FC2ブログ

記事一覧

2月が逃げて、北も逃げ切りつつある

いまいましい月が終わりつつある。サンケイさんの政治部長の話では米軍は極寒の期間に北を攻撃する、という予想だった。それは明らかに平昌五輪前で北が制裁のためくたばりつつあるはずだった。しかし、まだパラリンピックが延々とあり、北は時間稼ぎができる。ミサイルや核の開発に必要な燃料は密輸、瀬取りでまかなっているに違いない。パラリンピックが終わり、また韓国を除く世界が激怒するようなとんでもないことをするまで、...

続きを読む

二・二六事件は・・・

82年前の話だ。昭和11年(1936年)の2月26日から29日の3日間、首都東京で発生し陸軍青年将校たちによるクーデター未遂事件だ。現在は盛り場になった麻布の麻布連隊と国立美術館のあたりの歩兵連隊の将校が下士官兵約1500名に武装させ、政府要人の殺害と国会などを占拠した事件だ。私はNHKに頼まれ「ヒストリア」に当時の写真を分析し、三年式機関銃が反乱軍に装備されていたことを証言した。ただし、機銃の後ろ...

続きを読む

スポーツにおける日本人の可能性

東京マラソンで日本記録を出した箱根駅伝の選手に1億円の賞金。これは私が毎年、疑問に思い書いてきたあの「箱根駅伝」だ。選手たちは可能性を秘めた人間だが、この駅伝のテレビ露出に昇華して、マラソンに進まない。およそ35年前、私はビデオ機器(VHSvsBETA)のVHS側の担当であらゆる可能性をクライアントは試したいとのことで、ちょうどスケート連盟から要請のあった「ショートトラック」のビデオ判定の仲介をした。今では...

続きを読む

外人コーチの活躍

僕の米国生活で感じたことが今度の五輪でも見られたようだ。テレビのメダリスト特集をみていると、影に多くの外人コーチがいた。その前にメダリストだけを特別にするのはあまり良い世論ではない。冬季スポーツのように日本でも寒冷地仕様でないとできないものが多いので、4位になった選手たちもこれはメダリストを同じと感で良い。4人で3つのメダルを争っても難しいのは同じ。「精神論だけでなく理論と効率そしてコミニケーショ...

続きを読む

祭りが終わり緊張が始まる

私は今年、2018年(平成30年)は第三次世界大戦の始まりの年になると、後世に定義されるであろうと何度か書いた。はっきり言って、冬季五輪最後の一時間は楽しんだ。でもNHKを始めテレビ界がしきりに言うようにメダル取ってめでたいという感じは浮かれすぎだ。(確かに選手の努力が身を結んだ結果であることは評価する)スポーツイラストレィテッドの予測とほとんど同じ数字だった。本夕の閉会式は観ないつもりだ。怖い。と...

続きを読む

いまいましい平昌五輪が終わり・・・

本格的な制裁をきちっちと履行して欲しい、関係国は。韓国はだいぶ怯えて腰が引けているのが気になる。一昨日も、ソウルでは少数の人たちが北からの閉会式への訪問団を受け入れるなと書いたバナーをもって静かに立ち抗議していた映像を見たが、あれが本当の韓国の姿なのかもしれない。一方、トランプ大統領は「今までにない制裁を厳しくやる」と述べていた。やはりアジアは中東と同じく密輸が横行しているから、それら海賊が総動員...

続きを読む

自身アデンティ経過、カズオ イシグロ氏

昨年ノーベル文学賞、作家カズオ イシグロの研究をしている昭和女子大名誉教授平井 杏子さんの話を聞いた。私はNYで「ザリメンズオブディ」と言う映画をNY勤務になったばかりの1993年に観て、エンドタイトルに彼の名前があり、あれ日本人かと驚いた。アンソニー・ホプキンス, エマ・トンプソンの主演の評判に良かった作品だが、じれったく感じた。本やで、彼の名前の本と手に取り、彼が英国人であることを知った。平井さん...

続きを読む

冬季五輪に見る世界の偏り

現役のころ、米国でアトランタ、長野、レイクプラシッドなどの五輪ビジネスを規模は大きくなかったが全体の取引と契約の一環として行った経験がある。いずれも地元でやるイベントではないので、利益は薄かった。その後、クライアントは業績が良くない状態が続いたが巨額なスポンサー料とやっかいな手間のかかる五輪契約は辞めてない。とくに多くのクライアントは冬季を重要視する。マーケットが良い地域を対象としているからだ。今...

続きを読む

北への制裁はどの程度効果を上げているのか?

昨日来の米国の報道では、平昌五輪に来た北朝鮮幹部は米国と会談したかったが実現しなかったと。当然、前ぶれもなく、ペンス副大統領や安倍首相に会談を申し入れても、日米同盟は韓国のようにユルフンではないので実現はしなかった。副大統領の五輪開会式、その前のレセプションでの態度は尋常ではなかった。同時に「制裁」はどれほど効果を上げているのか?この報道は日本ではまったくみられない。日本列島が寒気のため、過去数十...

続きを読む

とにかく気温の差が大きくどうなっているのか

良く観察すると春の息吹はいたるところに見られる。昨夜は温かかった。会社時代のまだ現役の友人と食事をした。今日の朝も比較的暖かく冬の支度でなく出かけ、プールで泳いだ。外に出るとまだ温かかった。だが、夕方、出ようとすると突然に気温が急降下しており天気予報は北日本ではまた雪になる。青森では4mも積もったところがあると伝えていた。体がたまらない。この冬はまだ風邪も勿論インフルにもなってない。元気だが。医療...

続きを読む

あと味の悪い平昌五輪

今朝は三沢基地で米軍のF-16が燃料タンクを二つ落とした。水の上に落としたのは適切なる処置であっただろうが、増槽を満タンにしてどこまで飛ぶつもりであったのだろうか?日本国内は先々週より今週末まで約20日間は五輪に浮かれているが現状は米軍は緊張しているに違いない。当たり前だ。時間を稼いだ北は、軍備の増強にいとまないはずだ。情けない。拉致、核、ミサイル、制裁、何ひとつ満足に、また深刻にとらえてない我が国にお...

続きを読む

何度も言う「米国の乱射」は終わらない

先日、米国から来た友人に聞いた話では、米国の銃規制は譲渡のための輸送に力が入っているらしい。これは収集家には痛い。しかし、銃砲店に行けば、ほとんどの人は何らかの銃砲を購入出来る。クリントン、オバマ政権16年間でも個人が銃砲を所持することにはまったく手が付けられなかった。米国史では開拓、独立戦争時の銃所有の国民への「義務」が今は「権利」に変化しただけだ。ちなみに日本は運転も銃砲所持は「権利」でもなく...

続きを読む

「竹島奪還」の日

本日は「竹島の日」とのことで、歩いているとき大通りで街宣車がスピーチを行っていた。そこから韓国大使館までは300mくらい。大使館の人たちが表に出て来ない限り聞こえないだろう。おまけに日曜だから、人出は少ない。街宣車への警備も大通りから大使館前までの坂は閉鎖される。女性のアナウンスに続き、「奪還活動」を行っている人が紹介され、彼のスピーチが始まった。下手だった。趣旨には賛成だが、スピーチは日本国政府...

続きを読む

ニュースが入らない、世界の状況が分からない

2月はものの動きが鈍い、ビジネスがスローだは普通だ。しかし平昌五輪は、羽生君や、宇野君のような氷上の王子さまたちの活躍で日本国内では盛り上がってきた。観ないと決めていた私でも行く先々でテレビは付けているから完全に観てないわけではない。私が予測したようにこの五輪の前に朝鮮有事があったなら、それはそれでテレビは大変な仕事を抱えたが。でもニュース枠もほとんどが五輪が内容で、世界で何が起こっているのか、何...

続きを読む

「2018年の世界、日本そして日銀金融政策の出口」

標記の題の話を、みずほ総研、高田 創から聞いた。本日、日銀黒田総裁の再任が決まり、まだ話を聞いていた段階では副総裁の名は発表されてなかった。題名の話はみずほ証券や様々な経験からお得意なようであった。前提はすべての課題は歴史に例があるが、ゼロ金利とかマイナス金利は、つまり現在の状況は世界中で人間が経験する初めてのことだ。経済状況は米国、日本、欧州、中国とすべて良い。今年の世界は想定外の、地政学的な問...

続きを読む

天皇皇后陛下と歌舞伎の襲名披露

昨夜妻の誕生日祝いに二月歌舞伎の券をとり、行った。シャンペンを用意しておき、飲みながらの観劇。最高の贅沢に近いと感じた。良くプラチナチケットが取れたね?と歌舞伎の先生M老公に言われたが。目的は同じ町内に住む、孝四郎三代の襲名口上を聞くためだ。恐らく、すべての歌舞伎役者がこの興行に出ていたのではないか。しかも良い席だった。花道の横、舞台も良く見えた。サプライズがあった。第二幕に天皇皇后両陛下がおみえ...

続きを読む

ムン大統領の五輪外交腰砕け///

今回の五輪での、ムン大統領の韓国の様はみっともなくてみいていられなかった。先日、元韓国全権大使であった外交評論家の武藤氏がBSフジの番組で述べていたが、韓国の今回の北と米国・日本との間に楔を打ってきた北の策略を200%くらいはまってしまった。もしムン大統領がこの状況に気が付かなければ、北の横暴の拡大と米国の北への韓国抜きの攻撃の可能性が拡大した。自業自得とは言え、韓国にも被害は及ぶから、国民には気の...

続きを読む

行くべきでなかった安倍首相

原則に戻りスポーツと政治は切り離すべきであった。うまく、北と南にやられた。安倍さんへのムン大統領の配慮はほとんどなかったと言ってよい。慰安婦合意に関しても聞き流したし。私は「しらける五輪」と定義したが、あの訪問は全く成果はなかったし、その通りになった。外交的には失敗だ。ここまで来たら、五輪が終わったら米軍には即、攻撃を開始してほしい。イラクの大量破壊兵器問題より北の核とミサイルは見えているではない...

続きを読む

「多数決ではない決めた方と多数決の正しい使い方」

坂井 豊貴経済学教授の社会学的な話。坂井教授によれば1対1、2者選択では絶対的だが、小選挙区のように複数の候補の中から1者選択は公平ではないという話だった。なるほど。票の割れとか決戦投票とかいう言葉を聞くと合点がいく。集団は生き物であり、個人は意思を持った個体である。集団の意志の決定の仕方は大切である。これはこれからの日本国憲法改正でしかるべく我々が考え無ければいけない問題だと感じた。国民ひとりひと...

続きを読む

他人が詐欺に会うのをみているのは・・・

本当に腹立たしい。だからテレビはなるべく見ないようにしているが、家族で集まる夕食のニュースなどではどうしても耳に入る。韓国が北朝鮮に騙されている。時間かせぎされている。米軍を追い出そうとしている。これらだ。NHKはインチキ五輪の放映権を多く購入しているから特に念入りに、しかも北の詐欺まがいの訪韓を知らないふりして報道する。五輪、これも張本の言うように日本女子ホッケーは朝鮮に負けるかも知れない。微妙な...

続きを読む

腹立たしい今年の2月

韓国のムンさんはキムジョウンの妹とかいう女に完全の篭絡され。米国副大統領のレセプションディナーへの欠席、安倍首相への不快感の失礼、まったくもって、五輪の名のもとに北朝鮮にいいようにくるめられた。北が南を統合したら真っ先に公開死刑となる運命にも関わらず。戦後処理の問題でも韓国は日本にかなりの失礼をした。大戦には日本として(朝鮮人には徴兵はなかった)日本側についたにも関わらず、賠償を請求した。でも恐ら...

続きを読む

台湾は地位未定である歴史

川島 真先生の話、カイロ宣言では日本降伏後中國に帰属するとなっていたが、サンフランシスコ条約で中國に含まれていなかった。だから中共が主帳しても、条約は宣言より強いから台湾の帰属は必ずしも大陸ではない。沖縄も同じだ。花連の地震、台湾が日本に救援を求め、中共を断ったに中共は怒っているそうだが、台湾の蔡総統はどこ吹く風だそうだ。沖縄の地位はマッカサーが断らなかったら国民政府のものになっていた。日本全国の...

続きを読む

腹立たしい2月、河野外相叩き

川島 真先生の話では河野外相の先訪中では、議論は噛みわなかったが、珍しく中国側も積極的だったようだ。王外相の手配で首相との会談が入り、予定の日本航空会社の便には間に合わず、中国の航空機で帰国したそうだ。(外相には小型でも専用機は必要だ)だがその後、日本政界では彼への風当たりは強いようだ。祖父、親父が馬鹿で私も太郎は駄目だと考えていたが、どうもその後の行動をみるとなかなかの実績がある。すでに自民党総...

続きを読む

腹立たしい2月、平昌五輪

北朝鮮の手玉に取られているムン大統領。恐らく五輪が終わったら、彼も終わる。入村式のニュースを見てたら、どっちらけ。日本と韓国だけ。それも日本人は役員の一部。競技にはどうでも良い人種。あまりの低い気温と地上インフラの不足で、果たしてたいしたことができるのか?その状態に付け込んだの北だ。うまくやられた。安倍総理も韓国が頼み込んだ米国に言わされているのだろう。「南北融和の良い機会だと」そんなに甘くはない...

続きを読む

グルメと散歩番組が主流の日本テレビ界

私は日本のテレビ界も風前の灯ではないかと思うう。NHKもだ。チャンネル釦を押すと、どの局でも誰かが何かを食べている。「うーんこの味と言いながら」 どんなタレントでもみっともない。もうひとつの主流は、旅だ。観光地に行きそこの人々とふれあい温泉に入るというものだ。恐らくこれらの番組は視聴率と制作費用のバランスで急に増加したと考えられるが、特定のキャラクター、例えば、タモリ、鶴べい、名前は思い出さないが数...

続きを読む

陸自攻撃ヘリ墜落にみる日本の世論

今日夕方佐賀県で整備点検中の攻撃ヘリAH64が墜落、民家も炎上した。現場からの中継を観ていた。「怖いですね」「危ないですね。」と言うのがほとんど道行く近所の住民の意見であった。私なら「住宅の住民、乗員の安否が心配」と答える。前にも書いたが恐らくそういう意見はカットされて世論操作されている。昨日の沖縄の選挙、ずっとそのような世論調査の結果に人々があきあきした結果でないか。テレビは作業員の組織化だとわざわ...

続きを読む

「旅をすれば利口にならあ」

北の核、ミサイル問題は実は日本を目標にしていると思う。外交や融和はもはや何も力をもたない。安倍総理は世界歴訪の外交から多くを学んだと思う。北の核、ミサイルの攻撃目標は日本だと。しかし党内、国民はまだそれに気が付いてない。冬季五輪の間は、国民とメディアは五輪に浮かれて、現実を忘れる。これは北の時間稼ぎの期間でもある。標記の言葉は「男はつらいよ」,寅さんのものだが、私は現在、日本は冷静に状況をみている...

続きを読む

腹立たしかった「岳 真也」作家の話

はじめて聞いた名の作家だった。今日は明日の福沢先生の命日にちなみ「福沢 諭吉と西郷 隆盛」と言うタイトルだったが、林 真理子に義理があるのかNHK大河ドラマ(歴史考察はでたらめ、薩摩示現流は親指で銀の鍔を押し鯉口をきるのか・・・たまたまちらっと見たシーンがあった)鯉口は握りできるものだが。恐らく明治十年の西南の役は西郷どんがアホだからあのような反乱になり、薩摩藩に悪意のあった日本全体から叩かれたと事...

続きを読む

腹立たしい2月

誰しも嫌な思い出が多い月がある。私にとっては2月だ。狩猟に行っても、今までの40年間以上の記録では何もとれてない。一番の嫌な思い出は、55年前、グライダー訓練中に一年下のT君が目の前で墜落死したことだ。200mくらいの高度からまっさかさま。機体は木製単座、学連(朝日新聞の下部組織)のだった。次の搭乗は私の順番だった。航空局から原因調査に来たが原因は不明。学校では重要な追試を受け損ねた。そこまで追い...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ