FC2ブログ

記事一覧

7月31日が8月31日のように感じる

今年の夏は長いぞ・・・まだ半ばまでも行ってない。今朝、5時半から7時まで、家の外、40cmx20mの舗装脇の細長い部分の清掃をした。隣家の部分も入っているが、私が留守の間に草が生い茂っていた。先回は山荘から持ってきた電動草刈り機を使用したが、今回は手作業、汗は出たもんなんて状態でなかった。このせいで、今日も泳いだがその後、体調は優れない。この夏、前半はいろんなことがあった。日本では災害だ。まだ台風12...

続きを読む

政権の継続性を望む

日本を取り巻く環境と国際政治は日本政治社会の一日間の空白を待ってくれない状況にあると判断してよい。安倍3選に関しての日本メディアの反発はこれまたものすごいものがある。政権支持率調査の質問に「他の内閣より良さそう」と言う無意味な項目があるが、現在のところ他国に比べての日本の強みは政権の持続性にあると言っても過言ではない。思えば民主党政権からのハトポッポ内閣の無責任、、イラカンの不合理、そして、まとも...

続きを読む

[十手の文化」論と捕り物

捕り物装具は日本独特のもので、世界各地の博物館を走破した私も同類のものは見ていない。友人の谷口 柳造氏がこの種のものとしては初めての本を著し今では珍しい、図書館協会の優良本に指定されたそうだ。十手、捕り物文化は室町期に発したと負う。江戸期に日本独特のものに進化したものと思われる。特に十手は武器兵器の分類では「打ちもの」と言われ、相手の急所を打ち攻撃力を弱らせる、科学的な考え方に基づいているもので、...

続きを読む

逆向きに走る台風

今朝、山を下りて来た。滞在中は一t滴も降らず、山の地肌は乾燥していたが,目覚め前に大雨の音、出るときもかなりの降りだった。しかし30分も走ると雨は上がっていた。途中、野菜を沢山仕入れた。道は空いており、雨はほとんど止んでいた。東京に着いたら、また降りは激しくなった。台風は、地球の自転のせいで、反時計回りに回っており、北に進むに連れて偏西風もあるのだろう、西から東に移動する。この12号は逆だ。勿論回転は...

続きを読む

日本は法治国家である

オウムの13人の死刑執行が1か月間で行われたことに対するメディアの反発はものすごいものがある。オウムを告発していた弁護士や評論家まで、人道的でないと批判している。唯一、捜査を担当した元刑事が「何でこんなに時間が掛かったのか}と言うコメントを言ったのが、肯定的な意見であった。私は1995年3月に父の葬儀のため、帰国していた。その日の朝は早く会社に行き、さまざな手続きをする予定だった。家がそう遠くないので、い...

続きを読む

柳井 乃武夫著「山の兵隊」

この本ももう読み返すことはないと思っていた一冊だ。柳井さんは東大2年の時学徒出陣し、その奇跡的生還までの丸2年間のことをまとめてものだ。後に徳間から「万死の一死」と言う本になった。この本は私の叔父、レイテ島10万人のうち生還者2、000人の一人が「俺の体験とほとんど同じだ」と言うことで私に送ってくれたものだ。柳井さんは運輸省から国鉄そしてJTBの理事をした。数年前に91歳で亡くなったそうだが、1996年頃、私が...

続きを読む

坂井 三郎著「大空のサムライ」

もう読み返すことはないと思っていた戦記物だ。地上は猛暑、帰京は月末として涼しい山荘でのんびりしている。中学時代の友人、ヤマミチが来て、舌を強くする方法、発声、丹田からのしぼりなど、歌の教育をしてくれた。とにかくカンボジアで王室の元音楽を教えて来た男だ。ギターを弾き、油絵を描き、本を読んだ。母屋のとなりの倉庫二階に書庫があり、今まで読んだ戦記物は300冊では下らない。インターネット上では坂井上飛曹の評...

続きを読む

興味をもっている人、イーロン・マスク

大学で米国史を教えているK教授とは午餐会で頻繁に話をする。米国史は300年間程度の期間だが、様々な局面から見ると大変興味深い。僕は機関銃研究からみたが、19世紀後半、機関銃の開発者はガットリング、マキシム、ホチキス、ルイス、コルト、ブローニング多くが米国人だった。それと同時期に、エジソン、ライト兄弟、ヘンリーフォードが様々な産業のもとを造り、彼らの発明だけで現在でも世界のGDPの半分以上は占めると言う。さ...

続きを読む

異常なる気象の原因はやはり太陽の活動ではないか?

航空機の免状を取得する際、学科4科目ありそのひとつが「気象」だった。昔はラジオの天気予報を聞き、天気図を書かせ、自分たちで予測した。これは日本でも米国でも同じだった。特に空気の密度は航空機の運航には欠かせない要素で、飛行場の海抜を引っかける問題としていたのを記憶している。そういう意味では南方に進出した帝国陸海軍の航空隊は大変な苦労をしただろう。一つは南方の天気予報、もうひとつは出力が下がる航空機エ...

続きを読む

共産中国の脅威的発展の裏

1980年代の半ば、今頃の季節、真夏に中国で「アンダー16(現在は21)」の競技があり、クライアントが一社スポンサーしてくれた。クライアントの丸M部長と各地を回った。今にして思えばクライアントは先見の目がそのころはあった。テレビ受信機の工場を天津に創設したばかりだった。当時の中国大陸は現在とは大違い、とても不便で汚く、民衆は外人に慣れてなかった。おもてなしの気持ちなどはゼロ。どうして共産主義が今のよう...

続きを読む

小中学児童の安全性

僕は教師個人の安全性への危機意識の差で出ると思う。先日来の熱中症の小学一年生の事故、救えたはずだ。教師も教頭も保険担当もそして校長も。無防備過ぎる。大阪北部地震の際のブロック塀事故も同じ背景だ。そして何度も書くが石巻、大川小学校の例。僕は小学生の時、その時代には珍しくプールのある近くの公立小学校に通っていた。夏休み前に何回もプール学習はない。ある小雨の日「今日は雨だからプール時間はない」と言われた...

続きを読む

簡単ではない治水事業

今回の西日本災害、ほとんどが河川の氾濫によるものだ。しかもその後の報道によれば瀬戸内海地方でも、大きな土石流などの災害は過去あったと言うではないか。瀬戸内海沿岸は地中海気候で降雨は少なく、その他災害もあまりない温暖なところと聞いていた。そのための農業用溜池がまた原因となったそうだ。江戸期からあったもので、大丈夫と思っていた、とのコメントも聞かれた。自分の経験でも庭の渓流での深いものがあった。何でも...

続きを読む

今日は何か違う

今朝で山荘に来て4日目だ。朝起きて、過去3日間と6月に滞在した時と何か違うと感じた。この家は南東を向いているから朝はとてもまぶしいのだが、暗い。続いた乾季の終わりか。外に出した車に露もおりている。昨日、ここから直線にして30kmくらいの那須には100mm時の大雨がふったとのこと。空を見るとおびただしい数のトンボ、赤トンボだが大型だ。外の気温は22度。どうりで良く寝たはずだ。しかし東京で長い間、およそ一...

続きを読む

「日本の田舎には文化が見られず」・・

とは誰が言った言葉か。確かにたたずまいは欧米の田舎とは違う。一部の昔ながらの生活を守り観光地化しているところを除き。雑然として色や形にセンスがないのだ。これは不思議と言えば不思議。漁港などに行っても、欧米は潮を匂いがしないが、たたずまいがしゃれている。石ただみの道路、レンガや石の建物、屋根の色など。海に面したバーなど。都会の街並みを見ても電柱、電線が残っている都市は世界にはあまり見当たらない。大通...

続きを読む

伝統的価値観とは・・・

世界全体で伝統的値観の否定の動きがうねっていることは否定できない。各国の指導者や、宗教的価値観、経済に関する要因が多いのではないか?米国は移民と自由で歩んできた国ではあるが・・・大統領は背景は選挙にあろうが、それを意のままに語る姿勢だ。ロシアもしかり。EUも、そして問題は中国だ。世界は彼らの覇権主義をいかに防ぐか。崩壊を待つのか。微妙なところだ。中国の派遣主義は伝統的なものとしている人も多い。米中の...

続きを読む

猛暑、猛暑と騒ぐが

なぜ豪雨や猛暑になっているのか?7月半ば過ぎだが、連日の真夏以上の気温の高さにへきへきする。昨日は外出先であまりの暑さ、水ばかり飲んでいたが気分が悪くなった。家に戻り、冷房を入れて、どうにか夕方には良くなった。また夜中にワールドカップ。そのまま起きて、準備をして 山に来た。天気は曇り。雲が大きく山並みに立っている。気温は屋内で26度で、風が抜けて行く、先刻シャワーを浴び、寝た。この辺りは降雨があった...

続きを読む

パリの旭日旗

昨日のパリ祭りのパレードに陸自儀仗兵7名のパレード、日の丸と旭日旗が掲げられていた。多くの日本メディアは無視か、批判的な意見、韓国発のものなどが占めていた。大体、このパレードは世界中の国に出場を要請し、あまり軍事的にどうのこうのと言う意味はない。色付けだ。そこは問題がいろいろあるとは言え大人の国同士だ。旭日旗に関しても、江戸期から日本では使われていたもので、この掲示はフランス当局の許可も得ていたこ...

続きを読む

ノモンハンン79年目の夏

日本帝国とソ連との衝突はその前年、「張鼓峰事件」であった。現在、北朝鮮の核実験場の北東で7月29日から8月11日までの衝突だった。現在は中国領でロシアとの国境にあたる。だからソ連との衝突は丁度80年前にあった。日本軍側の主体は朝鮮軍で、ノモンハンは関東軍だった。いずれも中央はソ連との衝突は不拡大という方針だった。張鼓峰には日本軍9000人、ソ連軍3万人が対峙し日本軍1500、ソ連3500の犠牲(死傷者)が出た...

続きを読む

「ダムはいらぬと」豪語した男

民主党政権の前原だ。ヤンバダムの建設予定地に立ち、口をひん曲げて立ちはだかった姿は今でも明瞭に覚えている。水害を防ぐためにダムは無くてはならないものだ。水は溜めておかないと、流れるだけ。溜めて、発電、水道、農業,産業として多目的利用しなければ暴れるだけ。昨日の昼、大学のゼミの同期会をやった。36名いたが4名が物故、15名が集まった。その多くは金融関係の会社に就職し今は退職している人間だが、私が大学生活の...

続きを読む

欧州は小国でもっている クロアチアの例

今朝はイングランド対クロアチアを見ていた。先制したイングランドが逃げ切るかと思われたが、クロアチアはしぶとく粘った。僕がこの国の存在を知ったのはクロアチアは枢軸国でドイツ、イタリアの元第二次大戦を戦って、その後ユーゴスラビアに統合され大変な苦労をしたという事実からだった。欧州の小国は英国以外は地続きに近いから歴史的は16世紀から、三十年戦争、オスマントルコ、オーストリーハンガリー帝国、などに併合され...

続きを読む

大韓民国ムン大統領は革命家

先月の米朝会談、ずっと昔のように思えるが、その後、報道に出て来る機会が少ない。なぜだろう?彼をことはすでに「革命政権」を創ったと言われるようになった。パク大統領を失脚させた。ノーベル平和賞を狙っている。だがそのようなことより、北との融和を実質的に取り仕切る実力者だ。彼の生い立ちは南ではけして豊かなものではなかった。祖父は北からの脱北者、父も大変に貧しくで、もしかしたら彼自身の食うや食わずの生活から...

続きを読む

エポックで進化した文明

僕のギター修行は2年半間になった。とにかく便利な世の中になっていた。自分でも驚いたが。好きな曲はユーチューブで探して視聴する。大体知っていた曲の中からだが、それらの楽譜を「楽譜」ドットコム(大体米国社だが)でダウンロードする。ほとんどの曲はキーが選べる。一曲500円くらい。それらを持って、ギターの先生にまずは視聴してもらい、弾き方(キーやコード、難しいものを調整する、リリックスは英語だがこれらは問題な...

続きを読む

タイ国洞窟の少年たち救出は大丈夫か?

タイ国で数年間、ほぼ2カ月に1回は出張して、自動車メーカークライアントの仕事を、現地法人の日本人、タイ人と一緒にやった経験がある。クライアントの工場にも行ったが、冷房はないところでSUVを生産していた。工員は皆、男性だった。もう一つクライアントがあり、そちらは電子機器メーカーで、冷房の効いた密閉された工場で女性ばかりだった。我が社の現地法人も女性が幅を利かせていた。これは後にグループ会社の別の外資系広...

続きを読む

気象庁の叫びが届かなかった・・・

中国地方、四国愛媛の8日間続いた大雨はようやく止んだようだが、合計で死者、行方不明者は200名近くに上りそうだ。私は子供の頃、和歌山で自分自身も祖母、叔母(叔父はシベリア抑留中)従弟と4人で、元は旅館だった建物にいたときに洪水の被害にあった。2階に避難したが、階段にどんどん増えていく濁流は覚えている。この地には従弟、従妹が近くに別荘を持っていたが20年ほど前に同じように洪水に会った。怖いものだ。天気...

続きを読む

中国は米国の中国化を恐れる

東京大学大学院教授 川島 真氏の言葉だ。先週、外交研の講義で聞いた。この日の題目は「中ソ対立と中国国内の政治」と言うものだったが、先週、米中の貿易戦争が始まり、関税合戦になった。米国は建国以来、関税問題は深刻な課題のひとつだ。だが米国が自由な市場、経済を掲げて来た、今回はブーメランで自分に帰った来たとトランプ大統領は捉えている。教授は中国は政治も経済も「社会主義」で、大企業から小企業まで国の統制下...

続きを読む

広島県は自衛隊の派遣要請が遅れたのではないか・・・

先週金曜日の夕方から気象庁は「今までにない大雨」 「特別」「最大級」とか様々な表現を使い、九州北部、中国地方西部などに警戒を警告していた。今日になると全国で、2日間100名以上が死亡、行方不明になっている。しかも救助にあたった消防署員までが、危険な目に会い、犠牲になったり。広島県の自衛隊への災害支援要請は金曜午後になってからだと今朝のニュースで知り驚いた。4年ほど前に、広島、呉を訪問したときに、確...

続きを読む

話せば分かる人の「輿論」(よろん)

京都大学大学院教授 佐藤 卓己氏の「輿論の世論化と民主主義」と言う題目の話を聞いた。このくらいのレベルの話でないと、毎週10年間以上、いろいろなスポーツ選手から学者までの講話を聴いて、こちらも慣れているから、物足りない。食事は少し消化不良になっても考えさせられる内容であった。現在、世論と書いて、「よろん」と読み、社会の意見とメディアはとらえているが、どうも明治以降の近代化の中でどこからおかしくなっ...

続きを読む

自衛隊OB陸海空三将の朝鮮半島論

昨夜のBSCXの番組で、私が陸自東部方面隊オピニオンリーダーをしていた期間、2回講話を拝聴した方面隊渡辺総監を始め、海、空の大体同じ期の元将官の方々の朝鮮半島論を聴いた。3人とも表現は異なるが大体同じ意見であった。朝鮮半島は地政学的に古来より東アジア情勢の鍵を握っている。従って、中国、ロシア、日本、そして今は米国の大きなせめぎ合いの場としては重要だ。キムジョンウンは米朝会談の約束、非核化は守らないのは...

続きを読む

「一帯一路」政策は諸国を取り乱す作戦

中国は大きな覇権主義を掲げている。それは世界制覇と言う「中華思想」の確立だ。そのための軍事拡張であるが、軍事だけでなく、一つは欧州までの陸海の金融をてこにした諸国の支配であり、すでに小国では中国への債務超過のために港湾や国土の一部を手放している。弾丸を金に換えて攻撃するのは、相手に腐敗と不信をつのらせ内部崩壊を招く、優れた作戦だ。もう一つはインド太平洋への進出だ。立ちはだかるはインド、わが国くらい...

続きを読む

働き方改革は効率の問題

今日は米国独立記念日だ。1776年と言われているが東部13州が英国との関税問題で紛糾しこの「宣言」となった。現在も関税が米国の大きな問題のひとつである。銃砲所持もそうだ。銃は国民の義務として所持使用できねばならなかった。軍の組織はなく、個人が義勇兵(ペトリオット)として戦闘したのだから。実際には憲法が制定され、各州、連邦そして米国的な統治が一段落するには10年くらい掛かった。そして独立宣言から約75年後には...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ