FC2ブログ

記事一覧

三田 演説館 姿表す

この道は良く通る。
ここを下り、桜田通りの角寺に僕が履修したゼミ気賀先生の墓がある。

慶応義塾の三田演説館は「国の重要文化財」だ。
僕も近くに住んでいて、慶応義塾の塾員(卒業生)ではあるが、こういう姿を
観たのは初めてだ。

下にあったガソリンスタンドが撤去され、空き地でその上は樹木が鬱蒼と
していた。
空き地に新たな建物が建設されるのであろう、樹木を伐採したからだ。

三田演説館は伝統的な日本建築の会堂で、福沢先生が1875年維新から10年
もたたないうちに、自らの資金で、「スピィチ、ディベイト」を実践するために作った。

慶応義塾卒の政治家もこれを見て、引退するはするで最後は確固として
欲しい。小坂 憲治など。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ