FC2ブログ

記事一覧

世界紛争の目になるかトルコ

13世紀より第一次世界大戦後まで、広大な地域の多民族を収めていたオスマン国がトルコの原点である。ウクライナ、東欧、バルカン半島、モロッコまで広がり、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教が信仰され、首都はインタブルだった。イスタンブール(現在)は西欧と東洋の架け橋であり、実に親日的なこの国を日本人はあまり知らない。長年の宿敵はロシアであった。とりわけ19世紀のクリミア戦争が激しかった。だが、昨晩のインスタブ...

続きを読む

テロのラッシュ

今度はトルコ、イスタンブールがやられた。夏の休暇を前に欧州は大きな痛手だ。監視カメラの映像を見ていると、短機関銃を持ったテロリストが撃たれた。銃はかなり遠くに飛んだ。なかなか死なない。これが小口径のいかんところだ。撃ったセキュリティは近くで頭を数発撃つべきだった。撃ちにくそうな銃だが、ボルトを引いてない数秒、死にかけたテロリストは動き、自爆爆弾のコードを引いた。監視カメラも飛んだ。死者は日本なら大...

続きを読む

大工の道具

娘がいたところをリフォームしているが、18年間、一人で住ましておいたので、汚い。今回は全部はできない。洗濯場が冠水したあとがあり、大工がその理由を気にして、パイプを付け替えた。本日で4日間やり大工の仕事は終わった。今の大工の工具はほとんど電動だが、その整理の仕方で彼らの仕事ぶりは判断できる。良いとも悪いとも言えない。...

続きを読む

盛り上がらない参院選

朝日ケンタローは当選すると日経さんが言っていた。あの手の毒にも薬にもならないのがだ。太郎芋と同じだ。英国のEU離脱問題、それに伴う、経済、金融の下落、そのほうが重要なのか?重要な問題のようだ。今のところ、1EU,2と3がなくて、4が参院選、5が都知事と言うような感じになってしまった。日本も遠い、関係がないと思われるようなことで、毎日大騒ぎだ。それに弁天池のばあちゃんの死体だ。ニュースはどんどん、現在の...

続きを読む

英国が欧州を混乱させる自明の事実

結局、人間は歴史の過ちを修正できない。第二次世界大戦前、1930年代初頭の感じになってきてようだ。NATOは冷戦の圧力で生まれ、これは別格だが、EC,そしてEUは少し無理があったのではないか。さらにユーロだ。英国はポンドを採用しているからさらに金融的にはややこしい。欧州でもスイスやスェーデンのような独自の道を歩む国もあるが、英国はアイルランドと島国であり、欧州本土と異なる。第二次世界大戦前の緊張感が他の欧州諸...

続きを読む

3日間連続調子良し

長女が引っ越してきて、数日前は体を酷使した。左脚を引きずりながら。ところが、3日まえ、朝、まだ左脚を引きずりクラブに行き、ビデオライブラリーで職員にフェリーニ論をしゃべった。淀川さんからの受け売りだが、まあ今の日本人としては知識があると自負していた。気分が良かった。今の若い職員たちは米国育ちだが知識はない。そして廊下に出たら、脚を引きずってなかった。泳いだ。昨日も、今朝も。でも少し違和感はあるが、...

続きを読む

京都大学卒共産党エリート

彼が「防衛予算は人殺し予算」と本音を発言し、稲田さんに取り消しを求められたが、応じなかった。こういうのが怖い。冷酷に人を殺してきた共産主義者のステレオタイプと言っても良いのではないか。旧民主党は、こういう連中と組んだ。議論したら旧民主党は敵わない。理論に隙はない。共産主義は元は間違っているが経過の論理はよく、組んである。だから彼ら同士が議論すると核マルになる。太郎芋とは違う怖さがある。...

続きを読む

日本の国民投票

英国のEU離脱国民投票は終わったが、余波は欧州本土に広がっている。スコットランド独立をはじめ、様々な国で国民投票を求める声が起きている。残念ながら、参院選の結果、日本でも国民投票が実施される可能性が出てくる。国会の発議、衆参両院の三分の二以上があれば日本国憲法第96条第1項により国民の過半数の査定をもち、憲法の一部、文、もしくは全体を変更することができる。勿論、誤字脱字や分かりにくい部分を書き直すこと...

続きを読む

夏は撃てない熊

各地で人間と熊との遭遇があり、すでに4名の方が殺された。しかも本州、黒熊だ。北海道の樋熊なら一撃で人間は逃れることはできない。夏は猟期でないから熊とはいえ、有害鳥獣駆除でしか撃てぬ。しかも画像で出てくる猟友会員さんは私より10歳くらいは高齢なベテラン過ぎて山に上がれるのか?もうひとつの理由は、熊は当然ライフル銃を使うであろうが、このような見え方、他の画像でも叢に座っていたり、あ ぶ な い・・・ス...

続きを読む

芹沢 洋一氏のお話しから感じたこと

英国のEU離脱、それに伴う株価下落、その最中の話しで「私は今ここにいて良いのだろうか?」自問自答していた。良い話で、私は幾つかのヒントを得た。あくまでも私のお話しからカンで得た項目だ。1、日本の右派と左派の格差は広がる。かっては全部同じだった新聞がそうだし、これらはテレビに連結している。与党と野党。共産党が盛り返してきた。2、岸田外相は組閣で外れる。恐らく二階の二階さんの意見だ。3、石破、稲田その他...

続きを読む

英国EU離脱の報と日経芹川 洋一主幹の話

昼の食事会、BBCの速報をみながら「安倍首相はどこにいく」と言う題目の話を聞いた。皮肉なものだ。話を終わりころ、離脱が決まり、日経平均は1250円下がった。安倍さんがG7で「リーマンショックの再来が」と言う話をして加盟国の首脳は白けたが、安倍さんは自らの「株は上がった」。言う通りだった。本題、安倍内閣。今度の参院選、朝日、毎日、赤旗、東京などの左翼系新聞は足を引っ張るべく、安倍さん大勝利と報じている。...

続きを読む

英国のEU残留選挙

今年はこの選挙と、米国大統領選が怖い。英国がEUに残留しても、英国国内の問題、英国と独、仏の軋轢は残る。ロシアも乗じて来る。まさしく複雑怪奇だ。ドイツは爪に火をともす様な政策で、強い国を作りつつある。ロシア、中国とも上手な外交関係を維持している。フランスは右翼政権出現の恐ろしさがある。いずれも問題ばかりだ。日本は・・日米同盟を結んだ以上、これをもとに、独自の安全保障、外交政策、そして経済政策を実施し...

続きを読む

本日、人生最後大引っ越し

僕の人生は引っ越しが多かった。大学卒までに朝鮮から引き揚げてきたから、10回は。今の家は自分のもので、新築したとたんに米国へ転勤、研修も含め米国内で6回。終の棲家に来て、ようやく自分の家にいた期間が長くなった。今度は近くに一人暮らししている長女がこの家に来る。彼女のところに僕の荷物を大量に運び、ちなみに2トンのロング一杯、両方の家のインテリア、少し、リノベもして落ち着くまでには3週間か。家の中が新...

続きを読む

「安全保障」を語らぬ参院選は無意味

昨日の参院選公示、各党の党首や候補者の話を聞くともなく聞いていて感じたふたつ。ひとつは民進党は共産党にうまくやられた。民進党はハトポッポに代表されるおバカ集団、一方、共産党は一筋縄ではいかない。日本人の5%は共産党支持者だと言うが恐らく将来の2大政党は、共産党と自民党になるのではないか。恐ろしいことだ。特に中国や北朝鮮を頭におくと。中国揚陸艦もうひとつはコウヤクの、「安全保障」の順位が低い。参考ま...

続きを読む

この映画の批評を書け「フェリーニの81/2]

大学教養課程「倫理」(楽と言うのでとった必須でない)の合否は、この映画を観て、感想を書けと言うものだった。その教授はとっくに死んだろうが、よほど先端的な人だったに違いない。なつかしい作品が、クラブのレンタルにあった。なるほどこんな映画を見る人は欧米人にはまだいるのだと妙に感心した。学生時の批評は何を書いたか忘れた。あとでNYで淀川さんと観たとき、彼は「ラストシーンいいですねいいですね」の連発だった。...

続きを読む

福島仲通りの高山

先日、福島県の真ん中あたり、三春に墜落したグライダー。その後何も聞かないが、私が推察した原因は、この風車だらけの滝根山を越えたからだと思う。ここまで上昇風があっても反対側(三春、郡山方面)は下降風だ。湧きあがりつつある雲も証明している。または、この山でも1200m以上あり、空自のレーダーサイトある。上昇風は山の3倍行くと言う。高度3000m以上を30分以上、酸素なしで飛行するのは危険だ。そのような...

続きを読む

北のミサイルの脅威

「ミサイルと核」は「小銃と弾丸」の関係と考えてよいと聞いた。セットが完成しつつある。勿論ミサイルには通常弾頭を付けても1トン以上の大型弾になるから都会の真ん中にでも命中したら大変だ。懲りずにやるところは何か裏がある北のミサイル性能は各段に上がってきているらしいと。続けて実験に失敗しても懲りてないのが証拠だ。日本や米国は軍事的にそれに対抗するものはあろう。米国のイージスや原子力潜水艦は核ミサイルを発...

続きを読む

福島第一の現在は・・

空から眺めるとこんな感じだ。あの事故の真相はまだ完全に判明していない。昨日、メルトダウンを隠蔽していたのはと東電の謝罪があった。そんなことは4年以上も前から衆知であったのに今をなりさらという感じだが、原発再開の緩和、すべて回っている世界の情勢からだ。今は安いエネルギーだが一日して倍になるなど、シーレーンを抑えられたらどうなるか、日本国はおてあげだ。国民、肝に銘ずべし。...

続きを読む

[やわら」はどんな政治をしたのか

今度の参議院選には出ないそうだ。当たり前だ。彼女がどんな政治をしたのか、誰も知るものはいない。何もしてなかったからだ。最後は小沢とながれ、山本 太郎のところにいた。自民党から出たいとしていたが、小沢の逆鱗に触れたようだ。もう一人、横峯 さくらの親父がいる。彼もスキャンダルだけで何もしなかった。この政治への国民のフオローがない限り、日本の選挙、議会制度は駄目。ふたりとも性格の悪い人間と言うイメージし...

続きを読む

久しく紙の「新聞」は読んでなかった・・

午前中は、今年のうちの山場、引っ越しの準備をしていた。「引っ越し」と言っても部分的なもので、住所が変わるわけでない。午後、雨も上がり出かけようとしてところに「日本経済新聞」の営業の人が訪れて来た。販売店ではないが、着替えていたので、ドアは開けなかった。郵便受けに挨拶状、朝刊、タオルが入れてあった。新聞は捨てない。モノを包み、最後はマキストーブの焚き付けに必要だからだ。福島の山の中では民友も民報も駄...

続きを読む

北海道のこのコンクリート製トーチカは?

奇妙な衛兵が入るものかもしれないが、一方に入口があり、三方に▽の銃眼がある。ここに据銃したら銃が痛むなと、感じたが。一人用だ。「北鎮館」の玄関に展示してあったが、説明が見当たらない。おそらく第二次大戦中の海岸に設置されていたものではないか?九州の大村駐屯地でも形は丸い、同じような目的で作られたものを見たことがある。まだ知らないものは沢山あるようだ。...

続きを読む

アジアで頑張ってくれ米海軍

横須賀のロナルド・レーガンとジョン・Cステニスの2艦の10万トンクラスの空母、イージス、潜水艦その他情報艦多数の米国連合艦隊が南シナ海に出た。中国は相変わらず、人の領海に島を建設中だ。一説によると原子力発電所を建設するとしている。余剰電力はどのように処置するのか?南シナ海、日本海上自衛隊の「くろしお」も行った。しかしこれらの軍事示威行動をもって中国の拡張を防ぐことはできるか。中国海軍は大砲を放った...

続きを読む

エライことになりつつある英国とEU

夕方からBS各局の報道番組を見ていたが、英国のEU離脱に関する国民投票問題、女性議員が殺害されたり、国をまっぷたつにして大騒ぎだ。我々にも多大なる影響を与えるとも書いたが、今年の世界の最大のヤマバとなろう。しかしここで世界がパニックになってもしょうがない。日本も参院選挙、東京都知事選挙など重要案件があるが、外交努力も限りがある。そうこうするうちにリオ五輪だ。結果はまったく予測不能。英国若年層は離脱反対...

続きを読む

屯田兵は何人いたか

旭川の第7師団の元は屯田兵であると聞いた。屯田兵は、明治初期北海道開拓使が士族を中心に北防と開拓を兼ねて、石狩地方から200戸の中隊を単位とした兵隊の村を作り、この制度は約30年間続いた。村には開拓地と広大な共有地があり、さらに練兵場、射撃場があった。後備の兵器、輸入ミニエ、スナイドル、村田銃などを装備していた。西南、日清、日露の戦闘に参加したが実際の戦闘は日露戦争の大連で、約3000名が死亡した...

続きを読む

野獣動物は可哀そう

狩猟を、釣りをやると言うと「可哀そう」と言う人が意外に多い。スポーツとしてルールを守っているのに。釣りはともかく、銃猟は危険が伴う。「熊笹」と言う名があるように熊は笹の「たけのこ」が好きらしい。人間も好きで、料理やなどで出す。だから人間と熊は笹のなかに一緒にいる。武器を持ってなければ熊が強い。もし狩猟をするにしても、十分に確認しないと誤射の可能性がある。山の中、すでに人が住んでないところにも猫がい...

続きを読む

ロシアドーピング問題は拡大するか?

現在、政治的に孤立化しているロシア、ドーピング問題は政治問題ではないが、大きな社会問題だ。国際陸連のリオ五輪にロシア国として参加させないと言う処分はかなり重い。ロシアは土人の国ではなく、誇りがある。そして何よりもスポーツを国威の発揚の場として熱心に力を注いできた。「リオ五輪をボイコット」したらこれは大変なスポーツ界の問題になる。スポーツと政治は別としても、ソ連のアフガン侵攻の際に西欧各国はモスクワ...

続きを読む

英国とドイツ

私は英国のEU離脱問題は、欧州の歴史的な基本問題、英国とドイツの対立まではまだ行ってないが、その過程にあると考える。欧州の金融センターはロンドンだ。フランクフルトとは規模が異なる。一時のイスラエルからの金融産業の移転が繁栄をもたらした。英国には観光業以外、主たる産業は消えつつある一方、ドイツはメルケル首相は小さな政府を志向し、紙一枚をケチっていると言う。安倍さんや米国の国際財政出動にも反対まではいか...

続きを読む

イノシシの作物荒らし

夕方、チビたちが突然来た。仕事に出ていた妻の指示で、娘がピザをとった。上の子は僕の部屋、デスクの上、本箱、道具、鎧などなんでも興味がある。日本刀剣の本、古谷が送ってくれた、を見ていた。ボクシングミットを少し練習させた。子供用木銃で構えも。ピザを食べたら、帰りの車では寝るからシャワーに入れてくれと言う。すでにクラブで午後に入って来た。油分が抜けるから嫌だったが、もう何回も入るまい。入れた。シャンプー...

続きを読む

北鎮資料館の展示

先日、北部方面隊の研修の際に訪問で資料館を幾つか見学した。その中でも旭川駐屯地前に新設された「北鎮資料館」はなかなかのものであった。新たに建設され数年か?まだ新しい、レンガ風作りであり、第7師団の歴史が詳しく語られている。特徴はまず「屯田兵」だ。村田銃を与えられ、国防と開拓に励んだ歴史、その生活、家、などの展示。もう一つは加藤隼戦闘隊、加藤 建夫部隊長の歴史である。玄関脇には広大な北海道の平坦を担...

続きを読む

「人間の体は不思議である」ソフトボールの宇津木妙子監督

2020年の東京五輪で野球とソフトボールが追加競技種目として検討されているが、本日の昼は、日本ソフトボールチームを長年率いた宇津木妙子さんの話を聞いた。野球、ソフトボールは競技として運営が大変である。日本でしか会場や人手、観客が用意できない恐れもある。そのために宇津木さんは海外でのソフトボール復旧に身を粉にしているそうだ。彼女が高校時代、新入社員時代の日本の女性に対する扱いは現在と大いに異なってい...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ