FC2ブログ

記事一覧

射撃場の燕

今朝は時計のように6時に起きて、いろいろ準備もあり、丁度9時にはライフル射場にいた。

5座に3人がかわるがわる、おもちゃ的でない大口径ライフル銃を発射する。
燕が手前の方向にくると、銃口からのガスで飛ばされる。

だが、その轟音をものともせずに、ヒナに次々を餌を運んでいた。

何でこんなところに巣をつくり、また何千キロも飛んで帰るのか?
自然の不思議だ。

その理由はひとつ、燕の天敵がここには来ないからだ。
特に蛇。射場の人が屋根を端を切ったのもそのためだ。

観的壕に行くトンネルの中に確かに蛇がいた。暗くてはっきりはしないが、
私は勘で分かった。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ