FC2ブログ

記事一覧

気になる小山はなるほど古墳だろう

縄文、弥生時代に続いての古墳時代、ここいらはやはり古墳が沢山あったようだ。
縄文遺跡はずっと下から続いている。

つまり農業を基盤とした社会の形成が完成し、3-7世紀、かなりの数の豪族が
いたのであろう。

これは前方後円墳の頭から見たもので、後ろはコンピニでそこから、なかに
小さな祠が作られているのが見える。

川内村にもこれより二回りくらい小さな古墳が幾つか見られる。
あそこは海にも近いので、農業のほかに水産業との関係もあったかも
しれない。

だが、地元の人にそれを指摘しても、多くののひとたちは無関心か否定する。
おかしな話だが。

自分が住んでいるところに関心をもち愛さないから、何か事件が起こると
もう住めないとどこかに行ってしまったのだろう。
日本の大地は目をこらさなくてもさまざまな過去の遺産の宝だ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ