FC2ブログ

記事一覧

優れモノであったヒジパッド

大口径ライフルやミニエ式古式小銃など伏射で射撃するスタイルはヒジに
負担が掛かる。
反動を身体で受ける訳で、肩にはその分少なくなるが、私のヒジは黒ずんで
いる。
ジムでシャワーのあとクリームを擦り込むが。

先日、陸自海田駐屯地の売店で購入したヒジパッドは安いものではなかったが、
マットに横になり試してみるとなかなか具合が良い。

スリングの調整をしないで射撃したが、少し伸ばさないと左腕がきつい。

命中率は変わらなかったが、100mでまずは5点より外すことはない。
しかし以前も書いたが30発が限度、とても辛い姿勢だ。

この年でもまだ射撃は上手になると言う感じを得るだけでもライフルを撃ちに行く価値はある。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ