FC2ブログ

記事一覧

新幹線と安全保障

本日ののぞみ225号の事件、単なる個人の焼身自殺であったとしても考えさせられる。私はこの欄で何度か、日本にテロ、ゲリコマ攻撃がなされるとすれば、『新幹線』は対象のひとつになるという予測を書いた。ハイジャックされる航空機と一般輸送手段の中間的な位置にあるからだ。各車両で火災を発生させられたら、目も当てられぬし、その他、様々な手段があろう。このような事件はオウムのサリンもそうだったが、一種のテロと考え...

続きを読む

プーチン大統領を国賓に

ウクライナ問題は案外、ロシアの主張が正しいかもしれない。クリミア半島は、19世紀半ばのクリミア戦闘でロシアが敗北したにも関わらずロシアであった。米国はいつも言うように歴史の理解が浅い。知らないのだ。自国の歴史が短い新興国であることも理由だ。だが、EUとロシアの確執は深い。ロシアは信用されてない。米国とロシアは冷戦時代からの対立がある。ロシアは格別中国と親しい関係とは思えない。つまりロシアは孤立してい...

続きを読む

熱中症一歩手前のゴルフ

昨日は梅雨の合間、曇時々晴れ、空気も乾燥し、気温もさほど高くなかった。条件は申し分なし。しかし身体がなまっていたのか、加齢で体力がなくなっていたのか?また家内に負けた。16番、パー5ではクラブを間違えた。ミッドアイアンともしかの場合にサンドを持ってボールに歩いていったが、ちょっとふらついた。良い当たりをしているのに、届かない。2回同じことをやった。サンドで打っていたのだ。あと2ホールだ。前がつかえ...

続きを読む

私が安保法で追及するなら第一次世界大戦だ

第一次世界大戦(1914-1917年)は直接日本には関係なかったが、日英同盟があり、大日本帝国は連合国として、独逸に参戦した。直接の戦闘は、青島攻略で、英軍(印度兵)と共同で中国に艦隊と陸軍、航空機を送り、激しい戦闘が行われた。さらに、地中海には特務艦隊、駆逐艦(今のイージスに比べると10分の1くらいの大きさだが)を6艦、送り独逸海軍のUボートと戦闘し、当然機雷処理も行った。戦死、戦病死も出て、その墓はマ...

続きを読む

ギリシャのデフォルトは確実

ふたつの大きな影響があるだろう。ひとつは欧州だ。EU,ユーロ、NATOなどへの影響だ。ソ連崩壊後、比較的に安定していた。その一角、ギリシャは全体の3%ほどの規模だから大きな影響があるとは思えないが、事実、堅い結束は崩れた。またユーロという統一貨幣の矛盾も明らかになった。もうひとつは世界への「連鎖」だ。麻生さんは「日本への影響は限定的」と発言したが、果たしてそれですむか? 中国、韓国などはどうか?とくに韓...

続きを読む

「日本を戦争する国にする」安保法案と言う論理は偽善

現国会で議論されている集団的自衛権に関わる法案に対しての反論で、主に共産党、社民党系と民主党が唱えている。「日本がまた海外に行き戦争をする国になる。」どういう具体的な事態を想定してか?現在の日本の社会や経済体制から、戦争することは必要なのであろうか?益はあるのか?「無い」と断言して良い。むしろ国家的には戦争や徴兵は不利である。ただし国際状況の急激な変化で、、日本は戦争に巻き込まれる恐れはある。その...

続きを読む

久しぶりにプロボクサー中村に会う

今日はゴルフの約束があるのに、昨日、ボクシングと水泳をしてしまった。背中が痛くて、ゴルフは良い成績はでないだろう。だが、日曜にはほとんど来ない、中村がやって来た。会社の話よりボクシングだ。ストレートを出して、如何に背中の筋肉を早く戻すか。若い女性に教えていた会長の背中をみて気がついた。手だけでない、身体全体の戻しなのだ。中村は強く撃ち過ぎると、戻りが遅くなるのですよ、と言った。ハワイ・マレー攻撃が...

続きを読む

何ものか「維新の会」と安保法規制

凶と出るか、吉とでるか。国会に独自の案を提示すると言う。開期の延長との筋書きなのか。維新の会の言い分は、現在の政府案より現実的かつ分かり易い。「集団的自衛権は同盟国が他国に攻撃されそれが我が国にも及ぶ恐れがあれば我が国も武力行使する」端的にはこういうことだからだ。自民、公明2党より3党の賛成決議が民主主義としては見かけは良い。だが党全体ではこんな意見ではなかったはずで、いずれ分裂する。独自要件とは...

続きを読む

白人の女性と日本の女性

今朝は丁度,5時にまたも時計に合わせたように目が覚めて、エドモント、カナダのなでしこVS豪州戦を観た。白人の女性は大きいし、力がある。豪州チームには原住民系はひとりしか出てなかった。グーグルで見たら、現地の気温は30℃だった。結果は後半40分ころ9回目のコーナーキックで日本が1点をとり勝った。なでしこは特別かもしれないが、肝っ玉が座っていた。普段と同じような連携プレーが崩れない。暑さにも負けず、スタミ...

続きを読む

年取ってミルクを飲む

僕が子供の頃は強いて牛乳は飲まなかった。高価であったのだろう。給食に脱脂粉乳と言う今ではない飲みものがあった。その正体は知らない。しかし家に牛乳やが毎朝、配達していたからまったく飲まなかった訳ではないだろう。記憶にあるのは、高校に入学した時から、母親が僕用の牛乳を追加して、朝、登校前に飲ませたことだ。困ったことに、しばらくして時々、腹が痛くなった。特に担任の社会科の先生の時間に。「俺の顔を見ると腹...

続きを読む

冷戦時代にもどれば戦略や兵器の統一は・・・

旧西側国とソ連圏だ。中国はソ連圏だった。旧西側がNATOを形成し、ソ連に絶えず抑止を働かせていたからソ連は崩壊し、マフィアは健全だが、ロシアは一応は民主国、人権が保障される国になった。周辺の抑圧されていたか、されていなかったかは知らないが、多くの国が独立し新しい体制になった。日本共産党が国会で質問していたことだが、何も分かってないなと言う感想のひとつが以下だ。「集団的自衛権はNATOの戦略と具体的には同じ...

続きを読む

銃砲店に行き、枕を購入

先週のライフル射撃、全弾黒だったが、また全弾左だった。朝はサッカーを2試合観た。特に独対仏は凄かった。その間に主治医に検身してもらった。血圧は良し、酒もあまり飲んでないなと言うことで、ハーフタイムで終わった。試合が終わったら、新しいお向かいさんが挨拶に来た。銃を手入れしていたので、迷彩シャツに手袋、ソルベントの臭い、うさんくさいと思われたかも。そして銃砲店に電話して行った。Aさんは一歩の差で他のお...

続きを読む

この二紙が沖縄を潰す

集団的自衛権安保法制国会。基地大反対の沖縄世論を導いている、「琉新」「沖タイ」の第五列メディアの問題、それをダイレクトに言う馬鹿がいて、報道の自由にまで議論は拡大しつつある。仕事柄、琉新、沖タイとも付き合いがあったが、なかみは駅売り新聞以下の水準ではなかったか。潰れて当然だし、広告を出しても、沖縄は購買力が小さい。(当然広告費は安いが)中央紙が現地印刷できれば・・・同じである。中央紙も第五列化して...

続きを読む

集団的自衛権のメリットは専門が活かせる

はなから理解しようとせずに細かいことを突く。これは国会の会期を延長しても無駄だ。岡田イオン氏のように「時間が来たらハイ可決でしょう」と言う態度は最低だ。硫黄島での機雷除去訓練の映像を見た。命がけの大変な作業だ。日本近海には第二次大戦中に投下された機雷が数多く存在してた。まだアクティブなものもある。戦後、海上自衛隊は7000個を処理したと言う。母艦と7艦の小型艦艇、ゴムボートそれに熟達した隊員がいる...

続きを読む

だんだん茶番でなくな、ってきた株主総会

会社の持ち主は株主だ。株主に主体性がある。しかし株主総会には個人株主でも来ない。すでに個人株主は15%を割った。大手株主はファンドでインターネットで承認を与えているのだろう。勿論一人か二人の担当はどこかにいるが。それにしてはにぎわった今年の株主総会は会計を国際基準に変えた。業務の国外割合が半分を越えた。デジタル部門が三分の一になった。と言う三つの分かり易い会社の方向性の説明があった。とにかく株価が...

続きを読む

やはり米国映画の正当派は奥が深い

本日、株主総会でケイスケ先輩に会った。「君は最近、劇場で映画見てないね」と言われた。その通りだった。昨夜は少し古いが見てなかった「ザ・ジャジ」と言う家族もの、法廷ドラマをDVDを借りて来て遅くまで見てた。射撃、水泳、そしてDVD映画で、今朝はようやく株主総会に間に合った。ロバート・ダウニーjr、ロバート・デュバルそしてビリー・ボブ・ソートンという3人の役者を揃えてた。都市で働くビジネス弁護士と、インディ...

続きを読む

3人の男の孫が徴兵に

耳をを疑った。常識も、キャリアもある人の言葉だ。集団的自衛権安保法制に関して日本に徴兵制が復活するというプロパガンダを信じていた。徴兵制はGDPを20%を減少させるが、経済学の常識であり、まともな先進国は徴兵制など忘れている。第一、有事が近くなり、人出を集めても、昭和19年の状況だ。無駄な訓練と反戦意識、出鱈目な知識を植えこんだだけだ。戦闘はプロでなければできない。特に近代戦においては、いかに少ない...

続きを読む

伝統的な射撃

なんでもありのスポーツは面白くない。またその場の雰囲気だ。今日は、大口径ライフルとトラップ、ライフルは50発、トラップは半端だが110枚撃った。どちらの射場でも来ている方が気持ちが良い。ライフル射場では、同じ区画に入った人たち二人が伝統的な立射と膝射をしていた。競技用ではなく狩猟用だが。画像は許可を得た。何よりも礼儀正しい。ここより東京に近いドティ県立射場など、比較にならぬ。田舎弁もない。...

続きを読む

日本人の軍事常識と安全保障法案

昨日、ヘアカットに行った。カットする人は中年女性で非常に常識のある人だ。しかし、「警察で充分じゃないの」と言うのが彼女の結論だ。ヘリやら海上保安庁には大きな艦艇もあるし。だが、私はオタクではないが、いろいろ自衛隊に研修させてもらった。自分もある程度やるが戦闘は出来ない。素人には無理だ。戦闘と言うのは違う概念。横三角形をしている考えればよい。右向きなら右が尖って、左が広くなければならない。一国で対処...

続きを読む

射撃場の燕

今朝は時計のように6時に起きて、いろいろ準備もあり、丁度9時にはライフル射場にいた。5座に3人がかわるがわる、おもちゃ的でない大口径ライフル銃を発射する。燕が手前の方向にくると、銃口からのガスで飛ばされる。だが、その轟音をものともせずに、ヒナに次々を餌を運んでいた。何でこんなところに巣をつくり、また何千キロも飛んで帰るのか?自然の不思議だ。その理由はひとつ、燕の天敵がここには来ないからだ。特に蛇。...

続きを読む

これで本当の自然エネルギーかよ・・

山を切り開いて、電力発電施設を建設中。道路の反対側から、かっては一面の緑、秋は紅葉。これが自然エネルギーであるならないほうがましと考えるのは私だけではなかった。ガソリンスタンドの若者も、何だあれば、照り返しがあるじゃないか、眩しいじゃないか。熱も森よりは出すだろう。まったく景色を壊したと。同感だ。見てくれがとても悪いものなのだ。まだまだこの程度ではなく、ずっと街のほうまで続く気配だ。風車も見てくれ...

続きを読む

米国の人種差別主義

恐らく米国である人種を差別する、と言うことは非常に難しい。南部にも多くの友人がいた。南部では公民権運動が起こり、1960年代まで黒人は差別されていた。法的に最大のものは、選挙権だったと言う。税金の支払い額(明治憲法のように)で選挙権が与えられなかったが、誤解してはいけないのは白人でも同じことだったのだ。何回か、南部には旅行した。この南部連合の旗は大好きだ。立派なベルトのバックルを持っている。見たと...

続きを読む

風評被害

原子力災害の風評被害は事故から4年以上経つがまだ続いたいるようだ。牧畜の盛んなこの地域も牧場は空だ。被害のなかった他の地域でもさまざまな不利を得ているそうだ。それで出荷前の牛は他の県に連れて行くとも聞いた。いずれにせよ、この地域のひとたちは牛肉はあまり食べない。育てていたら愛着がわくのだろう。{ベコはメンコイ」と言う言葉を良く聞く。...

続きを読む

「危険な仕事」の定義

恐らくそんなものは文章に書けるものではない。仕事は生活は、すべからく危険なものである。時間的にもそうだ。睡眠しておれば安全か。そんなことも言えない。危険な仕事は安全な仕事の反対であり、安全な仕事などないからだ。生活でも、一家4人が一瞬にして暴走族に衝突され全滅と言うのも予期せぬ危険である。まして自衛隊は闘うのが仕事である。危険な仕事だ。共産党ではあるまいし、現実を直視しろ。...

続きを読む

川鵜の岩

渓流の中にところどころこのように白ペンキを掛けたような大きめな岩がある。ここに川鵜が魚を取るために待機するのだ。観察していると、じっと動かず、しばらく息をひそめている。そして魚の気配を感じるのだろう、突然川に飛び込み、岩の下に入る。よく息がつづくと思うくらい、もぐっている。岩の下は大きな空洞になっており、そこが魚のすみかなのだ。口に魚を含んででてくる。白いのは鵜のフンだ。だが今の季節、樹木が生い茂...

続きを読む

南部連合の呪い

昨日、この尋問の様子はCNNで見た。勾留されている警察署から裁判所の判事のところまで連れて行く間が危ないのでこのようなビデオ尋問になったらしい。本人はほどんとしゃべらなかった。勾留されている間は安全だが、米国の恐ろしいところは映画じゃあるまいしと思うかもしれないが、移動の最中だ。この子は、誰かにマインドコントロールされたと考える。今や米国で、黒人を下にみる白人はいようがここまでやる気は若者にはないと...

続きを読む

「青門」の処置

田舎の我が家の門は「赤門」だ。赤門は直接住居の前に来る。一方「青門」は昔の道路が家の前を通っていた名残で、地面は掘り返せないほど固い。敷地の端にあり、鎖を掛けてある。農業、牧畜業をやっていた家だから重いものはここから出入りしたようだ。ところが新しい道路が完成して、東北電力が新しい電柱を断りもなしにこんな位置に立てたから、青門は戦車でも持ってこないと入れない。これをどう解決するか?道路工事事務所も頭...

続きを読む

踏切で待つのも何年ぶりか?

先日、買い物に出た時の風景だ。この単線は横の駅で待ち合わせする。いずれ、上下1時間に1本のダイヤだ。いままで踏み切りで待った記憶がない。買い物が終わり、帰りにも待った。つまり1時間後にまたこの踏切を通過したわけだ。主に学生が利用しているそうだ。この地方は方言が強い。まず最初は半分くらいしか分からない。だが、この電車に乗り合わせた人に以前聞いたが、高校生は標準語で話していたそうだ。だから東京に出ても方...

続きを読む

「田舎生活」の効用

マル一週間いた。テレビがないから、規則正しくなった。釣りは早いほうが良いと言うので、6時に起きた。もう4時から明るいから、それよりも早く行った時もあった。3か所くらい釣りに行く渓流はあれど、隣の名人のあとでは2-3日はすっかりいない。不思議なことに上流からか下流からか戻ってくる。魚には魚の場所があるのだ。名人は「あそこはよいべ」と言うと必ず良い。流れを見て大体いるところは分かる。名人がどうしても釣...

続きを読む

トヨタさんも外国人を見る目がないかなー

「オキシコドン」とはどのような薬なのか知らないが、日本では許されないと知っていて小包で送ったところがせこい。章雄社長が見込んで広報担当常務に選んだのだろうが、大失敗。章雄社長に限らず、日本人が雇う外国人はほとんどが駄目と言って良い。また国際的本社が日本に送り込む人たちも。「じゃお前はどうだったんだ。」と言われるとこれも赤面の限り。特に女性は難しかった。仕事は出来る、人柄が良いでは駄目なのだ。安倍さ...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ