fc2ブログ

記事一覧

米国を相手にしなかった中国

一昨日、昨日のブリンケン国務長官の中国訪問はとても意義のあったものと思うが、中国は米国の民主党政権をどうも相手にしなかったように感じた。習キンさまが最後に偉ぶって出てきたが、あれも意義あった。中国の主張を総括するためにだ。しかし台湾問題は内政、つまり軍事侵攻もあり得ると言う中国の立場はとても強調された。ブリンケンさんは台湾海峡の具体的な軍事緊張を念頭に窓口開設のために行ったが、この重要な問題は相手...

続きを読む

怖い偶発的衝突

戦争をお互いに意図していなかったが、偶発的に「宣戦布告」に至った事実は歴史上、幾つもある。第一次世界大戦のように皇太子暗殺と言う事件が大戦争になったことも。そう古くない話だ。軍事的緊張と偶発的衝突はセット。先日の台湾海峡の米加の駆逐艦直前を横切った中国人民解放軍海軍駆逐艦は重大な事態を招きかねないと、ブリンケンさんが王毅さんに述べるはずだ。 この事件は6月3日、直ぐにブリンケンさんの訪中が決まったか...

続きを読む

普遍的価値と中国人

最近、東京には多くの中国からの人々が来ているのではないか?何でも爆買い集団観光客は激減しているようだが、移住などで来ている人々だ。不動産を購入し、資金を投資して暮らすつもりなのか?今の中国を考えれば良い選択かもしれないが・・しかし彼らを観察するに少し我々と違う。プールで端のレーンを泳いでいたら、中国人女性が入って来て、こちら側を泳ぎたいと言う、駄目だ、私はこちらが気に入っていると断った。普通、後か...

続きを読む

追い込まれたかプーチンさん?

2-3日間の彼の表情を見ていると、ちょっと今までと違うと感じたのは私だけか?相手のブレジンスキーさんもかなり真剣であるが。プーチンさんが演説している姿、人間、どんな役者でも思うことと言うことの内容の差が大きくなればなるだけ、表情が硬くなるのではないか?でもひとつ明らかなのはプーチンさんは核を使うなら手下のベラルーシ、ルカチャンコをつ利用するつもりだ。さすがに核がキーウの近くで爆発したら戦術核でも、西...

続きを読む

自民公明はホットした解散総選挙なし

政治は一瞬先は闇と言うが、慎重居士の岸田さんは賢明な選択をしたかもしれない。しかし私が以前より言っていた自民党の敗北は先延ばしされただけかも。想像だが、昨日の昨日まで調査結果を待っていたのではないか?恐らく、もし解散総選挙を実施しても、自民は議席を増やすことはできない。与党の公明さんも立憲など左翼政党もだ。彼が見た最終調査結果では、第三勢力、維新とかが伸びると出たのではないか?確かに様々な法案は彼...

続きを読む

映画「フルメタルジャケット」に見た教官射殺

陸上自衛隊にとってはまた試練だ。昨日の候補生の射撃訓練場における3人死傷事件。NHKさんが大好きな新宿広場の反戦高齢女性は「それみたことか自衛隊がなければ事件もない」と発言するだろうが。しかしこの手の事件は歴史を、世界をみれば軍や警察その他の組織では異常なことでない。帝国日本軍も新兵の「しごき」では世界有数の組織だったが、教育係下士官は自分で自分の身を気を付けろと教えられたと聞いた。映画よりハートマン...

続きを読む

中国の手口は世論作り

習キンさまは先ごろ、沖縄に関して言及したそうだ。日本メディアは神経質にならなくてもと大きく扱わなかったが、「現在の沖縄、琉球時代は中国と大変関わりが深かった」と言うようなことらしい。この話を聴いてピント来ないメディアの方々は本当に鈍いか、中国大好き派で、そうなれば良いと考えているのだろう。キンさまのこころは、以前より那覇に中国領事館を開設したいと言う中国さまの意図のことだ。中国さまには同じように長...

続きを読む

ウクライナ戦闘車両の損害は?

攻勢が始まり、1週間だ。最初の日にロシアがウクライナの戦車を20両破壊したと報じた。ロシア発表の画像では確かに10両ほどの戦車と戦闘車両の破壊された残骸、そして林の横を走行する軌道戦闘車両への空からの攻撃のシーンが見れた。その中にはレオポルドも含まれていたと。残骸ではなかなか判定が難しいが。あの画像を誰も否定しないから真実の戦況であっただろう。戦闘車両は終結中に空から攻撃を受けたのか。ウクライナはドネ...

続きを読む

食料自給と安全保障

コンビニは便利だ。3食3度をコンビニもので過ごすのはひとりもん若者だけでなく、いまや高齢者利用が急増しているそうだ。私の住むところもコンビニ銀座で数分の距離に数軒あるので、はしごも可能。散歩中のコーヒーはコンビニが最高と言う人も多い。しかしコンビニ関係の食品ロス率はとても高くて、全ては価格に織り込みなのでコンビニ食は価格的には贅沢食だと言われている。今や作り置きでは不足と店でも揚げ物を調理している。...

続きを読む

ウクライナ新局面

この1年半ほどの間、ロシアのウクライナ侵略戦争の様々な影響で世界の情勢は大きく変化しつつある。いろんな人たちをこのことを話題にするが、はっきり言ってその捉え方は一様ではない。日本でも1-2割の人たちはロシアに同情的であり、女性に多いと感じた。日本人女性はウクライナ女性をあまり好きではないからか?化粧とか、ふるまいが。そんなことはどうでも良いが、ゼレンスキー大統領がG7に対面参加したことの影響は内外とも...

続きを読む

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ