fc2ブログ

記事一覧

ドイツは陸軍国

ロシアとドイツは宿敵だった。第一次、第二次大戦で激しく戦い、ナチス第三帝国はスターリングラード攻撃で失敗してベルリンをめちゃくちゃにされ、更に数百万人が北極圏に近いところで抑留された。ドイツはロシアが怖い。ロシアはドイツが怖い。日本帝国の日本海海戦や満州の勝利など小さいものだ。戦争の規模が違った。そんなことでウクライナへのEU軍事支援の目玉がドイツ製のレオパルト〈豹)ツバイになっている。欧州には2000...

続きを読む

G7まであと100日だが

岸田さんがもつかかどうか?縁起でもない。世界平和のために頑張って欲しい。鶴岡 路人先生に今日聞いた話では、正月にG7の五か国を回ったが、当たり前の建前が声明で具体的ビジョンがなかった。それに昨年来からG7は決まっていたのにウクライナ訪問をしなかった。これは開催国、議長として誠に弱い、と。(私が質問した。)私は5月半ばまでにウクライナに各国が戦車、戦闘車両、装甲歩兵車などを送ったとしてもこれらの車両は単...

続きを読む

中国の人口減少

昨年、中国の人口が減少に転じた。2022年はやはり世界の変革の年だったと後世に伝えられるだろう。でも14億人。規模が大きいと、減少の影響も大きいのではないか・・経済規模にはしばらく影響はないかもしれないが。富裕層が国を静かに離れていると言うので、この現象がしばらく続くと影響は出て来るだろう。箱根にいるジャック・マーさんのように事業を継続できない人たちが多くなると。数年前から米国、カナダ、日本なと海外の不...

続きを読む

少子化対策とその財源

子供はいないほうが楽だ-,が今の社会だ。昔、子供は家庭の働き手であり、老後をみてもらう存在だったが、今は違う。老後は国や自治体がみる。だから個人は子供はいなくても大丈夫だ。子供を育てても別居、彼らは親の面倒をみない。そして福祉の財源は消費税だ。若年層が薄くなると大変だ。もうひとつの要素は人間の生殖意欲、能力が欠如つつつあるのではないか・・この2面から対策を立案できないか?そして財源だ。アボーション、...

続きを読む

今年のコリアンさんとのお付き合い方

今までと同じで、とても困難なものになるだろう。ゴールポストを変えて来る相手との試合は。岸田さんは外相として慰安婦問題等に関しての最終決着をつけた人だ。勿論、大いに譲歩してだ。その彼の顔を潰してのはコリアンさんたちだ。コリアン問題に関して言えば、一番難しい背景は、日本人はコリアンさんが基本的に好きなのだ。特に女性や一部の政治家、文化人などとメディアだ。テレビ番組を注意して観ていると、TBSなどはコリア...

続きを読む

ネパール航空機事故

最近、世界的に航空機事故は聞いていなかった。昨日の雪男航空の事故は航空機事故の決定的とも言える瞬間が動画でとらえられていた。珍しいし、今後の事故解明には貴重な資料だ。滑走路に向かっていたのであろう。最終旋回だ。低空だ。高度100m以下だ。住宅のベランダのようなところから撮影されていたので、庇や地平線との関係が分かる。旋回速度が遅い、「急角度」過ぎる。いわゆるスピン(錐もみ)に入ったのだろう。速度を...

続きを読む

高橋 治之裁判の証人

年が明けて、世の中が忘れつつあるのは、五輪汚職と霊感商法だ。今の話題は相変わらずの人生100年時代への期待みたいな記事だった。余計なお世話だ。社会にとり重要なのは超高齢者ではない、子供だ。生殖意欲も能力もない人類は年齢に関係なくお荷物だ。自分の都合で社会を変えられては困る。大きな事件がひとつ発生したら、高橋 治之、統一教会は逃げ切る。高橋 タコの立件はますます困難になる。タコはドジな男だが、悪知恵...

続きを読む

今年、「天変地異」は・・」

縁起でもない話題だが、東北大震災から12年、2万人が犠牲になった天変地異、そろそろ忘れてないか・・3月になれば「復興」と言う文字とともに出て来るだろうが。全国で温泉が出ないとのニュース、環境庁担当者、はなはだ頼りない。「温泉を出し過ぎているのではないか?」コロナで需要は減っていたので、逆ではないか。日本で温泉が出なくなったら、これは大変なことだ。温泉は火山と関係が深いそうだが、日本列島のずっと地中...

続きを読む

民主主義の限界

ブラジルの大統領選の後遺症、騒乱が続いている。僅差、しかもブラジルの選挙制度の矛盾などから選挙結果を認めないと混乱が起こった。同じことはトラさんとバイちゃんの選挙でも。果たして、1000万対1001は1でも多い方の勝利かと言うと、統計学上の誤差5%からみると、おかしいと言う説も。5%くらいの差は再選挙が相応しいのではないか?日本ではネット民が影響する選挙結果がむちゃくちゃだ。言うまでもない、NHK党...

続きを読む

ドイツ、岸田さん訪問国

G7会議の根回しのためと、欧米5国を訪問中だが、独だけは寄らなかった。日程が合わないとか、様々な背景があったのだろうが・・・先回の議長国だからか?独逸は露西亜に近い。およそ30年前まで、一部、東独逸はソ連下であった。メルケルのおばちゃん(ばあちゃん)は東独逸の出身で、物理学者、ロシア語が堪能でプーチンさんと親しかった。米国トラさんが露西亜にエネルギーを頼るのは危険と何度が言い、安倍さんが仲介したり...

続きを読む

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ