FC2ブログ

記事一覧

今日の北朝鮮

読者より「もう朝鮮の記事はたくさんだ」と言うご意見もいただいたが、
一昨年、ムスダン。昨年、核実験。とイベントごとの祝賀国際犯罪を繰り返して
来ている。少なくとも今日の北朝鮮のことは書かずにはいられない。
ようやく日本のニュースでもこの話題はトップに来た。



USSの機動部隊が近づいているから、何もしない、これも彼らは寂しいだろう。
だが何もしないとさすが、殺されても文句を言う北国民はいるだろう。

壇上にたつ、首領さまは偽物であるという説を唱える人もいる。
さすがに狙撃では無理だが、後列の側近ごと誘導弾でぶっ飛ばすことはできる。
場所は特定できているからGPSを使うあれだ。

人民は目の前で、首領が吹っ飛ぶを見るが、奇跡的に助かった(どっか地下で
モニターで祝賀パレードの様子を見ていた彼が)が出て来て、また盛り上がると言う
こともあろう。

どちら側にも矛盾はある。

こんな予測、事前に聞いたら日本メディアは気絶するだろうが、日本国内の米軍基地を
使う。これが一番有効だ。
スポンサーサイト



コメント

No title

メディアを利用して世論浸透してくる、中国・韓国の手口に乗らないためには無視するのが上策。

北朝鮮はむき出しの安全保障、軍事問題で別物です。
おそらく後退も先送りも出来ぬ。時間稼ぎは、相手を利するだけで。

パルチザン戦法なので、敵が強力な仕掛けを張り巡らせている間は仕掛けてこないのでは、と予想しますが。

たとえて言えば、のどに刺さった小骨。
飲み下すか、吐き出すかすれば、一時の騒ぎではあるが。
除去しなければ、いつまでも鬱陶しい。

No title

現在の世界では特異な国と定義して良いでしょうね。アフリカは民族策略の国々と考えれば、明らかに我々には前者は、棘。直ぐに抜きたいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ