FC2ブログ

記事一覧

発砲男の生末

和歌山の建設興業での発砲事件。

とんでもない男で警察はマークしてなかったのか、その点が謎である。

覚せい剤、前科(これは発表されてないが45歳ずっと白かった訳ではないだろう)
そして二丁拳銃だ。

一つはニッケルメッキされた自動拳銃、もう一丁は黒い自動拳銃、いずれも
大型で威力がありそうだ。
弾薬も十分に所持していそうだ。
拳銃の扱いは海外などで習ってきたようだ。
保持の仕方がさまになっていた。

立て籠もり犯に将来はない。
もう逃げならない。

死刑ぎりぎりの無期懲役くらい、喰らうだろう。


スポンサーサイト



コメント

No title

こんなおおばかやろは死刑か無期で良い世の中のダニだから一層死刑にしたほうが良い拳銃も2チヨも持ってた馬鹿だからなやくたたずはゴミ箱に棄てたら良い

No title

> 中だしさん
それでも日本には「人権さま」と言うのが存在し、ごみでもくそでも
順法の精神で扱わなければならないのです。米国なら出てきた時点で
ハチの巣。裁判の手数がないと言う状態に持っていく。

No title

県警の交渉人は、かなり犯人の懐柔に成功していたと。
「察番」記者の記事は、県警を擁護して見せたが。

結果は、知っての通りで。
長時間にわたり市民社会を不安、不便に陥れた。

パトカーに4発発砲した時点で、抵抗の意思が固いとみるべき。
建設足場の鉄パイプに遮られ、狙撃できなかったとは、この画像を見るだけでも、いかにも言い訳。

No title

この事件の容疑者は、結局の処、自分で腹を撃って、自殺しました。しかし、事件に使われた短銃2丁は、捜査本部の発表によると、いずれも、90年代以降、多量に流入した54式手槍(中国製トカレフ)ではなく、銀色の物が45口径の「コルト・ガバメント」で、黒色の物が9㎜口径(報道では9㎜=38口径でしたが)で、18連発軍用向けの「ステアーGB」だったことも分かりました。http://mainichi.jp/articles/20160902/k00/00m/040/123000cより。

日本の闇世界でも、ガバメント系統は、戦後、進駐軍から流失した物等が有り、それ程、珍しくはないです。しかし、このモデルは銀色ですから、民間向けでしょう。また、ステアーGBですが、オーストリー軍向けに生産されたものの、制式採用されず、民間向けに売り出されたものの、早期に生産終了しています。

No title

2丁とも中々なモノですが、特にステアーGBは珍しい反面、極めて強力な18連発軍用向け大型自動拳銃です。フルロード状態の場合、警察の一部で使われていると言うセミオートオンリーのMP-5より、小型で、火力も近い。今回の警察側の対応も、ある程度慎重を期さざるを得なかったでしょうし、この様な珍しい反面、極めて強力な18連発軍用向け大型自動拳銃であるステアーGBを容疑者が何処で手に入れたのか・・・。

No title

この容疑者、死亡はなかなか銃器にはうるさい男だったようです。
拳銃なら何でも良いでなく選んでますね。持ち方も素人ではないので、拳銃履歴を研究してみる価値があると思います。どこかで講習を受け、練習していたはずです。

No title

9mm以上で腹を撃てば死にます。> th3**3さん

No title

てっきり捨て値で闇で売っている、銀ダラと思いきや。
かばんに入っていた多額現金と言い、ずいぶん金回りの良い男だったようで。

パトカーに発砲したけん銃は、回転式で第3の銃だったと。
被疑者死亡の事ゆえ、銃の行方を捜すのは大変。

No title

チャイカさんの言うように強力な自動拳銃で警察車両を撃ったのではなかったのですね。なるほど。しかしこの男の素性、背景は英雄視されると思っていたのでしょうか。立て籠もりの背景にはそういう心理があるらしいですが。> yak*****さん

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ