fc2ブログ

記事一覧

敬老の日と銃砲技能講習

80歳代以上が人口の10%、もはや齢80は当たり前になった。運転免許、狩猟免状そして銃砲所持、世間は高齢者の返納を求める。私は返納はいつでも出来るから(事故がなければ)、あと3年間は続けたいと考えている。しかし更新は、大変な作業だ。ネットで認知機能テストや運転教習の予約も取らねばならない。大体、ここまでで頭が惚けていたら出来ない。すでに狩猟免状は更新した。老人用軽いライフル銃はない。体力も勝負。中でもヤ...

続きを読む

金正恩大将軍さまはこ・ど・も

ロシアは異例にオープンさでキムさまの行程を報道している。プーチンさんとの会見の後、宇宙開発基地、戦闘機製造工場、そして太平洋艦隊の見学とかなり詳細だ。ジョンちゃんのロシア人子守役はシェイグさんだ。一連の動きを見ていると、あの方々をオチョクルことは考えねばならないほどの深刻な事態だ。ロシアは完全にジョンちゃんを籠絡した。子供だからオモチャを見せれば簡単。日本人目を覚ませ、とまた大声で叫びたい。どこか...

続きを読む

射撃の思い出

昨日から伊勢原に来ている。今日、経験者技能講習があるからだ。高速道路、土曜日朝は予測不能なので昨日昼に来て、ライフルとトラップの練習をした。トラップは目の手術の後、下手だったのがますます下手になった。新しいレンズの左と右のバランスが悪いのだろう。ライフルは右目だけで撃つから問題ない。暑かった。それで15年ほど前、米国に行き、バージニア州で環太平洋前装銃大会に出たことを思い出した。リーマンショックのた...

続きを読む

なんとなく日露戦争前夜か?

1904-5年の日露戦争は、ロシアが朝鮮半島に進出する、半島全体を支配するという野望が原因だ。ロシアはどうしても極東を領土にしたかったのだ。プーチンさんとキム大将軍の会談は、つまるところロシアから見れば120年前と同じ。当時も李朝にはロシアと中国にすがる勢力は多くいたそうだ。このキム鉄はいつのものか?キム様がロシアに提供する弾薬や資材はシベリア鉄道を使う。「ブキテツ」キムの真骨頂。しかし今度のキムさまの鉄...

続きを読む

大災害連続は世界大戦を招く

地震、大雨洪水、山火事、など今までなじみの無かった地域の発生、しかも大被害を与えた。異常気象というが洪水か干ばつ、どちらか極端な現象。日本などまだ良いほうだ。歴史的にみると疫病と災害、このふたつが大きな戦争の背景にあった。社会的原因として不況が加わるが。現況をみるとすべてが準備完了という状態だ。疫病は中国様のおかげで大コロナ蔓延があったし。不況も中国大暴落なら日本をはじめ、アジアはとてつもない影響...

続きを読む

外務・防衛大臣の交代

本日の岸田内閣改造で主要な閣僚、外務と防衛が交代する。林外務大臣はフットワークの良さで評価できた。在任中の出張日数が半分くらいだったのではないか。彼はまた出てくる人だ。新大臣のおばさまは法務大臣の時に正義の決断を多く下した。凶悪犯死刑の命令だ。誰もやりたがらないが政治家としての責務を果たした。聞くところによると、英語コミニケーションは問題ないそうで、政治家として誰かにおもねることが少ない人だと。防...

続きを読む

テロリストの次の一手

ニューヨークの911テロから23年。その後の世界を劇的に変えた史上最大のテロだ。私はニューヨークのテロ現場からそう遠くないところにいた。外に出てビルが崩壊そるのを見ていた。以来、米国の政治だけでなく社会が変化した。イスラム過激派はそういう意味では大きな仕事をした。テロは即座に相手を負かすことはできないがボディブローだ3年、5年たち効いてきた。日本においては宗教的な人間の対立が大きな国の間にあることの認識...

続きを読む

河野 タローさんの話を聴く

秋になり政治、外交も動き出した。昨日は岸田さんのインドでの記者会見の様子を見てた。岸田さんは外交に熱心で、あの動きは評価されるべきと考えるが、記者たちの関心はやはりインドでも国内政治、人事の動向であった。外交では政治の点を稼げない。岸田さん支持率は低い。国内はお粗末な大臣や議員で目を当てられない。そんな中、先週金曜日、あいにくの大雨だったが、河野 タローさんが来た。参加者は少なかったが、間近で聴い...

続きを読む

放送業界と「ジャニー」さん

されどエンタメでエンタメ無くして人間は生きて行けない。それを主なネタにするのが放送業界だ。放送免許には放送の要素は、報道や教育、文化などが重要だが、今の日本の業界はすべてをエンタメ化しているのが特徴だ。ジャーナリスト、学者、文化人より「お笑いさま」だ。お笑いの要素がなければ優秀な人間も起用されない状態だ。お笑いも健全ならまだよいが。深い思慮があるとは思えない。また、放送業界の「ジャニー」が困る。視...

続きを読む

脅威を認識せよ、北核攻撃型原子力潜水艦

麦わら帽子のキムジョンウン将軍さまは子供がモケイを楽しむように喜んでいた。北核攻撃型原子力潜水艦進水式。よく見ると、素人目にも張りぼて風の無可動に見える。いやしくも潜水艦は深度100m約100倍の圧力に耐えるものだから、上部構造でも凸凹は禁物。しかも100以上潜る。まだ実戦配備には数年は掛かるよ、が我々の反応としたら大変な過ちだ。中国がウクライナのジャンプ台方式空母を購入して自国の空母を開発した。北の核攻...

続きを読む

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ