fc2ブログ

記事一覧

80年前の略帽の中身

この略帽を使用していた兵士はどのような人でどこに勤務していたのだろう。
先日も記したが、被り物の価値のひとつは中身で判断される。
この帽子の場合は、周りの人工皮、どのような材料で製作したのであろうか?
知っている方がいたら教えて欲しい。

当時の人工材料はベークライトしかしらない。


布に塗料が塗ってあるようにみえる。広島がこのような装備品を支給したもとであった。k
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ