FC2ブログ

記事一覧

「五輪騒動」と言って良い状態

これほど先の分からない事態も珍しい。僕はゴリンパラリンは多少の不都合があっても早く終わらせ、このような馬鹿らしいイベントとは永遠におさらばすべきであると言う考えだ。何回かその理由も述べた。先送りは最悪。ようやく観客の数などが決まったが、どうような状況になるか?は誰もよめない。面白い現象はガス総理が国内で開催を明言せずにG7サミットで先に開催宣言したことだ。これを誰も非難しない。耳のエダノもだ。それ...

続きを読む

バイデン外交の意外性

渡部 恒雄先生のアメリカ史の話で聴いた。G7サミットで方向性は明確になった。トランプさんが壊した欧州との関係修復、対ロシア、中国、法人税制、環境とそれにコロナ対策だ。図式は単純ではない。欧州にも温度差がありトルコ、イラン、アフガン、北朝鮮などの複雑要素もある。そしてサイバーや宇宙だ。台湾も明記した。各国の立ち位置は異なり、さらに独仏のような左右対立の顕在化もうかがわれる。プーチンさんと、バイデンさ...

続きを読む

JOC委員筑波大学教授山口 香さんの話

「コロナ禍で考える五輪とスポーツ」と言う題目のお話を聴いた。スポーツ界には珍しいまともでバランス感覚のある五輪開催に疑問を唱えていた人だ。お笑いと一緒に午後番組に出るような人ではない。彼女は柔道家であり、人生、いろいろあったのだろう、今の社会は何も疑うことなく順調にきたがコロナで立ち止まりもう一度未来は何かを考える良いチャンスとし、そのなかでスポーツの価値は全て同じであり、五輪は特別扱いではないと...

続きを読む

酒類禁止はできて無かった

近所に真面目なレストランがある。朝早くから従業員が3-4人出て、一生懸命、掃除から料理の下ごしらえをしている。昼には客で一杯になる。開店したばかりのころ2度行ったが、料理は良かった。だが、店内は狭く、テーブルの間隔がないので、なかでは話が出来ないのが難点だった。ほとんど毎日、角地のレストラン前を通るが、ずっと毎朝、ビン類が10数本、と生ビール樽が出ている。酒屋が午後来るのだろう。このレストランは方...

続きを読む

映画「HOKUSAI」を見た

緊急事態宣言下でも今月から解禁されて映画館は人が多かった。観客は半分しか入れてないのだが恐らく満員だった。この映画は監督根本 一、脚本河原 れんと言う人達で、役者は皆良かった。葛飾 北斎は僕の好きな画家だ。「漫画」を2巻持っていたが、現在は12巻全てが入った復刻版で時々眺めている。日本のアニメは鳥獣戯画、古典から始まっていたことが良く理解できる。彼は生涯3万点を描いたそうだ。さて映画は映画でなけれ...

続きを読む

米国政府から$1400-貰った

この小切手を$預金のあった銀行に持って行ったら、意地悪な女性、中年、美人でないマネージャーが「これは何かの間違いで送られてきたので、換金したら大変なことになりますよ・」みたいことを言った。何言ってやがる、米国はそんな国じゃない、君が言うように違約金とか手数料がかかっても俺の問題だと、わずかだが預金も残っていたので、換金できなくても手数用は心配なかったはずだ。昨日、米国財務省が小切手を換金して¥15...

続きを読む

中国原発問題

ここに来て報道されたが、ここだけでなく、他の稼働中のチャイナ原発は危ないと以前から言われていたことだ。G7の対中決議で他の人権問題も言われているが、死刑囚の内臓輸出のはすでに1990年代後半に明らかになっていた。僕がNYにいた頃、友人のNYPDから聞いた話で、JFK空港で、日本人ビジネスマンが日本からモデルガンMP40を持って来て没収された話と一緒に話してくれた。中国からの直行便、犬がスーツケースに反応したので...

続きを読む

礼を欠いたか?我が日本

先週のG7サミットの際、招かれた大韓民国のムンさまはガス総理との会談がキャンセルされたと怒っているそうだ。日本国外務省はサミット中にムンさまとの会談は設定されていなかったとしているが・・あの漏れの無い、一貫性があり、聡明なコリアンさんが間違える訳が無い。我がほうが勘違いしたのであろう。謝るべきではないか?でも週末にコリアン軍は竹島で軍事訓練を行った。これはまたどういう意図であったのか?予測不能だ。...

続きを読む

文化、風土は比較するものではない!

チャールズ・レイクさんの話を聴いていて感じたことだ。この人は米国人であり、しかも心底日本人だが、企業文化を語るのに米国と日本を比較してなかった。無論、両文化が共有している部分が多いとは言え、半分くらいの要素は異なる。かって、私が米国にいた頃、ビジネス現象に関して本社担当者に口を尽くし説明したことを思い出した。一つの例は社員の立ち位置だ。パートタイム社員比率が高いので、どうしてか?と聞かれたことがあ...

続きを読む

外国人の日本人

アメリカンクラブで時々見かけるような人々、外観は白人、ユダヤ系、インド系など様々だが話だすと、まったく日本人。しゃべりやふりもそうだが、話す論理や内容も。30代の女性、金髪美人、しゃべると日本人おばちゃん。しかも東京弁だ。聞くところによると日本の小中学校から米国に帰り、夫の任地でまた日本に戻って来たそうだ。インド系の人で、日本政府のコロナ対策を辛辣に批判していた人もまるで日本人だ。先週、お話を聴い...

続きを読む

G7vs中国さま

英国、コーンウォールで開催されているG7サミット,このままだと日本は対中国への宣言の多くの部門で言い出しっぺになっているようだ。ガスさんは日本にいる時より生き生きとしている。ここまで来たら、徹底的に対中国宣言をキツクするように働き、五輪パラ輪の開催の世界的裏つけを貰うようにするだろう。中国は昨日、G7を思はかり、香港の民主派の周庭さんを釈放したが、これは大失敗だと思う。彼女の眼付からクスリづけにされて...

続きを読む

ロシア、日本幕末の行動

ベーリングはロシア帝国の探検隊としてカムチャッカから北に航行してアラスカを、同行したがはぐれた船と同じく発見、その後ロシアはロシア正教も主体となりアラスカを領有した。ベーリングは1741年、帰途遭難してカムチャッカ手前の島で死んだ。ロシア船(カムチャッカで建造された)の日本近海への出現、日本人との接触は19世紀になり突然に開始されたように我々は歴史で習ったがそうではない。少なくとも150年以上前、...

続きを読む

中国の安全保障方針への懸念

G7サミットでどのように中国さま覇権主義が批判されるか・・・そしてそれに我が日本がどの程度同調するか、とても興味がある。本日午後、石川 真先生のビデオ外交研究会があり、テーマは中国「国家安全維持法後の香港」だった。法が施行され2年、コロナも理由となり現在、香港の抵抗は完全に抑えられ、私は「香港は終わった、統治する愛国派に受け入れられない人々はどうなるか?」に関心があり聴いていた。元より、中国は香港返...

続きを読む

五輪・パラ輪とコリアンさん

北朝鮮さんはコロナ感染者ゼロと言うことでその優秀性を世界に誇っているが東京五輪は不参加を表明している。IOCには通知がないそうだが、相手にしていないのだろう。さすがだ。南コリアンさんはムンさんが東京五輪に来日して首脳会談をしたい、との報道が昨日あった。しかし、JOCの地図問題でコリアンさん世論は大変に怒っており、ボイコットせよと。その大きな背景は徴用工問題の判決であることは間違いない。ムン政権は米国から...

続きを読む

ロシアの太平洋への道

ロシアが1741年、アラスカを発見、1799年来アラスカを領土としていたが、クリミア戦争1867年戦費のため米国に売却したことは良く知られているが、18世紀半ば、19世紀前半にわたりカムチャッカを基地に北部太平洋、そして日本列島にまで到達していた話は細かくみるととても興味深い。ハワイにも砦を築いたそうだ。ベーリングがロシア政府から派遣されてシベリア、オホーツクからカムチャッカ半島に、半島を横断して太平洋側に基...

続きを読む

ゴリンピック解散総選挙を😥

五輪パラリン2020をどうするか?の議論を聴いていると気分が悪くなり、頭が痛くなる。最悪だ。ガスさん、小池さんも多少国民が死のうが迷惑しようが強行する、そのほうが日本、世界のために良い、確信していると明言すべきだ。当然、NHKさんはそれを肯定的に世界に報道すべきだ。孫 正義、三木谷 浩史さんたち は反対の大意見広告を出すべきだ。エダノみみおさんの親分共産党と同調するエダノさんたちは内閣不信任を提出する...

続きを読む

ロシアは絶対に北方領土を手放さない

昨年末に購入した本、「青狐の島」カナダ人ステーブン・バイジ著を読んだ。18世紀前半のベーリングの話だ。「世界の果てを目指してベーリングと史上最大の探検隊」が副題だ。ベーリングはデンマーク人船長だったがピョートル大帝のロシアに雇われロシア人に今の感覚では帰化した人だ。ピョートル大帝は1672-1725年、革命的大帝であった。ロシアが大帝の元、急速に西欧化を図り、様々な産業や科学的リサーチそして領土拡...

続きを読む

五輪反対派の論理

日本を代表する頭脳、良心そして感覚を持つ人々、孫 正義、三木谷 浩史 、宇都宮 健児、宮本 亜門その他諸々の各氏が五輪、パラリン開催は日本を滅ぼす、人々を死にやると論を張っている。開催は自殺行為で政府に抗議と、CNNに垂れた三木谷さんエダノウみみおさんは職業がら反対しているので、反対の立場なら賛成だ。朝日新聞調査では僅か14%しか開催賛成はいないと、NHKさまでも反対が70%近いと言うからここで五輪をや...

続きを読む

「希望と勇気を世界中に」

ガス首相の昨日の言葉だが、なぜこれが早く出て来なかったのか?尾身さんが「なぜ五輪をやるのか、国民へのメッセージと覚悟が必要」と言っていたのに呼応しなければ。尾身さんの言葉に厚労省や自民党が不愉快、彼の権限ではない、などと陰口をたたいたと言うが本当なら、尾身さんの真意をまったく理解していない狭量な意見と思う。真意が理解できる国民は多い。自民が選挙で負ける理由の一つになろう。アトランタ五輪開会式に行っ...

続きを読む

辺 真一さんのコリア論を聴く

彼の話をじっくり聴いたのは初めてだ。8年前にもここで講演したそうだが、その時,僕は出席していなかった。結論から言うと、辺さんは日本とコリアンさんの関係は8年前とほとんど変化ない、憂うべき状態だと。辺さんは在日コリアン二世で1947年、東京生まれだ。僕がお話を聴いて感じたのは今の日本とコリア半島の関係はその中間に存在する人々ですら根本的な問題を把握、理解、そして判断できないと言う事実だ。バイデン政権などは...

続きを読む

ゴリンピック開催には覚悟が・・

ガス首相は「スポーツの平和の祭典」と昔ながらの表現を使っているが、尾身さんは「開催するなら相当な覚悟が必要」と述べた。ゴリンピックの顔と顔も、コロナ禍では付き合わす訳にはいかない。困ったものだ。ゴリンピックは平和の祭典だが、マフィアの祭典でもある。僕はゴリン、パラリン2020は、ここまで来たら完全でもなく、安全でもないがとりあえず終わらすべきと言う考えであることはすでに何回か述べた。勿論無観客で、...

続きを読む

地震が発生したら、最悪を予測せよ・・

尾身さんは「五輪開催は現状では自然ではない」と述べたがその通りだろう。また先日聴いた川本裕子のおばちゃんの話でもコロナ禍に何か+する災難、火山噴火、地震を挙げていた。つまりコロナは大変な事態だが、まだ地震よりもましだろ。でも地震が五輪開催と同時では大いに困る。NHKさんは地震、豪雨など災害対策報道にはとても熱心だが、その報道にはムラがあるのが難点、しかし首都直下については良く研究した。歴史にみると江...

続きを読む

大高 英昭さんのソクラテス

大高 英昭さんは秀才だ。彼はトヨタの海外マーケティング担当部長時代に私のクライアントであった。昨日、彼の「わが回想」2を送ってくれた。記事を目にする限り、彼が自分を「ソクラテス」としていた背景が良く理解できた。哲学者なのだ。私も影響を受けたに違いない。哲学者の条件は観察力だと思う。世界の各地に行きよく見て状況を把握し、そして分析している。まさに哲学者だ。文だけでない。イラストも洋画家である彼の作品...

続きを読む

丁度一年間コロナ禍生活制限

昨年の6月1日から第一回緊急事態宣言が解除された。昨年の4・5月はジムは閉まり、食事するところも少なかった。講義もなし、習いごとやも休みだった。午前中は散歩してた。6月からオープンしたジムも予約制、プールは週3回、1回Ⅰ時間の制限だつた。今年は4・5月もこれからしばらくも昨年よりは緩やかだが、それでも五輪に向けてインドとかでどうなるかみえない。昨年と一番異なるのは、有史来初めてという禁酒ルールだ。...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ