fc2ブログ

記事一覧

短い時間に何に落とされたかSu24

ロシアの双発小型爆撃機Su24の、トルコ領内侵犯による撃墜事件は、
影響が大きくならねばよいが、なぞは多い。
この欄でもコメントを沢山もらった。

なぜわざわざ、あんな狭いところを通過した。

「偵察のためだと思う」
この機体は古い形式だが、なかなかの優れモノで、可変翼で低速で飛ぶことも可能だ。
急降下も出来る。

この複雑な地形の場所をどこに何かあるかを偵察していて簡単なミサイルにエンジンを
やられた可能性がある。

一旦上昇するつもりだったのではないか?
エンジンが火を噴いたので、乗員は脱出し、それから一直線に墜落する動画部分でも
2-3000mはあるし、途中からエンジンが燃えだしていた。

空中での分解はないので、降下速度はさほどはやくない。

スポンサーサイト



コメント

No title

なるほど。
面白い、といっては不謹慎だが。

公表された事実から推理したり、背景を考えたり。
良いボケ防止のトレーニングを、させていただきました。

No title

偵察と言っても乗員の目視より、さまざまな偵察用機器が地上にあるもの、移動しているもの、人間までも細かく記録していくのです。
当然、トルコさんはここの出っ張りを使い、反政府派や、トルコ人、
クルド人への兵站を作っているわけでしょう。

No title

わたしは一昨年来のこの出来事は、ひょっとしたらプーチン氏の書いた筋書き道理にすすんでいるのではないか?と、ふと考えてしまう、つまりあれほどウクライナ紛争に批判的だった西欧諸国がうってかわってロシアとの協調路線にかわりましたし、。

No title

プーチン大統領は将来を観てます。習さんなどは相手にしておりません。ロシア人の黒人嫌いから米国もほってあります。怖いのはメルケルおばさんくらいで、世界で怖い者知らず。幸い、安倍さんは彼に気に入られているようで、日本もつかず離れず良い関係を保つべきです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ