FC2ブログ

記事一覧

「接待」はいけないか?

東北新社は現役時代、長い間、仕事の付き合いは、随分あった。真面目な会社か?と言えば、ある意味では真面目。本当に真面目ならあのような商売はできないだろう。植村 伴次郎さんは郡山出身で、大分前だが福島の会で一緒だった。苦労人でうちの役員たちなどとは比較にならぬほと練れていた。伴次郎さん、新橋でバーもやっていたし、確か山形か秋田に山荘があったと本人から聞いた。私の時代は接待が出来ない人間はカスだった。ビ...

続きを読む

射撃場の火事

米国は山火事大国だ。いたるところで火事だが、射撃場も例外でない。バッキー・マルソンたちの私設射撃場は、ベンチと的枠だけで施設は無かったが、頻繁に火事があった。バッキーによれば、ベンチと的枠の間、的枠の後ろの草や木が燃えた騒ぎだそうだ。原因には幾つかあった。誰かが曳光弾とか、焼夷弾を撃ってしまう。その弾丸部分が的枠の木材にめり込んでいて、後で燃え出す。頭が赤いのが焼夷弾だが、塗料が消えかかっている。...

続きを読む

美人の国家安全保障論

今日のビデオ午餐会はテレ朝報道ステーションのコメンティター、美人で有名な安全保障担当の梶原 みずほさんの米国太平洋軍の話を聴いた。朝日新聞系の安全保障論者では、僕の世代には田岡さんがいた。田岡さんの弟は僕の航空部の後輩だが、事故で亡くなった。彼らの父上は京都大学国際法の権威、田岡名誉教授だった。僕も2年前の1月末に防衛懇話会で今日のテーマのオワフ島の、その前年にインド太平洋軍となった、司令部と海軍...

続きを読む

山林火災の記憶

足利の山林火災、射撃に行くニッコー栃木射場の先だ。ガソリンスタンドのお兄さんが射撃場に曲がらず、まっすぐ行けば景色の良いところがありますよ、と言っていた、その辺りだろう。下野新聞さんの写真5日間燃え続けているとのことで、陸自のCH47が消火に当たっているが・・・チヌークには何度か搭乗したことがある。一番長かった飛行は熊本健軍駐屯地を発ち、阿蘇山を一周、雲仙普賢岳、長崎の相浦駐屯地まで行った時だ。およそ...

続きを読む

森田 健作さんのコロナ

日本全国のコロナ数は、一都三県の約2倍だ。東京都は三県の合計に大体等しい。だから東京都が250人なら一都三県で500人、全国で1000人と予測される。これらの数字比率はGDPに匹敵しているそうだ。だから一都三県を抑え込めばある程度の効果は見える。一都三県の知事の会議、森田 健作さんの「崖っぷち」論理が良かった。彼は一昨年の台風でもう駄目かと思われたが、コロナ対策の発信は役者だった経験を活かしている。...

続きを読む

三十年式銃剣の製造元

「日本の軍用銃」に書いた。三十年式銃剣は明治30年、1998年に制定された、日本的な長い、片刃の銃剣だ。三十年式、三十五年式、三八式、九九式小銃そして軽機関銃に装着された。私の推定では830万振が製造された。小倉、名古屋工廠のもと、昭和の大動員時代に幾つかの民間会社が製造したが、そのひとつ光精機のもの以下の刻印がある。.私が工廠記録を調べるまで米国ではラリー・ジョンソンさんも民間の製造会社を一部し...

続きを読む

アジアの春

アラブの春ならぬ[アジアの春]か夏が来つつあるのではないか・・きな臭い、ビルマではマンダレーで人が撃たれて亡くなった。NHKニュースではデモ隊が街中で拾った薬莢を手にした様子を伝え、警察か軍が狙撃したとしていた。だがあんな薬莢を今使用している警察や軍があるか???疑問だ。3006は凄い音がする。射撃音を聴いていると小口径の拳銃だ。撃たれた人の頭の中に弾丸が残っていたそうだ。新入社員のころ、社の先輩にビ...

続きを読む

三八式小銃のピープサイトを実感

目の手術をして2-3日、その目の視力は落ちていた。しかも眩しい。検査技師が小さな環の空いた板を目に被せたら余分な光が遮断され、焦点が合い、かなりはっきり見えた。それで思い出したのがライフル銃のピープサイトだ。視野は狭くなるが標的は見やすい。三八式小銃生産を私は3期に分けた。後期には環穴の照門を採用した。それまでは谷型。僕が「日本の軍用銃」で書いたのは、昭和11年―18年製造の分は量産仕上げになって...

続きを読む

バイデン政権の行方

先週金曜日、笹川財団の渡部 恒雄先生のビデオ講義を聴いた。就任演説、政権の顔ぶれ、議会運営や経済対策の話だ。先生はバイデン政権をべた褒めしていて気持ちが悪いと感じた。その理由は、先生はバイデンさんは上院議員、副大統領と経験が長い、だから安心できる、としたが果たしてそうか?急激な変化の時代だ。その中でも大きな要素は中国の世界覇権だ。彼の経験は果たして役に立つか?バイデンさんと同じ年代の我々としては彼...

続きを読む

高等練習機墜落

米国で飛行訓練中の空自操縦士が事故に遭った。航空機はいかなるレベルのものでも墜落事故は免れぬ。同乗訓練中は練習生より教官の責任が重いがそんなことはどうでも良い。練習機とは言えAT38は戦闘能力が高いどうどうたる機体だ。日本のこの過程の機材はT4だ。なぜ国内のT4訓練でなく、米国でAT38か?以前、浜松基地を訪問した際に国産のT4中級練習機、ターボジェット、マッハ0.9のかなり大きなジェット機を見学した。AT38はT...

続きを読む

佐々木 毅元東大総長の「現代民主政を考える」

佐々木 毅さんは政治学の権威、その講義をビデオだったが聴いた。コロナが民主主義政治に与えている影響は、民主主義の歴史を振り返れば明らかだ。佐々木先生は私とほぼ同年代、声はかすれ、動きはそれなりになっていたが、その思想は明快で、直接、私の頭に突き刺さった。結論は「日本の民主主義も自力でどうするか、が課題だ」と。つまり今私たちはそこまで来ているのだ。日本の民主主義は永遠と信じている愚か者には鉄槌だ。使...

続きを読む

他人はコロナと思え

運動器具を自分で、アルコールを噴霧して拭いて使用前後に消毒する。僕くらい念入りにやる奴は少ない。器具の床にもふりまき、触るディスプレー部分、手すりなどはビショビショに濡らして拭き取る。30mlくらいはふりまく。正直な話、俺以外は全部感染者、親の仇とばかりに消毒している。...

続きを読む

男も女もない時代に・・

誰が森 キロウさんの後任になろうが、東京五輪は消えかかった灯だ。海外の人達が来れるか?来ても感染は抑えられるか?チャンニーズさんだけではないか、元気なのは?国内の反発もあり無事に乗り切れるかだ?そんなことは100%承知でこうなった。このお二人が仲良くやれるか?責任をなすり合わないか?大体、キロウさんは、セイコさん、ユリコさんを両手に分けて対応してきたが、セイコさんとユリコさんが直接手を取り合い解決し...

続きを読む

厳しい冬と地球温暖化

北海道は日本人が開拓した寒冷地と言う意味ではとても重要な地域だ。弥生人は温暖な気候で米作をしてきたので、寒冷地には住んでいなかった。北海道の米作は20世紀になったから本格化した。北海道は今は美味しいものの宝庫で楽しいところだ。それで中国の南西部の人間は北海道が好きになり土地の保有を進めている。北海道を開拓した先祖に申し訳ない。サッポロは年間、最低気温0度以下が3分の一、降雪総量は約600cmだそうだ...

続きを読む

気の毒なるかな福島県

福島県はかって本当に良いところだった。地震は少ない、自然は豊富、気候は良い、人心は最高と言うところだったが・・・今は?この10年間続いた災害のせいだと感じる。2011年3月11日の東日本の三大災害、地震、津波そして原子力を被った。原子力は未だに帰還困難地域や汚染度の処理、原発の閉鎖など数多くの課題を残している。だがそれより悪いのは国、県が全ての問題を金で解決しようとして姿勢だ。だから三大災害でなく...

続きを読む

中国の領土概念

領土の問題は昔も今も国際紛争の一大火種だ。日本は陸地の境界がないので、領土意識が薄いを言われているが、北方領土は本当に困った問題だ。なぜ1945年8月後半、帝国日本軍はあそこで頑張らなかったか?歴史は戻すわけにはいかない。韓国の竹島問題、そして中国との尖閣。中国が尖閣を自国のものと言うには以下のような背景があると先週、川島 真教授の話を聴いた。中国は大陸国家である。国際的に海洋に関しては現在一般的...

続きを読む

森 キロウサン後の混乱

キロウさんを追い出した日本オリンピック委員会はどうなるか?チェアマンは内閣が嫌い、本人も考えたらこんなアホな役と気が付いた。武藤さんが会見で分かり難いキロウさん後任選びの過程を説明した。そこでキロウさん追い出しに重要な役を担ったNHKさんが街頭インタビューを行っていたら若い女性が「イチローさん」が良いとしていた。でもイチローさんは幾ら女性に優しいと言っても適任でしょうか?疑問だ・・・またここまで来た...

続きを読む

中国のBBC放送禁止

チャイナさんは案外大きな節目を迎えた。先週、聴いた川島 真教授のビデオ講座、外交研究会会員との質問形式で進行した。質問「新疆ウイグル地区への中国の人権侵害」に対して先生は「中国のイスラム教徒への行動は報じられている通り」と言い、BBC中国国内報道禁止はBBCが独自に取材して放送してことと英国のチャン放送のライセンス取り消しに報復したものだと。国家が他国の報道内容に関わった禁止行動は珍しいが。中国がイスラ...

続きを読む

木村 太郎さん語るバイデン政権の危うさ

昨日のビデオ講座だ。木村さんの話は好きだ。彼が米国の底辺を良く理解しているからだ。でも昨日、彼のしゃべりが気になった。痞える、思い出さない、切れがないのだ。内容は素晴らしいものだったが。太郎さんが指摘したバイデン政権の不気味さ、その中でも男女の差別を無くすための言葉狩りやLGフラッグを海外米国公館に掲げるなど具体的な例で説明した。メディアはあまり報じないが、私も米国の友人たちがその無法ぶりは随分聞い...

続きを読む

森 キロウさんが陥った体質

スポーツ団体は非近代的存在であることは衆知の通りだが、理事会とか役員会は相当覚悟しなけば耐えられない。親分は昔の選手だから自分が一番エライと確信している。会議の最後に御託と自慢話を垂れる。キロウさんもそこで気が緩み失敗した。ジェンダー差別の問題で、ありとあらゆる人々がコメントした。五輪ボランティアなどはカスだからそれこそ2Fのジジィが言うように幾らでも後釜はいよう。この件へのコメントにLGの代表の...

続きを読む

消されつつある「建国の日」

日本の反日、左翼運動、報道の勝利となるだろう。僕の記憶にある限り、日教組の高校教師が激しく、日本の神話やそれに基づいた天皇制を否定する発言をしたことを覚えている。今日、建国記念日に思うのは彼の言う情けない正当性のことだ。建国記念日は日本の「古事記」、「日本書紀」、文字のない時代の日本人の有様を伝承した記録による制定だった。古事記や日本書紀は文字が伝来してから編集された。同じ内容もある。恐らく日本の...

続きを読む

経済が何かおかしい・・

先日書いたが金融の好景気は実態経済から考えられないものだが、カブヤに直接聞いたが、あと数カ月はこのような、彼らに良い状況は続くとしている。期間から言えば夏までだ。米国では大体、破綻は9月だから理屈に合う。先日も紹介した映画、邦題は間違っているが、「ビッグ・ショート」は「大いなる資金不足」だろうが、その中で「パークアベニューに住む人に良い人はいない」と言うセリフがあったが、古来からのグリードな人々の...

続きを読む

何が起こるか分からないこの世の中で・・

日本人にはおめでたいことばかりで深刻さ、緊張度が足らないと感じるのは私だけか?外に出れば週刊誌の広告、田中 郁也が尊敬する貴乃花の家族問題、森 キロウさんの発言などなど。コロナ禍の次に来る災難から逃げているとしか思えないが・・はっきり言おう、次に来る一つの災難は安全保障の問題だ。潜水艦も20艦のうち1艦が欠ければ運用は大変だ。恐iれるのは中国さま海洋進出だ。奴らはコロナ原産は米国と言う世界世論形成...

続きを読む

「そうりゅう」の衝突

昨日の事故だが、大事に至らなくてほっとしたのも本音だ。ひとつタイミングが良ければ衝突しなかったが、反対にちょっとでも間違いが大きかったら、大変な事故だ。日本の安全保障上の大問題になるところだった。潜水艦は事故が多い。今までも大きな事故は世界で多くあった。日本の安全保障、中国の海洋進出が激しくなるなか、特に秘匿性の高さが必要とされる潜水艦、イージス艦の運用にはこの事故は大きな痛手であることは間違いな...

続きを読む

シンガポールの行先

日本の国際概念ではシンガポールは忘れてはならないところだ。地理的にも歴史的にも経済的にも。国自体の規模は小さいが、アジアの先端に存在していることは間違いない。現在、中国南シナ海覇権に対してどう考えているのか、それはあまりはっきりしない。アジアの華人、華僑がどう考えているかも明白ではない。立場があり、考えていること、発言すべきことに慎重になっているのだろう。僕自身、1980年代後半、数年間、業務でか...

続きを読む

何か怪しい金融界

ここ3年ばかり株式市場には関心がなかった。コロナ禍でお金はあまり使わない一年間ではあったが、収入も大幅に減り、蓄えもどんどん目減りしている。ニューヨークも東京も株式市場は好況だ。実質経済とはかけ離れていると言う感じがするし、そのような警告記事も目にした。だが日本はバブル崩壊(1991)、米国はリーマンショック(2007)は直前の異常な好況時にはその先にある地獄を予想する人達は少なかった。僕の経験は...

続きを読む

白金のタヌキ

新宿のタヌキは小池 ゆり子さんだが、ネットで僕が前を通る白金の児童公園に出没するタヌキが出てた。昨夜は恵比寿から東麻布まで日テレの新人がタヌキを探すニュースをやっていた。僕の家の横の児童公園にもアライグマかハクビシンの足跡があったことは昨年、書いた。白金のタヌキ、前に廃墟の共同住宅が数棟並んでいる、そこを住居としていると僕は推察した。福島の山荘に以前出たタヌキ、恐らく300mくらいが行動範囲だ。隣...

続きを読む

「女はおしゃべりだー」なんて言ったら

同様のことを森 キロウさんが公で発言した。思っていても絶対に口にしてはいけない「禁句」のひとつだ。彼のスポーツ界,政界で生きてきた理念とは真逆な内容だ。僕の認識では女性は慎重で思慮深い、納得しなければ妥協しない。チャラ男クンより責任ある。討論になればなまじ男は敵わない。この発言はキロウさん、東京五輪開催に決定的な失言だ。年を取ると余計ことは言わず、無言が良いのに。日本ライフル正会員時の経験では、理...

続きを読む

コロナ対策日本の大失敗

それはワクチン開発だ。3年ほど前、防衛座談会予算説明会で質問した。宇宙やサイバー対策に予算は付いたが生物化学はどうか?と、「バカなことを聞きやがって」という会場の空気を感じた。しかしそうか?日本はコロナ感染に対しても安全保障上の問題とは一貫して捉えてない。1年前、コロナが屋形船とクルーズ船で大活躍した時、コロナは日本の潜水艦、米国の空母に強いという意見があったが・・大村博士 昨日、北里病院に行き、...

続きを読む

今年、自民党は大敗する、その2

悪夢の民主党政権はもとより望むものではない。しかし、自民党政権には厳しい一年になろう。ニトリのオヤジなどと付き合うガス総理のせいではない。むしろガスさんは背景の薄い人だが、コロナ対策で身を削っている。その脚を引っ張る輩が多すぎる。すでにその兆候はあるが、地方選、補選、国選全て敗退するだろう。国民にはコロナで不満が蔓延している。全てコロナのせいであるが、世論は国、政府が悪いと言う方向性にもっていって...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ