FC2ブログ

記事一覧

南部小型拳銃嚢の謎

ブローニング小型拳銃も帝国日本軍人の愛用品であり、その収容嚢だと、私が持っていた南部小型拳銃収容嚢はデザインが一緒なので、「ブローニングのさ」と言われていたが、米国でブローニングを収容すると微妙に入らない。またこの南部小型収容嚢はフラップを開けると、いきなり緩い入れ物になっていて、弾倉を入れると直ぐに飛び出てしまう。ブローニング用は予備弾倉が横に入るきっちりしたボタンのついた入れ物がある。結局、リ...

続きを読む

「まあ立派な」と保健師さんの言葉

娘に子供が生まれたことは書いた。今は実家、つまり私の家にいる。区の保健師が見回りに来たそうだ。彼女の「最初の言葉」が標記のものだったらしい。こんな子の親権を放棄した男の気も知れない。宝だ。僕が戻ったときに 2か月半、7kg強の男は、戸の向こうから声を出して呼んだ。こいつはいじめられるようなことはないだろうが、反対の立場も卑怯で卑劣な奴らだからそうなると困る。教育と関心だ。正義感のある子になって欲し...

続きを読む

世の中まったく先が見えず

感謝祭も終わり、あとはクリスマス。世界的に一番、活気づく季節が来た。11月も終わり、12月は消費も上向き、経済も活発になるが、日銀総裁もとんと出てこない。米国の新大統領の方針もめまぐるしく変わる、中国も不気味、韓国は大騒動と言うが緊迫感はない。カストロも死に、時代は変わった。案外北朝鮮が一番安定していると言う皮肉。プーチンさんが来ての平和条約交渉。これは成功すると言うが。年末にかけて、世界が、日本がど...

続きを読む

僕の聴力もあと3年間

脊柱管狭窄症による左足の不便、300mくらいしか歩けないことがあった。今年は春から3回ほど発作がでて各々1カ月ほど悩まされた。8月に内田君が福島に来て4日間、下男をしてくれ、私は左足を高くして動かなかったら、それ以後発作は起きない。恐らく無理するとまた発生するだろうが、今は奇跡のようだ。走る運動はしないが、ボクシングは週二回ほど、ローニーと素手でうち合う。主に彼がブロックする練習で2分間2R程度。素手...

続きを読む

「撃墜王は生きている」井上 和彦著

第二次世界大戦後期の米軍B-29日本本土攻撃は、米軍にも多大なる損害をこうむらせたと言う内容である。少し遅かったが、生存する迎撃戦闘機の操縦士にインタービューした内容をまとめたドキュメンタリーだ。(小学館刊)難点は日本本土攻撃の迎撃は陸軍航空隊と海軍航空隊には歴然たる差があったのだが、その差がインタビューできた人間の状況によるのだろう明確でない。B-29撃墜に関しては、ほとんどが陸軍航空隊の手によ...

続きを読む

「役員は外部か内部か}

昨日は「ガスとお茶」の会社、家内の一族会社の株主総会だった。神奈川県の端なので一日がかりだった。株主総会は真面目に1時間20分かかった。業績はエネルギー資源価格のおかげで良かった。配当も倍になった。役員を一名変えた。生え抜きの人間を昇格させたのだ。外部の非常勤を増やすのが最近の流行だが、非常勤は止めたので、バランスが崩れた。そのことを指摘した。更に、売り上げ、その利益はインターネット販売が半分。商品...

続きを読む

薩摩の陣笠

良い出来だ。上手のものだ。作りが違う。10枚の鉄片を渦巻状に重ね鋲止めしてある。合印は二本の横線。太くて分かり易い。それに家紋が前面に。内部の棒紐や布団が欠落しているが、それを支える柄も頑丈だ。えいえいとHP「日本の武器兵器」に30の陣笠を書いているが、憎たらしいウィンドーズ10のために苦労して書いたものが消えたり、苦労している。...

続きを読む

PKOからの撤収を望む

南スーダンには空挺部隊でなく、普通科連隊が行った。これは撤収とは関係ない。陸上自衛隊の普通科連隊も十分な訓練を受け、何よりもチームワークが良い。私がPKOをやめろと言いたいのには幾つかの理由がある。一つは、派遣された地域なり国はもう軍事力でも政治力でも理屈でも、何をもってしても解決のつかない問題を抱えているところだ。二つは暴力が支配し、とても危険なところで、論理的に戦略を考える暇などない。三つ目は...

続きを読む

半世紀におよぶ付き合いで

仕事そのものが変化してしまったのだ。エス氏、85歳だそうだが、かって、会社が人情味あったときにグループリーダーをやり、私がその手伝いをした。教えがよかったので、20名もいないメンバーのうち4名が役員になり、すでに鬼籍に入った者も。昼食を食べながら、時間を大幅にオーバーしていろいろ話した。決まったのはのは来年の4月1日に数えで50周年になるので、会をやろうと言うことだけだった。知っていても話ができな...

続きを読む

80年前の略帽の中身

この略帽を使用していた兵士はどのような人でどこに勤務していたのだろう。先日も記したが、被り物の価値のひとつは中身で判断される。この帽子の場合は、周りの人工皮、どのような材料で製作したのであろうか?知っている方がいたら教えて欲しい。当時の人工材料はベークライトしかしらない。布に塗料が塗ってあるようにみえる。広島がこのような装備品を支給したもとであった。k...

続きを読む

非常に正確な複製品だった

Dさんの茄子環と負い皮の複製品、一〇〇式短機関銃のモデルガンに付けてみた写真を先日掲載したが、昨日、米国で軽機関銃に装着されていた実物(茄子環は複製)を出し、比べてみた。Dさんも実物と同様の長さ、孔の構造になっている。茄子環の出来は、米国製の合金に比較したら比べものにならぬ、鉄製だ。長さもつなぎ目も同じであった。Dさんは明らかに実物を所有しそれから設計、製作したのであろう。自分の複製刻印を入れてあ...

続きを読む

陣笠の内側

江戸期までの、陣笠、とんきょ帽を研究している。これの内側は綿をいれた直径4cmほとの木綿の棒だ。これに紐をつけて、顎のしたから、顎の前に回して結んだようだ。とんきょ帽は、高島 秋帆の徳丸が原調練で初めて日本の登場したようだ。同じく西洋流の江川は韮山帽と言うのを開発した。銃の狙いが付けやすい優れた設計だ。家じゅうからこの種のものを出して、整理した。鉄板製か皮革製がほとんどだが、面白いのは意匠だ。その...

続きを読む

素晴らし日本軍軽機の複製品負い皮をいただいた

中国地方で、自分の分隊を持ち、野営、行軍、訓練などを行っているDさんが作らせたものだ。帝国日本軍の軽機の負い皮は初期んはこのように二枚の立派な皮帯をつなぎ、茄子環を言う金具で上下ツータッチスで離脱できるもので、頑丈、便利、茄子環のなかった米国で高く評価されている。その複製品を製作したのだ。早速に送っていただいた。私も一本、程度の良いのを所持しているが、茄子環が米国の複製品で、合金だ。本物は鉄、頑丈...

続きを読む

人間に近いロボット(アンドロイド)

石黒 浩博士(阪大教授)の話は聞く価値があった内容だった。ご存知のように日本は産業用ロボット(車を組み立てるとか部品を作るとか)では世界で断トツだ。石黒さんはグーグルが開発した「アンドロイド」と言う言葉を使い、限りなく人間に近いロボットを研究、ビジネス化している国際的に知られた学者だ。人間に近い分野の言葉では、頭脳、言語その他、感情などまだ定義されてないことが沢山あるそうだ。脳科学、心理学、認知科...

続きを読む

トランプ次期大統領

オバマ大統領は8年間、ほどんど大仕事しなかったと言ってよい。国家でないISを野放しにしてしまった大統領と将来、歴史を語るときに注釈が付くだろう。川島教授は北朝鮮も南スーダンも一応は国家だ。国家でない相手が世界で一番始末が悪いと言っていた。渡辺さんは8年間ずっと、オバマ大統領の話をしてきた。A氏が「彼もオバマと心中だ」と言ったので、じゃなぜ講義を聴いていたのだと反論した。時間つぶしだったそうだ。さて...

続きを読む

80年前の略帽

帝国陸軍の冬用略帽だ。回りが赤い軍帽を公式な戦闘に被るのはこの時代には鉄帽になり、鉄帽の下にまた非公式なときに使用したと言う。1930年代の帝国陸軍兵の帽子は大体これだ。これはウールで、木綿の垂れが付けられる夏用もあった。当時のウールの保存期間は60年間とされていたが、この帽子はまだしっかりしている。デザインの特徴は上がとがっているtことで、当時の日本人には似合ったのであろう。偽物と思う読者は知ら...

続きを読む

入れ墨外国人入浴はごめんだ

入れ墨は日本と国外とは意味合いが異なる。日本が悪くて、外国は良い、などという理由はない。どちらも人間の文化だ。ただどっちがどっちと多角的に比較すると外国のものは質が低い。でたらめな意匠が多い。残念ながら、我がクラブは日本人の入れ墨は職業であり、禁止。外国人の入れ墨は伝統であり、OKと言うことになっている。伝統的と言うのはもしかしたらオーストラリア、ニュージィランドの原住民が、いないが、来ると言うこ...

続きを読む

「駆けつけ警護」の不思議

自衛隊のPKO活動の幅を広げ、他国のPKOやNGOなど紛争地域で活動している人々が危険になったら、助けると言う状況をああでもないこうでもないで、議論している。当たり前のことが当たり前でない。大きなかつ基本的な国家としての意識の問題だと思う。武器を持って紛争地域の平定を援助に行く、しかし自国民や自衛隊自分自身が身を守ることすらできなかった期間が20年間も続いた。すこし戦争アレルギーも行き過ぎだ。また根...

続きを読む

サンケイ黒田さんどんどん書け

「不幸なるかは我が隣国にあり」・・福沢先生が書いてから、その状況に変化はないようだ。中国は共産主義、朝鮮半島は北も南もあの状態だ。日本の安全保障と外交は大きな制約と危険性をはらみ続ける。朴大統領も今日か明日に米国大使館に駆け込まないと大変な将来が待っているのでは。ところで、韓国から何の容疑かいまだに理解できないが、長い間、出国禁止となっていたサンケイの黒田さんの話を直接聞いたことがあった。内容の具...

続きを読む

TPPの行先

米国が言い出して、自分は参加しないことになりつつあるTPP、「あんまり」だと担当大臣は言うかもしれない。日本では衆議院を可決、参議院の委員会質疑が行われていた。昼のテレビ中継を見ていたが、「交易」つまり国家間の取引はものだけではなく、金融、制度、権利その他、非常に複雑になってきている。その扱いは各国家の管理であるべきだが、なるべく多国間で一定のルールを作るべしというのが、世界の流れになって来た。問...

続きを読む

米国人が目をつけた日本人画家「伊藤 若冲」

先日、文化功労賞を受賞した辻 惟雄博士の「和冲の不思議な目」と言う話、なかなか聴く価値があった。理事長の挨拶は余計だったが。若冲は18世紀末、京都で活躍し、主にその作品は寺社に寄贈され、多くが残った。欧州でいえばダリみたいな視点で、花鳥、植物を描いた。私は風呂敷の波のデザインの根源は彼にあると龍泉堂に聞いたことがあったが、なるほど、あれは蔦ではなくて、若冲が描いた、波がしらのからみ、だ。波がしらがか...

続きを読む

現実とし大変なことになる「韓国」

今朝はテレビニュースを見ていたが、ほとんど昨夜の韓国、ソウルの状況には触れられなかった。20万人規模のデモが行われ、その主力は若者であったと言う。朴大統領は昨年までは中国に接近し、韓国はそれを歓迎していた。しかし半年で状況は大きくかわり、朴大統領の支持率は5%だそうだが、クーデターも起こらず、暴力沙汰はない。あれだけの近代国家だ、他のアジアの国とは違う。暴力沙汰、これがひとつの目安で、暴力が行われる...

続きを読む

川島 真先生の「アヘン戦争」

数年後から「歴史総合」と言う課目ができ、世界史、日本史、互いの影響を主題にした歴史教育になるという。歴史に興味のある人間、的確に時代の深部を知る日本人は少ない。戦後教育の欠陥のひとつである。彼の第二回目の話は清国と英国の貿易を巡る争いと協議が内容で、アヘンが戦争の直接の原因と、その取り方がとても新鮮であった。英国がアヘンを売りたかったという単純な問題でなく、インドも絡んだ交易問題なのだった。まずは...

続きを読む

自衛隊第50回音楽まつりに行ってきた

本日、11月9日金曜日はとてもいろいろあった日であった。勿論、トランフ政権の発足がどうなるか、それも心配だ。朝は雨が相当降っていた。10時に出て、週刊文春、新潮、他月刊誌を図書室でチェックする。結構、トランプが・・・と言う記事が多く、日本のメディアは米国メディアに惑わされるな云々の記事がwillなどに目についた。午餐会は文化功労章、辻 惟男教授の江戸期の画家「伊藤 和沖」の不思議な目という題目でこれは聞い...

続きを読む

新大統領の米国と銃規制

「驚くべき大逆転」などと日本のメディアは騒ぎ立てたが、開けてみれば全て背景がある。米国メディアはたとえ相手が危険でも白人警官が黒人容疑者を射殺した幾つかの事件を「人種差別」と言う観点で報道した。他人の国のことだ。とやかくは言えないが、あのようなことで職を失ったり、訴追されたりした若い白人警官への同情はどのようなものであったか?トランプ新大統領は銃規制などはしないだろう。しかし州法が優先されるので、...

続きを読む

帝国日本軍の遊底被のいろいろ

小銃の故障、命中率の不正確は砂などのほこりによるものが多い。映画「ポークチョップヒル」では歯ブラシを腕に差して、絶えず、銃の遊底を掃除しているシーンがあった。遊底被も日本だけのものだろうか?日露戦争の画像をていると、銃の機関部に手ぬぐいのような布を巻いている兵がいた。ほこりを恐れたのであろう。ものは鉄板を曲げ、こう棹の部分を開け、両局面が銃の溝にはいり前後する仕組みだ。3種ある。三八、四四式用。九...

続きを読む

ある残業の一夜

入社後20年目くらいのときだ。クライアントで契約書の最後の文面を協議した。先方も当方も営業と担当、法務の人間6人。冬だった。暖房も切れた。緊張感から眠いとは感じなかった。先方の法務は偶然、僕の高校の同級生。何とかクライアントの予算の関係で明日午前中には完結したい。幸い、最後の文は我々に決定権が上から与えられていた。内容的なものでなく、言い回し的なことだったからだ。午前2時に完成し先方の法務のタイピ...

続きを読む

アルミ装具は明治のもの

帝国日本軍の小銃負い皮は固定してない尾錠1個で使っていた。これは日本の開発かどこかの国のものをまねたのか、そこまでは知らない。だから、戦場で皮革が痛んでも皮が手に入れば、それで帯をつくり負い皮を自作できた。尾錠の金属は大体が真鍮製だ。大戦になる前から鉄をつかうようになった。九九式だ。弾薬盒の釦も同じ。時々、アルミ製を見る。この皮帯、帯皮とも言いう、は尾錠がアルミだ。厚い大型のものだ。装具の金具にア...

続きを読む

またしても個人の問題、残業

男女均等などという言葉を信じてはいけない。まるで違う。医師の診断書をもってくると1カ月の有給休暇を当時は与えなければならなかった。本当に鬱か。鬱病とは何か?まだ医学的研究が進んでない10年以上の前の話だ。私は面接をしながら申請書に判を押して、世間話をした。80%が女性だった。いろいろこれからの1カ月の楽しい計画を正直に話してくれる人もいた。大体、半分以上はあの人もとったから、自分もと言う公平論からが...

続きを読む

小銃の負い帯

昨日、留守中に地区の猟友会会長が郵便受けに狩猟登録とバッジを入れておいてくれた。お礼の電話をした。猟銃、ライフル銃には負い皮が付いている。射撃の時に左ひじに当てることもある。ただしロイ・ダンロップ氏は負い皮を命中率を上げるために使用するのは無意味であるとしていた。山の中では大いに役に立つが、位置につけば使うことはない。散弾銃には負い皮はない。移動のときは重いので大変だが、今年は何か工夫をする。画像...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ