FC2ブログ

記事一覧

先日放映のNHK歴史番組

本日、ブラスさんがDVDにやいたものを親切にも送って呉れた。昨日は昼と夜、会食だったので少しばてていたが、それでも昼に泳ぎに行った。疲れるのは距離よりもスピートだ。たらたらとゆっくり泳げば楽だが。番組のなかで、私が評価したのは木曽馬における槍武者の疾走だ。これは良く出来たと思う。甲冑はリメイク品でもある程度の重さがあるし。当らなかった鉄砲。本当は火縄銃でももう少し実力はある。...

続きを読む

スモールアームズデフェンス誌の十一年式機銃

ロスのHさんにお会いした時にいただいた。いろいろ面白い武器が出ているが、12ページに渡り、『十一年式軽機関銃』の特集を組んである。仕組み、当時の兵と写真、部品の図面、装具など素晴らしい内容でロバートGシーゲルと言う人の研究だ。装具で私がもっている弾薬の金属箱が教練用であるが、この中に仕切りのある実物の写真があす。1922年制定で、第一次大戦後、南部 麒一郎氏が小石川小銃製造所で開発した。日本のカラクリ...

続きを読む

アルファベットを使う愚、東京オリパラ

IOCはロゴには難しい団体だ。五輪マークの使用ひとつにしても。それにしても日本では誰がどこに発注し登録したのか知らないが、はなからアルファベット、わずか28文字しかないを意匠するのは愚かだ。世界で広く使われ絶対にどこかに似ているものがある。似ているが盗作とは思わない。私のイニシャルはナチスを思い起こさせるもので、契約など日本の訂正はイニシャルで行うが、相手によっては不快感を与える。これが面白くてやっ...

続きを読む

この猿はジャーナリストなのか?

未だにNTVかTBSか区別がつかぬ。日焼けサロンで焼いた小柄な猿面の男、これがキャスターだ。評論家とも言えぬジジイや女性、その他をテーブルに並べ、紙はぎ解説。日本人をますます愚かにする昼の番組だ。猿面の男でも秀吉の例もある。草履を温めて出身したのかもしれない。現在、日本の報道界は転換期にあるのかもしれない。私の若いころの広告会社の収入は80%が4媒体で、そのうち40%が各々新聞とテレビだった。今はテレビ...

続きを読む

調布小型機事故、風向風速は???

不思議だ。私が見落としているのか、それとも報道されないのか?航空機の離陸は風に向ってが原則だ。あの離陸の時の風向と速度はどうだった。都心では風はあまり感じてなかった。つまり無風。しかしあれだけ気温が上がると、コンクリート部分は空気が上に、国際基督教大学方面はゴルフ場もあり一面の緑だから温まり難く、下向風が。つまり、風は北から南だったのではないか?勿論、今まで私、素人が書いて来た原因は当たっているが...

続きを読む

甥と食事をした

年齢の離れた弟のさらに年がいってから生まれた一人息子だ。孫と言ってもおかしくないほど、年の離れた甥が米国で学校に行っている。9月から新しい学校に行く。夏に帰って来てようやく会えた。二人で昼を食べて、学校の話などを聞いた。何も忠告はしなかった。彼がしっかりしていたからだ。只、歴史は自分で勉強しろと言った。米国人は歴史が浅いから世界史なども何も知らない人が多い。ワーキングクラスの人と付き合い聞いてみろ...

続きを読む

こちらも覚悟があるから

昨日昼は米国時代の知人、H氏とのんびりと食べた。そのあとサロンでまた続きの話をした。10年ぶりだった。H氏の年に何カ月かは東京で過ごすので、これからは時々会い、話が出来る。「米国では放射能汚染に神経質」と言う話を聞いて意外だった。何らかの汚染は彼らの高度成長期、戦後に沢山あり、私の家の前ホストニック河も水銀だらけだったのに。米国は後から参戦し第一次、第二次世界大戦、戦中も戦後も経済的には楽だった。し...

続きを読む

番組の区別つかず

猿のような男と犬のような男(画像)の全くそっくりな番組がNTVとTBS系で昼にある。クラブで観ることがあるが区別がつかない。紙に小学校のように張り紙をしたそれをはがしながら説明する。これは報道なのか、製作なのかも区別がつかない。日本人をますます馬鹿にする良くない番組だ。日本人は自分が買った家の上をP3Cが飛ぶと言って訴訟をするかどうか、自分で判断がつかないようだ。P3Cは昔から飛んでいる。自国が海に囲まれた...

続きを読む

2020年東京オリパラの運営は民間人に

森さんや、肉やの大臣では駄目だと思う。このテーマを書くのは3回目だ。私はあくまでピーター・ユベロスのような民間人にやらせるべきだと思う。なぜなら政治家には「経営の心」がないからだ。オリパラは経営だ。経営とは高いところから広くみることだ。新国立競技場の愚かな決定、その後の建設界の推移、分析、判断することは森さんと子分では無理だ。このままだと日本はバラバラになる。ただし、西室さんは駄目だ。仕事が多すぎ...

続きを読む

大政奉還は鳥羽伏見戦闘の2カ月半まえ

日本は立憲君主の国であるが、武家の時代は幕府、征夷代将軍が政治を行っていた。慶應三年(1887)は時代の大きな変わり目だった。昨日のBS日テレさんとの話で私は鳥羽伏見の戦闘で、大政奉還がなされたとしたが私の間違いだった。大政奉還はその2カ月半前に行われていたが、徳川 慶喜は征夷代将軍職にあった。それを辞任したのは鳥羽伏見の戦闘の前だ。だから薩摩の陰謀、クーデターがなければその後の戦闘は無くても良かっ...

続きを読む

調布の墜落、結局は素人の私の推測通り

まだ報道されてないのは、航空機への搭乗者だ。どういう関係で大島に行く必然性がどの程度あったかだ。機長はビジネスを優先したに違いない。私なら、あんな日は飛ばない、と言うのは簡単だが。帰途、雷雲がでるかもしれないし。この緊急事態の訓練、試験は一番重要で、飛び立って直ぐ、教官がスロットルを戻す、パニックになってはいけない。機首を下げる、前方を良く見る、あそこに不時着します、と言う、そこで教官がまたエンジ...

続きを読む

『陸上自衛隊』の名称を使うなとBS日テレ

たかが「近藤 勇」の番組で、下請けのまた下請けが製作している。先日の撮影にスタップが遅れ、射場へのチェックインに立ち会わず、しかも事然打ち合わせをしてなかったので、本日家まで来た。lこれは良心的。自分もこの手の仕事をしていたのでプロセスは理解はしている。成るべく親切に、幾らも収入のない、言わば奴隷労働をしているスタッフには接し、説明したいとの思いだ。説明は、火縄銃に対して「西洋銃」と言うタイトルを...

続きを読む

ランチェスター理論と日米同盟

数量の差は絶対に勝てない。ランチェスターが20世紀初頭に小銃の数と戦闘に関して立てて理論で、幾つなの計算式がある。先日、設楽が原に言った際に思いだした。その時に防衛大出身の人が参加してなくて詳しくは聞けなかったが、織田・徳川連合軍は武田軍の3倍の数おり、小銃の数も同じようなものであったら、、先日のNHKBSの風雲歴史なんたらの番組は「ランチェスター理論」で簡単に結論の出る話だ。これをブラットレー・フィ...

続きを読む

弓矢で鎧を射ぬくの記事を書く

『日本の武器兵器』の研究も時代は長いし、奥は深い。おそらく日本人がまだ知らない分野は広い。それで間抜けた歴史番組や記事がそして小説やドラマが日本人の歴史感を形成している。HP、www.日本の武器兵器.jpの「弓矢」の項に先週、実施した弓矢(弓の強さ20kg)に実物の鏃を付けての征矢で射た実験の記事を書いた。射手から距離的にはどのくらい飛ぶのだろう?という課題が出されたが、どのように、どこで射る、考えること...

続きを読む

安倍首相は戦後70年談話をすべきでない

今年は「70年」と言う節目であることに間違いないが、69年でも71年でも日本の平和主義は変わらない。もし談話を発表すると、日本国民には現実だが、聞きたくないことを言うことになる。例えば現在の憲法だ。朝鮮戦争が始まり、冷戦期になった時点で「第九条」は反故になっていたのが現実だ。でも国民はそんなことに耳を貸したくない。では60数年間どう処理してきたか?普通なら「アマンダメント」、修正、補正をいう処置を...

続きを読む

調布小型機の墜落の背景

サッカー場でサッカーに興じている少年たちの上を飛んできた機体は速度が出てない。エンジントラブルであったことは確かだろうが、他にもそれを融発する幾つかの背景があったのではないか。まずは気温だ。気温が高いと空気が希薄になり、揚力の力が弱い。同時にエンジンは出力が出ない。湿度も大きな要素。タンクに水がたまる。水抜きはかなりしっかりやれねば。追い風ではなかったか?北から少しでも風が吹いていたなら、あそこの...

続きを読む

安保法案理解は進んだか

国民全般の理解は進んでないと思う。「一発喰らわなければ無理」と言うのがこのコメントでも圧倒的だ。でもこの時代、多様なミサイルを持つ北が日本に一発喰らわしたら、何十万の犠牲が出る。それでも良いか、良い訳がないが、太平洋戦争終結がまさしくそれだった。2発喰らってようやく目が覚めた。貴重な犠牲だった。現在、私たちがあるのも太平洋戦争で犠牲となった民間人、軍人350万人のおかげだ。国民が国家の危機を理解し...

続きを読む

こんな大きな的になぜ当たらない

この甲冑武者の人像的は、搬入していたのを実際に観たが、人像的としてはかなり大きなものだった。名射手が50m、100mで実験したが、成績は良くなかった。完全な非のない構え。ひとりはおかしな構えだ。銃床は身体のどこに当たっていたのだろう。...

続きを読む

航空機、絶対絶命のとき

小型機でも大型機でも民航機でも軍用機でも同じだ。離陸直後のエンジントラブル。原則は十分な高度がない限り滑走路に引き返さない。直進して降りる場所を必死で探す。しかし小型機でも安全に下りれるところはほとんどない。ゴルフ場くらいだ。[軽飛行機とは言わない、「小型航空機」、多分セスナ172より大きな機体だろう本日のように気温が高く、風が無い日は特に注意だ。加重量は厳禁だ。離陸したら、車輪を格納し、少し回転...

続きを読む

防衛省の盆踊りに行く

防衛省で「盆踊り」が行われているのをご存知だろうか?本庁前の外国高官の閲兵などを行う広場にやぐらを組み、隊ごとの踊りを披露する。太鼓が素晴らしい。上手を通り越している。港区防衛親交会と市ヶ谷の会は招待される。会費は払う。でもなかなかしゃれた盆踊りだ。とにかく暑かった。本庁の日陰に入り、日が落ちて、風が少し吹き、ようやく一息。ビールがうまかった。防衛省職員と地元の人間との交流のためにやる。港区は同じ...

続きを読む

岩手県の教師こそ自殺を・・・

あれだけ具体的に記してあった連絡張。こういうことを防ぐためにあったのではないか。裏をとる。他の生徒の意見を聞く。自分の目で確かめる。そういう具体的な行動を起こさず、教室の空気も読めず、この悲劇を起こし、どう考えているのだろう。岩手県教育委員会に聞きたい。左翼集団だろうが。ご自分が自殺する。もしくは刑事罰を受ける。どういうことで追訴するか難しいが。それが解決策だと思い、怒っているのは私だけか?彼らに...

続きを読む

民間人をトップにしろ2020東京オリパラ

先日、ロスオリのピーター・ユベロス氏のことを書いたがまったく反響はない。忘れてしまったのか。政治家や官僚にはできないのが、経営だ。オリパラは経営だ。ぜひ、安倍さんには民間人を、ユベロス氏のような、立場の人を見つけて欲しい。勿論国際的なセンスがなければならない。肉屋さんの大臣はこの際退いて貰う。でないと2020東京オリパラは失敗に終わり、国民は多額の借金を抱える。真剣に考えて欲しい。...

続きを読む

鉄砲鑑札や高札

私が収集したものは博物館に入れても良い価値があると思う。ただし、普通の学芸員にはその背景が分からないだろう。日本は兵農分離を行うため、秀吉の時代、16世紀から現在まで一般市民が武器を持つことを禁じているのだ。銃砲所持許可を得るのは大変だ。なぜか?国の安全を守るのは国の役目であり、一国民の義務ではないからだ。明治になっての富国強兵とは矛盾するが、徴兵制は国家の制度だったからだ。しかし何度も書くが徴兵...

続きを読む

米国大統領選まで実質一年間

日本と米国の2大政党との関係は、歴史的にみて民主党(現在)より共和党時代の方がはるかに良いと、渡邊先生以外の外交評論家は言う。オバマ大統領は民主党で、白人以外の大統領としては私は20年間早かったといつも書く。女性はどうか?米国のように女性の方が男性よりアドバンテッジを持っている国でも、まだ10年早い。しかも、クリントン女史はメール問題の背後には、機密が漏れ、リビアの米国大使がテロに殺されたと言う、...

続きを読む

歴史番組、心配になりディレクターに電話を

月曜の撮影。昨日、このシリーズの番組を観たら、想像していたものと全然違う。現物実証主義なのだ。それにしては、当日、私は手を抜いた。だから「あの撮影は忘れてくれ。撮影に掛かった費用は私が払うが使わないでと」前代未聞のお願いだ。放映は8月6日金曜日。日光東照宮の宮司、エイさんにやり直させたらどうかと。なぜなら私は番組内容、背景の説明を受けないままに、日本銃砲史学会からやれと言うことで、火縄銃とミニエ式...

続きを読む

『女性はもっと活躍できる』岩田喜美枝さんのお話

街をあるいていると、黒いリクルートスーツの女子学生を大勢目にする。男子と同じかそれ以上だ。試験の成績は私の経験でも女子が高い。英語も出来る。だから調整しないと女子ばかりが合格してしまう。ここが始まりで、女性は出産、子育てでビジネス生活をまっとうしてなかった。それを男性と同じように効率的に働いて貰うその方策を考え、施行している方だ。日本の女性の社会進出は遅れている。全ての数字が韓国並みに低いとと気に...

続きを読む

「ソユーズ」の信頼性

人類の宇宙開発は次のステップに入ったと思う。米国、露国、加、EUそして日本の国際ステーションは、成果らしい成果はないと言われているが宇宙に継続して人間が生活することが何年も続き、本来の目的、そこからまた次の目的地に行く基地としての機能を備えて行くだろう。昨日の油井飛行士は若狭飛行士とはまた違うキャラクターで日本には多様な宇宙飛行士が出て来た。昨日のソユーズは太陽パネルが2枚のうち1枚が出なかった。ソ...

続きを読む

ピーター・ユベロスを探して東京オリパラを

昨日、森 喜郎、そして肉やの大臣、アクマ君などの東京オリパラの予算の話を聞いていた。一言で言うと全員に「効率意識」がない。縄張り意識だけだ。1984年、ロサンゼルスオリンピックの場合もそうだった。一旅行代理店社長、ピーター・ユベロス氏が責任者になり、この問題と解決して、利益まで出した。住民は大喜びだ。今回も東京オリパラを「経営」出来る人間が必要だ。安倍首相が任命すべきだ。人格高潔、若く、指導力あり...

続きを読む

勝手に立てられるのか他人の門前に電柱を 東北電力

当家には「赤門」と「青門」がある。先日の大雨で感じてが、裏の「青門」、も必要だ。昔の道路だったので、地盤が固く、庭をぐじゃぐじゃにせずに出れたはずだ。あの土砂降りではやはり強力なワイパーの車でないと出かけられない。道路をかさ上げしたので、青門は何らかの処置をしなければならないが、道路建設事務所は一段落したところで、と約束してくれている。ところが東北電力が青門の門前に新道路が出来る前から新しい電柱を...

続きを読む

オリンピック建設費の愚

2020年の東京オリパラ大会に関してやることは多い。メインスタジアムの建設費用だけでなく、他の費用も全部、甘かったと「ひるおび」の小僧が威張って言っていた。ひとつには東京オリパラは住民の賛成が少なかったから、安く公表していたのだろう。もうひとつ大きな理由は、アベノミクスで建築ブーム、それも大規模な開発が東京の各地で進行中だ。だから入札で儲からない仕事をするゼネコンはいないと言っても良いだろう。「ひ...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ