FC2ブログ

記事一覧

俺が書くなら「戦後70周年」

総理大臣が日本国の戦後70周年の演説原稿を用意しているそうだ。国は国、個人は個人、それぞれに本音があるだろう。歴史認識も異なるだろう。私は、以下のように考える。米国民主党などは日本は戦争犯罪を犯したとあからさまに言っている。これは米国の大新聞も同じだ。核を使用したのは誰だ?日本は中共と戦争をしたのか?ソ連と戦争をしたのか?中共やソ連がなぜ国連理事国なのだ。だれもその不思議さを問わない。世界中。日本...

続きを読む

これは分からない帝国海軍電話機

沖縄で発掘された電話機だ。九州のひとから手紙が来ていた。私の本の海軍電話機か?と言う質問だ。海軍の25mm対空砲の陣地で発掘されたそうだ。...

続きを読む

タケちゃんイノシシ投げ殺す

タケちゃんが犬ほどのサイズのイノシシに出会ったそうだ。胃がんで今年前半まで大変で一時はふてくされていたが。右手で前足一本、左手で後ろ脚一本をつかみ、杉の木にぶちつけたと言う、縄文人もびっくりの狩猟だ。このイノシシ、多分、私の敷地をうろうろしていた、うりぼうが少し大きくなった奴だ。あちこち歩き回っていたが餌が取れない環境になっていた。口に誰かの虎バサミがはさまっていたのだ。それでものが食えず、弱って...

続きを読む

福島の工事に呼び出される

福島の家の前の道路工事がいよいよ終盤だ。3月24日開通で式典もある。ところが我が家の通用門と言うか裏からトラックなどを入れるところが、盛り上げた道路に掛かってしまう。それで、道路工事事務所から解決策を討議したく、来て呉れということで、今朝、福島まで来た。曇だったが、午後はみぞれ、家の中は寒い。温まるに2日間は掛かる。10名ほどの作業員がこの天気の中を一生けん命、何台かの車と重機を並べ働いている。景色...

続きを読む

チヌークにかんじきを履かすには・・・

冬の間は付けて置かないと、この機体は橇でなく、車輪だから、北の有事に必要だ。御嶽山でもこれを付けて、火山灰の上で離発着を繰り返していた。ところが、このかんじき(スノーシュー)をはかすには6人かかりで半日かかるそうだ。観察するとなかなか良くできているが、重い機体を支えるのだから頑丈だ。幅1m、長さ3mほどのサイズだが、複雑な形をしている。勿論飛んでいる間は抵抗になる。...

続きを読む

自衛隊駐屯地で良くみる種類の建物

もうほとんどこの画像のように倒れそうだが、あちこちの駐屯地ではまだ集会所などに使用している。仙台では災害の博物館にしていた。しゃれた発想であり、手入れもされていた。実はこれは米軍が進駐して来た頃、1950年以前の教会なのだ。いくら米軍とはいえ良い材料を調達できず、大体が粗末なものが多いが、ちょっと雰囲気が良い。△屋根の上には十字架が据えてあったのだろう。米人に聞くと、彼らは大体、プロテスタントとカ...

続きを読む

米国にもある『南京100人切り』アメリカンスナイパー

クリント・イーストウッドの映画『アメリカンスナイパー』は結局、下馬評どおりにはいかずひとつもオスカーはとれなかった。映画の出来としては当然だと思ったが、銃や戦闘シーンが面白かった。実際にあった米国ネイビーシールズの狙撃兵、クリス・カイスの実話の映画化で、クリスは4回イラクに行った男だが悲劇的な死を迎え、テキサスの追悼式は実際の撮影が使われた。結局、米国には一人で何百人撃ったみたいな話は昔からあった...

続きを読む

チヌークの女性搭乗員

数年間、自衛隊を観て来ているが、女性隊員の存在はもう無視できない。重要な部署に、また普通科連隊なども朝霞で女性隊員だけの訓練を観た。チヌークは操縦士2名の他、リアとフロントにドア係がいる。これは実際の戦闘でも必ず必要な搭乗員だ。昨日、搭乗した際のフロントドアは女性、それも大変若いが落ち付いたこちらも安心感を持つ搭乗員が受け持っていた。女性比率は航空自衛隊が一番多い。陸上は恐らく一番低いのであろうが...

続きを読む

一式陸攻のプロペラ

昨日、木更津駐屯地の格納庫の隅で観たものだ。完全なかたちで状態も良い。帝国海軍の大型主力機材と言ってもこんな大きさかと感じた。木更津は1250mの滑走路を持ち、大戦末期には硫黄島との定期便が飛んでいた。九六式、一式陸攻がその任にあたった。坂井 三郎著『大空のサムライ」に、彼が硫黄島から最後の便で冬の木更津に着陸。格納庫横の水道の蛇口から直接、水をがぶ飲みした記述があった。硫黄島の戦友たちのこの旨い...

続きを読む

日本車輸出は異常なくらい出ている

へりから見た東京湾の状況だ。とにかく船が出たり入ったり、また入港を待っているのか、船だらけだ。その中でも、悠然と出て行く自動車運搬船を4隻観た。いずれも大型だ。日本の自動車輸出が凄い量だと聞いてはいたが、空からみたら一目りょうぜんだ。勢い良く東京湾の出口に向っていた。...

続きを読む

スラッグ弾で走るイノシシへの有効射程は・・・

5-6年ほど前、隣から電話がありイノシシが数頭でトウモロコシを食べている「撃ってくんろ」と言う要請があった。猟期前なので、私は撃てない。見たらライフルで2頭はやれると思ったが。やがて有害駆除の人たちが車で駆けつけた。二人いたが散弾銃だ。ライフルの人が出かけていなかったそうだ。距離60mくらいか。まだバリバリ音が聞こえるほどに食べている。牛の飼料が高かったので、酪農農家が休耕田に植えたのだ。イノシシ...

続きを読む

先輩と木更津に行った

区の防衛懇親会、と市ヶ谷の同じ団体で近くて遠い、木更津に行った。陸自のヘリ部隊の温存地で、首都圏防衛の即応に応じて、習志野とセットで存在している。チヌークの体験飛行で東京湾を一周した。それにAH-1とOH-1の整備状況を視察。いつもの後輩だが先輩も一緒だった。自衛隊の担当者にいろいろと聞く、そして仲間同士で日本の防衛の理想を語りあう、非常に良い企画で、本年度最後であったが楽しく、ためになった。食事...

続きを読む

日本の多くの文化は『正座』から始まる

年末に京都に行った時、義理の従弟が茶道をやっており、いろいろ文化論を話した。彼は「日本のものは正座が基本ですよ」と言っていた。帰りに何か良いことを聞いたなと感じてた。本日、彼と東京で昼食を食べて、家まで来て貰い、またいろいろ話をした。彼から何か良いことを聞いたようだったが、無意識にストレッチをやる時に、ぶら下がりと正座を交互に入れた。確かに正座は脚に負担があるが、気分が落ち着くのだ。彼に何か聞いた...

続きを読む

『戦後70年談話』

安倍総理が首相である日本国の世界に向けての現在の日本人の思いと責任を発信する重要な機会である。戦後と言っても満州事変以来、大日本帝国は昭和20年8月15日まで15年間、ずっと闘い続けてきた。国家の財政は途中で破綻していた。村山、河野発言などの無責任で国辱的な発言で日本と日本人がどれだけ不快な思いをしてきたか、を考えるとこの内容は重要だ。見識者による委員会が発足した。その顔ぶれを見ると世界に誤解を生...

続きを読む

アメリカ東部の寒さと春

ハドソン河が凍っている映像を観た。ニューヨークから北はたしかに寒いがハドソン河の下流は海に近いからこんなに凍るとはと、北ではどんな生活になっているのだろう、と感じた。でもダウ平均はどんどん上がっている。ドルも強い。よほど良い経済政策をとったのだろう。昨日の朝、庭の柿の樹から湯気が出た。前日まで寒くて雨だったのに、朝、急に日があたったからだ。珍しい光景と思ったが、世の中はこのように変わりつつある。戦...

続きを読む

進行中のミニエ方式銃の研究

ミニエ方式銃はフランスで開発されたが、主に、英国エンフィールド工廠と米国スプリングフィールド工廠で生産されたことは前に書いた。1850年ごろから70年ごろまで約20年間しか使用されてないが、その間に大きな戦争が二つあったので、それに使用され、最後は日本に来た。(クリミア戦争、米国南北戦争)古式銃は当時、どのように使用したかが、資料として残されているものもあるし、残されてないものもある。そんなことで...

続きを読む

『情と理の長沼事件』と現在の訴訟ブーム

江戸時代より日本の農村には「入り合い権」と言うものがあり、誰のも所属してない山や沼を近所の農民が利用することができた。原発事故まで福島の家の近所のばあちゃんが山に入り、落葉を集めていた。それを牛小屋に敷いて肥料を作るのだ。山菜やキノコを採るのも現在の入会権だがその付近の人に限る。日本では寛永二十年(1643)より田畑売買禁止令があり、農民は土地にしばりつけられていた。明治政府がそれを解禁したので、...

続きを読む

猟友会の新年会

とうとう猟期が終了し、新年会となった。いつもの店で「定期総会」と「懇親会」今朝はわりに早く出て、「福澤先生の法律論」と言う話を聞き、「Boyhood]6歳の少年の成長の映画、12年間掛かって製作したそうだ、と観てたら、もうその時間になった。懇親会は焼き物が多くでる、高級なものばかり、だけど、塩気が多く今夜は眠れそうもない。昨夜は友人夫婦と湯島のちゃんこに行ったので、さすがに現役時代と違い、外での食事が続く...

続きを読む

デバルツェボの誤魔化し

16時間に及ぶ露、ウクライナ、仏、独の協議のなかでこの地、「デバルツェボ」の扱いはどうなっていたのだろう。協議ではウクライナの二つの地域は元に戻り、ロシアとの国境が停戦ラインとなっていたはずだが。いつのまにやらロシアが昨日、完全占拠したようだ。ウクライナのポロチェンコ大統領は、EUnに停戦監視のため、平和維持部隊の出動を要請した。この問題は行く末には歴史上の大きなエポックになるかもしれない。日本は...

続きを読む

小銃ストックこの3cmの差

上は自分の身体、特に銃把を握り、指を伸ばして引き金にタッチするように合わせたモデル90ライフルだ。これは良く当たる。下はミニエ方式ウイルキンソンの小銃だ。射撃する時は肩に当てて、銃把を握り、指をせいっぱいに伸ばして引き金を引く。引き金は重く、調整もできない。分解して調整しようなどものなら大変なことになるのは今までのにがい経験だ。差は3cm。欧米人が撃つ銃と私が撃つ銃は大体このくらいの調整が必要であ...

続きを読む

「銃砲史学会」最後の発表

『日本銃砲史学会』は年に4回、例会(研究発表)と懇親会(飲み会)それに1泊の見学会が例会と合わせて行われる。本年は「設楽が原」に見学会に行く予定だ。先回の例会は4-5の題目、銃砲に関するものがひとつもなかった。それで3月の例会には私が『ミニエ方式小銃の二十年間』と言う題目で発表することになっている。銃砲史を研究していても、この狭い日本、歴史や材料がどうこうだけでは面白くもないが、ほとんどの会員は現...

続きを読む

重火器の定義とは

ウクライナ停戦協定、まずはお互いの重火器を撤去しようと言うことになっている。小火器、人間が手に持って操作できるもの以外の兵器だろうが。こんな曖昧な協定ではうまく進行するとは思えない。走り回っている戦車、装甲車、自走砲などは走り去れば良い。重砲や迫撃砲は射程外に出す、と言っても長距離榴弾砲などは何十キロも射程がある。それに携帯ミサイルだ。ミサイルは持ちだしたかそのまま置いてあるか、停戦要員が行き隠し...

続きを読む

韓国との経済関係の希薄化は是なり

日間通貨スワップ協定は期限で終了することになった。先方さんが日本の通貨を必要としても、日本はまず韓国の保有する米ドルを必要とすることはない。日韓通貨スワップは大した1規模ではなかったそうだ。韓国も国内ではいろいろあってもあの自画自賛と自信をみれば日本との通貨スワップなどの金融政策は必要ないだろう???「歴史認識」からみればこの協定により2008年の韓国金融危機が救われたのもひとつの事実だが。またそ...

続きを読む

火縄銃尾栓を外す時の注意

江戸時代の火縄銃、尾栓を何回も外したはずだ。銃身に跡や傷がみられない。何かの工夫があったはずだ。2-30発も発射すると尾栓は外れ難くなる。道具は幾つかみたが、厚い鉄板に尾栓の形に■の穴があいているもの。スパナの一種だ。尾栓は■(丸いのもあるが)、そこに鉄板の穴をさし込み回した。銃身はもう一人が握っていたかもしれない。当時の人間の握力腕力は想像も使かないほど強いから。(修正)現在、一人でやる場合は万力...

続きを読む

テロはテラー(恐怖)の具現化

先日の夜、WOWOWで「ロンドンリバー」と言うロンドンの2005年7月の同時多発テロをテーマにした映画を観た。この黒い人は、フランスに住んでいるアフリカ人で、ロンドンに留学していた息子と連絡が取れずバッグ一つで探しに来る。ガラスに映る女性は英国の島に住んでいる農民だが、娘と連絡がとれず探しにくる。モルグ、病院、犠牲者の荷物置き場、警察署その他あちこちで顔を合わす。実は息子と娘は一緒に住んでいた。テロの日の朝...

続きを読む

暖かい一日ではあったが?

本日は某社の社長と昼食を採ることになっていた。バスに乗ったらくしゃみが3-4回、そして鼻水が出て来た。ハンカチを忘れてた。バスの終点の近くの郵便局で送るものがあった。テッシューを下さいと頼んだら、感じ良く、呉れた。クラブに付けば何でもあるので、問題ない。社長との食事の間、一時間半は大丈夫だった。死んだ母が彼のお母さんと友人で、そのひとが病に倒れたので一度会いたいから連れて行ってくれと頼まれていたが...

続きを読む

過剰品質の九二式電話機

これほどの品質の戦場で使う野外電話機を他の国では観たことがない。通話、一台で、二人が聞け、一人が話すのほか、モールス信号を打つ電信部もある。箱蓋は木製にジュラルミンをはってあり、送受話機もジュラルミンだ。これの一番小さい交換機もあるが、50台くらいが一時に使えた。戦場で使うものとしては品質が良すぎる。約10社で製造していた。...

続きを読む

キョウダイ早朝よりポーカー

昨夜は妻の誕生日会食をした。皆、沢山食べた。天気も良く、腹ごなしに歩いて帰った。大人の足で20分は掛かるが、この二人は競争のように小走りだった。こちらもつられて速足になり、家に着いたら丁度良かった。私が二人を風呂に入れた。相変わらず、彼らにとっては入浴は遊びだ。毎回、男にとってチンポコ、玉そしてコウモンさまの重要性を彼らに語る。朝、コーヒーを飲みに居間に上がったら、もう何か複雑なポーカーゲームをや...

続きを読む

「陸自東部方面音楽まつり」に行く

昨日午後は渋谷公会堂に陸自の標記の催し物に行った。プログラムをみて、構成がいつもと違うと感じた。聴衆は一杯で、抽選であったそうだ。内容は良かった。最後まで進行が良く、退屈しなかった。音楽も歌唱も上手であった。「自衛太鼓」は陸自の名物だ。それにサポートの隊員10数名も「妖怪ウオッチ」を歌って踊ると言うサービス、受けた。先の東京オリンピック、重量上げ金メダリスト、三宅選手の出場があり、「自衛隊員で良か...

続きを読む

日本外交の広報 佐藤 地(くに)局長のお話

ためになったと言えばためになった。聞いてもしょうがなかったと言えばしょうがなかった。どうでもよい話だった。外務省の女性局長の顔を観れたと言うことぐらいか。安倍総理は中国で50か国を回り、歴代総理としては異例の外交をしている。岸田外務大臣も相当、あちこちを回った。冷戦が終わり、パワーについての考え方が世界規模で変化した。日本人はそれを認識すべきで、国内だけに目を向けていてはいけない。 と言うあたりが...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ