FC2ブログ

記事一覧

まだまだある不審な話、北朝鮮

朝鮮戦争後、まだ韓国と国交も回復していない期間、日本にいる北朝鮮人系の人々が大勢、北朝鮮に帰還した。これは私の記憶でも映画を見に行き、その本編前に上映するニュースで何度か見た記憶がある。新潟港からマンヨンボン号に乗り込む人々、大きな荷物を持ち、マンセーの声が見送り、地上の天国であると言われていた北朝鮮に渡った9万人。だれもが朝日をはじめとするメディア、左翼、日本政府(犯罪率が6倍だった生活保護者が...

続きを読む

長かった6月

今年の6月一か月間は私にとって非常に長く感じた。時間は同じに過ぎて行くが、人により、年や時により長く感じたり短く感じたりするのはなぜだろか?いろんなことがあった。ずっと過去のことに思える米朝会談で北朝鮮に対する日本の感情も急速に変わった。天候も初夏、梅雨、そして夏と目まぐるしく変わった。ワールドカップが開催され毎晩、日本を始め各国の試合を深夜から未明かけ見ていた。完全に生活が「ワールドカップ時間」...

続きを読む

ブンヤが追い続けた拉致被害の40年間

元産経新聞記者、阿部 雅美氏が語ってくれた、40年前からの北朝鮮による日本人拉致の実態、メディアがそれらの多くの事件を無視しつづけたことへの提起が主題であった。40年間を1時間では語れないと、事件のきっかけを彼が富山、鹿児島新潟などに取材して当時、日本の捜査当局、公安はまさかそんなことが現実にと「氷河期」と言う言葉で表現した。それが1980年のことだ。17年たってようやく国会で審議され、特に横田 ...

続きを読む

アディ・ダスラーさんとワールドカップ

正直、ロシアのワールドカップがこれほど盛り上がるとは思わなかった。ワールド・カップをFIFAが世界に広げ、現在のような体制になる過程で彼の功績は大きかった。ダスラーさんはFIFAやUEFAが競技会を行う資金をスポンサーが付く仕組みを創った。だからワールドカップは24か国から32か国にまでになり、日本のスポンサーも多くの資金を出した。アディダス自体も開発途上国の子供たちに靴やシャツを提供することでそのような地域...

続きを読む

テロの定義を明確に

そして国を挙げて現実にあった警戒と対策を。監視カメラはプライバシー云々と言われていたが様々な事件の解決には必要不可欠なものだ。昨日の警察官からの拳銃強奪殺人事件、先日の新幹線、さらに戻れば秋葉原の車突入とナイフによる無差別殺人や、小学校への無差別殺人や、地下鉄サリンなど「社会を不安に貶める事象」は単なる事件ではなくテロであると定義すべきだと思う。勿論、サイバーによるライフインフラや交通機関、航空管...

続きを読む

警察官の拳銃

恐れていた事件が起こった。富山で警察官た殺され、拳銃を奪われて、更に小学校の警備員が撃たれ、犯人も撃たれて逮捕されたというニュース。この事件でまた警察官に拳銃を所持していると危険だ。丸腰で良いのではと言う議論がでるだろう。しかし、英国の例にもあるように、こういうテロリストから市民を守るには警察官の武装は切っても切れないがある。不意を突かれたのは痛かった。交番の裏口から出るのを待ち伏せされたと言うこ...

続きを読む

粘り強くなった日本人

と言われるようになりたい。スポーツでも、政治でも、経済でも、なんでもかんでも。未明はセネガル戦を見ていた。本当は最初の30分間くらいでもう寝よう、今朝は土浦まで9時に行かなければならないし。しかし、徐々にアフリカの強豪に迫って行き、最後は勝ち点1を取った。先日は南米の強豪に3を。勝てる相手とは思えなかったセネガルの動きだったが。もしかしたらもしかしたら、本当に強くなったのかもしれない。GKは少し頭が...

続きを読む

鬱陶しい梅雨だが・・・

先週は5回ジムに行き、4回プールで泳いだ。アルコールも控えた。だから格別体調が良いと言う訳ではない。昨夕、阿武隈の隣家から電話が入った。イノシシが近所を荒らし、皆、困っている、私の銃猟、ワナ猟の免許でどうにかならないか?と言う内容であった。特に野菜などはこれから収穫を迎える。イノシシにとっては電流柵以外は意に解せずどんどん入って来る。イノシシが今頃人里に出てくる理由の一つは植林が悪いと思う。山奥まで...

続きを読む

神保教授の612米朝会談の展望

教授はかねてより地理感のあるシンガポールに出張し、シャングリラホテルで米国の大統領外交団、取材陣、そして日本の外務省幹部とも語り、会談の様子と結果を現場で取材し、感じた内容を外交研究会で話てくれた。あまりにもあっさりした共同声明で核や大量破壊兵器のCIVDが盛り込まれてないことが何を意味しているか?トランプ、キムの二人だけの35分間の話の内容は何か?またトランプ大統領は米韓演習の中止、朝鮮半島全体の非...

続きを読む

「アマゾンと物流大戦争」と言う題目の話

この題目の講演を聴いたが、「金返せ、メシも不味いし」と言いたかった。「と」と言うと対抗した新領域の物流と言うふうに勘違いした聴衆も多かったし、何よりもこの人の立ち位置が明確でないし、アマゾンなるもを理解してなかった。私はNY勤務時代にジェフ・ベゾス氏に会って直接話を聞いていたからだ。彼のビジネスモデルや社名は南米のアマゾン河をイメージしている。多くの支流を集め、とうとうと流れる尽きることない水、海...

続きを読む

シンガポール米朝会談の勝者

日本のメディアは圧倒的に「中国」としている。果たしてそれは当たっているか?昨夜、BSCXの番組を見ていた。朝鮮大学と言う在日朝鮮人大学准教授、や田中 均氏が各々意見を言っていた。制裁の定義や報道が誤解されていると田中氏の意見。知らなった。核ミサイル開発のみで人道的なものは含まれてないとのことだ。多くの報道は米朝会談後、キムジョインルがまた北京を訪問し、厚遇を受けていたことが中国が勝利した理由だとし...

続きを読む

米国、国連人権理事会脱退の二面性

何度も書いたが戦後70余年を経た国際連合は大きな矛盾、多数決原理、課題を抱え、その機能はどんどん減少しつつある。日本も慰安婦問題をこの理事会が取り上げたとき、声を上げるべきだった。だが日本の国際連合至上主義がそうさせなかった。米国はイスラエルの要望であろう人権理事会脱退を決めた。反イスラエル勢力はイスラム国の多くにあり、国数は多い。昨日、イラン人の知り合いと泳ぎ、外に出た時、偶然に出会い、15分ほ...

続きを読む

ブロック塀の危険

およそ世界中でブロック塀なのものが存在するのは、先進国には日本以外にはなかったと思う。インドネシア、タイ、台湾では見た記憶があるが。米国にいたとき、週末用の小さな家を買った。川のそばで釣りが楽しめるからだ。地下室が全体にあり、それが木目が残る厚いコンクリートの枠で高さは2m50cmくらいか。そこにワークベンチと工具掛け、そして暖房、水道ポンプ、湯沸かし、洗濯機、乾燥機などが設置してあった。冬はこの...

続きを読む

地震は怖い

何度か書いたが、日本列島は徐々に太平洋側に傾いていくのではないか。勿論何万年というスパンだが。九州から東北まであちこちで直下型ともいえる地震が昨日今日もあった。恐らく、日本の歴史上ずっと地震は人々を悩ませてきたのではないか。江戸期、明治期、そして1921年の関東大震災から8年前の東日本まで。地震には二つの恐ろしい付帯要素がある。火災と津波だ。日本では何年間も膨大な費用を掛けて地震予知を研究してきた...

続きを読む

多数決の原理が変わる

フランス革命以来、民主主義とは多数決でものごとを決めるが原則だ。中世の暗黒時代の前、ローマ帝国の多数決は例外だ。しかし国際(勝利国)連合は200近い国家が参加しているが、総会に持ち込めば多数決が全てだ。日本の国会は逆に少数派が威張っている。議論にならない議論を吹っかけて審議を遅らせる。先日も委員長を殴っていたが、障害罪にはならないのか?さて国連のケースはFIFAやIOCにも適応され、アフリカや中南米どうでも...

続きを読む

日本の高度成長期のアジア

僕は経済学を学び、1960年代の半ばに社会人となった。勉強、研究した内容は現在では金融を始めほとんど役にたない。ただし、〇経ではなく、資本主義は良い、ソ連は崩壊するという説を唱えていた先生のゼミだったので、25年後にソ連が実際に共産主義を捨てても驚かなかった。日本が高度成長していた中ソ、中印は争っており、やがてベトナム戦争が始まる。カンボジアのポルポトも。川島先生の講義だ。第二次大戦後、連合国は自...

続きを読む

歴史をフィクションにする文学とは

昨日、それを専門とする女性小説家の話を聞いた。フィクションを歴史の史実はさておいてドラマ化するのはNHKの小河ドラマだ。あれらを毎日曜日に何十年間も、紅白歌合戦のように見続けてきた高齢者、おそらく日教組下で小中学を過ごし、日本史も世界史も正しく理解してない多くは、史実や日本が日本人がどう生き抜いてきたのかを誤解したまま死ぬだろう。来年小学校6年生になる子供たちの教育要綱は高校で変化するから、また違う...

続きを読む

トランプの中国攻めの堀は

昨日の外交研究会での話だ。シンガポール会談が何も成果なし、不愉快この上ない・・・と言う意見に対し、米国は中国を抜きに北と直接話ができる、同じように北もパイプができた。核・ミサイルなどの脅威を利用しての両国の大義は中国を通さず直接話ができる・・・とのメリットを聞いた。確かに北と米国が核廃棄に関して、直接話をしながら、北は中国から離れるは中国にとって一番嫌なことだ。私の予測はリビア方式であり、カダフィ...

続きを読む

海上自衛隊の現状と今後の課題

一昨日の防衛座談会で聞いた講話の内容だ。講師は幕僚部防衛部長、制服だ。31期防大卒、11年間を海上勤務された方だ。はっきり言って背広の防衛省官僚の話より具体性があり、明確だ。ハーバード、アナポリスへの留学経験、米空母経験もある方だ。ただし、制服(軍人)としては政治は語らずで、その前日の米朝会談に関しても「日本近海から米国海軍がいなくなったあとの影響」には触れた。特に米空母の存在だ。一つは日本を取り巻く...

続きを読む

パニックにならない大韓民国

シンガポール会談を分析すれば、トランプさんは事前の意気込みは吹き飛び、妥協も妥協、出鱈目な結論を残した。ある意味では中国ですら、報道官は笑っていたが、その実は驚いたのではないか?北が勢いづき中国東北部の最強人民解放軍朝鮮族の蜂起だ。彼らが制裁には関係なく密輸をしている。それに以上に大韓民国という南朝鮮は完全に堀を埋められたのに、市民はあのおぞましい会談を歓迎し笑顔で答えていた。野党支持者のコメント...

続きを読む

日本の置かれた立場・・対北朝鮮

昨日の米朝会談は北朝鮮のKOとは言わずとも判定勝ちだ。背後に中国がいる以上、「中国が云々」と反論し、反論し続けるだろう。相手が直接中国ではないが、第一次朝鮮戦争は中国の介入で休戦協定にも参加している。トランプさんは歴史を勉強してない。そこに弱さがあった。相手の過去の試合を普通はビデオで見て研究するが。「時間がなかった」と言う記者会見での答えはすでに時間は決められている試合だから理由にならない。安倍総...

続きを読む

思うつぼのシンガポール会談

昼からニュースで現地からの報道を見ていた。キムはトランプの軍事力行使が怖い。それで緊張していて、おののいた態度、トランプは俺に逆らったらとの態度、二人とも演技だ。二流映画の一シーンを見ていた感があった。これから時間はどんどん過ぎる。そしてそしてまた元の木阿弥になろう。日本のメディアは共同宣言に日本人拉致のことが盛り込まれてなかったと、協議の細かいところをついているが、これは始まりの開始であり、これ...

続きを読む

大雨の中測った電柱

先日書いた傾いている電柱のことだ。今月1日に写真を郵送した。5日に東電の保守会社から電話があった。釣りをしていた。7日にコンサルタントが現地を見ながら電話してきた。まだ水の少ない渓流で頑張っていたが、昨日のアポを取った。昨日は大雨、釣りをしてれば大漁だっただろう。果たして電柱の後ろ側にはすでにヒビが入っていた。それに位置を計測した。直角に曲がる2.8m幅私道のおよそ3対7の位置に立っている。対角線...

続きを読む

新潟は私にとり、日本にとりとても重要なところ

そこでやっとまともな知事が出現したことはとても喜ばしい。新潟大学付属中学で僕の人生では唯一転校なく過ごした4年間でっだった。、小学最後1年間の新潟小学校の鈴木先生、そして中学の今井先生たちの言ったこと表情の記憶はあざやかだ。随分と暴れたので叱られたがとても愛情ある先生たちだった。なぜか日教組の影響は少なかった。特に中学は国立だったかろう。最初の英語の先生は米国婦人だった。親友も多く出来た。今でも、...

続きを読む

嘉永年間と同じ心境になれ日本

昨日、銃砲史学会で品川歴史館学芸員冨川 武志氏の台場建設の話を聞いた。外国船打ち払い令来、各地は海岸を藩が責任をもち防備した。しかしペルーは直接、江戸湾に入ってきて、強硬な外交関係樹立を求めたことは知る通り。その防備として、現在、レインボーブリッジから二つの台場が見える。(運転しながら見ないこと)台場は島ではなくて 塀が囲って、真ん中が恐らく満潮時1mくらいの広場だ。そこに陣屋があったそうだ。CXの...

続きを読む

G7サミットの行方と混迷

報道では「G6プラス1」などとしているがプラスどころか内容は経済、政治ともに「VS米国」ではないか。しかも上海会議ではロシアと中国はイランの支援を表明し、米国に対立。この混迷は、歴史をみれば1930年代の国際連盟の崩壊を暗示している。恐らく世界は3極化し、日本はそのはざまに立っているとおもわれる。それを認識して北は執拗に日本を攻撃しているが、恐らく物理的な攻撃対象としてもその存在は彼らの大きな目標とな...

続きを読む

残りの人生は有意義に

と誰しもが考えるであろう。会社生活を辞め、すでに11年間が経過した。長いようで短い。米国生活で回りの人々を見ていたら、彼らは今の日本が同じだが、単独家族が進行していて、時々家族と会うが普通だ。金をためて置き、ナーシングホームと言う高齢者協同住宅日本の概念とは違うが医療はもとより、レジャー、スポーツなど全ての設備が整っているところに入る富裕層もいる。大体、温かいところで一年中ゴルフもできる。運転も様...

続きを読む

渓流を歩きマル経を考える

関東平野は軒並み30度を超えたと聴いた。冷房の壊れている車で渓流の横を走っていくが、汗はでない。緑と水の所為だろう。この頃我ながら渓流釣りが下手になったというか、ここにいると言うのは経験で分かるが、もたもたして糸が外れたり、失敗続きだ。しかしこの夏に客が来て、塩焼きにしたり燻製にするだけの数は釣った。2時に出たが、時計とスマホは壊すと嫌なので車に置いたままにした。なんと、5時になっていた。もう原子...

続きを読む

自分で料理したものはまずい

僕は東京にいると毎日昼は出かけて、行きつけの店を回り昼食を食べる。昼はかなり贅沢で、ワンコインどころか4-5個使う。もう何食も食べれないではないか。まずいもの、コンビニ、ファストフードはほとんど利用しない。コンビニのものばかり食べていると死んでも腐敗が進まないくらい防腐剤が入っているというし。天ぷら屋、トンカツ屋、鮨や、それにクラブ食堂などだ。外国暮らしの場合も土日も休みでないレストランがあったが...

続きを読む

トランプの最終案は?

何を読んでも、見ても、聞いても、確たる結果を述べているものはない。評論家や研究家の言うこと、例えば外交研究会の僕が尊敬する先生もそうだ。いっそ,英国の賭け屋が賭けにしたらどうかとも不謹慎ながら考える。あと数日後の会談、トランプ大統領とキムジョインイル最高指導者に関しては、トランプさんは時間をかけて何回もやるとしている。これもあり得ない。キムはおののいているだろう。二人の性格とか方針は全世紀の遺物同...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ