FC2ブログ

記事一覧

子供を置いて行く・・・

子供のころ、良くやられた。ただし、北海道のような山の中でなく、東京、銀座か渋谷だ。店の面白いものを見ていると時間が経つ。親は祖母は次に行きたいから、「置いて行くよ」と脅し、そのまま行ってしまう。平気の平左だ。そのあたりは良く知っているし、今のような変な誘拐犯もいない。そのまま家にも電車で帰れる。そんな具合だった。しかし今回の北海道の置き去りは、何か変だ。少年がやけくそになり、道と反対の山の中にどん...

続きを読む

織り込んでいたはずだが、消費税、選挙

今日、大体、決まった。消費税増税の延期、安倍首相はG7をうまく使って「決定」を内外に意識付けた。日本の景気はけして良くない。財政政策は、熊本をはじめ、東日本、幾らでもやらなければならない理由はあろう。そしてメディアは政府首脳を二分するとしているが同日選挙はなし、と言うことも。安倍政権の支持率はG7とオバマ広島で高い。しかしこんなものは「選挙」と言う「化け物」には関係ないことは、現在米国でも「のたうち回...

続きを読む

「おぼっちゃまくん」と兄弟

昨日は弟の誕生祝と言うことで彼らの家に行った。しばらく会ってなかったのでその成長ぶりに驚いたが。大分前、娘は嫌がったが私が彼らに小林よしのり作「おぼっちゃまくん」を2巻与えた。「おぼっちゃまくん」は私の息子が1980年代後半に好んでいた、下品な言葉が多い、荒唐無稽な漫画だ。復刻版なので文字が小さいのが気になったが。彼らの愛読書だそうだ。ボロボロになっていた。これほどまでに読んでくれたのかと感激した...

続きを読む

映画は順調に見ているが・・・

先週はTBS映画の「ロクヨン」を見た。以前、同じ原作者、横山 秀夫の「半落ち」も観たが、何を言おうとしているのかすっきりしない作品だったと記憶している。この話は、短かった平成元年に起きた誘拐事件、時効前が設定であり、小説、ドラマなどで承知の筋だ。映画を上下と分けて、後編は来月の公開だ。これが期待を裏切らなければ、役者や設定、撮影などの製作は合格点だ。「足利事件」などの設定、東京の北部、長野、山梨、群...

続きを読む

昨夜のデビュー

人生、大体、やりたいことはやった。あとは音楽くらいかと、考えて、歌(先生はヤマミチ)、アコステックギターを練習してきた。昨夜はいつものライブがあり、デビューした。しかし、なかなか人前で歌うのは難しいものだ。ヤマミチは「一応デビューはした」と、ヒロシさんは「大体練習の6割くらいしか歌えないよ」と言ってくれたが。これにめげる俺ではない。次の目標に向かい頑張るぞと言うのが決意だが、集められたサクラには迷...

続きを読む

やってくれた大韓航空機

昨日は日本の今年一番大切な日、関係者はぴりぴりしていたはずだ。た昼の大韓航空機のトリプルセブンのエンジン事故、もうあと30秒くらい対処が遅れたら、大変なことになっていた。3分間なら東京の真ん中に落ちたかもしれない。原因は90%整備不良だろう。エンジン部品が振動で落ちたのだろう。管制塔が異常を発見して停止させたそうだ。それで400便もの欠航が出て、広島に行く人が行かれず、平和公園は空席が目立った。オバマ...

続きを読む

オバマさんは「メモリアルディー」に広島に

米国では5月末の「メモリアルデイ」は「ベテランズディ」と並び、過去の戦争で犠牲となった人々をはじめ退役軍人を称えるナショナルホリディで各地で様々な行事が行われる。僕も20年ほど前は、バンザイシュートアウトや、バッキーの紹介で海兵の射撃大会などに出た。そのころでも米国人、しかも軍人あがりの人々は日本人に対し、昨日のオバマさんのスピーチではないが、完全に同盟国人で、かっての敵であったと言う感じはとらなか...

続きを読む

日本の構造改革

G7サミットでは、安倍総理が現在の世界経済はリーマンショック直前の状況であり危険水域にある。対策は財政出動、金融政策と構造改革と言うことで一致したと言う。この中で構造改革はドイツのメルケルさんが主張していた策であるが、果たして現実的は何かを刺すのであろうか。もともとはマルクス経済学の言葉で社会主義経済が計画を立てるに、ひとつひとつの策を変えて行く、こういう意味だった。日本で近いのは国有経営の組織を民...

続きを読む

韓国は「旭日旗」をなぜ嫌う

いわゆる日本帝国統治35年間に、旭日旗が韓国人に与えた被害と言う具体的な研究があれば教えて欲しい。旭日旗は現在海自が艦艇の後部に掲げているものは江戸期の海軍、大日本帝国海軍時代からの伝統であり、自衛隊発足時にもし米軍が「使うな、日本帝国を想像する」と言えば使えなかっただろう。しかし米軍は認めたというとおかしいが何も言わなかった。米軍は帝国海軍の鎮守府をそのまま使い、横須賀の司令部には帝国海軍司令官...

続きを読む

広島のオバマ大統領

私はオバマ大統領が広島を訪問してのテレビ中継を見るつもりだ。彼の「核兵器廃絶」の信念は確固たるものだと信じている。スピーチの内容にも関心がある。また市長などがしつこく望んでいる被爆者との対話。これも恐らく何らかの彼流のやりかたで、接触するだろう。彼は上手だ。謝罪はしない、と言っているし、被爆者の多くも調査では謝罪は求めてない。日本人らしく良いことだと思う。言葉は何かを具現化するものとはこの際思わな...

続きを読む

空砲を実包と間違えるか

自動式の小火器、や機関銃は発射のガス圧や反動を利用して排莢、次弾の装填を行うので、空砲でも力が必要だ。NATO弾空砲は、弾丸が付いてないだけで、先に小さな穴が空いている。火薬は相当入っているので、その小さな穴から炸裂したガスが出るときに、自動銃の機能が働くように調整してある。空砲でも相当な威力があり、オリバーストーンの映画「プラトーン」のなかで空砲で教官を殺すシーンがあったし、実際、自殺などもする。今...

続きを読む

台湾を「国家」と認定するとの方向性

G7で、突然に宣言はできないだろうが、こういう方向性で行きたいくらいは言ったらどうなるか。勿論なんの制約もないコメントだ。「中国は激怒するだろう。」しかし中国は立憲国でないし、南シナ海で行っていることは、それ以上の現実である。そして清国以前より統治はない。ただ人間が移転してきただけだ。私は長期的に機が熟せば台湾が独立してもらうのだ自然であると思う。誰が国連の理事国を中国に変更したのだろう。国民党が消...

続きを読む

G7サミットの課題は

安倍総理の「仕切り力」だろう。案外、各国ともしつこく、激しい議論をしてこない、これがサミットだと考えるが、私は今回は世界経済の問題を含め、重要な会議になると思う。世界経済の方向性が、財政出動に向かうと、少なくとも日本の株価は動く。今のままではとても成長は望めない。日本がカードをかなりもっている。消費税もその一つだ。まだ日本の消費税は各国に比べ低いが、10%が延期となると、世界経済にはたいした影響は...

続きを読む

オリンピック招致の裏金

竹田の宮が2-3億円の契約書にサインしてあったとか騒いだいるが、実際には一ケタ大きな金が2020オリンピックを東京に招致するには必要であったと推察する。2-3億円は多分、アフリカ対策用ではないか。土人の会社に土人対策をやらせたのだ。一国一票500万円くらいで済む。あとは抜いているのだ。ではその金はどこが作ったか。これは招致委員会から、スポンサー、電通がまとめ、国税に引っかからないよう高橋 治之など日本側の黒...

続きを読む

捕虜さんも広島に

太平洋戦争初期に日本軍の俘虜になった連合軍将兵は35万人。そのうち欧米人は15万人。戦争途中でアジア各地から日本に労働力として送られた。その数は5万人。しかし11000人が彼ら自軍の攻撃で海没した。日本国内には36000人が各地の鉱山、工場、その他で労働させられた。日本軍俘虜の死亡率は10%で、ドイツ軍の4%よりかなり高い。(ソ連なみだ)海没した11000人は日本軍管理下であったから日本軍の責任になっ...

続きを読む

熊に殺された山菜取りのひとたち

お気の毒であるが、日本ではまだ自然が残っている証拠ととらえる。秋田県から青森、岩手のかけての山岳地帯の自然のタケノコは笹が生えているところに自生するもので、高く取引されるので、近隣の老人たちの良い収入源になるが、遭難や熊との遭遇に気を付けなければと言うテレビ番組を見たことがある。料理や、てんぷらやでタケノコですと出るが、笹のもので柔らかく、味が違う。こういうところで鉄砲は使えない。高いところから人...

続きを読む

G7サミットで世界は救えるか

このコラムに寄せられた多くのコメントにもあったように「救えない」が結果となろう。少なくともG7国に余裕があり、統一した世界経済成長とテロなどを封じ込める安定、こういう力があれば様相は違うだろうが。G7自体、英国のEU離脱問題、米国大統領選、もろもろで余裕の欠片もない。今ほどに世界の南北問題が過激になっていることはない。難民は1億人以上。混乱している地域のテロリストは民間機をあらゆる手段を講じて墜落させる...

続きを読む

舛添 要一知事と山本 太郎議員

お二人とも一緒にされてはたまらんと思うかもしれないが、共通点はある。それは選んだ東京都民がバカである証人だからだ。東京にはどんどん外部から人が入ってくる、忙しい、それで政治などは・・どうでもよいとは言わぬが、おろそかになっているのではないか。残念だ。山本はすでに全国的に愚か者であることは知られているが、舛添は私は長年、「アクマ君」と呼んできたように、奴は悪い奴とかなりの確信があった。でも投票した。...

続きを読む

しばらく飲んでないが・・・

運転中にダンさんから電話が入った。ダンさんとの通話は普段は行き違いが多く、数回目にして通じることがある。ダンさんが幾つか談義したいことがあるので朝食でもどうか、と言うことになった。ダンさんは見かけによらず、一滴も飲めない。僕ももう100日は飲んでない。鎮痛剤が効かぬと言う理由もあるが、精神的な目標もある。それで朝食になったのだ。日米を往復しているので、まずは舛添知事のことから始めたいとのことだった。...

続きを読む

困ったコレクション

「江戸の槍鞘ーコレクション」と言う題名の本は井出 正信氏が20年ほど前に出版した、21㎝角の変形カラー本で230点のさまざまな形の鞘をおさめた本だ。同氏は十手や刀剣、刀装具などの収集家で有名であった。この本には、江戸期、大名、侍などの行列に使われたさまざまな特異な鞘の数々の写真が収められている。当時、ある古美術店正面に掛けてあった鞘付き十文字槍が、槍だけになっていた。米国にいたので数か月ぶりに気...

続きを読む

オバマさんの謝罪

いったい、国の責任者が過去に関してする「謝罪」とは何であろうか?口で言う謝罪は何もならないし、お互いの過去を非難、否定して、現在や将来を語る手がかりにはならない。一般庶民向けの水準の政治的行為であると思う。オバマさんも広島に行き、資料館を見学すれば、それで終戦時の米国の作戦がどういう現実を現在に引きづってしまったかを、瞬時に感じると思う。原爆開発を推進し、それをルーズベルト大統領にナチスに使うこと...

続きを読む

タケの蜂、巣に戻る

昨日の午後、たけとその先生、かなりの年齢で耳はほとんど駄目だ。樹に昇り、固まっていた蜂の塊を網で捕まえ、それを巣に戻した。巣と言っても箱だが。今朝聞いたら、無事に落ち着いているそうだ。近所には野草の花が沢山咲いている。また蕎麦や米の花からも蜜を採集するそうだ。蜂にとっても気の遠くなるような作業だ。メスバチがどこかに行くと、全部ついていく。恐ろしい習性だ。しかしこの日本蜜蜂は小さく、刺されてもたいし...

続きを読む

G7サミットは成果があるか?

来週は大変だ。伊勢志摩だけでなく、名古屋、東京、広島、日本の大半が限界体制だ。日本の場合、もうホームのテロリストは大したことはできないと思うが、外国からのテロリストが心配だ。しかし欧州などに比較したら、空港、港湾の徹底的な検査でかなり防げるはずだ。自爆ボートが雇われて突っ込む。自家用機がハイジャックされて特攻する。幾つか懸案はあるが。しかし、問題はもうG7の国々が様々な問題を討議しても問題は片付くの...

続きを読む

また厳しい自然

セキレイは無事に巣立ったようだ。スズメが入っていた。その横の窓を開けたので、親鳥があせったようだ。しきりに飛んでいた。この巣箱は非常に良いところふたつ設置したが、どうも窓を開けるとまずい。それでひなも飛び立った。見たところもう飛べるひなだったが。穴を掘って埋めた。幾つか、箱を数年前に作ったが、来年は全部新築しなければ。ぼろぼろになっている。仮設住宅ももう傷んでいるようだ。...

続きを読む

二つの厳しい自然

隣のタケはミツバチ養殖の名人だ。ハチが入る、蜜がとれる、天敵の来ない場所などを選ぶ。今回もうちとの境界にひとつ箱を置いた。あちこちにいくつか置いて行くのだ。ミツバチの天敵はスズメバチだ。昨日の良い天気に誘われ、箱のハチが全部、飛び立った。これは持ち主にとっては事故だ。この木立の上、左に彼が上っている。そこにハチが固まっているからだ。網で捕獲して箱に戻す、そういう危ない作業をしているのだ。私にはとて...

続きを読む

スズキの会長

僕の嫌いな男の一人だった。しかし田舎では中古のジムニーを買った。一昨年、豪雪のため納屋の横が潰れて、車も下敷きになった。だが、近所の人が、つっかいぼうを入れてくれた屋根がへこんだだけで助かった。今回、また車検を取った。そんなことでスズキとは関係があるが、この車の燃費などはまったく分からない。走る状況が違うからだ。山の林道を走るときなど音を殺し、ゆっくり4輪で上る。そんなことで、スズキが燃費のデータ...

続きを読む

G7は遠いところ

世界の首脳が日本に来ると言うのは大変な意義があると思う。田舎にいると伊勢志摩は遠いところであり、実感は薄いが世界のさまざまな問題が語られる問うのはとても大切だ。やはり顔を合わせて話合うこれが重要だろう。世界経済は、恐らく7割以上はG7が抑えている。しかし、最近は何かバラバラな感じがする。その影響で各国とも、良くなるのか、悪くなるのか、見通しがつかない。日本も同じだ。先が見えないのが問題で、そのほかは...

続きを読む

山の初夏

昨日は雨だった。それもかなり激しく振った。今朝は冷えるなと感じたら、晴天、雲ひとつなく、時々風が強く吹いている。ツツジが綺麗だ。これからが良い。真夏でもそれほど暑くならない。田植えをしているが、どこに田植えをしている機械や人がいるのか見えない。誰かに委託してやっているのかもしれない。秋に収穫したコメは家ごとに検査する。ひとつでも放射線が基準を越えていると全部廃棄だ。それでもここのところは基準をクリ...

続きを読む

川内村に若者が戻った感じがする

すっかりと初夏の風景で、このあたりで名物のツツジがあちこちに様々な色を展開している。ガソリンスタンドに寄った。いつもは店主と中年ももう一人だが、若者があと2人いた。それで、夏用のオイルに変えた。ついでに、低い車体の前についている衝突防止板の外れたところも直してもらった。(これはサービス、若者がやってくれた)ガソリンスタンドにはダンプがしょっちゅう入る。これがビジネス拡大の根源だ。村自体も活気が出て...

続きを読む

日本の核問題と外交の先生

「オバマ大統領の広島訪問」で昨夜、CXで、世界核軍縮の問題が議論された。出演した人たちが、岡本 さん、神保さん、ふたりとも私の外交問題研究の先生だった。大体、お二人の思想の背景はバランスがとれ、常識路線であることは知っているので、その発言には同感であった。米国とロシアは核を減らしつつあるが、問題は中国だ。「アメリカに照準を合わせるのはやめたと」アメリカ向きに表明したが、日本には核ミサイルの照準は合わ...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ