FC2ブログ

記事一覧

十一年式軽機関銃の人気

スターリンがノモンハンの後、ソ連の兵器開発者に十一年式軽機を研究して、ソ連の兵器
にその仕組みを利用せよと言ったそうで、ソ連にはあのようなホッパー型給弾の
機銃があると言われているが。

1922年の制定だから、その独特の給弾方式や形状から最近欧米で人気があるようだ。
ロスのH氏からいただいた資料を読sんでいるとドイツなどでも人気で、米国の存在してた
十一年式は払底したそうだ。
写真の表紙になっている雑誌はドイツの[Die Sirein]


私も射撃可能なものをひとつ持っていた。
本当はもっと研究すべき課題であったが、残念ながら
帰国に際し手放した。

南部 麒次郎氏の真骨頂を示した装弾子は60の部品で組み立てられている。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ