FC2ブログ

記事一覧

ブローニング1919の簡便性

日本では1914年にホチキス機銃を三年式と言うそれこそ芸術品的な機関銃が生まれた。まず三脚架が独特のものだ。保弾子(金属の板状)を使う、放熱筒が良くできた当時の世界水準のはるか上をいく出来だった。平和、軍縮期だったので、3500挺しか作られて無い。当時の文書を見ると、英国は第一次大戦用に日本に機関銃の供給をしつこく求めていた。小銃は沢山輸出したが、機関銃は南米に僅かしか輸出していない。米国は機関銃...

続きを読む

『痛切な反省』で謝罪はない安倍総理演説

日本のメディアがこぞって、この点を問題視しているのは気に入らぬ。「米国に奇襲攻撃をかけて戦争になった」その結果、拡大した戦争でアジアの国々に迷惑を掛けたことを国家として痛切に反省する。中国と韓国が公式に異論を唱えた。なぜ日本が米国に謝罪をする、ましてや中国や韓国に謝罪をしなければならないのだ。理屈に合わない。戦争が始まれば宣戦布告し、最後は広島、長崎で終わった。「ヒバクシャ」が傍聴席にいたら、米国...

続きを読む

十年式擲弾筒の芸術性

手榴弾は人間の手で投げる距離にしか効果はない。日中戦争でも野球の投手が活躍した。第一次世界大戦の頃、フランス軍は塹壕から板を曲げてその反発力で飛ばす仕掛けを作ったが、大変危険だった。大正十年に制定された十年式擲弾筒は芸術品だ。手榴弾の底にブースターを付けて飛ばす兵器で、7000門ほどが平和な時期に手間と暇を掛けて作られた。以前、伊藤 愼吉さんに会った時に彼が苦々しく、南部 麒次郎さんのことを語って...

続きを読む

出来過ぎた安倍総理の米国両院議会演説

今回の会談で、安倍さんとオバマさんは日米同盟を世界的課題解決レベルにまで押し上げた。今朝の安倍総理演説、英語は相当練習したであろう。日本語でやるより、日本の主張は米国議員全員にとってはるかに分かり易かったと感じた。45分間と言う長いものであったが、日本と米国(歴史の長さは日本の何分の一かだが)、の歴史に焦点を合わせ、日本のメディアやロビイストが要求していた、従軍慰安婦問題謝罪など、個別課題を、女性...

続きを読む

日本の水

水は日本の重要な『武器』だ。射撃場の水道、どこでも水が飲める泳いでからシャワーを浴び、これだけの水があれば、カトマンズでは何人助かっただろうか?と頭に浮かんだ。飲める水でトイレを流すところも世界では少ない。日本には地上、真水の資源以外にも海水資源も豊富だ。これだけ多くの水を持つ国としては、環境問題はもとより、水の有効利用が我が国の課題である、と言う認識がなければならないと感じる。また統計上、日本の...

続きを読む

昨日は武器学校へ

担当者がかなり整理をしてくれている。これから展示公開の機会が多くなるので、打ち合わせと展示の内容確認に行った。ドライゼ、シャスポーなど、初期の熕棹式小銃、箱を三つ開けて貰いもう一度探したがやはりない。他の駐屯地の資料館も注意して見ているが、ゲベール、ミニエなどもほとんどない。2年前に戊辰戦争ブームのようなことがあり、各方面の19世紀半ばから幕末に掛けての銃砲の関心は大いに高まった。刀剣類は少しは分...

続きを読む

日本の安全保障はか・わ・る・

安倍首相と防衛、外務大臣訪米による米国との協議、お互いガイドラインの法整備は進行中だが、その元になる世界情勢変化に伴う、背景は良く確認できたからだ。中国は良い国だ。韓国は日本に近い文化をもっている。だけでは通用しないのだ。また別に中国を仮想敵国にはしてないではないか。従っているのはメディア。アジア全体、中東、さらにアフリカやウクライナ、欧州までも含め日本の安全保障の基盤は、戦前の日本のようにこのあ...

続きを読む

『コサック』の不思議

ウクライナ情勢、今のところ静かだ。コサックはウクライナが故郷だ。今日、「コサック」のものを観た。合唱団ではなく、軍事集団のほうだ。確信はなかったが、Cossak で検索したら、同じようなものだった。数百年の間、欧州の南部に存在した軍事集団だったがソ連の赤色革命で、ほぼ根絶やしにされた。ロシア軍として日露戦争を闘った。欧州では一番勇猛な騎兵で恐らく同時代の米国騎兵隊も闘えば、コサックに分があっただろう。日...

続きを読む

ネパール震災と日本

ネパールの震災は3日目を過ぎた。日本の援助隊は空港の処理能力のため、到着が2日間近く遅れた。助けられた命も助けられないもどかしさがあっただろう。現地画像を観ていると、半分くらいの警官、軍の要員すら立っているだけで何の行動も起こしてない。茫然としているのだ。こういう時こそ、日頃訓練を受け、また実際に救助や医療活動を行った経験のある日本の緊急援助隊の出番であったが。ネパールの地政学的なハンデだった。一...

続きを読む

油断してないか日本の寺社仏閣

元来、教会、寺、神社など宗教施設はいつでも開かれている。臨済宗のある寺に義母の葬儀の打ち合わせ行ったところ、まっくらな中で座禅を組んでいる人がいて、驚いた。最近の国宝級の像や寺社仏閣への「油のような液体のふりかけ」意味は不明だが、ひとつの警告であろう。もはや現在はコンビニ営業的宗教活動は出来ないと思う。頭のおかしな連中が多すぎる。また仏像や文化財の外国人による盗難もあった。注意せよ、という先祖の警...

続きを読む

ベルトリンクか保弾板か

20世紀初頭機関銃が広く使われるようになり、マキシム型のベルト給弾方式とホチキス方式の金属保弾子方式の2種が主になった。やがてこれらは混合したメタルリンクと箱型弾倉に進化したが。金属板に弾薬を載せてタップで止める方式は確実である。だがせいぜい一枚に30発、板の端をつなげて連続発射した。布製のベルト方式は一本で200発。だが連続して発射するには、射手の他にもう一人が帯を引っ張らないと、反動で帯がねじ...

続きを読む

日本人の品性

最近、街でクラクションを鳴らす車はほとんどない。怒鳴る声、立ちション、ゲロやタンを吐く、者も少なくなったように思える。ゴルフ場のマナーも良い。中国人、韓国人の日本への旅行者が、忘れたものが必ず出て来ると驚いている。変なものを拾い、面倒な手続きをするのが嫌だと言うこともある。そんなことで昔に比べたら日本人の品性は良くなったのではないか?と言う気もしないでもない。私が会員のインターナショナルなクラブで...

続きを読む

道路は県道、斜面は国有地

先日、新しい県道を眺めていて気が付き、以前の写真と比べてみた。確かに斜面が崩れている。鳥居の先左側が手前に大きく崩れてきて上のほうは樹木も倒れている。県の道路事務所の担当者に言った。この人は信頼できる有能な方だ。県と国の境と権限を説明してくれたが、国有地はあまりにも広いので大雨で崩れたのに気がつかないのだろう。私が知らせると、写真を撮影していた。いつどのように対策を採るか、楽しみだが、私のように時...

続きを読む

『正義』の必要な地

東京都の23区は何のためにあるのか、その行政の定義は何か?私の住む区は東京でもど真ん中、便利なところで、住宅街、オフィス街、歓楽街そして外国大使館は100近くある。人口は最近増加の傾向にあるが、20万人ほど。昼間人口は約100万人、昔屠殺場のあった芝浦が成長している。今回の地方戦、34名の定数に41名の立候補。よほど酷くないと当選だ。くずの写真集区の収入は恐らく全国一だから、豊富な資金があり、イン...

続きを読む

『俺の戦後70年史』 安倍さんは言いたいことを言え

米国政府の安倍演説への良いも悪いもちゃちゃは本気でない。言っているのが副,や次官クラスだからだ。まともに取るのは日本のメディアくらい。シャーマン国務副次官(日本の外務副大臣)は韓国の建設的でない姿勢を先月批判した。言いたいことを言って国の主体性を明確に出すべきだ。日本国は戦争で物事を解決するつもりはまるでない。第二次大戦でも言いたいことはいくらでもある。あからさまに相手を怒らせることはないが。相手...

続きを読む

危なくないか首相官邸の屋上

ドローンが屋上で発見された日は大変だった。へりが上空に何機飛来したことか。屋上は頑丈に出来ているが、この画像何かおかしくないか?不審物、まだ何が搭載されているか判明していないものに50人もの警官が近寄って。もし時限式の爆発物が破裂したら大変なことになる。不発弾は出来るでけ少人数で処理する、が鉄則であり、このドローンは何が搭載されていたか?楯も何も無く、不用意に大勢が近づいたことを反省に加えるべきで...

続きを読む

沖縄のケーブアイテム

沖縄の洞窟やガマには未だに多くの戦争遺品や遺骨すら残されているのだろう。大阪のエヌ氏が熱心に発掘を進めていて発見したものの識別や意見を求めお送り下さる。実にありがたいことだ。これは弾丸の破片が入ったものだ。70年も経つとこんな状況になる。6.5mmと7.7mmが混在しているようだ。だが正直なところ、これらを見ているとやりきれない。悲しい。できることなら避けて通りたい。靖国神社、遊就館の展示がこのコ...

続きを読む

『俺の戦後70年史』 安倍首相の米国議会演説に期待する

恐らく、今度の米議会での演説が日本の立場を明確にする、最終的な方向性を決定づけるものになろう。日本人首相としては4人目だそうだ。重要な機会だ。「謝罪」はいらない。その代わり具体的に言おう。「先の戦争は日本が口火を切った。それまでの経過は略す。しかし、日本は多くの一般市民の犠牲、特に核攻撃を受けて降伏した。」この一文を入れるべきだ。「靖国神社は米国のアーリントンと考えて欲しいと」も言うべきだ。「戦争...

続きを読む

「オボちゃん」の罪

理研のオボちゃんこと小保方 晴子博士のSTAP細胞の発見はもう旧聞になるが、大変な騒ぎで、山中博士のライバル笹井博士の自殺で終わり、その各方面への再発防止や処分は曖昧なもので終わった。オボちゃんも再起して下さいくらいの注意だった。本日、珍しい毎日新聞自然科学担当記者、須田 桃子さんのこの事件の顛末を聞いた。彼女はやはり早稲田大学理工学部修士課程を終えた博士号をもつ記者で、この方面には詳しい。『捏造...

続きを読む

東北4県復興特例国家負担に反対す

青森、岩手、宮城、そして福島が国が全てを支給する復興予算支給の延長を申請しているが、反対だ。なぜなら私は半分は無駄遣いしている、抜かれていると考えるからだ。確かにあの大災害、そして福島の原発被害、日本にとって一部地域だけの復興を伴う、大変なプロジェクトであることに間違いない。だが、どこまでやるのだ。何をやるのだ。どのように効率をあげるのだ。具体的な数値目標はおろか、計画が明確でない。国家の金を使う...

続きを読む

大変なる努力かなゴルフ練習生

半年ぶりにゴルフに行った。スコアにならぬ。足腰も駄目だ。途中、練習生が眼下のグリーン上にいた。まだ第一組みが来てないのだ。一生けん命、難しいグリーンでボールを打っている。この努力、時間、ほどんどアスリートがやっていることだが、じゃ、勉強したら、どんな学校にも入れ、どんな資格も取れるだろう。LPGAの今年の試合を観ていても、若手、若手ばかりだ。こういう確立の悪いことをやるより、フツーの金儲けをする仕...

続きを読む

日本参加せざるを得ないAIIB

昨日の日中首脳会談で、『戦略的呉恵関係』が安倍さんから語られた。分かり難い概念で、中国側の具体的な反応はどうであったのか?「日中はお互いに日中間の発展を測り、グローバル的観点からアジア、太平洋の発展に尽くし、利益を得る」ちょっと古いがウィンウィンの考え方だ。あり得るか?言葉は2006年に安倍さんが小泉信三君のあとに作った。しかし内容的にはまったく具体的な意味はない。これに米国が加わると訳の分からな...

続きを読む

渓流にゴミを投げる奴に放射能汚染を語る価値なし

わずかなことでも放射能が付くと大ごとになる。もっとも除染や福島第一、その他輸送、通信などその他で働く人間を合計すれば万の単位いる。我が家の渓流だ。この上に昔の道路が残っており、良い日陰。車を止め、休む。弁当を食べる。漫画を読む。缶コーヒーを飲む。小便をする。(たまには大便も)とても彼らのお気に入りの場所であるが、このようにゴミが流れて来る。半日かけて掃除すると、軽トラ半分はある。それに川や斜面に降...

続きを読む

『俺の戦後70年史』 「謝罪」は死語とせよ

隣国は「謝罪せよ」と言うがその背景は何か貰えるのではないかというさもしい心が感じられる。「謝罪」などでは今の世界の国際関係、外交は成立しない。民主党の渡辺先生は日本は早くアメリカで謝罪して、日本の態度を示すべきだ、と講義で発言したが、私はとんでもないと思う。「謝罪」は現在、起きている世界のどんな問題も解決しない。解決する問題があればそれこそ講義で教えて欲しい。イランがイエメンに大型輸送船で武器兵器...

続きを読む

『自分がやった仕事』と映画

30代半ばから40代初頭は自分でも良く働いたと思うし、クライアントの信頼も会社内の実力も確立したと、自慢する訳ではないが言う。会社の評価は別物だったが。(日経の私の履歴書、やたら自慢する人がいるが)昨日、邦題「セッション」、原題「ウィップラッシュ」(曲名と「しごく」と言う意味を掛けている)を観た。ジュリアード(風)のジャズ学部を舞台にした映画だ。(全然ニューヨークらしくないが)最後の大舞台が「JV...

続きを読む

水中飛び込み

良く泳ぐが飛び込みが下手だ。小学生のとき、区の大会で3位か4位だった。「君は飛び込みが下手だった。あれがよければ1位だった」と帝国海軍下士官だった教師に言われた。定期的に泳ぎの癖は直して貰っている。若いコーチに頼んでいる。昨日、飛び込みたいと頼み、飛び込み台を付けて、練習した。果たして最初は胸が当たっていた。そのうち頭から入るようになった。死ぬまでに何とかモノにしたい。今のところコノシロクマクンほ...

続きを読む

景色が変わってしまった

私の山の家は大きな道路の交差するところになり、どちらに行くにも便利になったが交通量が多くなり、何よりも景色が変わってしまった。これは原子力災害の前からの計画と言うがそれだけではあるまい。復興のモデル地域、川内村へのアクセスを良くするのが第一の理由だと思う。交差点が上がったので、いつも釣りをする丸太橋が下になった。なぜか渓流の水量は多い。下の隣のオウさんは、橋から下流れが自分の領域だ。報告に来た。3...

続きを読む

『俺の戦後70年史』と村山談話

村山談話は主に中国に発信されたものだ。河野談話は話しにもならない、低レベル。左翼やメディアの中には安倍さんが談話を発表する前に中韓に相談しろ、などとのたわごともある。こういうスパイは箱にいれ送り返して欲しい。日本の「戦後70年談話」は、戦前の70年と丁度、同時期に当たるを期して、『世界に発信すべき現在と未来の日本の姿勢が』内容だと思う。「侵略」は世界史上、絶えず世界中で行われていたことだが、その定...

続きを読む

「偕行社」で販売していた軍刀手入れ具

戦前、日本には帝国陸軍は「偕行社」、海軍には「水交社」と言う将校倶楽部があり将校たちはそこに集まり、食事をしたり、飲んだり、議論したり,研究発表したり多様な活動をした。全国に会館があった。戦後、公益財団法人として1951年に復活したが今や元からの会員は少なくなり自衛隊幹部が補っている。売店があり、私物の軍装品、軍刀、拳銃、収容嚢、眼鏡なども販売していた。これは偕行社で販売していた軍刀手入れ具だ。未...

続きを読む

未だ設置されず福島県川内村の無線LAN

311大震災、原子力災害の弊害のひとつは地元の主体性が無くなったことだ。私は約1年前から3回、村役場に無線LAN,Wi-Fiはないのか、設置しないのか、と聞いた。役場の人間には必要ないからか、コンビニにあるのかなあ言う返事は、行ってみると只一軒のコンビニの人間には聞いたこともない概念だったようだ。仕方がない、画像を早く送るには、ガソリンスタンド佐和やのルーターを借りるしかない。NTTがアホだから光...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ