FC2ブログ

記事一覧

腐ったキム血は見抜かれた

今回の米朝会談結果、誰がホットして、誰がガックリきたか?反日親韓日本メディアも冷静に判断して欲しい。米国はトランプさんが前のめりになっていたが、国内、特に議会が押さえたと思う。白髭ボルトンが出ていたので、そうは甘くはないと感じていたが。「拉致」は取り上げられたのは評価するとNHKの女性解説員がコメントしたが、当たり前のことではないか?安倍さんはホットしたと思う。非核化をする状況に無い北朝鮮には「腐っ...

続きを読む

悪夢の民主党政権、長妻が質問を

昼食前に米朝首脳会談が腐ったキムチにならないか心配でTVONにしたら、確か鳩山の元で厚労大臣をしていた長妻 昭が国会の委員会で厚労省の統計問題で質問してた。昼を食べ、泳いで来て、またONにしたら、まだ同じことをやっていた。政府首脳はこのような低能レベルの質問に答えている必要はない。現在の厚労省には長妻にも責任がある。今回の厚労省データ改ざん問題と報道されている内容は私はどこがどうなのか、明確には理解して...

続きを読む

1944年4月の「打通作戦」とキム血列車

昭和19年4月、日本帝国は本国と南方への海路を断たれて、九州→朝鮮半島→中国大陸→インドシナ半島→南方諸方面への陸路を目指して「打通作戦」を行った。旧知、斎藤 茂太先生が、軍医として九州から確か中国大陸の半分くらいまで行ったときの話を本人からも聴いたし、「履歴書」に書いた。日本で新たに編成された部隊は列車に乗ったが、装備はほとんど代替品であったそうだ。銃は模擬教練銃、水筒は竹、鉄帽は紙製、でも見かけはち...

続きを読む

ベトナムと中国

犬猿の仲だそうだ。明日からの第二回米朝会談、やはりしたたかなのは北朝鮮だ。すでにイニシアティブを握っているのではないか?キム・血ンイルは航空機を使わず、全行程を鉄道で3日間かけて移動した。中国国内を飛行したくなかった。航空機で中国の世話になりたくなかった。側近に中国の発展ぶりを車窓から見せたかった。などなど様々な説があるが。ベトナムと北朝鮮はベトナム戦争中から友好国だ。恐らく秘密裡に北朝鮮人はさま...

続きを読む

果たして「拉致」問題は進展するか?

昔、新潟に行った際に横田 めぐみさんが拉致された現場、氷川神社前を訪れた。タクシーに「これこれ」と言うと「ここです」と迷いなく連れてくれたから、有名な場所なのだろう。今週の米朝会談で北が切ることができる具体的なカードは無いと、皆さんの話を聴いていて感じた。何でも北の食糧難は5月ごろにピークを迎えるそうだが、日本国籍李さんのように「100万人餓死する」と予測した専門家もいた。食料が無くて暴動が起こるのが...

続きを読む

ジョン・ハリスさんを探しているが・・

John P Harris 氏とは古い付き合いだった。偶然に出会ったり、偶然に仕事で関わりがあり、世界中様々な所に行き、家族同士の付き合いもあった。しかし、彼が働いていたパソコン会社を去り、電池会社のバラードに勤務するようになったころ、およそ20年間くらい音信普通だ。日本語が上手で奥さんは日本人。趣味は日本刀剣から家具、陶器、漆器など、博識だった。カルフォルニア州出身でカルフォルニア大学卒だ。日本のオーディオ会社...

続きを読む

米国は北にあまり厳しく臨まないのでは・・・

昨日午後は渡辺 恒雄先生の米国外交史講座があり、その内容は2部構成だった。一つは、最近のトランプ外交分析。二つ目は、歴史、アンドリュー・ジャクソン大統領の外交と現在。であった。最初の内容では、シリア・アフガン撤退背景と中国貿易問題。そして北朝鮮核ミサイル廃棄交渉。いよいよ来週に迫ったベトナムでの米朝交渉は、昨年来から聞いていた多くの評論家と同じく、「北は核を絶対に手放さない」と言うものだった。では...

続きを読む

沢松 奈生子さんの2019年女子テニスの見どころ

良い話を聴いた。また「ジジイどものアイドル」が一人増えた。タイミングも良かった。大阪 なおみが、全仏、ウィンブルドンそして全米と,どう戦うかに興味があったからだ。「声が高く、疲れるよ」と言う忠告もあったが、話は旨い。趣味も良い。ブランド服を何気なく。ルックスはご存知の通り。大阪とコーチの問題は我々でも予測はついていた。「ツアー」もののスポーツにはつきものだ。幾ら彼が大阪の精神的サポートになっていて...

続きを読む

はしかの流行

「はしかみたいなもんだよ」と言う言葉があったほど、一般的で、誰しもが一度は経験する、二度とは罹らない。との意味だった。しかし、現在、流行しているはしかは外国のDNAだそうで、全国で何百人かが罹り話題になっている。今まで分からなかった、はしかによる後遺症があるからだ。予防接種をする前だと危ないそうだ。今度のものはフィリピンから来たそうで、中部空港、関西空港などを中心に拡大した。幕末のコレラではないが、...

続きを読む

自衛隊OB再就職は応募者増加につながるか?

現在、日本の自衛隊員は警察官と同じくらいの規模だ。だが、自衛隊員も警察官も応募者の増加はすくない。現場で見ても親子2代とか3代の人達が多い。つまり閉鎖的な職場と言っても良い。街で見る若者たち、彼等がこれらの職種に合うかなどと外観で評価するとほとんどが「弱兵」の域を出ないと思うが、「訓練が人間を創る」と言う概念では私の見方はあまり正しくないだろう。何らかの知識や技能を身に付ければ、人生100年時代後半で...

続きを読む

野生イノシシとトンコレラ

中部地方を中心としたトンコレラの拡大対策として、野生イノシシが飼育している豚に近づかないように、イノシシ用の餌を山に撒くと言う計画がある。本当にこの策は有効か?まず野生イノシシのことが分かっているのか?誰がイノシシの生態や数、居場所を把握しているのか?生物学的、科学的研究は行われているのか?実際、町に出てきて捕獲した個体にGPS機器などを装着して離していたとは見えなかった。僕はこのシーズン、総計20頭...

続きを読む

株主総会質問「800kg急降下爆撃」くらいに

12月決算だから3月に株主総会がある。自分の義務として、発言する株主として、出来る限り参加し質問してきた。もう10年以上になるから、かなりの件名の質問をした。自分では適格で、その会社は僕の質問をもっと深刻に受け取るべきだったが、時々茶化すので、真剣に聞いてない経営者もいた。パワハラ、ダィバシティ、英語力、中国事業、学歴詐称、古い理念の社会的誤解、インターネット事業、国際事業のステルス化、などが内容だっ...

続きを読む

佐藤隊長の話を聴く

「髭の隊長」は陸上自衛隊25年間、議員12年間になるそうだ。投票では「佐藤 正久」とフルネームを記入していただけないと、困ると言うことだ。選挙も近い。昨日の防衛座談会で外務副大臣として、日本を取り巻く情勢を多角的に話てくれた。話の内容は昨年来、様々な評論家から出た分析の域を出なかったが、日米同盟の話、そして今月末の米朝会談が一つの節目ではないか?と言う印象を受けた。米国大統領の出方を気にしていたと感じ...

続きを読む

日曜日午後音楽を聴く

歌の先生、ミチオ君の54回目の定期コンサートに行った。午前中は「犬の画」の犬の脚の位置を考えていたが、泳ぎに行き、サウナに入り、それから築地まで行った。どうせ寝るなと思ったが、一睡もせず音楽に聞きほれた。自分の好みではないが、バッハやモーツアルトを30名の合唱団、プロの歌手4名、25人くらいの楽団、とても迫力があったからだ。後半のモーツアルトのレイクエム二短調が良かった。ミチオ君も一番の年よりだが大きな...

続きを読む

日本の国境の壁

トランプ大統領がこだわる「国境の壁」、恐らく多くの日本人にはその背景は簡単には理解できないだろう?米国のカルフォルニア、アリゾナ、ニューメキシコそしてテキサス州を旅行すると、「地続きとは」が何を意味するかが分かる。(これは欧州も同じだ。旅行中空から見ても線が引いているわけではない)異なる国の人間が自由に行き来が出来るのだ。これはかっては「犯罪」面で大きな問題だったが、今はそれにプラスして「テロ」が...

続きを読む

ジジイのためのジジイによる古いIT業界話

「バスキュール」社のパクさんは50歳だそうで、自分で「こんな年寄りのIT業者はいない」と打ち合わせで申告したそうだ。その通り。でも聞き手も全員、ジジイでパソコンやらスマホは一部の社員(会員)を除くと、現役時代は秘書か運転手がやってくれた世代だ。話の内容も古かった。今、「IT業界で一番の懸念は、データのセキュリティ」だ。そのデータを弄び、仕事にする「データエンタメ」が彼のビジネスだ。こんな危険なことは今や...

続きを読む

桜田大臣のような愚鈍な方

あのような人はどこの社会にも組織にもいるのではないでしょうか?私の長い社会人生活でも同様な方に何人も出会った。世渡りは上手なようだが、知見とか、努力とか、スピード感、意欲がない。でもなんとなく上の覚えは良い。人格は概して悪い、他人の足を引っ張ったり、他人のせいにする。桜田大臣のポストははっきり言って要職でない。失敗するはずのないポジションと言える。真逆にいる厚労大臣は気の毒だが。しかしメディアの彼...

続きを読む

英国海軍が太平洋に来る・・

空母クィーンエリザベスがF-35を搭載してスエズ運河から半世紀ぶりにインド太平洋に出てくると言うニュース。こころ強い。しかしまだ最短でも2-3年間は掛かると考えれる。以前にも何回か書いたが、英国は過去2-30年間、国家の意思決定に問題があったようで、空母、トライデント型潜水艦の開発、製造が大きく遅れた。エリザベス型空母は3艦製造されているが、決定打が出てない。艦載機がくるくる変わるからだ。プリンズオブウエ...

続きを読む

「建国をしのび国を愛する」ことができるか建国記念日

どんな国にも建国記念日はある。日本は神話の国で古事記、日本書紀が日本の国としての生い立ちを語り継ぎ、文字が出来て書いたものになったから、紀元前660年1月1日(新暦で2月11日)の神武天皇の即位など、わかるわけがない、作り事と、昔は歴史の授業では教えていた。神武天皇から平成天皇まで125代を数える。今年は改元が実施されるから今日の建国記念日も一段と意義が深いわけだが。2月11日は明治以降「紀元節」として建国記念...

続きを読む

反日攻勢に備えたい

「反日」の定義を私は以下のようにとらえる。「日本国、日本人を否定的に捉え表現し行動する行為」まさに日本が恐れるのは「反日」である。その理由は「反日」言動や行動が過ぎると、日本人がそれらに対しての揺れ戻しだ。日本人が自嘲的に反日言動や行動に慣れていて、ある日突然、それに強く反発する。しかも一致団結してだ。ドイツ第三帝国の反ユダヤ主義の概念は似た思想であったのではないか?誰が一体、「韓流」などと言うエ...

続きを読む

虐待・DVキング勇一郎さんは誰か?

この事件のような訳の分からない報道はない。勇一郎さんが実の娘をなぶり殺した、鬼畜以下か、以上か分からない存在だが、そのDV度は異常を超してギネスものではないか?妻は意外に世慣れした女性ともちらっとでも見えた。彼等が父母であったと言う事実がまず信じられない。でも勇一郎さん自身がこの事件外のことでは報道されないのだ。警察が管理しているのか、報道が管理しているのか?背景、出目、職業、職場、そしてなぜ沖縄か...

続きを読む

美原 融さんの「IR実現への課題・展望」

僕は博打はやらないし、依存症になる確率もない。でもラスベガスは好きだ。ギャンブル以外でも楽しめることが多い。面白いレストラン、ビール工場、雨の降る廊下、ビルの中を回る運河とゴンドラ、それに夜のショーやボクシングの試合だ。射撃場。コンベンションで何回か行った。あんな産業は日本には無い。シンガポールに10年前できた空に浮くプールで評判になったところは日本人でいっぱいだそうだ。大成功しているとのことだ。...

続きを読む

国境の壁と特別永住者

日本に移民はいないと言うが韓国、朝鮮の特別永住者は何であるか?定義が曖昧ではないか?国の統計では昨年6月で韓国籍45万人、朝鮮籍3万人、合計48万人だそうだ。一時は60万人と言われていたので減少したことになる。日本国籍に帰化しないのは自由だが、戦後75年間たち、不自然感も否めない。メディアをはじめ誰も言わないが。専門家によると、戦後混乱期「第三国人」(吉田 茂が対処を質問したところマッカサー司令官がそう命名...

続きを読む

銃砲史学会ホームページ

「銃砲史学会」は大勢の会員が入り、HPには毎日100人以上の訪問者がいるのに、HPの担当がいない。先回の例会で引き継ぐはずが、数名の若手会員が出てきて、この人達が担当と言うことだが、直ぐに「うまく移行できないな」と感じた。HPは言うまでもなく、「スピード感」が勝負だ。数名はいらない。だから決済とか責任ある人間が一人でやらねばならない。そしてその人間は銃砲史が好きで、銃砲を愛し、歴史の勉強をして自分の研究に...

続きを読む

記録的寒波とは

トランプさんではないが寒波が来るなら排出ガス制限温暖化対策など必要なし、と言う論理が正当化される。2-3年前に聴いた気象学者の話では、「地球はこれから小氷河期」に入る、と言う内容だった。江戸中期がそうだったらしい。飢饉が発生し西南雄藩など国内のパワーバランスが崩れた。先月末に米国を出た翌日から北米は寒波に襲われた。僕の経験では、ニューイングランドにいたとき、零下25℃を経験したことがあったが、それ以下...

続きを読む

ドイツは伝統的親中国

1930年代、ナチスドイツ財源のひとつの大きなものは武器輸出であり、その相手先は、蒋 介石の中華民国、その他中国軍閥であったことは知られている。その額は軍事顧問団などの派遣、そして萱場 四郎氏の「志那軍はどんな兵器を使っているか」などから推定するにかなりの巨額であったはずだ。研究書は出てないと思う。見たことがない。この伝統は戦後も自動車工業、VWなどの早くからの独占的進出にも受け継がれていた。本日は...

続きを読む

新たなる冷戦どころか熱戦の始まり

米ソ冷戦はすでに第二次世界大戦の後半から始まっており、朝鮮戦争(未だに停戦されてない)、ベトナム戦争、キューバ危機、さらにアフガン侵入などを経て、およそ45年間続いた。冷戦どころか殺し合いも本格的だった。研究者の言葉では1987年の、今回破棄されることになったINF(インターミディエイト核ミサイル禁止)条約が米ソ冷戦の終結の始まりと聞いている。この条約は米ソだけのもので、中国や北朝鮮はすでに短中距離核...

続きを読む

福澤先生は日本最初のジャーナリスト

2月最初の講義は毎年、福澤 諭吉命日を考えて、福澤史が題目だ。昨日は井奥 茂彦文学部教授の「時事新報にみる福澤イズム」と言うお話であった。「時事新報」は明治初期、日本で最初の日刊紙をして刊行され、大正期まで有力なるメディアであった。一面には社説が掲載され、それは福澤先生が書いた。他の2人も執筆したがいずれも福澤イズムの編集の元であり、彼の思想から外れたものではなかった。思想の原点は、個人の独立、家...

続きを読む

「台湾が心配」と川島 真教授

昨日、聴いたお話だ。簡潔に台湾の定義、その課題、方向性、そして日本への影響を説明された。一つは台湾は「親日」であり、韓国とは違うと言う日本人の過剰な期待である。日本統治50年間、国民党政権の侵入、国際的に中共の承認など台湾の歴史は複雑だ。「移行期正義」と言う概念からすれば、台湾がいつ何時日本に統治時代の賠償を求めてくることもあり得ると言う点。もう一つは中共との関係だ。台湾人は中共の一部にはなりたく...

続きを読む

間一髪で帰国

先月28日にヒューストン・テキサスで乗り換え、北米を南から北へ縦断して成田に戻った。米国を東から西、その反対と横断する機会は多かったが、縦断はあまり記憶にない。航空機が飛び立ったら一面の荒野だった。ロッキー山脈を左に見ながら飛び続けると、段々に雲が多くなった。しかも前線のような雲だ。旅行中はまったく天気の影響を受けなかったが、以前、仕事であちこちに飛んだ時は、季節が悪い(丁度今頃だ)と、空港の閉鎖...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ