディアに踊らされているゴトー君事件

拉致ではない。日本には北の拉致と言う重要な解決しなければならない問題がある。ゴトー君事件は本当に邪魔だ。誰が彼を行かせか?恐らく、数百万円は時前に用意しておかねばならない。馬鹿にしてはいけないトラック部隊、ラクダがトラックになっただけだが、砂漠の民、ベドウィンだ。NHKが出したとか、朝日が出したとか言われているが、内容からみるとNHKが怪しい。今のところネタがないので、お母さんを番組あたまで出して...

続きを読む

「ずく入れ」の方法

外国の友人から彼の火縄銃修理の件での質問だ。火皿が傷んでおり、穴が大きいそうd。火穴の直径は1mmくらいが効率が良い。向島の名人が引退したので、これは日本ではブラスさんに頼むしかないが、自分でも出来る方法だ。現在の火皿のくぼみを取ってしまう。同時にそこに入る銃身側の穴に合う、新しい中心を作る。上下の回りを叩いて、固定する。これで分かるかな?...

続きを読む

6000便が欠航

私がニューヨークにいた頃も70cmくらい積もった大雪があった。同市ではゴミ収集車が、雪かきに即座に変わる。前部に重い雪かき板を付ける。今回は1mくらい降ると言う。これは大変だ。米国の航空網は、現在はニューヨークエリアでも一時に何百便も飛んでいる、国の社会、経済の運用になくてはならないもんだ。6000便の欠航と言うのは欧州やアジアとも繋がらず、平常化には何日もかかる。航空便の影響を受ける人100万人...

続きを読む

政府、総理には課題は山ほどあるのに・・・

私は惨いようだが、ゴートー君は当分、日本に帰って来て欲しく無い。メディアがそっちに雪崩を打つからだ。日本は景気、安全保障その他法制化しなければならない問題、来年度予算、我々の生活と未来を決める課題が山積みだ。安倍総理や政府要人もそれに加え、自ら危険を冒したゴートー君の問題でヨルダンと協議のために余力を使って欲しくない。睡眠も十分とって欲しい。重要なのは国家と国民だ。ゴートー君が帰って来たら、却って...

続きを読む

今の自動車学校へ行った

今度の免許証更新、「高齢者講習」を受けることになった。私の時代は、16歳から試験場で取れたので、家の車を、母が郊外に行き人気のないところで弟と二人に練習させた。時々空気銃のことで世話になった県庁の人も、その車(ダットサン1000cc)で肝心なことを教えてくれた。だから自動車学校には試験のために少し行っただけだ。若いから何でも覚えは早かった。それから半世紀以上。高齢者講習は意外に科学的だった。講習費...

続きを読む

刀で指を切る

切り落とした訳ではない。 刀類の手入れを40年間やっているが、今まで怪我をしたことはなかった。 妻の実家に伝わる脇差を抜こうとしても抜けない。柄だけはずれた。 目釘穴に真鍮の槌の柄を入れて引っ張ったら、刃は抜けたが、左手の親指を切った。 これは単なる不注意か、何かを意味しているか? 春から縁起が良いとも悪いとも教えてくれる人もいない。...

続きを読む

インフルエンザと春

猛威をふるっている。 人ごみに行くなと言うが完全に行かないのは無理だ。 でも昨日、上を見たら、松の樹の隣の梅が数輪咲いていた。春は近い。この一カ月、今までの人生にないほど、体調が悪く、行動ものろのろしてた。1時間で出来ることが2時間とか、能率も悪く。 春がくればインフルエンザ流行も下火になるが、経済、景気、国の安定はいかに。昨年来、近いうち、今年には何かとてつもないことが起こるぞと言い続...

続きを読む

そりゃヨルダンの人たちは納得しない

日本人人質と、ヨルダンへゲリラ攻撃をしかけたおばちゃん死刑囚の交換は無理だ。あの事件も数年前、とても悲惨だった。他人の結婚式上で無差別に自爆したのだ。子供も大勢死んだ。 日本人人質、日本の友人が語る彼の人柄、勇気は日本だけの評価。テレビ局が必至に昔の知人、友人などを探し出して、映像化してるだけ。言葉も通じないし。国際的には馬鹿なことをしてくれた、としかない。 ヨルダンのF-16の操縦士も彼...

続きを読む

風力より太陽光

以前、書いた。郡山の駅前で観察していたら、自然発電の機械、太陽は出てないのに、風そこそこ吹いているより、はるかに発電量は多いのだ。 航空機は風に向い、翼が揚力をうみ、飛び上がる。 航空機全体が太陽光発電で、4つのモーターを回し、世界一周に挑戦している実験機がある。 高度をとれば雲や汚染された空気を避けて、効率的に太陽光を採れるから有利だ。 とても大きなものだろう。多分スパンは20m...

続きを読む

義弟の隠居所

B777の機長を退職し、故郷の近くの湘南海岸に引っ越した。 目の前は相模湾だ。 元々、海釣りが趣味なので、思い立つと砂浜で棹を投げるらしい。 犬もボーダーコリーにした。海岸に出ると走り回るそうだ。 伊豆半島が右、三浦半島が左、正面が大島。曇だったが、目をこらすと大島の飛行場に面したところがシルエットになっていた。...

続きを読む

イスラム国はオバマ大統領の失政から・・・

前大統領、ブッシュ氏のイラク、アフガン侵攻は米国民主党が共和党を批判する矛先として数年前から、オバマ大統領の武器であった。オバマ大統領は某氏にはまだ賛美されているが、彼の決定、その後の処理の鬼っ子がイスラム国だ。 イスラム国は米軍のイラク撤退、西欧国軍のアフガン撤退で、急速に勃興したもので西側の若者を1万人取り込んだ。さらに、フランスにおけるテロ、これはまだ欧州、もしかしたら米国でも続く恐怖を...

続きを読む

日本の基地問題

沖縄の例を出すまでもなく、本来、日本の防衛の重要な一角を占めている米軍基地は日本全国「なんだ」と否定的に住民に思われているのは確かだ。 今まで、3か所の米軍基地を訪れた。三沢、横須賀、横田だ。 軍人気質、私は専門家ではないが、米国人はある程度理解できる。考えるに先方は何も悪意はない。しかし、以下のごとく細かい理由から、軋轢が生じているのではないか、と推察する。1、騒音はしょうがない。基地の...

続きを読む

母が絶対に言ってはいけない言葉

人質になっている男の母親が出てきて「息子を助けて下さい」と言うシーン、午後から何回も観て、へどが出そうだ。自分から保険も掛けて敵地に乗り込んだリスク。日本国にどれだけ迷惑を掛けていると思うのか。NHKの設定だ。 もうひとりの薄ら馬鹿はどうでも良い。 人間の命が砂一握りより軽いところは世界に幾らでもあると言うことが認識できてない、平和ボケ。テレビ局の影響だろうが。 スティーブン・シガール...

続きを読む

「プライムニュース」の反町 理氏のホンオフレコの話

天皇皇后両陛下がペリリューを訪れることになったそうだ。パラオで散った、帝国陸海軍将兵の霊をまいるためだ。 話は変わる。イスラム国の安倍総理、政府の対応。表向きはどうもヘマっぽい。しかし、何かやらかす気配、彼の言葉のはしから感じた。 海上自衛隊特殊部隊が米国空母から強襲するのじゃないかとあとで皆で話をした。邦人救助には自衛隊は使える。日本、米国、豪州は軍事同盟を結んでいる。どうなるか? ...

続きを読む

先輩も熱心に話を聞く

中国も北もミサイルの照準は我々がこの時いたところスポットにあてていたはずだ。 3年半前に、米軍の航空司令部に、府中、ここから15kmのところにあった航空自衛隊の司令部を、隣り合わせにした。 当然の聞くまでもない。有事の際、コミニケーションが乱れることなく、走って行っても、お互いに作戦を確認し運営できるからだ。 思えばこのころから日本近海の空は怪しくなっていたのだろう。歴史はあとでその時...

続きを読む

え、こんな重要なものが、F-1戦闘機

40年近く前日本が始めて国産した戦闘機だ。なんか攻撃機のようにも見えるが。 F-86と丁度、日本の航空司令部と米軍の司令部の間に展示してあった。たいした雨でないので、降りて観たかったが。 1977年に制定され三菱重工で77機が製造され、三沢基地の支援戦闘機だった。 完全なのは、入間と百里でしかみてないが、これほど綺麗で、程度の良いものではなかった。しかも展示が分かっている。前輪が持ちあ...

続きを読む

横田基地に行って来た

こっちも大勢が熱心に行ったのだから、あれも駄目、これも駄目、雨だから仕方がないではなく、広報はもう少し、尽力しないと国民は自衛隊から離れる。現場を観ろ、自衛隊員は尊敬されているではないか。 米軍と一緒のところは、三沢に続いて2箇所目であったが、基地問題の本質に触れるくらいの研修にしてくれないと、我々も微力ではあるが、米軍基地の重要性や自衛隊がどうそこに組んでいるかが理解できぬ。米軍に遠慮し過ぎ...

続きを読む

大砲の権威とブラスさんと飲む

午後1時に銀座のクラブであった。食事をした。 2時から2時間ばかり、バーに移り、大砲論を討議した。 お二人とも遠いので、このような時間にセットしたが、お互いに有益なる情報を交換した。 ...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ