FC2ブログ

記事一覧

Uクン到着し釣りに行く

バイクで千葉の自宅を出て、こちらに向かっているというUクンと連絡が取れなかった。と言うことは彼は走っているなと感じた。果たして、午前9時ごろ、コーヒーを飲んでいて、窓の外を観たらバイクが家の敷地に入って来た。何と彼は台風の大雨と一緒に走って来たようだ。シャワーを浴び、寝ることを勧めたが、起きていたいと。雨はあがった。買い物に山を下り、戻り、家の前の川に行った。濁流であったが。落ちたら大変だ。成果はな...

続きを読む

経験もしたことないような激しい雨

それを経験した。気象予報で頻繁に使われる言葉だ。一昨日の夜から昨日に掛けての雨量は私の家で100mmを越えていたのではなかろうか。被害はなかったが、いわき市の緊急速報が枕の下でなった。「土砂災害通報」だ。表の街灯を観たら、これは大変な雨だと思った。ベットから寝具を降ろして表側に移動。廊下の鍵を外し、服を着て、緊急用装具を出し、また寝た。雨は8時ごろ、目が覚めたが、まだまだ降り続いていた。...

続きを読む

秋の気配

台風が来ると言うので今朝はカット日が照り付けた。窓を開けた車で走っていると今年初めて赤蜻蛉を観た。皮肉なことで昨日までは涼しい気候であったが、今日は暑そうだ。昨日、「日本の一番長い日」は観なかった。毎年、8月15日にこれを観るのを慣例としていたが。(もちろん、岡本 喜八作品のほうだ)前の作品には、筑波からの帝国陸海軍合同の特攻のシーンがある。司令官が激励するが、彼はもう翌日の日本の決断、ポツダム宣言...

続きを読む

アフリカへの投資は?

ケニア、ナイロビでのアフリカ投資会議のため安倍総理が参加する。「日本の優れた技術をアフリカ諸国のインフラ開発に使ってもらう」と言うのがお題目だ。さらに中国の積極的な投資や活動に対抗してという理由もついている。バカバカしい。日本の優れた技術をアフリカに採用してもらってもなんの利得もない。まず日本の技術自体がアフリカには向いてないと思う。先方の社会制度や技術水準の問題だ。ケニアガイドより私自身、身をも...

続きを読む

僕の8月15日

今年の夏は阿武隈の山中で涼んでいる。多少不便な生活だが、生活のテンポは気温のおかげでとても楽だ。それにテレビがないので、オリンピックに関心はあれども縛られない。錦織 圭はエライ。あれだけのプロが「国のためにたたかった」としていた。ナダルに勝ち、メダルと言うのは本当はとてもうれしいのだろう。ところで僕は、敗戦の日は朝鮮京城にいた。突然に難民になり命からがら、和歌山県湯川に引き上げて来た。祖父祖母が買...

続きを読む

所謂「村山談話」の束縛

戦後、50年後の平成7年、日本はめちゃめちゃな様相だった。村山 富市が首相で、この日に余計なことを、間違った解釈でしてくれた。近隣諸国はこれを盾に取り、様々な圧力をその後、現在に至るまで日本に掛け続けてきた。富市は「第二次世界大戦の謝罪を行った。侵略と植民地支配」に関してだ。戦後の処理はサンフランシスコ条約で済んでいるが、そのに招かれなかった韓国、中共はともに自分たちへの更なる謝罪や保障をどんどん求...

続きを読む

今日はもう秋の雲、山の天気

なるほど、本場田舎のお盆と言うのはこういうことかと実感した。ここの出身の他の地区に行っている多くの家族連れが帰省する賑わいだ。昨日の朝はもう秋の漂いがあり、今朝も同じような天気。寒いくらいだと誰かが言っていたが、その通り、東京の天気とはだいぶ異なる。...

続きを読む

日本の安全保障に中国が危険

中国の南シナ海問題はめちゃめちゃなことになっており、東シナ海でも事を起こすべく挑発が続いている。しかし、日本の護りは海上保安庁、自衛隊ともに固い。あとは北朝鮮に核ミサイルを使ってもらい、その隙をついて一挙に沖縄まで来ると言うのが作戦だろう。だから、制裁なんやかんやあっても中国は北朝鮮を抑え込める唯一の勢力ではあるが、動かない。日本と相いれない存在である。結論としては、北の核ミサイルは2020年より早い...

続きを読む

日中戦争で戦死した兵士の墓

このあたりの山の出身で、郡山連隊から中国に行き、そこで戦死した兵士の墓が私の家の敷地の外れにある。私の家から反対側に二軒目の家から出征した軍曹のものだ。いつもきれいにしてあり、花や供物が供えられている。稲田防衛相は、明日の靖国神社に参らずドバイ出張に行った。利口な新な戦略か、それとも中韓への気がね、弱腰か評価の分かれるところだが、お参りはいつでもできる、中韓に口実を与えないと言う意味では利口だ。相...

続きを読む

私のお盆

家内の実家の行事を除けば一回だけ。小学生の時、頻繁に東京から紀州湯川の母方祖父祖母のところに遊びに行った。大変な旅行だった。東京駅から夜行で大阪まで行く。そこに大阪の親せきの人が迎えに来て天王寺まで、そこから紀伊半島の途中までしか行かない鈍行で湯川の駅に。湯川の駅は海岸に面している。もうそのまま泳ぎたい気分だ。これを正月か盆に年間一回はしていた。3年生の時にその年のはじめ父方の祖母が死んだ。ずっと...

続きを読む

五輪費用の透明化

昨日、森さん、小池知事、丸川大臣の三者協議行われたそうだ。森さんは二人の女性に対し「森商事のかっては社員だったからな」と言ったそうだ。派閥関係のことを示したらしいが。不穏当な発言だ。スポーツではワールドカップ、五輪、そしてF-1が三大マフィアイベントと言われ上納金などが多い。脱税も。日本のドンが森さん。その末端組織は沢山あり、高橋ハルユキさんなどは生涯を通してこの仕事をしている。竹田の宮を手なずけて...

続きを読む

気になる小山はなるほど古墳だろう

縄文、弥生時代に続いての古墳時代、ここいらはやはり古墳が沢山あったようだ。縄文遺跡はずっと下から続いている。つまり農業を基盤とした社会の形成が完成し、3-7世紀、かなりの数の豪族がいたのであろう。これは前方後円墳の頭から見たもので、後ろはコンピニでそこから、なかに小さな祠が作られているのが見える。川内村にもこれより二回りくらい小さな古墳が幾つか見られる。あそこは海にも近いので、農業のほかに水産業との...

続きを読む

オリンピックはやはりテレビ

4年に一度の大イベントをラジオで聞けば良いとここに来たことを後悔している。放映権も高いわけだ。やはりテレビ。今朝まで結果、分かれば、別にテレビで見る必要はない、と考えていたが、卓球水谷の銅、水泳女子200m平の金藤の金メダルの様子を、買い物に行つつ、ラジオで聞いたいたら、ああテレビが良いと思った。下におりて車のテレビで観たら、やはり迫力が違った。毎回、20分も掛け山を下りるわけにはいかないが、もしか...

続きを読む

[山の日]の原点は

今年から、「海の日」が7月にあり、8月には「山の日」がナショナルホリディになった。ここは山の中、どこに行っても山ばかりうんざりだが。本日は山の中はひっそりしている。朝からダンプも他の車も通行がない。今はガソリンスタンドにいるが、出勤の若者2人と、社長も暇そうにしている。航空機で日本列島を旅行すると、日本国土は山だらけ。平らなところは少ない。欧州、米国、中国などの空からみる風景と大違いだ。このあたりで...

続きを読む

ラジオで聞くオリンピック

とにかくテレビがないのだから、他の手段に頼らざるを得ない。2回目の出現、外ではデモらしいがラジオだ。そう言えば、昔はラジオだったな。それも居間にあり親父の解説付きで確かに知識は増えたが、中学一年の時に鉱石ラジオを作り、自分の部屋で聞いた。今は完全に個人媒体。ラジオは手を使う仕事をしながらも聞ける。どこにでも持っていけるなどの利点があるが、やはりテレビの臨場感はない。特に今朝は、柔道の男女の試合の様...

続きを読む

「日本の平和主義の転換」と書いたニューヨークタイムズ

一昨日の天皇陛下のビデオメッセージの内容に関してだ。日本の各メディアはそろって「玉音放送」的な扱いをしているが、さすがリッチ、教養がある、リベラルなニューヨーカーを対象にしたクオリティ紙の書き方だ。そう、その通りだろう。天皇陛下は問題提起をしたのだ。恐れ多くも陛下が日本国の象徴として政治的なことを言ったわけではない。しかし原点になる深い大切な内容なのだ。体制は75年間はもたない。2020年には日本...

続きを読む

山の生活

ここは阿武隈山系の一番西側になり、標高は700mくらいだ。冬は厳しいが、今は楽。カンカン照りになるとやはり暑い、車で逃げる。つまりエアコン入れて、どこかに行くのだ。ここに来て5日目だが、曇り、乾いた風が適当に吹き、気持ちが良い。とても30℃などにはならない。夕方は急激に冷える。上を掛けて寝る。寝ているときに暑いとかエアコンが入れたいとは思わない。エアコンはないし、ここの車のは壊れていて、窓を開けて走...

続きを読む

天皇陛下のお言葉は安倍内閣の大きな課題

昨日の陛下のビデオメッセージへの対応は慎重に考えるべきだ。このコラムの読者のご意見も同じだ。日本は世界でも珍しい立憲君主国であり、マッカーサーは統治に天皇制は不可欠と当時の米政府を説得に苦労したそうだ。陛下、妃殿下は常識人だ。何でもお知りになり、先の先をお考えと推察する。「生前退位」だけを簡単な制度で実施するのは不敬である。「君主主義」特に日本の天皇制を深く考えて、利用されないような制度を考えるべ...

続きを読む

十一年式軽機関銃の人気

スターリンがノモンハンの後、ソ連の兵器開発者に十一年式軽機を研究して、ソ連の兵器にその仕組みを利用せよと言ったそうで、ソ連にはあのようなホッパー型給弾の機銃があると言われているが。1922年の制定だから、その独特の給弾方式や形状から最近欧米で人気があるようだ。ロスのH氏からいただいた資料を読sんでいるとドイツなどでも人気で、米国の存在してた十一年式は払底したそうだ。写真の表紙になっている雑誌はドイツの[...

続きを読む

多重事故

ここに来るとき普段は流れが良い常磐道で渋滞があった。2つの多重事故、ひとつは4台、もう一つは6台。いずれも乗用車だった。海水浴にでも行くつもりだったのだろう。若者男女が満載していた。私もこの年で大事故は嫌だ。とにかく前の車との間を空けている。ひっついて高速を満載して走っていると、とかく、ちょとしたことで、前の車に追突しやすい。すると連鎖的に後ろの何台かが同じように追突する。仲間同士のこともあろう。...

続きを読む

一晩でクワガタ2個採集

何か、子供の夏休みのようであるが、山の家の敷地内には昆虫が沢山いる。いい加減な仕事をする水道やのEに聞いて、家の裏に落ち葉の山を幾つか作っておいた。数年前の東京の家のリノベーションの時に出た、大きな引き出しに網をはり、風で飛ばないようにしかも雨水が沢山かかるところに積んだ。今朝、窓の網に2個のクワガタ、小さなもので、メスだ。昆虫入れに落ち葉、木切れと一緒に入っているが、明日には放すつもりだ。...

続きを読む

「銅」メダルでも大変

いよいよオリンピックが始まった。自分でも国際競技に参加したことがあるが、メダルを取ると言うのは大変なことだ。たとえ金でなくても。4人で3つのメダルを争ってもなかなか簡単には執れない獲れない。なんだ「銅」かと言うは間違い。日本のメディアは「金」だ「金」だと事前にずいぶん騒いだ。何時から拝金主義になったのか。あまり騒ぐと選手に良くないと先日、何かの何かで科学的な分析を読んだ。競技に臨み、脳から緊張の信...

続きを読む

残念ながらオリンピックは観ないことになる

今日、テレビのない福島の山の家に行き2週間過ごすとなると、リオ五輪のほとんどをミスしてしまう。まもなく開会式だが、車のラジオで聞くだろう。覚えているのは幼少の頃、叔父が日本軍のラジオから自作したもので聞いた、ロスの日米水上大会だ。古橋、橋爪の活躍で戦争に負けたばかりの日本が大勝した。それらの実況を従弟たちと聞いた。ロンドン五輪の際は興味ある競技は大体未明から夜明けまでの時間帯であったので、毎朝、ず...

続きを読む

天皇陛下のビデオメッセージ

今日はこれから福島に行き、約2週間、先方で過ごす。若干の訪問者はあるだろうが、僕が誘ったカレラは来ない。娘が放射能を恐れているのだろう。都会にはない自然、生活、社会、またとない経験ができるが。残念である。妻も昨年自分が行き、強く勧めたが。さて、今まで宮内庁で陛下の侍従長であった2名の方のお話しを午餐会で聞いた。天皇陛下の日常業務は我々が想像するより多い。激務である。それに被災地訪問、また陛下は先の...

続きを読む

家に帰りたくない社員

必ずどこの職場にもいる。工場とかは定時に職場から出なければならないが、営業業務やその他一般業務を行っている職場は24時間いれる。だからとんでもない時間に社員がいたので驚いたことがある。外人女性社員で、家に帰らない人がいた。土日など危険だからと、総務人事部長が注意した。この人の場合は外国で一人暮らし、寂しい。趣味はパソコンを通じて、オフィスの近くにコンビニもカフェも何でもあるで、そういうライフスタイル...

続きを読む

「お盆にノドンが飛んでくる」

毎年、日米で朝鮮半島有事のシュミレーションは行っているが、北朝鮮の内部は緊迫した状況であると思う。近代的なミサイル、核を保有しているので、北が暴れだすと日米韓は大変なことになる。道路から発射した例だが、北の戦力はミサイル、核に特化したぶん、平常兵力装備は古いそうだ。また一会戦分の余裕しかないとも言われている。それだけに暴れだしたら一時に全力を出す。こちらも準備してなければ被害が大きい。昨日のノドン...

続きを読む

長時間労働はなくならぬ

安倍内閣は「一億総活躍」をスローガンに国民がなるべく多く現場に残ることを提唱し、その延長上に子育て支援や正規採用の方策を掲げているが、現場は果たして。私は自分が走り使いの頃から小さいながら独立した会社の社長までを勤めてその経験から、この一億総活躍で難しいのは日本の職場環境を変えることだと思う。特に長時間労働、ほとんど毎日、帰りが10時、11時、そして土日も出る。こういう会社員を多く見た。じゃ働いている...

続きを読む

油断大敵 「ノドンがお盆に飛んでくる」

私も稲田さんが防衛大臣に就任したことは日本、および自衛隊、日米安保など安全保障全体に良い人事だと考える。大学生の息子がいるそうだ現場は何も言わないが、自衛隊もお飾りの大臣はもう要らない。今必要なのは日本の安全保障の現状を良く理解して、正しい即断ができる人だ。また「明確な国家観」を持っている人、これがないと他の大臣(例えば文科など)も困る時代になってきた。北朝鮮はすぐに反応した。ノドンは移動式、個体...

続きを読む

追い詰められるオリンピック利権

小池新東京都知事が乗り込んだ。官邸はオリンピック担当大臣を、モリの子分的な存在でしかなかったエンドーさんから東京都選出の丸川に替えた。安倍さんも分かっていると思った。エンドーさん丸川と小池知事がうまく行くわけがないと言う感じもしないわけではないが、今までの不自然さは解消した。つまりモリとそれについている高橋ハルユキみたいな人たちにとってはとても辛い状況になるが、その後、また代替が出てきては何もなら...

続きを読む

よくテスト飛行の許可がでた「メーヴエ」

北海道の飛行家が自作したジェットエンジン内蔵の「メーヴエ」が飛行に成功したとのニュースを観た。この機体はご存知の宮崎 駿さんの「風のナウシカ」に出てくるものだ。航空機は鳥類の飛行をヒントにしている点が多いが、原則的に三つの舵を有して操縦される。縦(エレベーター)、傾き(エルロン)そして左右(ラダー)だ。操縦士は手足を使い、この三つの舵を組み合わせて飛行する。「メーヴエ」には舵の類は見えない。恐らく...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ