FC2ブログ

記事一覧

アメリカ文明は衰退か?

機関銃研究をしていて感じたことだ。20世紀の文明はほとんどが米国発、米国人による開発だと。機関銃は19世紀後半、マキシム、ホチキス、ガットリング、ルイスそしてブローニングが開発した。全て米国人で活躍の場は帝国主義の本場、欧州だった。電気電信はエジソン、ウエスティングハウス、ベルなどだ。航空機はライト兄弟、そしてヘンリー・フォード。米国らしいのは電気のテスラ、科学のファイザー、ワクチンさまさまは移民...

続きを読む

来年はクリエィティブの時代

昔、仕事をしたことがある佐々木がパラ輪開会閉会の総合プロデュースをすると。顔は変わった。不気味だ。だが金を掛けずに良い仕事をすると思う。一緒にいた大島はどうしているだろうか?インターネットの時代になり、印刷媒体は衰退、テレビのCMの質は低下した。でもインターネット上のCMはどんどん様々な手法を使い進化してきた。そろそろ新しい時代の傾向が見えてきた。インターネットCMをテレビにそのままのサイズで使用し...

続きを読む

テレビ東京が優れていた

元々テレビは好きではなかった。一年ほど前、自分用の4Kを購入した。コロナでテレビ視聴時間が長くなった。深刻なコロナ状況下でも日本の放送番組は進歩がない。延々とお笑いタレ中心のバラエティが続く。コロナ医療番組も素人がコメントする乱暴で恐ろしい報道だ。白鷗大学岡田教授など。そんな中、テレビ東京は日経さんのおかげか?ましだ。一番頻繁に観た。テレ東は僕がテレビの仕事をしていた時には12ちゃんサンと呼ばれ、...

続きを読む

来年は何をする

新生活様式には何とか適応しつつあるが、来年はどうなるか分からない。運動、食事、健康管理、文化活動などは世間に合わせた。僕はもともとハンディマン(器用にいろいろなものを作ったり、直したりするひと)と言われてきたが、ここ数年間は無活動。屋根裏の倉庫を見たら、立派な工作台、工具、材料などが見つかった。それで、先日、孫たちが遊べるようにチャンバラ用の鬼滅の刃を製作した。工具を整理した。工作台は諦めた。別な...

続きを読む

コロナは民主主義を滅ぼす

変な予測はしたくないが、この一年間の世界をみると自由と民主主義で繁栄を謳歌してきた国々、米国、EUなどは総崩れだ。このウィルスの最大の敵が自由だから、人々が自分のやりたいことを追求する個人主義は感染の拡大させ、健康状態の弱いところを突いた。原産国、中国さまはしかるに8%の成長を維持すると言う。日本はどうにか持ちこたえていると言う感じだが、私の予測では次の総選挙では自民党は大敗する。そして、究極悪夢、...

続きを読む

やはり新新型コロナが怖い

プールが年末メンテナンスでクローズ。ここ数日はトレーニングジムでストレッチと筋トレだ。このジムが広い。トレッドミル系で40台はあり、数十人に対応しているが、今は年末年始もあり、最大でも20人くらいしか入ってない。30分ほど、数台のマシンで数セットやりそうそうに出る。マスク、消毒、ディスタンス,パーテーションnは言うまでもないが、大の大人が小さなバスケットをめいめい持つ。中には消毒薬と布が入っており...

続きを読む

運転免許証更新に行った

今日から更新できると葉書きが来た。だからまだ2か月余裕があったのだが、来年になればコロナはどうなるか分からない、と考えて、午前中、行って来た。延々と長蛇の列だ。「最後尾」書いたサインを持ったジィさんが「2-3時間かかります、今日は最悪の2番目、1番目は1月4日です。」と叫んでくれた。50分間、並んでいた。僕は17歳で免許を取った。米国でも取った。カルフォルニア州からニューヨーク州に書き換えの時はこ...

続きを読む

中国さまは正常か?

異常だと考える人達は多いが、日本の世論はまだまだチャイナ善人説が圧倒的だ。もとより日本人は中国大好き、貿易額では3分の1、文化、経済の繋がりは強い。でも僕の近辺では最近、チャイニーズさんの存在が薄くなった。クラブ、ジムなどいなくなった。時間帯のせいかと感じていたが、近所のチャン料理店に行き確信した。大使館員、ビジネスマンなどが減った。大阪の辻さんが誉めた料理、イカ墨マーボを食べに寄った。コロナでお...

続きを読む

犯人は分かっていても報じられないもどかしさ・・

世田谷一家4人殺しから20年、あれだけ物証が多くあり、更にケガをした犯人が移動中に目撃されているのに未だにお宮入りと言うのは解せないが、一番もどかしく感じているのは捜査に当たった人々だろう。多くが定年を迎えた。現在でもなかなか洒落たファッションだ。犯人のDNA,指紋もあり、物証と合わせると、彼は99%外国人だ。欧州系とアジア系の混血で、その国の経歴では軍隊経験があった。指紋も存在する。アジア系の血統は...

続きを読む

かくして今年の移動は・・

僕の今年の移動距離、推定だが国内だけで、例年に比較したら5分の1にもならない。遠距離では、4月にニューヨーク、秋にはテキサス旅行を予定していた。これはゼロだ。車の走行は例年は年間1万km、今年は半分。近距離でも例年は銀座に6-70回は出るが、今年は原則歩いて行ける範囲だった。公共交通手段やタクシーも数ええるほどしか乗ってない。恐らく、僕の環境にある人達のほとんどが同じ状況だろう。靴は購入したが、車...

続きを読む

コロナ禍の健康状態

昨年の年末に比べると健康状態は良い。体重は4kg減らした。コロナの最中、病気になれないと気を付けてからか・・・何よりも良く運動した。ジムは4ー5月、クローズされた。再開されても6-9月間、週3回予約制、プールは1時間が限度になっていた。じゃ、1時間を目いっぱい泳ぐと言う方針で、毎回2000mにした。普通は1回1000m。それで年間総計、2万m、200kmくらいになった。4-5月は毎日、歩いた。だか...

続きを読む

コロナ禍の著作活動

僕は大学生の頃よりのカントリーミュージックファンだ。ニューヨークにいた頃は同地は東京と同じくらいこの種のサウンドはマイナー。それでも昔はライブハウスやFM局もあったが、もう25年くらいない。今年2月に銀座のライブハウスに行き、その後は仲間とのセッションも全部中止。それで考えていたけど出来なかったこのサウンドのHPを作ることにした。友人のTさんがユーチーブを記事の間に「埋め込む」ことを教えてくれた。ド...

続きを読む

お一人行動続く、コロナ禍

年を越すコロナ。この10か月、参ったのは友達に会えないことだった。しばらくはこのままだろうし、そのうち永遠に会えない人達も出てくるだろう。昔の知人、H氏から八ヶ岳に招待されたが、3回ほど延期して冬になった。午餐会や外交研究会もビデオで補えないのが、仲間とテーブルで交わす会話だ。お互い気が知れた間、馬鹿なことをしゃべるのがスポッと抜けた。本当に親しい友人ともときどきメールをやりとりするくらいだ。来年...

続きを読む

コロナ禍の芸術活動

芥川賞、直木賞もここ数年間は読んでないが、今年はノミネートを見て、読みたいと思っている。銀座の裏通り、人気のないところを歩いていたら、画廊だけは人が入っていた。従妹、画伯の展覧会もやったのかやらなかったのか?例年は集まり食事をしていた。芸術もコロナで相当影響を受けたのではないか?映画、演劇、音楽など広範囲に。まったくコロナはけしからん。僕は4月、行った先で移動が自粛となって2週間、山荘にいた。まだ...

続きを読む

多すぎるベトナム人犯罪

毎日のオンパレードだ。殺人、窃盗、麻薬、無免許事故、賭博、密輸などなど。子豚の丸焼き数百頭などは可愛いものだ。不法滞在や違法就労もある。でもNHKさんなどでは、在日のベトナム人はコロナ禍で大変な思いをしていると・・ガス首相も真っ先にベトナムに行ったくらいで、その時、子豚事件は核心を迎えていたのに、発表を遅らせたそうだ。ベトナム人は気性が荒いのかもしれない。かって日本は朝鮮半島出身、中国人などの犯罪に...

続きを読む

コロナ禍、楽器演奏すすむ

ニュースでコロナ禍、ライブやコンサートは全滅だが、楽器演奏を習うことが流行と報じていた。僕は餓鬼の頃6年間、バイオリンを習った。まったくものにならなかった。ここ5年間、ギター、2年間またフィドルをやっている。だからコロナを機に始めたわけではないが、楽器は良いものでも安いし、習うところも便利、よい趣味だ。月に合わせて30分間を6回、教室で個人レッスンだ。先生は2人とも良い。コロナ禍で外出自粛、案外や...

続きを読む

ハンバーガー通り

近くの商店街、二つの急坂が左右から来る谷底にテイクアウトのハンバーガー店が新規オープンした。そこに行く途中にもテイクアウト・デリバリー店が先週にできた。谷底の店は昼前には長い行列が出来ていた。590円だからだ。この店は昔は甘いものやだった。この辺りは肉やが多かった。近くにはハンバーガーを出す店は数店ある。歴史的にはスターズアンドストライプスの関係者が多くいたからではないか?毛利庭園を越えたところに...

続きを読む

週刊誌を読まなくなった、コロナ禍で・・

ほぼ一年間、今年は2月からコロナによる様々な影響で社会は当然のこと自分自身にも大きな変化、影響が沢山あった。週刊新潮、週刊文春は僕の何十年間にもわたる情報源であった。彼らの部数が各々60万部くらいあったころからだ。米国勤務中も購読していた。両誌編集者はコロナ当初の状況をどのように捉えていたか?自問自答すればよい。認識があまりにも稚拙、幼稚だった。お笑いものの記事ばかり。プラス、他人の不幸を喜ぶ、上...

続きを読む

科学技術50年周期、安西君の話

午餐会は3月から中止になり、6月からビデオ方式になった。昨日は今年最後で、安西 祐一郎君の技術開発と教育がテーマだった。デジタル化、日本は遅れた。18世紀の産業革命に乗り遅れて、19世紀幕末を迎えた感がある。その話だ。彼の話は工学者であり教育者であり、学術振興の日本の要である、適切で優れた内容だった。彼は今、世界が変わる50年周期の間にあるとしている。コロナでいみじくも露呈した。生物科学、カーボン...

続きを読む

よぼよぼ政権、バイデンさん

結論から言いと「日本は来年以降、4年間、大変苦労する」昨日、渡部 恒雄先生の外交研、ビデオ講義を聴いた。先生お話ではバイデンさんは、左と右の間で、現在進行中の政権組織作業では、実力ある、実績ある人達を集めてはいなく、中途半端な感じであると・・現在の米国政治事情では大胆な策は取りがたいと・・あった。僕はさすがの米国人もいざ当選してみると、バイデンさんのよぼよぼぶり、ハリスの仮面的不気味さには、うーん...

続きを読む

敵地攻撃能力無くして、抑止なし。

現在の軍事水準から言えば、当たり前の論理だが、日本だけではそうは取られてない。イージスアショアの代替案は、スタンドオフミサイル能力と艦艇の増強で方向性が明らかになりつつある。国内の否定的意見は相変わらずだ。「元寇」なら九州の沖で敵が自滅してくれたが、そういう攻撃はもうあり得ない。海岸に部隊を展開しても、無駄。ミサイルに限界はない。どこにでも飛んで行き、攻撃の根本を断ち切らねば抑止はありえない今は最...

続きを読む

ガスさんは2Fジジィの操りか?

先日、聞いた読売の橋本 五郎さんの講演でも、スガさんはどうでも良いようなオヤジとばかり会っているいう話があった。感じるのはスガさんはもしかしたらと言うか確信的に二階のジィさんの操り人形かも知れないと。2Fは、ミスターカジノ秋元 司の後ろ盾、広島の悪辣夫婦もそうだ。親中派でまだキンチャン国賓来日をキャンセルさせない。旅行・飲食会を後援としているなど、コロナ禍では問題が多すぎる。GoToの停止発表の夜の会...

続きを読む

モーゼル弾を使用していた日本機銃

武器学校資料館展示の、日本陸軍の航空機旋回機銃、九八式単身と一式2連はサドルバック弾倉を使う。いつもどう装填していたか考えていた。バネが強いし、形状が独特だからだ。葉山さんが「九八式」と記された日本の弾薬を見つけ、計測し、写真を送ってくれた。日本の7.7mmに似ているが、径は7.92㎜、首、縁、保弾子の形状が異なる。モーゼル弾だった。日本で製造されたものだ。中国で鹵獲したモーゼル小銃用かとも考えたら、それら...

続きを読む

食事でみるオヤジと女子の差

昨日、昼は寿司屋に行った。ここはコロナには安全で、キッチンも裏も、入り口も、窓も3方が開いている。フロアにはユニクロのモデルのような人もいる。女子3人が後ろのテーブルにいたが、さえずるように話をしていて飛沫もなかっただろう。出るとき見たら、皆美人だった。一昨日は近くだが天丼を食べた。地下で、ばあちゃんがいるので、消毒などは厳重でここも安全と感じていた。女子の客が多く、女子数人は座敷に入り閉めた。奥...

続きを読む

「日本の機関銃・写真集」をいただいた。

猟から戻ったら着いていた。吉川 和篤氏の力作だ。僕が以前、「日本の機関銃」と言う本を書いた。恐らく、それを少しは参考にしていただいたのであろう。A4版、118ページ、写真の数は300様はあろう。当時のオリジナル写真で、文や説明にも間違いのない、一級資料だ。僕が日本の機関銃を研究したのは、米国滞在期間で、田舎に家があり、機関銃の実物を射撃する友人が何人かいた。それが強みだったが、日本の資料、今のように...

続きを読む

コロナの原点を忘れているのでは?

昨年の年末を思い起こすと嘘のようだ。今年、1月半ばに関空に武漢から戻った女子留学生が「深刻です」と語ったのが、最初だ。その日、厚生省は「人間間では感染しない」と発表した。コロナは周到に作られたものだ。簡単には収束しない。1月後半は、屋形船、クルーズ船が大騒ぎになったが、23日、人を案内して浅草に行った。まだチャイニーズでごった返していた。この年末、年始が山場と言うが、ワクチンが開発され、一旦収まっても...

続きを読む

NHK BS番組 [さすらいのシェフ]

昨年放送されたコリアンドキュメンタリー番組を再放送していた。見るともなく見ていたが、これは「先を越されて」と言う感じを受けた。イム・ジホさんは欧州で活躍したシェフだそうだ。40代半ばくらいで、今はソウルにいる。彼は僕の感覚ではコリアンさんらくしくない。実母知らず、良くしてくれた養母からは家出、とても後悔していた。それで似たような山村に暮らすばあちゃんを慕っていた。時々彼女を訪ねては料理を作るのをお互...

続きを読む

女性に苦労して無い人が聴く、黒川 伊保子さんの話

男女関係ほど理屈の無い話はない。僕の好きな歌手、バック・オーエンスは彼の苦難,troublesの80%は女性問題と書いていた。黒川さんはAI開発から、人間の脳を研究した、communication scienceの権威で、著作も多い。少し古いが「トリセツ」と言う表現で現象を説明している人だ。この人のビデオ講演が昨日あった。「トリセツ、男の一言」が題目だった。結論から言うとこの講演にうなずく聴衆は、女で苦労したことの少ない人間じゃ...

続きを読む

チャンバラ用かたな

「鬼滅の刃」を見た時に感じた。そういえば、僕が子供の頃は棒か竹の刀をベルトに差して、よくチャンバラをした。近所の子供が大集合して二手に分かれて闘うなど。クレー射撃協会の経理をしていたKは近所で同じ小学校、彼と闘うとなぜか真剣になった。今闘ったら大変だ。現在、外にいる小学生はほとんど見ないし、チャンバラ遊びは死滅したようだ。正月、孫たちが来たら、チャンバラ遊びをさせようと、刀を作成していた。映画を見...

続きを読む

自衛隊や警察の力を借りねばコロナは退治できない

以前、防衛省モニターをしていた時にレポートに書いた事項のひとつが、専門職種に国家資格をとらせるとことだった。具体的な例で世田谷の病院、看護官養成もしている、を見学した際に感じたことだった。それはメデックスが退職する際は国家の看護師の資格になっている養成の仕組みを提起した。コロナ禍は旭川のように医療現場が急速に機能を失うような事態では、自衛隊医療部隊が出動するのは当たり前のことだろう。だが、10人出る...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ