FC2ブログ

記事一覧

鎧の鎖の焼き入れ

先日の銃砲史学会で産業史学会関係の人から質問がでた。この鎖は一つ一つの輪を組みわせてある。焼きが入っていては、曲がらない。しかしかえって、焼きのない鎖の方が切られたら絡むのではないか?大山家の当世具足、完全品だ。...

続きを読む

もの凄い土砂崩れに驚く

射場で皆が話題にしていたのは、先先週の大雨の災害のことだ。栃木市もこの山のあたりは水はつからなかったが、射場のバックは半分は岩で、残りは岩盤の上の土だった。こんなありさまだ。トラックで運びだすとすれば、数十台では済まない。どう処理するか。スキート射場が一番近いので比較的不幸中の幸いだった。このような被害は見ないと現状は分からない。...

続きを読む

ライフルスコープの調整

夏前に、このスコープは狂っていると担当者にねじ込んだ。「打ち過ぎだよ」と言われたが、一応、いろんな道具で調整してくれた。夏も過ぎ、今朝、ライフル弾30発を持ち行った。100mの距離で、6倍と12倍で撃ち分けた。この距離だと6倍がはるかに良い。これは6倍で5発のグルーピング。スポープの調整は完ぺきになっていた。10点を狙って行って良い。日本軍の狙撃銃は2.5倍と4倍だ。私は4倍くらいで良いと思うが、...

続きを読む

中国大好きオジサンいい加減にしろ

しきりに入る広告だ。中国への投資の代理会社。今さら中国に投資するところがあるのであろうか。中国が異様に好きと言うひとは10人に一人、二人はいる。そういう連中を騙そうとしているのだろう。困ったことだ。中国は破滅すると言われているが破滅されると日本も抜き差しならぬ投資をしているから困る。しかし新たに投資をするのは反対だ。広告に書いてあることは全部嘘。...

続きを読む

殺人事件が多くないか最近の日本社会

現職警官が強殺をやってしまったくらいだから、私の予測では昨年までの倍近い殺人事件が今年は発生していると推定する。特に、男女関係、幼児や年少者。手段は刃モノがほとんどだ。自然災害と何か関係があるのか、それとも単なる時勢か。テレビ番組を見ていても、マディアは一単位で事件を捉えるが、統計学的にまたその背景をきっちり分析してないし、当局の発表もない。犯人の背景を詳しく分析し、経過を明らかにする必要があろう...

続きを読む

ボクシングクラブの祝賀会

昨夜、東京五輪の追加種目が出た。私のアイデアは「相撲」だ。相撲は意外に中央アジア、東欧州に似た種目がある。まさに日本の国技(モンゴル人に圧倒されてるが)相撲が適当だ。近くのホテルでボクシングジムの15周年記念と諏訪の東洋チャンピオン獲得の祝賀会が行われた。数十名が参加したが、一般の練習生はいなかった。有名人がいた。「ボックス」の百田 尚樹氏、外交評論の岡本 行夫氏、ふたりともボクシングをやる。窓の外...

続きを読む

難民問題はEUの命取り

私自身、難民であった。両親より幼いころ、その苦労は随分聞かされた。日本人が日本に戻って来たのだから、各地で、ものも余裕もない時代にもかかわらず、親切を受けたと。もうお礼の言いようもないが。今回のシリアを中心とした欧州への難民問題は深刻だ。まず欧州内部に亀裂が入った。EUの良い点を逆手に取られた。国連を始め、米国などの支援が少ない。難民の内容が複雑である。テロリストもいるだろう。家族連れを見ていると「...

続きを読む

中国人を歓迎する必要はあるか?

中国人観光客が商品を沢山買うので、右も左も経済に貢献していると大歓迎だ。札幌でコンビニ店員が、店内で商品を食べた中国人女を注意したら殴られた。まあ、この事実ひとつでも○引きなども多いかもしれない。日本を理解してもらうには良い機会だろうが、舐められてはこまる。ホテルや観光地悪いマナーも近頃ようやくメディアが報道しはじめた。悪気はない。本国の習慣のままだと言っていたが。日本人も数十年前、同行者(故人ラ...

続きを読む

米国は二極化するか?

歴史的に米国は二大政党、その政策は近いものだった。それに大統領と議会の権限のすみわけ。そんなシステムで比較的安定した政治機構を保持してきた。しかし、オバマ大統領の出現から、下院議会と大統領の腸ねん転、海外からの引き上げ、リーマンショックの経済の停滞、恐らく世界で一番規模的には衰退した国のひとつとなった。中国にもサイバーなどで強い姿勢をとってはいるが、恐らく実行力はない。そんな中の来年の大統領選、ま...

続きを読む

この銃砲店は偉い

結局、本日の競技会に参加したのは、トラップ30名、スキート15名hどいたのではないか。公式ルールに従い、効率よく運営した。難しい設定であった。(クレーのスピートが早いのだ)良い点は出なかったが。全員のスコアを書き出し、最後に2人のよる決勝戦を行った。とても疲れていた。主催者側の人たちには申し訳ないが、表彰式の前に帰った。鎮痛剤のせいだろう。これは危険なクスリだ。ほとんど、居眠り寸前で家に戻りシャワ...

続きを読む

人気のない鏃(やじり)がこのようになると良いと

先日の実験で使用した柳葉型の例だ。鎧に当たって、跳ね返った。鎧を貫通したのはもっと太い重い鏃だった。用途が違うのであろう。鏃の刃は健全だが、中茎(なかご)が曲がっている。鉄の質が違うのだろう。中茎は焼きが入ってないから柔らかく、折れずに曲がる。刃は先が少し潰れただけで健全だ。(これが素人が研いだものでやや見劣りするが)日本の武器兵器は細かいところの研究がまだ済んでない。明治維新と共に古いものを突然...

続きを読む

狩猟期間前の練習を兼ねて

先週の連休中に行ったクレー射撃で、右肩を痛めた。昨日、レントゲンを撮ってもらったら、やはり骨が3年ほど前と違う。こぶのようなものが大きくなっている。注射を打ってもらい、今朝は楽だ。1週間はかかるそうだ。本日はまた別のプライベートな競技会があり、これから出発する。100枚、160発くらいは撃つだろう。事故無く、無事に帰ってくるがなにより。...

続きを読む

この木を伐採してもらいたい

およそ、20年ほど前私が区に頼んで、この三分の二ほとのサイズのときに予算を取って貰った。ところが近所の一人が反対した。酔って私に抗議の電話、区の担当部署にもねじ込んであばれたそうだ。残念だった。1カ月ほど前にこの道の奥の方の住民が倒れた。救急車が入らなかった。樹木が傾いているので上が使えた。寺も困る、そのうち霊柩車が入らなくなる。反対した老人は、毎日寺にお参りしているがなにを祈っているのか?救急車...

続きを読む

話にならぬ危機意識

昨日、クラブのマネージャーと会って話した。彼は恐らく日本語も喋るだろう。叩き上げだ。女房も日本人と思う。年齢は不詳だ。長年、ニューヨークでいろいろな人と会い、ビジネスして、またにとして採用したりした経験では、Aクラス人間かは疑問だ。恐らく本国では職はない。日本人は外国人を甘やかす天才だかスポイルされている。それはそれは本国は厳しい国だ。さて、車の火災に関して、なぜ私の質問に返事をよこさなかったかを...

続きを読む

安倍さんの三本矢論は古い

昨夜の記者会見を見た。まずは安保法案反対の感情論を批判した。一国首相としては珍しいことだが、国会前で演説した、某テレビタレントと称する俗物どもに対して、私見だがこの発言を支持する。「新三本の矢」論を唱えたが、「旧三本の矢」が成就してない。(大体弓矢は日本の武器兵器のなかでも人気のないアイテムだし)特に景気対策だ。投資が増えてない。デフレ脱却も完全でない。(輸入ガソリンと天候不順のための野菜を入れて...

続きを読む

中国と先進国は大丈夫だが・・・日経幹部の話

日本経済新聞の実氏の話を聞いた。内容は、1、新たな不安抱えた世界経済中国が牽引していたが、主役は米国に交代した。中国に依存してきた新興国は成長鈍化する。中国は相当悪い状態だが、何とか財政出動で乗り切るだろう。2、不安化する欧米の政治と経済これは大きな問題で、明確に彼は述べなかったが、難民問題など国家間の対立とネオナチのような移民排斥派の台頭だ。米国も大統領戦にかけて極論がまかりとおり二極化しそうだ...

続きを読む

鏃(やじり)の研ぎ

日本の鏃は種類が多い。鏃の茎(なかご)矢の中に入っているのも、日本の弓矢の特徴だ。西洋のは矢にかぶさっている。原始的なものも同じだ。鏃は元は刀の刃のように焼きがはいり白ひかりしていたはずだ。小さいから自分で研いでみようという試みをしたものを良く見るが、まず駄目だ。昔、故人だが近所の刀研ぎが「鏃も研ぎます」と言ったが、やはり専門家にまかさねば価値は落ちる。せいぜい、剃刀で大きな錆びを落とすだけだ。自...

続きを読む

神奈川県に狩猟登録を申し込んだ

ずっと福島でワナ猟と銃猟を登録していた。今も猪は跋扈している。だが2年前に他のふたりと一頭倒しただけだ。気候変動でこの2年間雪が多く、車では入れない。地区の申し込み遅れたので自分で都猟友会に行って来た。その前に地区の会長さんの家に行き、必要書類を揃えて貰った。そのままアキバの事務所へ。新しいビルになっていた。エス銃砲店がその地区のをまとめてもって来たいた。何も書類のミスもなく、簡単に済んだ。帰りに地...

続きを読む

3-4日前の車の火災

一度掲載したが一時間もしないうちに削除の要請があった。場所はクラブとしか、○国大使館の車で、こういう時はまずはテロと疑えというのが私の主旨の記事だった。だからクラブはそんな短い時間で、だれもこのブログに接したとは思えない。クラブの名前は出してない。○国大使館の情報だと感じた。削除の理由は「特定会員と分かる人間がいる、当人の許可失くして写真を取ってはいけない」と言うことだそうだ。本人には私が火事があっ...

続きを読む

フォルクスワーゲンはヒトラーの自慢

ヒトラーのナチス政権はオートバーンの建設とフォルクスワーゲンの開発で、ドイツにモータリゼーションを起こさせた。一方ゲーリングは航空機の発想からBMWを。今見ている、BSプレミアムの第二次世界大戦前の英国の刑事ドラマ、車と女性の運転手が軍から刑事与えられる。一方、日本は、自動車、電話などの復旧率は著しく低かった。それでも欧米以外の国のなかではよい部類だったかもしれない。刑事の息子は来るべくドイツ空軍の爆...

続きを読む

今日を乗り切るが山

朝からあちこちに電話した。区役所は道路の樹木の伐採のことだ。20年前、私が区に書面を書いて、お願いし、60万円の予算がついた。しかし、近所の年寄り2人が大反対し、ジジイは酔ってねじ込んできた。私は「あの程度の樹木は山にいけば沢山ありますよ」と言ったのが気にいらないと。樹木が大きくなるのは早い。先日、奥の小学校時代の友人の大工の奥さんが倒れたが、救急車がその樹木につかえ、入れなかった。それでまた再燃...

続きを読む

朝鮮半島有事の想定

韓国は北の核施設、長距離弾道弾施設攻撃への特殊部隊の設立を決定し、準備中だと報道された、だが本気か、実行力はあるのか。北は北、何を考え何をしているかは不明だ。しかしこれから5年以内に何らかの形で朝鮮半島、、世界でもつとも長い期間、分裂国家であったは統合すると予測する。どんなかたちであろうともだ。北がやるなら、それこそ特殊部隊でソウルを一瞬にして制圧し、人質をとる。韓国には北のシンパがすでに大勢入り...

続きを読む

ダンさんと昼飯

本日は一眼レフカメラを修理にだすつもりだった。昼のダンさんとの食事の約束の前に泳いだ。ダンさんの昼食食事の時に、カメラを見せた。ダンさんはメーカー一筋に来た人で、今は米国籍だが日本の大学でも教えているし、中国にも良く行く。一種の中国大好きオジサンだ。メーカーは違えど、彼は故障と言うことより、使い方が悪いと言う発想で見る。食事のあと家に寄って行ったが、問題は解決してくれた。しかし設定がおかしくなって...

続きを読む

今度は日本車要注意

今回のフォルクスワーゲンの米国での問題には驚いた。ドイツのメーカーが検査の時だけ、排ガス量を減少させるソフトを搭載したことで、2.2兆円と言う厖大な額のペナルティを取られると。確か、プラザ合意のあと、日本車が為替の問題でどっと米国に入り、それで大騒ぎになった。デトロイトで暴動まで起こった。しかし米国自動車メーカーは高い燃費の車を作り続けて、欧州・日本のメーカーにやられた。1975年ロサンゼルスにいた...

続きを読む

来年の参院選挙

政治家と話をしていると、この話題ばかりになった。休み明けにまだ残っている重要法案はどうなのか?集団的自衛権と安保法制問題での課題は私が思うにはまた多くの人たちも同意見だが、日本人は概して、国際情勢、現在進行中の状況などに無関心な人たちが多い。法案が通ってしまたから現在は良いでは困る。まずは国民全体が不勉強だと感じている。選挙で勝つ必要条件は「名前が知られている」が大きいので、政治とは関係のない人た...

続きを読む

成田射場の名物銃

射場の食堂は良心的だと評判だ。価格は安い、量はある、味は普通より良い。今日のような時はどうしても一ラウンドから次のラウンドまで時間がある。それで皆昼食を摂る。その食堂にこのような昔と言っても戦前、鴨撃ちに使われていた大鉄砲がある。大砲のような散弾銃で、船の先につけ、鴨の群れに撃つのだ。犬はいらない。船で回りながら回収する。一日一発か二発。鴨も寄って来ない。このあたりは沼が多く、また東京湾でも大鉄砲...

続きを読む

本日は久しぶりにクレーの大会に行った

成田射場は苦手だ。近いのに1年に1回行けば良い。田舎だのに車が多いのだ。本日の会は東京都の4区の合同研修会で、なかなか良い点を注意して呉れた。排莢の際、銃口をあまり下に向けるのも嫌だし、銃が大体、新しいので堅い。それで、撃ち殻を箱のなかに落としてやれと言う行為は危険だと。万が一がある。折ってしまえば発射されることはないが、実包が1発残っている時は何かの拍子と言うことがある。女性の参加者も多かった。天...

続きを読む

連休の中日というか曜日が分からぬ

この連休は夜中に目が覚めては、先祖のことを調べている。和歌山県田辺市に南方 熊楠(みなみかた くまぐす)の顕彰館がありそこのリストを見ていたら、あった。南方に奈良県の昔は私の苗字がついた村があった。隣は柳生だ。「柳生六百年史」をまとめた人が南方に送った我が先祖の記録だ。筒井 順慶に滅ぼされたが、同じ苗字 名前の人間が柳生と熊野(南方が歩きまわった)にいた。それでその理由を南方が尋ねたら、大層丁寧に...

続きを読む

こんなに立派になった弓矢箱

『弓矢』と言うのは日本の際立ったひとつの文化であると思う。先日の箱の中には2張りの弓、各11本づつは入る矢箱が2つ、つまり2セットの弓矢が収まり、全体に袋を被せ、お付きが運搬した。肩に掛ける柄、手で握る柄、が付いており、行列などではさらに幾つかのセットが並べられた。大山家の美しい、磨けばもっと美しいだとうが家紋が入っている。ほとんどこういうものは大きな資料館、博物館でも見ない。弓を射る人もあまり知ら...

続きを読む

猛犬に13発は妥当

現在、警察官が携帯している拳銃はたしか口径.38(9mm)の小型拳銃で更に携帯をし易くするために輪胴は5発。また弾丸は被装甲(フルメタルジャケット)で警察のどこかの部署で弱装に再装填されていると聞いた。元来、人間を殺すためのものではなく、倒すだけの弱装弾だ。例えば猪、熊などを倒す大口径ライフル銃(口径7mm)程度でも薬莢が格段に大きい、そしてホローポイントと言われる命中すると大きな被害を与える仕組...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ