FC2ブログ

記事一覧

自作ほんもののカボチャのハローウィン

米国にいた頃、ニューイングランドはかなり北なので、夕方直ぐに暗くなる。
そんなことで、サンクスギビング(11月末)、クリスマス(12月末)まで
待てない人、子供がこの行事に夢中になった。

今は大人も仮装してパーティをやる。ゲイレスビアンは特に好きだ。
会社にも仮装で来る。

ところであのカボチャ、ホンモノのカボチャの中を下からくり抜いて、中味を
出す、中味はスープやパイにお母さんが料理する。

親父は中をくりぬいたものに、顔をつけて、ローソクや電球を入れて庭や
窓際に飾る。ひとつでなく幾つも作る人もいる。デザインだけでなく大きさを競ったりもする。

その作り方を教えて貰っていたので、先日、福島で購入した小ぶりのもので、アニ、オトウト
のために作り、家内がスープを料理して、昨日は持って行った。

この作業過程にはある刃モノが必要だがそれは秘密。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ