FC2ブログ

記事一覧

新しいがん治療の話を聴いた

現在のがん治療には3種あるそうだ。1、外科治療、2、放射線治療、3、抗がん剤治療だが、各々マイナス面もある。米国国立がん研究所の小林 久隆博士が日本出張到着の翌日、我々に彼が開発しつつある新しい治療法「近赤外線免疫療法」のことを説明してくれた。博士は京都大学を卒業した医師で基礎医学の研究者であるが、日本人でNIHでチームを任せれているという迫力があった。臨床の時代が長く、病は治すが彼のモットーだ。そ...

続きを読む

増えた山の動物類

僕の山荘のある阿武隈山系はどうにか原子力災害を待逃れたが、住宅の周りは除染した。山はそのままだ。しかしここ8年間で人口は半分になった。半分は空き家。また新しい道路などのインフラが整備され、現在も進行中だ。僕の敷地の上にある道路は廃棄された。真っすぐな立派な橋が出来、以前の道路は閉鎖されているので、自然に帰りつつある。そして暗渠を伝い、夜になると様々な野獣が出てくる。うちのペットにしたアナグマ君もそ...

続きを読む

経営環境、先を見るのが困難と・・

昨日は株主になっている親族のエネルギー会社の株主総会に行った。中小企業だ。昨年度売り上げはまあまあ、利益も、配当も。何か質問しなければシャンシャン総会なので、「3年後の創立70周年を軸に、新しい事業形態を明らかにしてくれ」と言った。社長は「国内外ともにいろんな要素が急速に変わり、先を見通すのは困難だと」答えたが、「努力する」と。我々もいろんな知恵を出してやらねばならない。地域の小学校冷房の仕事が取...

続きを読む

ゴーンさんの公判維持は難しいのではないか?

毎日のニュースの大きな部分を占めているこの事件。検察がどこまで頑張れるか。犯罪を立証し、起訴し、裁判に・・ゴーンさんは容疑を否認、黙秘もせずに反論しているようだ。あれだけの経営のカリスマ、自らが正しいとの理論構築そしてその説明はなかなか攻めがたいのではないか?日本の検察、裁判制度の最大の欠点は自白、そして反省の意にあると言う。後悔すればマイナス何年と言う不文律の取り決めがあるからだ。ゴーンさんを助...

続きを読む

KEIちゃんの水泳競技応援に行った

たいしたものだ。8歳で12歳以下ジュニア選手権予選に出場した。辰巳に応援に行った。昨日はこの応援に間に合うように山荘をたたんで来た。今日なら混雑に巻き込まれたかもしれないが、昨日の道路は空いていた。Kちゃんの前が女子13歳以上で入江が出た。流してもぶっちぎりだった。Kちゃんは小さい。50mの自由形だ。飛び込みが良かった。ストロークも安定していた。結果10人のうち一位だった。しかも2位以下を体二つ離して...

続きを読む

ごまーんなゴーンさんは何びとか?

はっきり言って、彼がごう欲な人間でありご勝手をしていた、この事実はもっと以前に世の中に出ても不思議はなかった。大体、メデイアもゴーンさんを最大に持ち上げていたではないか?私の愛読するビジネス雑誌などでも「疑惑」を取り上げた記事は読んだことない。駄目ニッサンさんの社長の弱弱しい、いかにもリーダーシップ欠如を物語る容貌でも彼がゴーンさんの「日本人茶坊主」の一人であったことはうかがえる。「ゴーンさんはユ...

続きを読む

北の木造船漂着

不気味だ。今年は記録的に多く日本海側の北で見られるそうだ。そのうち観光化するかもしれない。中に死体が発見されたものも。その船内に、「異臭がします」と放送局のレポーターが侵入していたが、勘弁して欲しい。悪質な化学兵器、細菌などがあったらどうするのだ。北は報道で見る限り、安泰で食料も足りているらしい。どこから燃料を得ているのか不思議だが、国民が贅沢できる生活水準だと、言う。現在、他のことで、日本も米国...

続きを読む

狩猟、自分のスタイルを作った

日本ではマイナーな中の更に少数派が「狩猟」だ。僕の予測では20年くらいで消滅する趣味であり、スポーツだ。規制が多すぎる。狩猟免状、狩猟登録、銃砲所持許可、火薬類譲渡許可、消費許可云々と銃や弾薬の管理。面倒なことは嫌だという現在の若者文化からは逆交している。僕も諸免状を取得しておよそ40年間、その間10年は米国で射撃、狩猟は楽しんだ。マルソンとは何回か、キジ撃ち(日本雉とは似てないが)、鹿撃ちなどを...

続きを読む

外人に弱い日本企業

日本のビジネスマンは優秀で忍耐強い。チームワークも良い。だが、経営者はなぜか外人に弱い。弱くても良いが、相手に上手に操られたいるのに気が付かない。ゴーマンさんの例もその一つだが、オリンパスの問題などですでに兆候は沢山あったのに悲しいかな日本企業はどうしても騙されてしまう。ゴーンさんは数年前、近所で半ズボンで子供といるところを見かけた。くつろいでいる様子は無かった。彼がどういう人なのか、明確でないと...

続きを読む

イノシシの解体を手伝って貰う

昨日朝、明るくなるのを待って携帯を探しにイノシシを撃った場所に戻った。一回、回るが見当たらぬ。ちょっと高いところから広く見たら、予測していたところから2mくらい離れたところで朝日に光った。露に濡れていたが、大丈夫、そこから猪苗代のT君に電話した。T君が来てくれて裏の庭のマイ渓流でさばきに掛かる。2時間くらい作業した。解体は大変なことだ。折角のイノシシのアイドルも台無しだ。隣の女性をマンションの風呂場...

続きを読む

狩猟事故

北海道で営林署職員を誤射するという事故があったとのこと。僕も昨日、自分で少し荒くなっているな・・・と感じた。解禁になり1週間目くらいが一番危ない。午前中、絵を描いていたら、駐在所の戸別訪問があった。偶然でないかもしれない。夕方、一人でいつものコースを走った。もう帰ろうというタイミングで家から数分のところでイノシシの群れを見た。定石道理やり過ごす。地形は周知のところだ。銃やギアを確認して道路から外れ...

続きを読む

日産自動車か?

日産は私の記憶にある限り、たいした会社ではなかった。就職の頃、自動車産業は大分勉強した。そのころ、日本の製造業は重工業が主で、自動車などは重でも軽でもない存在で世界の水準からはとても遅れたものだった。そして日産は更に悪いことに労働組合が強くて、組合の委員長が役員会に出ているとかの話もあり、とても近代的な企業とは言えない存在だった。私が入社した会社のビルの前に、日産ビルと言うのがあり、そこに営業部門...

続きを読む

立派な雉を撃った

午後、車で走っていたら、刈り取った田圃にカラスが2羽いた。猟友会の通知、「有害鳥獣は見たら撃つ」と思い出した。(カラスは鳥の巣を壊し卵や雛を食べる)車を止め、苦手な散弾銃を持ち降りた。幸い背後は山で人気もない。確認した。カラスを撃とうとしたら、横の田に、雉の雄がいるではないか・・・目標を変更した。距離は少しあったが、下は三号、上は五号を込めて、しっかり狙う。見事な雉だった。今までで一番立派なものだ...

続きを読む

夕方イノシシを撃った

アドレナリンがドット出た。昨日、夕方観た4頭のイノシシの群れは今日はここに出るだろうと、推測した。近くの山の高いところに住む人の家の前を通りかかる。休みなので主人が外にいた。時間つぶしに車を降りて話す。「人間よりイノシシの数が多いのではないか?でも夜しか出ない」と言っていた。スポットを見ながら走る。いたいた。車を止め、エンジンは掛けたままで、ライフルを持ち、道路から外れ、近づく。渓流の土手に4頭が...

続きを読む

何よりの天気

昨日も今日も、恐らく一年にはあまりない良い天気の日々だった。空気はすみ、風はほどほどで、陽はさんさんと照り、気温は低めだが山の中にしては良い。今日も夕方出た、山の林道を間違え、とんでもない遠くに出た。慌てて、戻り、いたいた4頭のイノシシが道脇に。しかし、日没を数分過ぎていた。撃たず。家に戻るとオーストラリア、ダーウィンでの安倍首相の記者会見。帝国日本軍が100度の空爆を行った港湾都市からだった。安...

続きを読む

今日狩猟解禁日

朝と夕す、二度出猟した。朝は日の出に合わせて、6時過ぎに散弾銃を持って行ったが、何も出て来なかった。夕は日没前に合わせて午後3時過ぎから行ったが、何も出て来なかった。天気は寒くなかった、アウトドア活動には最高の部類だが。このシーズンはついてない。まずはガイドのタケちゃんがダウンしたのだ。ぎっくり腰で。こたつの中から、「ここのところ何も見ねえ」と言っていた。夏にはあんなにいたのに。家の敷地内だけでも...

続きを読む

日本の戦車が並ぶ

戦車は第一世界大戦を終了させた重要な兵器の一つであった。塹壕戦における攻撃は膨大な犠牲を払わせたが、戦車の出現で英国軍はドイツ軍の機関銃陣地を突破することが出来た。日本は仏ルノーや英ビッカースを輸入し、大戦終了後10年で自国の戦車を開発した。それが八九式中戦車、10トン強だ。日本が戦車国で無かったことはご存知の通りだが、第二次大戦中に本土決戦用に1943年に三式戦車を開発した。リベットでなく溶接を...

続きを読む

バンザイメンバーを武器学校に案内した

朝、早めに出た。これが良かった。また三郷トンネルで事故があり渋滞していた。バンザザイメンバー一行は列車とバスで武器学校に向かっていた。先に着いて、門で迎えるという打ち合わせであった。武器学校広報は良くしてくれた。これでまたニュースが世界中に拡散するだろう。彼らはふたつの点でラッキーだった。武器学校で12年ほど前、エンジンを乗せ換えて動くようにした八九式中戦車が出してあった。しかも三式中戦車の横に置...

続きを読む

「バンザイ」メンバー来日

米国、カナダ、英国からバンザイメンバーが来日した。先日のオレゴンの若者に次いでだ。「バンザイ」は米国の帝国陸海軍の火器や装具を収集し、それらを研究、相互親睦を深めるグループで、年に1-2回、昔はアラバマ、現在はアリゾナで実射も行う。彼らには私も随分世話になった。今回はカナダ、カルガリーで「南部博物館」を計画している女史、大学教授だったが企画したものだ。今日、その6人と昼食をして、私の事務所と自宅に...

続きを読む

マイク・ペンス副大統領を歓迎する。

本日、ペンス副大統領が訪日する。トランプ政権と日本との間、重要な訪問であると思う。ペンス副大統領と言えば、インディアナ州だ。五大湖地帯で農業と工業が盛んで伝統的な一帯だ。彼は州知事を務め、議員としての地盤も同州だ。同州は白人州(80%)であり、キリスト教(90%)州でもある。名前とは裏腹にインデアンつまりネイティブアメリカンはほとんどいない。これも米国史のひとつだ。ペンス副大統領は日本の同州への企...

続きを読む

日本は歴史的に第一次大戦をどのように捉えているのか・・・

日露戦争が終結してまだ10年間もたってない大正三年(1914)の夏に始まった大戦は1918年に終了した。今年は終了100年で、欧州では本日、記念の式典が行われる。米国からはトランプ大統領も参加している。当時、日本の世界観は恐らく、日本の近辺ばかりで欧米やアフリカ、中東などは遠い遠いところであったのだろう。だが、世界史的には第一次大戦は、第二次大戦の始まりとして捉えられている。ドイツの窮乏からの勃興...

続きを読む

坊さんに縁のあった日

昨日は妻の実家の法事に、一家で行った。子供は全員、と言っても少子化で彼らの子を動員しても少人数だ。天気は出かけるには最高で、行楽地にも近いところなので、駅も電車も混みあっていた。お寺は臨済宗大徳寺派、小さな寺で庵と言う。(本堂から門を見る)何でも妻の実家が江戸期中期に造り、親戚や従業員だった人々も入るところで、墓の数は少ない。臨済宗は寺の造りも簡単だ。この町には150(実働100)の寺があるそうだ...

続きを読む

渡部 恒雄先生の米国中間選挙

選挙あけの記者会見でトランプさんは切れた。演技ではなかっただろうと思った。生意気なCNNの記者に[You are rude!][You are an enemy of the people.]と連射した。小気味よかったと私も、そう安倍さんも感じただろう。米国も日本もメディアは勘違いがはなはだしいから。さて渡部 恒雄先生は中間選挙の前から後とテレビに出ずぱりでなかなか良いパースペクションを語っていた。その集約が昨日の外交研究会のテーマであった。共和...

続きを読む

[原 節子の真実」と言う話

昨日、銀座で聞いた話だ。ふたつの点で非常に面白かった。ひとつは語り手、石井 妙子さんだ。白百合修士を済ませ、新聞の囲碁解説記事記者から「女性の生涯」をテーマにしたドキュメンタリー作家になった。彼女のひとがらがテーマにモンタージュして、老人男性聴衆に受けた。明るく、めげない口調。もうひとつは「原 節子」と言う女優のミステリーじみた生涯だ。巡る人達は、小津 安二郎、黒澤 明、成田 巳喜男、藤本 真澄な...

続きを読む

カルフォルニアの銃撃事件

皮肉なことだ。銃規制が全米で一番厳しい、そして銃規制を公約とする民主党の牙城であるカルフォルニア、しかも洗練されたベンチュラ郡で事件は起こった。銃撃がマリンコに5年間もいて、実戦経験もあった兵士では銃を持たせたら、敵う者は少なかっただろう。銃撃音をニュースで聞いていたら、拳銃の応酬であったようだが。カルフォルニアには何人か知り合いがいた。古いところでは鳩山由紀夫夫人が女中をしていたレストラン「蝶々...

続きを読む

不気味な静けさ続く

なんだろう・・・不気味な静けさが続いている。世界は大きく回転しているのに、この日本では。無用な議論や報道に時間が費やし本質を見抜けないままだ。いらいらしてもしょうがないが、8年前の東日本大地震と津波の時も、まさかあんな災害が起こるとは予想もしなった。今日は株価も上がったし、国際収支も黒字だと言う。恐らく東京五輪まではこんな状況が続くだろう。政治的には幾つか課題はあるが、憲法改正は遠のいた。経済的に...

続きを読む

オルトライトも出番はなし・・

トランプ大統領の是非を問う選挙、米国中間選挙も終わった。終わってみれば、予想どおりだが、トランプさんは「残った」と言う感じだ。この選挙で米国の二極化、対立化が進んだと世界のメディアは騒ぎたて、さらに「オルトライト」なる存在を、トランプさんにモンタージュすると言う手法を使用したが、これはあまり成功しなかった。むしろ、私も在米時代から感じていたが、行き過ぎたリベラル、特権化したメディアの世論操作の限界...

続きを読む

スラッグ弾の科学

弾丸に回転を与えれば、射程が伸びるだけでなく、命中率も増す現象はどうやって知られたのであろうか?18世紀初頭、米国の銃工が前装銃にライフリングを切った。この苦労話を蝋人形が示す展示がNRAミュージアムにある。丸玉を銃身の口から叩き込み、弾丸に無理やり施条を噛みこます。当然、短時間では装填できないが、100m以内に近づくと逃げるバッファローなど獲物には有効だった。群れでいるが、一発撃てば、全部逃げる。...

続きを読む

人手不足は人出不足

近年「雇用」は大きく変わった。大会社でも中途採用が半分以上になったと。それに様々形態の方式がある。もう雇用されることはないから、客観的に社会を見れる。人手不足は深刻らしい。雇用者は人手のやり繰りが大変だろう。日本は移民は受け入れることはしない方が良い。国会で審議中の外国人労働の受け入れ案も現在の人手不足による経済の停滞を防ぎ、次世代の仕組みが出来るまでの間の緊急策と捉えるべきだろう。反対する「アバ...

続きを読む

歴史教師となったかっての少年と会う

1998年、結局、アラバマには4回行ったが、これが最後だった。20年前だ。ボビー・ブレビンズの家の敷地で九二式重機関銃を撃った。その時にオレゴンの父親と一緒に来た少年と会った。20年後、僕を訪ねて来た。昨日、昼を食べて、家に寄ってもらい、共通の興味に関して広く、深く語りあった。「あの時、スピルバーグのエンパィヤー・オブ・ザサンの音楽を聴いていたね」と言う思いで話から入った。日本には旅行で来て、全国...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ