FC2ブログ

記事一覧

コロナ禍と貧乏論

WHOの調査団が武漢で活動しているが、その結果は恐らく、チャイナさん性善説になるだろう。共産主義の偉大なところは、洗脳に長けていることだ。向こうで過ごす時間が長いほど、シンパになる可能性は高い。さて、報道ではコロナは弱者を更に貧乏化させ、格差を拡大させているとしている。その通りだろう。コロナは人々の収入のみならず、生活、思想、感情にまで大きな影響を与えているのは、諸外国をみても明らかだ。米国ではトラ...

続きを読む

茂原航空隊の零戦

終戦の日に飛び立ち、大多喜町に墜落した零戦の発動機と機銃が地中より発見されたというNHKローカルニュース。睦沢町立民俗資料館前で夕方、撮影された映像には帝国海軍航空機搭載機銃九九式改の長い銃身が観られた。九九式エリコン機銃は私の研究では2種類あり、オリジナルのドラム弾倉の短いもの、それとこの河村博士の開発したベルト弾倉の改だ。靖国神社の零戦五二型には短い銃身と弾倉が展示されている。武器学校には改が2...

続きを読む

孤独と貧困

コロナ禍で急上昇してきた国家的課題だ。孤独と貧困が重なる、こういう現象がコロナ禍で出たと大騒ぎだが、本当にそうか?NHKさんなどは貧困の原因は低賃金だと決めつけているが・・古典ではアダム・スミスは「国富論」でたしか、富の生産と分配の問題と捉えていた。どちらが悪いわけでない。マルクス主義は富は生産しないブルジュアつまり悪と、生産はしても分配に与れないプロレタリアート、カワイそ、カワイそに分類した。でも...

続きを読む

まだまだ事務簡素化は道半ば

誕生日前日に目の手術をしたが、僕にとり誕生日は重要な日だった。今年は3年に一度の銃砲所持許可証更新があったのだ。更新が空くと、法律的は不法所持になる。今日、昼に警察署に出向いた。昨日は暗い空だったが、家から出たら、眩しい。手術の前に点滴した薬は1週間くらい眩しと聞いたが、本当に眩しい。バス停でサングラスを透明に変えて来たのことを後悔したくらいだ。少し待って新しい所持許可をポケットに入れ外に出て、散...

続きを読む

長い24時間だった。

一昨日の夕方、突然頭痛がした。夕食後、とても激しくなった。横になると痛いので眠れない。左目の奥だ。昨日、朝、起きたときは治っていたが、娘がどこかで診て貰うように言う。そうだ検眼に行く、眼科クリニックだと11時のアポを取った。若い女医さんがここでは診れない、近所の総合病院、北里に紹介状を書いてくれた。眼科から食事して泳ぎに行くつもりだったのが、予定変更。北里までは歩いて10分、直ぐに検査をしてくれた...

続きを読む

NHKさんが言い出すべき五輪中止

今朝のニュースでNHKさんの独自調査、企業100社の6割が東京五輪開催はすべきとしていると報道した。確か、視聴者の調査では8割がやめろか延期と言っていたはずだ。客観的にみてどうだ。日本国では、緊急事態宣言の効果、温かくなる気候、ワクチン接種などで、5月ごろに危機を脱出したとする。しかし世界はどうだ。規模を縮小してもフルに参加して半分以上のメダルを独占するのはチャイニーズさまだ。嫌だ、そんな五輪は見た...

続きを読む

コロナ、ブラジルの確信犯対応

ブラジルは日本の2倍の人口、国土は米国合衆国と同じ広さ、アマゾン河とジャンルが広がる大地だ。コロナ感染者は1000万人に近く、死者は22万人といわれている。迫力ある数字だ。昨日、眼科に行った。検査の時に、障害児とその付き添い、父親か祖父かは不明だったが、その会話に感銘した。付き添いが無邪気な障害児に優しい、温かったのだ。声が大きく、他の人達には問題があったが誰か担当者が注意する雰囲気ではなかった。...

続きを読む

コロナ報道にない、格差・・

報道では絶対に言わないが、健康状態とか年齢とか性別以外にも、全世界的には大きな差があると思う。長谷川 眞理子博士も言っていたが、どうも東アジア人は死者が少ないと何か遺伝子的な理由ではないか?と。確かにタイ国などは、エアコンを年中、使うから密なんてものではないし、衛生状態もどうか?と推測するのだが、被害は小さいようだ。日本は人間的にはあまり多様性がない。外国から来た人達や、在日の人達も見たところは同...

続きを読む

出前文化

コロナ禍での食事自宅配送は最近の傾向と言う人もいるが、そうではない。「出前」は伝統的なものだ。(質問に答えます)Uberに代表されるように、海外の業者が運営しているから誤解されているが、僕が高校生くらいまではうちでも頻繁に出前を取っていた。店も歩いて5-15分くらいのところにあった寿司屋、蕎麦屋、うなぎ屋、中華屋などで、母親は家庭の財政状態も考えず頻繁に取った。電話してしばらくすると「おまちどー」と言...

続きを読む

コロナワクチン接種順位おかしくないか?

コロナは一種災害的なもので蔓延を食い止めるために、社会が必要としている人員、医療従事者がまずは一番にと言うことは異論がない。この際、社会の治安を守る、警察、消防、海保、入国審査、それに自衛隊の人々の優先が言われないのはどうしてだろう?続いて、外交官などか?感染すれば重症化する人間は、感染を防ぐための人員に優先するかは議論があろう。ここまで来たら今年の五輪、パラ輪はないと断言して良い。国家、社会が無...

続きを読む

飲食店の明暗

弁当とかテイクアウトはやはりおいしくない。デリバリイは日本伝統のもので、少年の頃まで[出前」はどこでも一般的だったが、今は離れてる。それで歩いて行ける範囲の店を訪ねて、安全を確かめて昼食をとっている。店の明暗を分けている原因はふたつあろう。ひとつは自分のビルで営業しているか、借りているかだ。自分の建物でも債務や償却があるから大変だが、恐らく相当ちがう。家族で運営しているところは強い。もうひとつはオ...

続きを読む

人類学とコロナ

人類学者、長谷川 眞理子博士のビデオ講演を聴いた。ビデオは集中力が無くて今一つだが、高名な講師、気が付かされる点が多くあった。博士はアフリカに3年間、滞在し、人類学をサルや孔雀、オスメス論から研究した権威だ人類の歴史は農耕、狩猟から始まり段階的に進化してきた。疫病は以前は人類の大きな敵ではなかった。戦争や戦闘で死ぬ数のほうが多かった。疫病にはペスト、コレラ、チフス、インフルなど沢山ある。産業革命、...

続きを読む

バイデン政権で日本は苦労する

とうとう本当に老人大統領が誕生した。さすがにレディガガ以外は全員マスク姿。バイデンさんにコロナを感染させたら大変だ。お化けのカマラは全然大丈夫だが。日本でもいろんな人達がコメントを求められていたが、ピンとくる鋭いものはゼロ。公平に聴いて、NHKワシントン支局長は適格に捉えていたと感じたが、こういう人はNHKでは出世しない。ようするにバイデン政権はマイナスに未知数と言いたかったのではないか?僕は一言「日本...

続きを読む

本社ビルの売却

僕の働いていた会社は、まつりと言う幽霊とNHKにやられて、元気がなかった。株主として長年、指摘していたのは、時代に乗り遅れている、皆で集合してやる仕事ではない効率を考えろと言うことだったが・・コロナ禍で問題は明確になった。アナログ業務など言う時限ではなく、仕事のやり方がすっかり変化したのだ。もう元に戻ることは無いだろう。それで本社ビルを売却し、新ビジネスモデルに投資すると発表した。大賛成だ。早い方が...

続きを読む

DMM英会話CMは米国ではNO・・

良く出来たCMだ。僕は好きだ。でもこれは今の米国では駄目だ。ユーモアも分かって貰えない。「差別」の大合唱が起こる。黒人を馬鹿にしていると・・・昨年来の、「ブラックライブズマター」運動などの拡大がその背景にあろう。米国史を見直す、南北戦争の遺物はけしからんなど大変な騒動だそうだ。ジョージア州のフォート・ベニング、有名な米陸軍基地、演習場だが、その名前が南軍に由来しているので改名するそうだ。例えば「フォ...

続きを読む

ヘンリーマルィニライフルは・・

歴史上重要な武器兵器の一つです。前装ライフル軍用銃ミニエ、後装に改造したスナイドル、そしてレバーアクション金属薬莢にしたのがヘンリー銃ですから。口径はいずれも50口径11.66mm。大口径で威力があります。軍用だけでなく、大きな獲物には無くてはならない銃。日本に明治、帝国海軍陸戦隊が導入しました。一挺、刻印もあるのが、旭川の北振館に展示されてます。村田銃、などと屯田兵のものだったのか?ただ説明が違...

続きを読む

習さんの顔色

先日の川島 真先生のお話の中で、出た話題のひとつだ。「最近、顔色が何と言うかとても悪いと評判だと」習キンペさんの顔色なんかどうでも良いではないか?コロナだ、コロナと言う人達もいるが、しかし習さんの動向は、今の中国の体制、特に共産党100年の記念の年に向けた覇権主義の成就にはとても重要なことだ。コロナ原産国を忘れさせる感染抑え込み、経済成長さらには、マスク、ワクチン外交。トルコやインドネシアもチャン...

続きを読む

ヘンリーマルティニライフルと「野生の呼び声」

WOWOWで珍しく、昨年の作、ジャック・ロンドンの「野生の呼び声、the Call of the Wild」を放送した。この話は恐らく数回映画化された。チビに説明しながら観てたが、ハリウッド現状を嘆いた。内容は原作、僕の少年のころから好きなストリーだが、面影もない。民主党米国そのものだ。人物は、老人、黒人、女性に置き換えられて、主人公を殺したインデアンは白人に、ネイティブが郵便輸送や保安官になっていた。ゲイは気が付かなか...

続きを読む

36日間かかった郵便

米国、田舎在住の友人から本の注文があった。まだ在庫はあるが、一旦は断った。支払いの方法がないのだ。電子決済が主流なのか?少額小切手は極端な話、半分は手数料になるし、なお銀行は喜ばない。かっては郵便小切手があったが、これも手続きが難しくなった。なぜこんなことになったのか、しかるべき理由は分からないが、制裁とか、マネーロンダリングとか、いろいろ複合的なことではないか・・・結局、彼は僕の書いた本をクリス...

続きを読む

馬雲さん行方不明

日本メディアの関心事外らしいが、ジャック・マーさんの失踪は先週の川島 真先生の講座でも語られた。ジャック・マーさんは50代半ばだ。彼がアリババネット創立したのは確か、1999年だからその活動は20年間。金融に関しての彼の発言が共産党の逆鱗に触れたとも言われた。確かに中国は大国であるが、金融が脆弱だ。米国の金融制裁に遭ったらひとたまりもない。馬さんの言うことは、厳しい言葉が多いが面白い。僕が気に入っ...

続きを読む

不気味なるかな国際情勢

コロナ禍報道は延々と続くが、国際報道を見ていても、インド、イラン、ロシア、トルコや南米の様子は良く分からない。ロシアなどはどうなんだろう?大丈夫か?今日は昼に外交研究会、笹川財団、渡部 恒雄先生のビデオ講義があった。「今のアメリカを知る第82回」で、トランプさんの往生際の悪さ、愚かさ、独善さ、などが米国に与えている影響と、バイデンさんの環境保護政策、日本には厳しい状況だの話だったが、話が暗くて、途...

続きを読む

黒内障のセカンドオピニオン

先月、目の検査をした。白内障の恐れ、急がないが手術の可能性を示唆され、料金はスタンダード10万円、DX130万円で、彼女はDXは万能と推奨したが・・・セカンドオピニオンも聞くと言うことになっていた。昨日、自宅近く、家族も行くところに行った。検査機器は先の方が進んでいたようだが、ここは男性の技師が30分近くかけて検査した。眼鏡を持ってこいと言うことで、10年ほど前商店街で作った眼鏡も検査した。診療した女医...

続きを読む

コロナ一周年

丁度一年前だ。厚生省は「新型ウィルスは人から人へは感染しない」と2人のオヤジ官僚が出て発表した。その2日ほど前、NHK関西発ニュースで京都の武漢に留学していた女性、白づくめが空港で「武漢は深刻です」と話していたのが記憶にある。そして、昨年1月10日に、武漢から横浜中華街に戻ったチャンニーズさんシェフが日本にコロナを持ち込んだ一号とされている。16日判明。23日に浅草に行ったら、まだチャンニーズさんの旅...

続きを読む

風邪を引いたら終わりか?

12月に昨年分の健康管理は全部やった。特に毎日、血圧を測る、これは機器がなければ出来ないが、ちゃんとしたのを購入した。血圧は面白いもので、温かい時に図ると平常だが、試しに夜中、冷たい部屋に行き計測したら、半端なく高かった。なるほどこのような時に倒れるのかと・・1年ぶりに歯と目を診てもらった。いずれも昨年3月には行くという約束だったが、コロナ禍で延び延びだった。視力は長年の数値より良い。遠も近もだ。...

続きを読む

緊急事態宣言状況は・・・

4日間が経ち、4月に比較すると人出は下がっていないそうだ。僕も毎日、午前中は外出しているからあまり言えないが、この辺り、3連休でも同じ様子に感じる。早朝、歩いているとコンビニなどで夜の姿の女性に行き会うことがある。近くの盛り場からの帰宅模様でマスクもないが、元気な様子。早めの昼に入ったところでもその種の女子会を賑やかにやっていた。離れていたから安心だったが・・ライブハウスも昼に開催していた。オタク...

続きを読む

中国最新事情

川島 真先生のビデオ講義が昨日あった。良い話は幾つかあった。ビデオ講義は昨年6月に開始されてすでにかなりの回数だ。方式に限界があることは否めない。どれだけ会員が参加しているか、話を理解しているか、どこに興味があるのか?仲間の情報がない。一番、困っているのは先生だ。反応が限られている。習さんの新年あいさつの分析からだ。「政治大年」2021は共産党100周年、節目の年であり、当面は習さんの成果つくり、...

続きを読む

トランプさんの支持者と選挙の不正

トランプさんは米国選挙民、7400万の支持を集めた。メディアは彼が大嫌いだからあまりその人気を報じてないが、僕の体験では彼は白人労働者階級、キリスト教、地方住民の誇りを重んじて、公約を忠実に実行した。支持者層の「誇り」と言うのはちょっと我々には理解できない感覚だが重要なことだ。そういう人々は行き過ぎたリベラルに危機感を持っている。娯楽でもスーパーサイズ黒人女性ダンサーズなどには魅力も感じてない。僕...

続きを読む

懲りない民族かコリアンさん?

今度は慰安婦で日本国に賠償を求めた判決が出た。コリアンさんは勝算無きことをやっているか?そうではないと感じる。2-3年前に川島 真教授の話にあったが、国家間でとっくに決着した問題でも、個人は訴訟を起こせる。これはユダヤ人がドイツを訴えた手法だ。だから無法であるが、一種のトレンドでもあり、馬鹿に出来ない世界の潮流なのだ。怖い。日本国はよほど気を引き締めないと大変なことになる。コリアさんで日本国の資産...

続きを読む

怖い感じがなけれな民衆はついてこない

恐怖は統治の手段だ。民主主義はこれが弱い。チャイナさんがコロナ発祥国であるがそれを抑え込んで栄華を楽しんでいるのは国民行動や思想の把握による完全統治があるからだ。国家、党は個人の行動、発言、集会、家族、友人、消費など逐次、ITや監視カメラで掴んでいる。党の支配のもとでは個人情報などはない。現金を使わず肉マンを買うのを自慢するチャンナニーズさんは、国に肉マン1個を食ったことをつかまれているのだ。日本の...

続きを読む

バイデン走り

信号が変わりそうな交差点で走る度にバイデンさんを思い出す。次期米国大統領は相当なるジジィだ。満足に走れない。日本はこれから苦労すると書いたが、段々、具体的にみえてきたと感じる。日本の近く、中国、朝鮮半島にはバイデン政権の思惑は至らないだろう。中国はすでにやりたい放題に近い。朝鮮半島も。東アジアでは混乱が予測される。ジョージア州上院選で民主党が勝って、大体これからの4年間は予測できる。僕は米国のトラ...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ