FC2ブログ

記事一覧

伏魔殿「岸記念体育館」

澁谷の大きくはない、古い建物に2-3を除き、ほとんどのスポーツ協会団体本部が詰め込まれて入っている。現役時代、「がんばれニッポン」と言う仕事で行ったことがあった。私も数年前まである団体の正会員として年会費を数万円払い、投票権があった。先日のアマチュアボクシング団体、そして今回の体操のハラスメント問題、発祥地はここだ。スポーツ団体は会員からの収入、そして今、人気スポーツ団体で大きいのはスポンサーの支...

続きを読む

「空飛ぶ車」実現化の非現実性

日本の科学技術、製品開発力、生産能力の目玉的存在の、国家的プロジェクトとして鳴り物入で幅広い分野の頭脳が結集されたと、報道されている。車両とは陸上で運転者の操作により、人間、荷物を運搬する交通手段のひとつと定義されている。運転者がAIに代わることを前提とした「自動運転車」も注目されているがこれも操作が別の何らかの形に進化したということで、陸上交通機関であることに違いない。「空飛ぶ」は明らかに航空機で...

続きを読む

障がい者雇用NHKは大丈夫か?

主要政府機関で法律で定められた障がい者雇用率を誤魔化していた事実は、根が深い、日本社会の根幹を揺るがす大問題である。特に許せないのは「国税庁」と「厚労省」だ。そしてこの問題の根幹には官僚の腐敗、汚職がある。日本が他国に先駆け、そして歴史的に優れていた社会理念の重要な信頼を揺るがした。罪は重い。私が現役時代に、民間企業に対して障がい者雇用に対する厚労省の締め付けは厳しく、特に我が業界はにらまれていた...

続きを読む

盛り上がっているアジア大会

インドネシア、ジャカルタでの今年のアジア大会は予想以上に話題になっている。テレビ視聴率も良いらしい。1980年代から90年代初頭にかけてアジア各地で仕事をした際とは考えられないほど「アジア」は進化している。当時、開催国インドネシアは気の毒なほど遅れていた。国民の体格は貧弱で環境も悪く、正直、これほどになるとは思わなかった。日中韓のスポーツ振興ぶりとは大違いで、スポーツは一般的ではなかった。今回、観ている...

続きを読む

ジョン・マケィンの死

米国の政治史の一つの終わりだっただろう。 彼が上院議員になるまでは紆余曲折の人生であった。祖父から3代目の海軍士官であって、飛行士として何度も死線を彷徨した。腕が悪かったのか、無謀だったのかは議論の分かれるところだが。アナポリスでの成績は悪かったそうだ。息子も4代目の海軍士官だ。ベトナムで撃墜され5年半も捕虜収容所で辛苦をなめ、その経験が後の彼の人生の基盤となっていた。日本ではあまり知られてない...

続きを読む

群馬県防災ヘリは「自爆」なり

昨日の太田市防災訓練での市長の言葉がメディアに捕まった。しかし彼が言ったことは私も感じていたことだ。防災を担う重要なヘリに9名も詰め込み、山間部を視察しているうちに沢で山肌に衝突した先日の事故だ。ヘリは金を出せば買えるが、9名もの高度な訓練を受けた人間のロスは痛い。市長はそれを言いたかったのではないか?詳細な国土庁の事故調査を待つまでもなく、ヘリは過重が掛かった状態で山に近づき過ぎていた。風は風向3...

続きを読む

自民党総裁選に思う

現在、国際社会において日本の立ち位置は、と国内の将来へのビジョンの2点が次の日本のリーダーの方針に必要不可欠だと考える。自民党にしばらく対抗する野党が出ないだろうから、党内での上記2点の議論が必要だ。野党も現実的になればチャンスはあるが、国籍も分からない人たちがやっているようでは・・・第一点では米国の迷走と中国、ロシア、朝鮮半島情勢が日本に必要だと思い、第二点では日本のこれからの生き方を経済を含め中...

続きを読む

アナグマは捕れず、うちの山荘のマスコットに

この大きなヤツを4日間、毎晩、罠を箱罠とトラバサミ2個で捕獲を試みたが、失敗した。毎朝、几帳面に2時半に現れて、用意した餌は食べて行く。箱罠も入り口が閉まり、トラバサミも上にそっと掛けた枯草や枯れ葉を挟んでしまっている。今朝はもう東京に帰るので罠類を倉庫に仕舞った。出かけに隣にも掛からなかったと言った。承知なしだ。今日は良いコメントをいただき、「餌鍵を反対側にしたら」というものだった。しかし、コヤツ...

続きを読む

北のデブキツネの本性

トランプ米国と中国は本格的な貿易戦争に突入しようとしている。漁夫の利を得るのが北だ。デブキツネは昨年末から今年の冬にかけて米国が北を攻撃することを恐れた。直接、トランプさんに会い、すっかり騙した。6月のシンガポール会談が空虚なものであったことはトランプさん以外は全世界が知っていた。私も何回か書いた。トランプさんはデブキツネの体制を認めた。本日、トランプ米国もようやく騙されたと気が付いたがもう遅い。...

続きを読む

大きなヤツは機敏なり

台風の影響で昨夜は雨だった。東側の窓が開いていたが、吹き込んだ様子はなかった。家の上の樹木の葉のせいだろう。渓流は下まで見に行ったが、たいして水量は増えてなかった。また日中も降らなかった。K氏は朝食を済ませ、猪苗代の自宅に戻った。1時間後には到着したとのメール。さて、夜中に「カチャン」と言う金属音を聞いた。午前中見に行った。箱は落ちてなかったが、トラバサミは二つ共、枯れ葉を挟んで閉まっていた。うーん...

続きを読む

かなり大きな動物は利口なり

じゃ、こいつはかなり悪いヤツかと言うと、大きさの割には遠慮がちにあちこちをほじくり返しているが。猪とは比べものにはならない。隣に聞いたら、うちの農園を荒らしているかもしれない、と言うことだ。昨夜、夜中に目が覚めた。アドレナリンが出たのであろう。朝一で見た。箱罠のマヨネーズピザは齧ってあった。その跡をみても口は大きな犬ほどもある。付近にばらまいた2個の揚げパンは食って行ったが、トラバサミに被せた枯れ...

続きを読む

かなり大きな動物が敷地に

隣の農園を荒らす動物とは別に当家の敷地に夜中に現れるやつ。箱罠、を掛けて置いた。サイトでみると揚げパンにマヨネーズが好きなのはアライグマらしい。大きな餌を付けておいた。今朝みたら餌はなく、戸は閉まっていたが、何もいない。と言うことはこの箱(80cm)より長い動物であったのだろう。庭の各所には直径と深さ10㎝位の穴が開いている。この動物がほじったあとだ。また、子供たちのために作った「カブトムシ養殖場」...

続きを読む

中国の廃鉄収集

1941年12月、ハワイ攻撃と呼応して、帝国陸海軍はマレー方面での作戦を開始したことはご存知のとおりである。最近、読み返した巌谷 二山男著「中攻」昭和51年原書房刊にサイゴンを基地とした帝国海軍の九六式、一式中型攻撃機がシンガポールを基地とする英国海軍の戦艦、重巡洋艦を始め多くの艦船を沈めた記述がある。プリンスオブウエールズ、レパルス、エクスターなどを始め、商船も含めれば、数十にも及ぶ。私はサイゴンの基地...

続きを読む

ジャカルタでの思い出

30年ほど前になろう。自動車会社クライアントの仕事でほぼ隔月にジャカルタを訪れた。大体2泊くらいだったがそのあと、シンガポール、クアラランプール、バンコック、香港、台北を巡り、10日間くらいで羽田に戻るという日程。中国や、マニラに行くこともあった。かなり厳しい、仕事だった。アジア全体の仕事を受けていたので、各地のクライアント各社と当社派遣員とその出先会社との調整、モーターショーなどのイベントの予算、や...

続きを読む

有害獣の被害

この山荘の近所でも半端ないものがある。今は野菜やブルーベリーの収穫期だが、一夜のうちに荒らされてしまう。隣のタケちゃん夫妻が栽培しているものも収穫直前に木の上にまで上り荒らされたとのこと。どこかで借りてきて箱罠を掛けたら、今朝このような動物が掛かっていた。「なんだべ」と言うことだがまだ子供のようで特徴が顔や尻尾には出てない。「アライグマ」じゃないか。と答えた。「狩猟読本」によるとアライグマは顔や尻...

続きを読む

中国は追い込まれている

1930年代後半の大日本帝国の状況に似て来た。米中の貿易摩擦の規模はトランプ大統領の意向で想像を絶する規模だ。これが2-3年間、何の交渉や妥協もなく続いたら、中国も米国も屋台骨を脅かす深刻なものになろう。そうなると中国は何らかの軍事行動を起こす可能性がある。国内の不満が沸騰点に達するまえに国民の目を国外に向かせるのが古来からの常套手段だ。何ら民主的な意思決定がなされるわけではない。中国には一番手っ取り早...

続きを読む

「8月17日ソ連軍上陸すー占守島」

大野 芳著、平成20年新潮社刊の本である。ソ連という体制の卑怯さ、残酷さ、そして今に続く北方四島、さらに千島(江戸期の条約で日本領となった)の不法占拠に憤りを感じる書である。日本はポツダム宣言を受諾し、昭和20年8月15日に連合国との戦闘は終了した。ソ連はポツダム宣言に署名していないから、8月10日に満州、北朝鮮に侵攻し多くの日本人は苦難の道を歩んだ。しかしスターリンは米国に北海道半分を自国領にと要求してお...

続きを読む

日本は安易に朝鮮半島と接触するなかれ

先の大戦後、日本国政府が苦労してきたのは朝鮮半島出自の人々とそれにまつわる朝鮮半島の扱いだった。「強制的に日本に連れて来られた」「祖国に帰る帰らない」「北から渡ってきた共産主義者」「犯罪や生活保護」など。(以上はウィキに学問・統計的に詳しい)問題解決はGHQのマッカーサーですら匙を投げた。そして最終的には韓国は慰安婦問題、これは日本のメディアの責任も大きい。拉致問題、北はこれに対し、慰安婦問題で1000...

続きを読む

日本人はおのれを取り戻したか?

私の尊敬する山本 七平氏著「日本人とは何か」1989年祥伝社刊を読み返した。「日本人は相当に面白い文化を持っている」に始まり、ALTウィルス(DNAからか?)、言語分析(系統未詳であること)ひらがな文明、共同体、江戸期の生産性、宦官抜きの律令制、政治より文化、文明、それと120代にもわたる天皇制など独特の社会学者としての視点で語っている内容だ。「我々の食材は縄文時代とあまり変わらない」と言うことから日本の神...

続きを読む

米国の反日はこういうところから始まる

日米開戦は米国内の反日勢力が政権に浸透したためと言うのが背景にあるとの説が今や一般的だ。日本国と太平洋を隔て向き合っているのが大きな州がカリフォルニアだ。面積は日本全体と同じくらい。人口3800万人。一つの国の規模だ。(ハワイ、アラスカ、ワシントン、オレゴンは除く)現在でも米国のカルフォルニア州上院議員二人とも反日だ。(二院制の米国は州の大きさには関係なく一州2人)二人とも女性であり、ユダヤ人、民主党...

続きを読む

縄文時代と言う学問

日本列島が北では地続きであったころ、15000年から農耕が始まる、3000年くらい前のことだ。小中学交の頃、校外活動で遺跡なるものを見学に行ったことは覚えているが、ほとんど関心はなかった。関心を持ち始めたのは、10年ほど前、山荘敷地内の小川が氾濫した。その原因は上の道路工事にあったので、県の道路工事事務所が大いに手伝って呉れた。これが先に書いた「治水」は大変な事業なる文章のもとだ。その時、川底に石斧(せきふ...

続きを読む

先に大戦に敗れ日本が失ったもの

日本が歩んできた、数千年の歴史、特に近代から現代に掛けての事実と認識だ。国民の基幹を担う年代の19世紀―20世紀の日本かくあったという知識が他国、例えば、欧州や米国など諸国民が自国に対するものと大違いに貧弱だ。かって、塩野 七生さんの講話を聴いたことがある。欧州では歴史は小学生から高校まで必須の課目でありラテンの時代から各国に分かれた経過から近代、現代まで詳細に教育するそうだ。日本の歴史否定はGHQに始ま...

続きを読む

少年は無限の可能性を秘めている

この兄弟は仲が良い。うらやましいほどだ。僕も3人兄弟の一番上だが、こんなにだったとは覚えてない。次弟とは正月以来会ってない。末弟はまだ現役だから、時間的に限られるが先月、鰻を御馳走した。兄弟に庭でゴルフを教えた。兄には女性用、弟には子供用のクラブを使い。30ヤードほど先にピンが切ってあり、フラッグも立っている。手前、5ヤードほどに落とすための練習用に作った。来訪者で長い時間、練習する人もいる。30分し...

続きを読む

日本人は敗戦で何を得たか

森 杉多と言う人が書いた自伝「空白の沖縄戦」昭和出版刊という戦記物を読み返した。文章が上手であり、彼が通信兵としてノモンハンに従軍、そして3度目の応召で沖縄に送られ、与論島、徳之島へクリ船で脱出、再度挺身隊として沖縄行きを命令された過程を、戦友や上官などの会話で繋いだ見事な体験記のひとつだ。同氏は女学校の教諭、戦後は高校教諭、校長を経たから戦争の実態や自分たちの、平時ならば犯罪となる行為も正直に記...

続きを読む

非日常性に学んだはずだ

なかなか大変な3日間であった。彼らも僕も日常を離れた生活だった。「また来年もくるぞ!」と叫んで帰って行った。先刻、無事に帰宅して、母親に次々と報告していると婿からメールが届いた。昨夜の天体観測は良かった。夏には珍しく星が沢山見えた。まずは天の川を発見した。彼らは持参の天体図で日時、方角を定め、次々と星座を発見していった。さそり座、オリオン座、北斗七★、北極星、などなど。案外、知識があるので驚いた。ベ...

続きを読む

山での体験

恐らく、この二人、10歳と8歳にとっては良い体験であったと思う。渓流釣りに連れて行った。上の子は、2匹釣った。一つは逃がしたが、もうひとつは18cmあったので持ち帰り。夕食、外でのバーべキュウで焼いて食べた。おいしいとの感想であった。二人は敷地ないの小川で行ったり来たり、渡ったり、戻ったりで、飽きることなく遊んでいた。昆虫以外にもカエルやカナヘビ(トカゲの小さいの)を捕まえたり。ジムニーで車の構造を教...

続きを読む

山での体験と教育

これから出て山荘に行く。二人の小学生の孫が一緒に行く。都会育ちで、父親がキャンプ好きで山には行き慣れているとは言え。目新しいこと、初めて経験することは多いだろう。一つは渓流釣りだ。ヘルメット(自転車用)や安全メガネも用意した。釣り具も沢山ある。この計画のなかでは武道も教える。少年用居合刀も稽古着も用意した。火薬は使わないが火縄銃の仕組みや鎧のことも。天体観測、縄文遺跡、などメモにして渡した。彼らの...

続きを読む

ソ連対日攻撃に考えること

昭和20年8月9日にソ連が対日参戦をした。現代史でもほとんど教えてないので、日本の右翼が頑張っても社会的にこの事件、特に満州や北朝鮮にいた日本人将兵、民間人の悲劇については、原爆ほど関心があるとは思えないのが現実だ。大日本帝国の国際感覚、外交力の欠如は最後に大きなつけが返って来た。(対日攻撃を進めていたソ連に平和交渉を依頼していたそうだし)歴史には「もし」はないが、北千島の戦闘、なんと日本がポツダ...

続きを読む

[合否」は本来、実施側が決めるもの

私は3年間、就職試験合否を最終的に決める立場を担った。新入社員と中途採用者試験だ。後者はあまり問題がなかった。空いているポジションへの当てはまりが目的だから。金額、待遇など条件は必要だが。新入社員はそういう訳には行かない。会社と個人の将来に関わる問題だからだ。東京医科大学の今回の入試問題で当時の苦労を思い出した。同大は、医師を育てるのが任務の大学だ。不正入試問題から、段々に議論は拡大して、同大の入...

続きを読む

ナチスユダヤ人虐殺が原爆投下理由の一つであったか?

勿論、大きな戦局およびソ連の脅威から日本への核攻撃は強行された。広島への投下機(エノラ・ゲイによるリトルボーイ)と長崎への投下(ボックスカーよるファットマン)の二つの飛行両方に唯一参加した放射能担当将校のユダヤ名は気になっていた。彼はバルチモア出身のユダヤ系、ヤコブ ベザーであり、大尉としてシルバースター勲章を授与された英雄であった。その後、彼に対するインタビューを読んだ。「良心の呵責は?」に「日...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ