FC2ブログ

記事一覧

何ものか「維新の会」と安保法規制

凶と出るか、吉とでるか。

国会に独自の案を提示すると言う。開期の延長との筋書きなのか。

維新の会の言い分は、現在の政府案より現実的かつ分かり易い。
「集団的自衛権は同盟国が他国に攻撃されそれが我が国にも及ぶ恐れがあれば
我が国も武力行使する」
端的にはこういうことだからだ。

自民、公明2党より3党の賛成決議が民主主義としては見かけは良い。

だが党全体ではこんな意見ではなかったはずで、いずれ分裂する。

独自要件とは言うが現在議論している内容もこれとほぼ同じで、それをメディアが正しく、故意かわざとか
伝えてないだけ。当たり前のことで、我が国が攻撃され、同盟国がその戦闘に巻き込まれる、方の
確立が高いが。
スポンサーサイト



コメント

No title

政治の発想は、安保法制という入れ物をどう作って自衛隊を入れるか。
そこに終始しているので。しょせん平時の発想ではないかと思います。

危機はアメーバのように、自在に姿形を変えて襲ってくるもので。
入れ物からはみ出してしまう事態が発生すると、臨機に対応できません。
これだけは駄目という禁則事項を限定して定め、最高指揮官に議会の同意なしで武力行使の裁量を認めるべきである。

この国で公にそんなことを言えば、歴史に反省のない軍国主義の亡者と、口を極めてののしられるでしょうが。

No title

攻撃されれば国会に集合する余裕はあるのでしょうか?それとも
国会に一発、議員、政府全員死亡と言うような荒唐無稽も現実です。

No title

死ぬ間際に国会に御伺いをたてるのか?滑稽過ぎる
まさに机上の空論です。

No title

離島など突然不法に占領されても、国会決定が手続きを踏んでいるうちに敵に強固な橋頭堡を作られてしまいます。

うじうじと決め兼ねているうちに、万事手遅れ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ